アウトドアに向いている犬種5選と必要な物

アウトドアに向いている犬種5選と必要な物

お気に入りに追加

アウトドアを楽しむときには愛犬も仲間に入れてあげたいですよね。でもアウトドアに向いていない犬種だと事故を起こしたり怪我をする可能性が高くなってしまいます。今回はアウトドアに向いてる犬種をご紹介します。

8352view

お出かけ前に必要なものは?

キャンプ

愛犬とお出かけするときの持ち物として、ごはん、お水、お皿、リード、ハーネス、首輪、キャリー、ペットシーツ、ビニール袋、ティッシュ、ペットボトル、迷子札、タオルなどがあります。

ごはん、お水、お皿

食事を外で食べるのであれば当然愛犬も外で食べることになります。
犬に人間の食べ物はあげてはいけないので、いつも食べているドッグフードを持ってきて与えましょう。
慣れない環境だとお腹を壊してしまう犬もいるので、できるだけいつも通りの食事にしてあげてください。
お皿は忘れがちですので、現地に着いてから慌てないように荷物にちゃんと入れておきましょう。

リード、ハーネス、首輪

散歩中の黒い犬

キャンプ場や海水浴場、その他にも人がいるような場所では放し飼い厳禁です。
リードを繋がないとテントの外に出すことができなくなってしまいます。
また何か事故や災害があった際にリードをつないで避難をしたほうが犬や飼い主さん、周りの人達にとっても安全です。

キャリー

日帰りではない場合はどこかに泊まることになります。
テントでも宿泊施設でも、犬はいつも使っているキャリーで寝るほうが落ち着きます。
一緒に愛用のタオルや毛布をいれておくとさらに良いですね。
大型犬の場合はケージなどを用意して、夜はリードで繋ぎっぱなしではなくケージに入れるようにしましょう。

ビニール袋、ティッシュ、ペットボトル

ウンチを処理している人

普段のお散歩の際にも必要なものですね。
うんちを取ったり、おしっこを流したりするために必要です。
出かける場合はビニール袋を多めに持っていくことをオススメします。
慣れない場所だと何回もトイレをしてしまう犬もいますので、多めに持っておいたほうが安心です。
愛犬の排泄物は飼い主さんだと平気かもしれませんが、他の人からしたら不快になるものなので出来るだけ見えない、におわないようにしましょう。
消臭効果のあるビニール袋を使うと良いですね。
周囲への配慮を心がけてください。

迷子札

人が集まるところでは犬は興奮してしまい、逃げてしまったりすることがあります。
なれない場所で迷子になると帰ってこれなくなってしまうため、犬の情報や連絡先を書いた迷子札を準備して必ず身につけさせましょう。

アウトドアに向いてる犬種

ボールを咥えて海岸を走る犬

アウトドアを楽しみたい場合には猟犬や牧羊犬などのアクティブな犬種が向いているでしょう。

1.ラブラドールレトリバー

アウトドアと言えばラブラドールレトリバーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
陸はもちろん水にも強く、元気いっぱいのラブラドールレトリバーはアウトドア向きの犬種と言えるでしょう。
しかし実は股関節が弱いため登山には向いていません。
また好奇心旺盛であり、初めての場所に行くとテンションが上ってしまい走り回ったりすることがあります。
そのためきちんとハーネスや首輪をつけて飼い主さんがリードを握って制御してください。

2.ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバーはもともと鳥猟犬で獲物を追って野山や水の中を移動する犬種です。
飼い主さんの指示にもよく従う傾向があるのでアウトドア向きと言えるでしょう。
泳ぎが得意なので海や川にも連れていけますね。ただ大人になっていきなり水に入れると怖がってしまうので、子犬の頃から慣れさせることが大切です。
注意点としては遊びが大好きで、遊びに没頭しすぎて飼い主さんの指示をきかなくなることもあるため適度にクールダウンさせてあげてください。

3.柴犬

柴犬は日本の犬種であり日本の気候に馴染んだ体質をしています。
また猟犬として働くぐらい高い身体能力を持っているため運動は得意でアウトドアに向いています。
ただ神経質なところがあり環境の変化に敏感で、パニックを起こす可能性もあるため必ずハーネスとリードはつけて、万が一のことに備えておきましょう。

4.ボーダーコリー

ボーダーコリー

もともとは牧羊犬であるボーダーコリーは、飼い主に忠実で賢く、好奇心旺盛です。
運動神経が良いのでアウトドアにも連れていけるでしょう。
一度興味をもつとしつこく追いかけたりすることもあるので、見失ってしまわないように気をつけてください。
また見知らぬ人には警戒心を強く持つため、他人とはある程度距離を持ったほうが良いでしょう。

5.ミニチュアダックスフンド

ミニチュアダックスフンドはもともとは猟犬で運動が大好きです。
しかし胴長の体型から腰や背中を痛めやすく、登山など傾斜や凹凸が激しいところでの遊びNGです。
また泳ぎが不得意なので海や川へ連れていくのには向かないかもしれません。
平地でのキャンプなどでいっぱい遊んであげるのが良いでしょう。

まとめ

笑う犬

アウトドアに連れていく犬種は慎重に選ばなくてはいけません。
向いてない犬を連れていくと事故が起こったり、健康を害したりする可能性が高くなるためです。
今回ご紹介した犬種は基本的にアウトドアに向いていますが、個体によっては嫌がったり、体が弱い犬もいますので愛犬の体調や性格を考えて連れて行くかどうか判断してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。