犬が亡くなる時の後悔を減らすためにすべきこと3選

犬が亡くなる時の後悔を減らすためにすべきこと3選

この記事では「犬が亡くなる時、後悔を減らすためにすること」をテーマに、犬との最後を迎える際に後悔しないためにしておくべきことをいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

後悔を減らすためにすること1:たくさん遊ぶ

おもちゃを咥えながら外で走っている犬

お家の愛犬とはたくさん遊んでいますか?普段から遊んでいたら亡くなった時にもっと遊べば良かったと後悔しないかもしれませんが、忙しかったりしてあまり遊ぶ時間がなかった場合後悔してしまうかもしれません。

ただ遊ぶというのはボールで遊ぶとかヒモで遊ぶだけではありません。犬とっては散歩に行くことも遊ぶことに入ります。そのため5分でも10分でも構わないので天気が晴れているときはなるべく散歩に連れて行ってあげてください。

後悔を減らすためにすること2:色々な所に連れて行く

イチョウの木の下でこちらを見ている犬

愛犬が亡くなってからどこかに出かけた際に出先で犬を連れた人を見ると、一緒に来たかったなと思ってしまうことがあるかもしれません。そう思わないためにしておいた方が良いことが犬と色々な所にお出かけすることです。最近では一昔前ならなかった犬と一緒に泊まれるホテルもあるため、泊まりがけで旅行に行くのも良いと思います。

犬は色々な人や物を見ると社会性が身につくと言われています。そのためお出かけすることや他の人や物に接することを嫌がる犬でも慣れさせることによって、お出かけすることが好きになります。そうなったら犬も楽しくおでかけが出来て色々な所に行くことも出来ますし、もっと一緒におでかけしたかったと言う後悔も減ると思います。

後悔を減らすためにすること3:美味しいものを食べさせる

飼い主の持っているクッキーを見つめている犬

犬の食事といえばドッグフードです。これが主食の場合毎日ドッグフードを食べていると思います。人間の場合もそうですが毎日同じものばかり食べていると飽きてしまいます。しかし人間なら違うものを買いに行って食べるという選択もありますが犬の場合選ぶことができません。

そのため、犬が亡くなった際にドッグフードばかり与えていた場合に道で出くわした犬やテレビなどで見た犬がドッグフード以外の美味しそうなものを食べていた場合、もっと美味しそうなものを食べさせてあげればよかったと後悔してしまうかもしれません。

しかしドッグフードには犬に必要な栄養が含まれているためドッグフードだけを与えるというのは間違ったことではありません。また、ドッグフード以外のものを与えすぎると、肥満や虫歯など様々な病気にかかるリスクも増えます。判断が難しいですがたまには違うものを食べさせてあげると犬も喜びますし、飼い主さんとしても犬が亡くなったあとの後悔が減るのではないかと思います。

まとめ

犬の写真が入った額縁を持っている飼い主

犬と暮らしているうちは何も感じませんが、いざ亡くなった後となると色々な事を思い出したり、場合によっては後悔してしまうこともあるかもしれません。

そうならないために生きているうちにたくさん遊んだり思い出づくりをして居なくなった後も後悔しないような生活を犬としてくださいね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 男性 YUZUパパ

    なかなか納得できる別れではなかったからね、先代も、先々代も。
    どうしても後悔ばかりが浮かんで、思い出しては泣いてしまいます。
    だから今の子にはできるだけの事をやって、自己満足かもしれないけど納得して送ってやりたいな、と思っているのですけどね。f(^_^;

  • 投稿者

    40代 女性 rain

    犬を長生きさせたいなら、とにかく毎日の歯磨きが大事かな。。。
    毎日は、なかなか大変ですけどね。。。
  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    生きてる頃は感じないことも別れれば感じることがあると思います。俺はまだ犬との別れを知らないが大切な家族のをなくす気持ちはよく解ります、俺も大切な家族を二人なくしてるので。死んでしまうと生きてる頃は良かったと思っていても死ぬと後悔が出ると思います。死ぬとき後悔無いようにしたいですが難しいですね。完全に無くなることはないかも知れませんが愛犬にとって幸せだった。貴方の家族になれて良かったと思ってもらえるような生活を送らせたいですね
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    後悔するしないは飼い主の考え方次第だと思います。上記のような行いを普段からしていても後悔する人はします。
    また、色々な所に連れて行くというのは、それは飼い主のエゴ・自己満足に過ぎません。

    愛犬をペット・犬とみているのか家族としての存在なのかによっても感情の揺れ具合も違うと思います。
    どんなに最善をつくしても後悔はあるものです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    後悔・・・写真をもっと撮っていれば良かったと思った。一番きれいだった時期の写真がないのがちょっと悲しい。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。