愛犬のシニア期に備えて若いうちからできる5つのこと

【獣医師監修】愛犬のシニア期に備えて若いうちからできる5つのこと

いつかはやってくる愛犬の高齢化。多くの家庭が愛犬がシニアに入ってから対策をし始めますが、実はシニア期に入る前からできる老化対策があります。では、愛犬のシニア期に備えてどのような準備を若いうちからできるのでしょうか。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬のシニア期に備えて若いうちからできること

ソファでくつろぐ老犬

サイズによって違いはあるものの、一般的に犬のシニア期は7歳に入った頃からと言われています。大型犬の場合は5歳からシニア期であるという認識が多いです。このシニア期に入る前にしっかり備えておくことで、シニア期に入っても健康的に過ごすことができるようになるのです。

1.肥満にならないよう食事管理

まずは肥満にならないよう、食事管理をしてあげる事が大切です。ドッグフードやおやつの袋には、裏面に犬の体格に合った1日の最適量を記載しているものが多いです。それに合わせて与えることで、肥満になることを防ぎ、健康的な身体を作ることができます。

なぜ肥満にならないよう食事管理を徹底するべきなのでしょうか。これは肥満になってしまうことで体重が増加してしまい、足腰に負担を掛けてしまうことを防ぐためです。

必然的にシニア期に入ると足腰へと負担は以前よりも増します。そのため、若いうちから足腰を健康的に保っておくことが、シニア期に入ってからも元気に過ごせるポイントとなるのです。

2.愛犬の体重に合った散歩量

散歩中のポメラニアン

また食事管理だけではありません。毎日行われる散歩も非常に重要です。愛犬の体重、つまりサイズ(小型犬、中型犬、大型犬)によって最適な散歩量は異なります。基本的に小型犬ならば1日1回・15~30分、中型犬であれば1日2回・30分~1時間、大型犬は1日2回・1時間以上が目安となります。

しかし、小型犬であっても運動が大好きな犬種であったり、大型犬であっても無理させてしまうと足腰に負担がかかるケースなど、犬種やその子の性格によって、散歩の適切量は異なります。

散歩は短すぎても、長すぎてもいけません。長時間散歩することで運動不足を解消し、肥満を予防することができるという考えは最もですが、無理させてしまうとそれも足腰に負担を掛ける原因となってしまいます。したがって、愛犬に最適な散歩量を飼い主がコントロールしてあげなければいけません。

3.必要な分の筋力をつけておく

伏せている白い犬

老化が進んでしまうと、あっという間に筋力が衰えてしまい、怪我をする回数が増えてしまったり、歩くことが難しくなってしまう時期が早まってしまうという事態に陥ってしまいます。そのため、若いうちから筋肉を付けておくことは大切です。

人間には筋肉トレーニングと呼ばれる運動法がありますが、犬の場合はどのように筋力をつけるのでしょうか。主な方法は食事と運動です。食事にはささみを与えたり、原材料が肉の割合の高いドッグフードを与えることで筋力促進に繋がります。

運動によって筋力を付ける場合には、散歩だけではどうしても必要な筋力は付きません。例えば若いうちであれば体力があるため、坂道のある道を選び散歩をしたり、おもちゃを使い引っ張り合いっこをすることで足腰の筋力が鍛えられます。

4.体全体を触られることに慣らす

シニア期に入るとどうしてもお世話をする時間や病院で検査をしてもらう、診察をしてもらう頻度が高くなります。したがって、シニア期に入る前までに、飼い主はもちろん、獣医さんなどの他の人にも身体を触れられることに慣らせる必要があります。

例えば、どこか体調不良を起こした際、診察をしなければいけないのに、獣医さんに触られることを拒んでしまう…という事態になってしまった場合、緊急事態にも関わらずすぐに発見することができない可能性も考えられます。

また、身体を拭いてあげたり、シャンプーをしてあげるなど、飼い主が自分で行わなければいけないお世話もたくさんありますし、体全体を触られる頻度は圧倒的に高くなります。シニア期に入る前から慣せせておくことで、シニア期に入ってからのストレスを軽減させることができますよ!

5.毎日歯磨きをする習慣を!

歯磨きをする犬

意外と行っていないという家庭が多い習慣に歯磨きがあります。犬は口元を触られることに強い抵抗を見せることが多いため、始めのうちは飼い主も頑張って歯を磨こうと奮闘しますが、徐々に諦めモードにはいってしまう人も少なくありません。

しかし、実は歯磨きをしないことで口内で菌が増殖してしまい、その菌が体内に入り込んでしまうことで病気になってしまうリスクがあるのです。これは非常に怖いですよね。

したがって、シニア期に入る前、家に迎え入れてから生涯にわたって、なるべく歯磨きは毎日行ってあげる事が大切です。歯の汚れがなかなか落ちない、口臭がまったく消えないという場合には、一度病院へ連れて行き、獣医さんに対処してもらいましょう。

まとめ

走るトイプードル

いかがでしたでしょうか。このように愛犬がシニア期に入る前から、高齢化に備えてできることはたくさんあります。後々「若いうちに身体の健康作りをさせておけば」と後悔しても遅いのです。ぜひ今日から日々の生活習慣を見直していきましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。