トイプードルを自宅でセルフカット!初心者でも失敗しない方法

トイプードルを自宅でセルフカット!初心者でも失敗しない方法

愛犬を自宅でカットするのは、ハードルが高いと思っていませんか?トイプードルのカットは初心者でも練習をしてコツをつかめばできるようになります。今回は、セルフカットの手順や方法、注意点を紹介します。

トイプードルのセルフカットは初心者でもできる?

カットをされている白いトイプードル

トイプードルは被毛が伸び続ける犬種なので、定期的なカットが必要です。家の近くにトリミングサロンがない場合や予約が取れないときは、飼い主さんが自宅でセルフカットをするという方法もあります。

トイプードルのセルフカットはハードルが高いと感じるかもしれませんが、カットをするための道具を用意して練習を重ねることで、初心者でもきれいにカットできるようになります。

爪切りや肛門腺絞りがうまくできないときは、トリミングサロンに部分カットをお願いすることもできるので、全身のカットを飼い主さんが行って、難しい部分をプロに依頼するという方法もあります。

子犬の頃は元気いっぱいでじっとしていることができませんが、できる場所から少しずつブラッシングやカットをして慣れてもらうことも大切です。トイプードルのセルフカットは手順や注意点などはありますが、初心者でもできますので、自宅でトイプードルをトリミングをしたいという方は参考にしてみてください。

トイプードルのセルフカットに必要なもの

トイプードルのカットに必要な道具

  • バリカン
  • ハサミ
  • コーム

バリカン

バリカンは全身のカットで使用できますが、扱いが難しいので、慣れるまでは毛玉を取り除くときに使用する方がよいでしょう。犬用のバリカンは刃が細かく、切れすぎて怪我をしてしまうということがないような構造になっているので、トイプードルの毛をセルフカットするときは犬用のバリカンを使用してください。

バリカンはコードがあると使いづらいので、コードレスタイプで重量が軽いものをおすすめします。他にも、水洗いが可能で使用後のお手入れがしやすいものなど、バリカンの種類は豊富です。飼い主さんが使用しやすいものを探してみてください。

ただし、あまりにも安いものを購入してしまうと、説明書が入っていなかったり、全然切れない可能性もあるので、長期的に使用しようと考えているのであれば質の良いものを選ぶようにしてください。

ハサミ

ハサミは顔周りや体のカットに使用します。ハサミはペットショップでも販売されているので、犬用のハサミを用意してください。ハサミは顔周りを整える小さいサイズのハサミやスキバサミ、カーブしているものや先端が丸くなっているものなど、種類がたくさんあるので、大きさや形に注目してみてください。

ハサミもバリカンと同じく、しっかりと被毛が切れるものを用意することをおすすめします。切れないハサミは毛を引っ張ることになるので、犬が痛がる原因になってしまいます。色々な種類のハサミとセットで販売されているものもあるので、カットをする用途にあわせて購入を検討してみましょう。

コーム

コームは、目が粗いものと細いものが一つになっている櫛です。トイプードルをカットする前に、毛玉を取り除く必要があります。毛玉を取って毛の流れを整えるためにコームを使用します。コームのほかにも使用しているスリッカーブラシなどがあれば準備をしてください。

自宅でトイプードルをセルフカットする方法

かわいいトイプードル

セルフカットの手順と方法

  1. 大きな毛玉を取り除く
    トイプードルはくるんとした巻き毛をしているので、耳の後ろやしっぽ、わきの下などに毛玉ができやすいです。シャンプーをする前に大きな毛玉を取り除いて、体も軽くブラッシングしましょう。
  2. シャンプーをする
    体の汚れをしっかりと洗い流します。シャンプーの洗剤が目に入ったり、鼻や耳にお湯が入らないように顔の周りを洗うときは、お湯をゆっくりかけてあげてください。
  3. 乾かしながらブラッシング
    シャンプーが終わったらドライヤーを使って体を乾かしていきますが、このときにしっかりとブラッシングをして被毛をのばしてください。ブラッシングは力を入れすぎてしまうと、皮膚が傷ついてしまうことがあるので、力加減は注意してください。
  4. カットをする
    毛をしっかりと乾かしたらカットをしていきます。カットをする場所としては、顔周りや頭、体、足、しっぽ、お尻の周り、胸、お腹などがあります。首やお腹は皮膚がとても薄いので、バリカンを使うときは切りすぎてしまわないように注意してください。

カットの順番は飼い主さんがやりやすいように行うのがよいと思いますが、顔周りは犬の印象を決める要素でもあり、バランスが難しいので、愛犬が落ち着いていられるときに始めてください。

カットをするときの注意点

  • 刃先を愛犬に向けない
  • ハサミを犬が踏む可能性があるところに置かない

刃先を愛犬に向けない

刃先を愛犬に向けてカットをしてしまうと、万が一動いたり伏せをしたときに刺さってしまったり、皮膚を挟んで切れてしまう危険性があります。

顔のカットのときには目があるので、刃先を向けていると、目を突いてしまう可能性もありとても危険です。愛犬に危険がないハサミの角度になっているか注意しながら、カットをしてください。

また、ハサミは大きく開いて切る必要はありません。大きくハサミを開いてしまうと、切らなくてもよいところまで切ってしまい怪我につながる可能性があります。カットをする分だけハサミを開いて、少しずつカットをしていきましょう。

ハサミを犬が踏む可能性があるところに置かない

ハサミを持ち換えたり、コームを使うためにハサミを置くときは、犬が踏まない場所に置くようにしてください。ハサミをぱっと犬の足元に置いてしまうと、愛犬が踏んで怪我をしたり、滑ってハサミが飼い主さんの足元に落ちてしまう可能性もあるので注意してください。

初心者がセルフカットでやりがちな失敗と対処法

悲しい顔をするトイプードル

切りすぎてしまう

バランスや形を整えている間に切りすぎて、丸くしようとしたところが細くなったり、左右の差ができることがあります。初心者の方は切りすぎてしまわないように、整えるということに集中してカットをしてみましょう。

多少バランスが悪く失敗してしまったと思っても、被毛はすぐに伸びるので失敗を恐れすぎずに、リラックスをして行ってください。顔は愛犬を正面から見て、バランスが悪くないか確認してみましょう。

また、バリカンは切りすぎてしまうと、出血したりバリカン負けで赤くなることがありますので、切りすぎには十分に注意してください。

犬を押さえつけてしまう

愛犬が動かないように、ギュッと押さえつけてしまうと、さらに嫌がって暴れてしまうことがあります。犬がじっとしているのはとても難しいです。動いてしまっても当たり前なので、きつく叱ったり押さえつけたりしないようにしてください。

嫌がってしまうときは、誰か手伝ってくれる人がいれば、気を引いてもらったりおやつをあげながらカットをしていきましょう。

トイプードルのセルフカットの応用編!デザインカットのやり方

おしゃれな髪型のトイプードル

トイプードルのカットのデザインは色々な種類があります。カットに慣れてきたら、テディベアカットを極めて見るのもよいかもしれませんが、モヒカンや頭から顔全体をふんわりと丸くするアフロヘアーなどにチャレンジするのもよいかもしれません。

モヒカンやアフロヘアーは被毛の量が多くないとできないので、しっかりとブラッシングをして被毛を伸ばしていきましょう。

デザインカットをすると、被毛が長いことでブラッシングに手間がかかることがありますが、愛犬をより可愛くしたい、デザインを研究したいという方は、チャレンジしてみると新たな愛犬に出会えるかもしれません。

まとめ

カットされているトイプードル

トイプードルは目もパッチリしていて、愛らしい顔立ちなので、どんなデザインをしても可愛いですよね。初心者の方でもやり方に注意すれば、トイプードルのカットはできるようになります。根気強く練習をしてみてください。

足裏バリカン、爪切り、耳掃除、肛門腺絞りなど、部分的なものはトリマーさんにお願いすることもできるので、飼い主さんができるところから始めてみてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい