強風の日に犬の散歩に行く時の注意点2つ

強風の日に犬の散歩に行く時の注意点2つ

お気に入りに追加

毎日穏やかに晴れ間の天気が続けばいいですが、時には晴れていても風が強い日ってありますよね。少し風が強いくらいだとどうってことはありませんが、あまりにも強風だと犬の散歩も少し考えなければなりません。そこで、今回は強風の日に犬の散歩に行く時の注意点をご紹介しますので、トラブル防止のためにもぜひ参考にしてみてください。

5060view

犬の散歩は強風の日はNG?

風に毛がなびく犬

犬の散歩は基本的に毎日行くものですが、雨や雪の日など状況によっては連れていけないこともありますよね。散歩に連れて行くとなるとやはり天気の良い日がメインになると思いますが、天気だけではなく風の強弱も実は関係してくるのです。

例えば、心地よく感じる風や髪がなびく程度の風だと、私たち自身が外に出ても顔をしかめることはありません。

しかし、これが目が一瞬開けられなかったり顔をしかめて髪も大きく乱れるような強風になると、やはり犬にとってもダメージが行くため散歩を積極的にするのはおすすめできないと言えるでしょう。

犬の散歩に強風の日でも行くなら2つのことに注意!

注意マーク掲げる犬

強風の日の散歩はおすすめできないとは言え、外でないと排泄をしてくれない子や、散歩が大好きで連れて行って欲しいと要求する子になると、天気や強風には関係なく散歩に行かなければならないでしょう。

また、散歩に出たときはそこまで風は強くなかったのに、散歩中にだんだん強風になってきたなんてこともありますよね。

では、こうした強風の日に散歩をするのであればどんなことに気をつけるべきなのか、大きく分けて2つご紹介します。

1.目への異物混入

犬の目

外には砂埃や葉っぱなどさまざまなものが存在し、風が吹くと簡単に舞い上がってしまいます。普段はあまり気にならなくても、強風になると勢いよく目に入ってきて痛い思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか。

特に、犬は人間よりも低い位置に顔があるため、より砂埃など異物が目に入りやすい状況にあると言えます。これが小型犬だと地面へもっと近くなるので、異物が入る量が多くなってもおかしくありません。

犬が痛い思いをしないようにするためにも、強風の日はなるべく砂埃が立ちにくい場所を散歩コースとして選んだり、少しでも風が弱くなったときを見計らって行ってあげるようにしましょう。

2.散歩後の目のチェック

顎の下を撫でられている犬

強風の中散歩をして帰ってきてまずチェックして欲しいのがです。目に見えて何かが入っているというのは分かりにくいですが、目が充血していたりうっすら赤くなっていたりしないかを見てみます。

また、散歩後にチェックしたとき見た目の変化がなかった場合でも、目を前足や床に擦り付けていないか?シパシパさせていないか?涙の量が増えていないか?など、目を気にする様子がないか観察しましょう。

その時は何もなくても、か時間が経ってからそうした様子が見られることがあり、もしそうした目の異常を放っておくと結膜炎や角膜炎を引き起こし、最悪失明に至る場合もあるため油断は禁物です。

犬の散歩後のケアのための目薬

目薬してもらう犬

強風の日は目に異物が入りやすいため、帰宅後可能であれば目のケアをしてあげるのもおすすめです。方法としては目の汚れを洗い流してあげることなのですが、もし人工類液があればそれを使って洗い流してあげるといいでしょう。

また、仮に目が赤くなったりシパシパしてる様子があればすぐに動物病院に連れて行き、目に傷が付いていないかなど診てもらうことをおすすめしますが、その時に目のケア用で点眼を処方してもらえないか相談するのもひとつの方法です。

もともと目が傷付きやすく炎症を起こしやすい子もいたりするため、そうした場合人工類液ではなく抗炎症作用のある目薬をケアのためにも使っていいと判断されることもあります。

ただし、これは診察による獣医師の判断になるので一度動物病院で日常のケアにも使いたい旨を相談してみるのもおすすめです。

まとめ

草原にいる犬

犬を強風の日に散歩へ連れて行くのはできれば控えたいところですが、もし連れて行くなら目に異物が入りやすいことを念頭に置き、散歩中や散歩後目に異常が見られないか気を配るようにしましょう。

そして、目に異物が入りそのまま放っておくと結膜炎や角膜炎を引き起こし継続的治療が必要となる場合もあるため、できれば散歩後は水や適切な目薬で異物を洗い流しケアを忘れないようにしてください。

もし、それでも目を気にする様子があればすぐに動物病院を受診し、重症になってしまわないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。