イギリスのニュース〜ポメラニアンのためのボディガード募集中!

イギリスのニュース〜ポメラニアンのためのボディガード募集中!

イギリスで愛犬のポメラニアンのためにボディガードを募集している飼い主さんが話題になっています。条件が合えば夢のような仕事かもしれませんが、どう思われますか?

お気に入り登録

あるイギリス人夫婦が愛犬のために出した求人広告

セキュリティガードの男性

イギリスで、あるご夫婦が愛犬のために出した求人広告が話題を呼んでいます。ご夫婦が求めているのは、彼らの愛犬であるポメラニアンのフィガロのためのドッグシッター兼ボディガードです。

この愛犬家のご夫婦が求めている人材は次のようなものです。

  • 少なくとも1種類の格闘技で黒帯レベルの経験がある
  • セキュリティの経験がある
  • ボディビルで体を鍛えている
  • 守秘義務を遵守する契約書に署名する

そして最も大切なことは、

  • 大の犬好きである

月〜金まで1日2回の散歩と、フィガロがお留守番のときに寂しくないよう遊んであげること、そしてもちろん何かあったときにはフィガロの身を守ることが仕事の内容です。

求人者であるご夫妻はこの条件で年間20,000〜26,200ポンド(日本円にして約285〜373万円)を提示しているそうです。

ボディガードの必要なポメラニアンはどんな子?

芝生の上に立つポメラニアン

これほどまでにガードを固めなくてはいけないポメラニアンのフィガロはどんな犬なのでしょうか?飼い主さんによると、フィガロは非常に由緒正しい良い血統を持っているそうです。さらにコートの色が珍しく、誘拐される可能性が高いということです。

実は、フィガロは今年もう少しで誘拐されるところを辛うじて回避したという経緯があります。飼い主さんはそれ以来不安とストレスに苛まれ、そのことがきっかけでフィガロのためのボディガードを探すことにしたのだそうです。

友人や親族はフィガロの飼い主さんをクレイジーだと言う人もいるそうですが、ご夫妻にとってフィガロの安全は何よりも重要なことだから、関係ないと述べています。

犬のボディガードの背景は笑い事ではない

子犬を盗もうとする手のイメージ

愛犬を守るためにボディガードを雇うというのは、もちろん誰にでもできることではないし「そこまでしなくても」と考える人がいるのも無理はありません。しかし、この飼い主さんがここまで思い詰めた背景は、笑い事ではない事情があります。

フィガロが誘拐未遂に遭ったとき、飼い主さんはもちろん警察に届け出たそうです。しかし、イギリスの法律ではペットの犬は物品扱いになるため、たとえ誘拐されても捜査の優先順位は低く、まして今回のように未遂に終わった場合には警察にできることは何もないと言われたのだそうです。

ペットは物品扱いと言えば日本の法律でも同様ですから、これは身につまされる思いがします。また、イギリスでは犬の誘拐が増加しているのだそうです。2014年から2018年の間に犬の盗難は27%増加し、犯人逮捕は10%減少していると言います。昨年イギリスでは毎日平均5件の犬の盗難が報告されています。これらは確かに大切な愛犬を持つ人を不安にさせる数字です。

残念ながら、フィガロのボディガードはまだ見つかっていないそうです。遠い国の出来事ながら、フィガロと飼い主さんが安心して暮らせるようになってほしいものだと思います。

まとめ

伏せをするポメラニアン

イギリスで愛犬のポメラニアンのためにプロのボディガードを雇いたいと求人を出した飼い主さんのニュースをご紹介しました。

「度の過ぎた愛犬家」と飼い主さんを笑う人もいるかもしれませんが、ペットを盗むことが自転車を盗むことと同じような扱いでしかない法律や犯罪の増加など、ここには深刻な問題も含まれています。皆さんは愛犬家としてどう思われましたか?

《参考URL》
https://www.examinerlive.co.uk/news/uk-world-news/couple-pay-20k-you-dogs-17327460

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。