犬が『においかぎ』をする意味とは?ストレス発散?

犬が『においかぎ』をする意味とは?ストレス発散?

お散歩中に「クンクン」、お家の中でも「クンクン」。犬はたくさんの物に対して『においかぎ』をしますよね。犬が『においかぎ』をする意味はあるのでしょか?

お気に入り登録

犬の嗅覚が発達した理由

同じ方向を向く五匹の犬の横顔

犬はいたる所で『においかぎ』をしますよね。お散歩中には、その場から動かなくなり、飼い主さんが「ちょっとしつこいんじゃない!?」と感じるほど、一生懸命に『においかぎ』をすることもあると思います。犬の嗅覚は人間と比べると犬種によっては1憶倍もあるとか。犬の嗅覚がそこまで発達したのにも理由があるようです。

あまり良くない視覚の代わり

嗅覚は犬が持っている五感の中で一番優れている能力。そして視覚は動体視力はいいものの、静止いている物を見る能力や色の識別は不得意で、視力自体も0.2~0.3ほどしかありません。その視覚に代わって嗅覚が発達したのではないかと考えられているのがひとつの理由です。

犬にとっての嗅覚は私たち人間が、目で物を見るのと同じくらい当たり前で大切なこと。私たちが何も見えない暗闇の世界を不安に感じるように、犬も『においかぎ』ができないことは落ち着かない状態なのです。

命を繋ぐため

犬の嗅覚が発達したのは生きていくために必要だったから、という理由も考えられています。犬は野生時代、食べるために狩りをしていた生き物です。遠く離れた場所にいる獲物のニオイを察知する必要があったでしょうし、子孫を残すために交尾の相手を探すことも重要だったはず。

しかし、今現在、家庭犬として人に飼われている犬は、本来必要であったための能力を使えるシチュエーションがありません。獲物を探す必要もなければ、交尾の相手を自ら探す必要もないのです。そこで大切になってくるのが『においかぎ』になります。犬にとってお散歩中の『においかぎ』の行動は、運動以上に大切なものといっても大袈裟ではないくらいなのです。

犬が『においかぎ』をする意味

黄色い花へ鼻を近づける犬

『においかぎ』の役割は?

犬の『においかぎ』は、私たちが目で物を見るとの同じくらい自然な行為。特に強い興味があるニオイや、気になるニオイがあったときは丹念に『においかぎ』をして好奇心を満たします。

  • 情報収集するため
  • 不安を解消するため
  • 挨拶をするため

犬はわずかなニオイから膨大な情報を得ることができる生き物。優れた嗅覚を活かし多くの情報を集め、そして確認しています。お散歩中にあちらこちらのニオイを嗅ぎたがるのは、多くの外の気になるニオイと接することができるから。他の犬のマーキングをチェックしたり、知らない初めての気になるニオイがあると、集中して『においかぎ』をしたりします。

知らない初めてのニオイに関してはお散歩中はもちろんですが、ご自宅でも新しい物を置いたときに一生懸命に『においかぎ』すると思います。これは新しいものに対して少し不安を感じている様子。不安を解消するため、『においかぎ』で安全な物なのか確認しています。

また、外出先から帰宅したばかりの飼い主さんをクンクンするのは、飼い主さんが身に着けている物についた外のニオイから、その日の行動を確認するため。犬はそのニオイだけで飼い主さんが、その日会った人やどんな場所に行ったかなど想像しているのです。

そして、犬同士の挨拶も『においかぎ』のように、鼻やお尻のニオイをクンクンしていますよね。もちろんこの行動も、相手のニオイから多くの情報収集をしているのです。

特にお散歩中の『においかぎ』は、外の様々なニオイを嗅ぐことで脳への刺激にもなります。脳への刺激は、ストレス軽減や認知症の予防にもつながるので、全く嗅がせない、また無理に止めることはできるだけ控えましょう。

犬の『においかぎ』はストレス発散?

芝生のニオイを嗅ぐ犬

犬の『においかぎ』はストレス発散にもつながります。ただし、「当たり前の自然な行為」のひとつなので、『においかぎ』をできないことが、ストレスになると考える方が自然なのかもしれません。情報収集や不安を解消する役割がある行為なので、止められてばかりいると好奇心を満たすことができず、不安が募ってしまうでしょう。

度を超すほどに、しつこく『においかぎ』をする子は、慢性的なストレスを感じている可能性も。『においかぎ』以外にも、ストレス発散する方法を考えてあげましょう。

まとめ

落ち葉のニオイを嗅ぐ犬

上記にも書いたように、犬の嗅覚は人間の視覚と同等な能力になります。私たちが毎日、目で物を見るのと同じくらい、犬の『においかぎ』は自然な行為なのです。そして丹念に『においかぎ』をしているときは犬にとって、楽しい時間でもあります。そんな『においかぎ』を無理に止めてしまうのは、あまり良いことではありません。

『においかぎ』ができないのは人間の感覚でいうと、見えない状態で知らない場所や初めていく場所へ連れていかれる感じだと思います。お散歩中の『においかぎ』は周囲へ迷惑をかけないよう配慮して、『においかぎ』ができる時間を作ってあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。