話しかけていたのは芋だった!?イモのようなイヌの小太郎くんが話題!

話しかけていたのは芋だった!?イモのようなイヌの小太郎くんが話題!

ペットに話しかけていたはずが実は違った!ということ、一度や二度経験はありませんか?柴犬の「小太郎くん」は芋と間違えられ、それが面白いとツイッターで話題となりました。この記事では、思わず「似ている!」と口に出してしまいそうな、小太郎くんについてをご紹介したいと思います!

お気に入り登録

ツイッターで反響を呼んだ小太郎くん

犬を飼っていると見間違えることってよくありますよね。色や模様、形や大きさなど似ているものは日常にたくさんありますから。

そして小太郎くんもそのうちの1匹…なんと、話しかけていたのは芋だったそうです!

その見間違えられた柴犬の小太郎くんがこちら。

そして見間違えて5分間も話しかけられていたイモがこちらです。

近づいて見てみると明らかに芋ですが、遠くからだと間違えるのもわかりますね。色と絶妙に形成された芋の配置が、犬の寝姿にそっくりです!

しかも飼い主さん、お子さんに離乳食をあげながら横目で話しかけていたそうで、凝視せずチラ見だったと考えると…これは間違えないほうが不思議なくらいです。

ツイッターでは「よくある!」と共感を呼び、大反響となりました。

本当にそっくりに見える!飼い主さんの見え方

それにしても5分間も気づかないなんてことある?と疑問に思う人もいるかもしれません。

ですが飼い主さんは近視&乱視とのこと。視力の良い人が写真を見ても「似てる…」と思うイモと小太郎くんですが、飼い主さんからはもっとそっくりに見えていたようです…!

実際にどのように見えるのか、再現してくださったのがこちら。

これは間違えるのも当然といったところですね。

大きさは若干違えど、色や形は小太郎くんとそっくりです!

5分間も呼んでいるのに反応がない、近づいてみると芋だった!そのときの飼い主さんの衝撃が、皆の共感を呼んだのでしょうね。

小太郎くんはどこ?日々の確認タイム

残念ながら芋と間違えられてしまった小太郎くんですが、その後はしっかりと確認をされているようでした!

たしかに動物は自然に馴染む色合い模様であったりするので、どこにいるのかわからなくなるときがありますよね。

小太郎くんは日常生活でも“どこにいるのか?”を確認されているようです!

面白いと話題に!規制線を張られてしまった小太郎くん

寒くなってきたこの頃、ストーブなどの暖房器具も必要になってきましたね。

寒さに強いとされる犬ですが、やはり冬は寒いと感じるもの。

ストーブを出すや否や、即座に真ん前に駆け寄った小太郎くんでしたが、「近すぎる!」と規制線を張られたようです。

上手に規制線に前足を掛けて座っています。

そして座り方がとっても可愛い!

危なくないようルールを守って寒い冬を乗り越えましょう♪

まとめ

うっかり間違えてしまうことって誰にでもありますよね。

小太郎くんは芋と間違えられましたが、その“うっかり”は共感や笑いを呼び、皆を温かい気持ちにしてくれました。

これから寒さが厳しくなる季節、家族団らんで温かい冬を過ごしてくださいね♪

こたろうくん、こたろうくんの飼い主さま、この度はどうも有難うございました!

※この記事内の投稿や画像は、投稿者の許諾を得て掲載しています。


▼ こたろうくんのツイッターアカウントはコチラ

@kotaro_chang
はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 しゅう

    我が家の、しゅう君は、散歩大好きですよ!チワワなのに、出っ歯なせいか、パピヨンに、間違えられますよ!冬は、こたつが、好きな、しゅう君です!
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。