犬を2匹同時にお迎えする際の注意点

犬を2匹同時にお迎えする際の注意点

お気に入りに追加

犬をお迎えする際に2匹同時にという人がいます。小型犬や兄弟犬を引き取る人に多いようです。犬を2匹同時にお迎えする際の注意点とはなんでしょうか。

7405view

犬を2匹同時にお迎えする

2匹のちわわ

犬をお迎えする際の選択肢として、2匹同時にお迎えするという人がいます。特に小型犬や兄弟犬を引き取る人に多いのではないでしょうか。1匹飼育するのと2匹飼育するのとでは、考えなければならないことも増えます。今回は犬を2匹同時にお迎えする際の注意点をご紹介します。

「×2」の準備

2匹で迫ってくる

犬を飼育する際に最低限、必要なものとして次のようなものがあげられます。犬を2匹同時にお迎えする場合、これらのすべてが2倍となります。これらを準備できるのか、事前にしっかりと考える必要があります。

責任

犬の飼い主にはさまざまな責任が伴います。国から定められている登録責任や狂犬病予防の責任、病気をした時に適切に治療を受けさせる責任、しつけをする責任、最期まで飼育する責任。これらの責任も2倍になります。

飼育スペース

犬にはそれぞれの体のサイズや運動量に応じた適切な飼育スペースが必要です。小型犬だとしても、1頭ずつの十分なスペースを確保しなければなりません。また、飼育スペースではそれぞれの犬に応じた温度管理も必要です。周辺環境にも気を配る必要があります。体調を崩しがちな子がいる場合、近所に信頼できる獣医師さんがいることもポイントとなるでしょう。飼い主さんが留守にした際に、2匹同時に預けることができる場所や人も必要です。

時間

犬を飼育するには想像以上に時間が必要です。毎日の食事やトイレ、散歩はもちろん、1頭ずつに十分にスキンシップしてあげる必要もあります。2匹分のお世話をする時間があるのかといった点も、事前によく考えたいものです。

費用

犬を2匹同時に迎える場合「費用」が十分にあるのかという点もとても大切な事項です。小型犬を1匹飼育する場合、その生涯費用は300万程にものぼるといわれます。医療費も頭数が増えれば増えるほどかさみます。これらの費用を十分に支払う余裕があるのか、この点もよく考える必要があります。

愛情

責任や飼育スペース、時間、費用と同じように必要なものが「愛情」です。1匹だけ可愛がって、もう1匹は寂しい思いをさせるなんてことはないでしょうか。同じだけの愛情を費やせるのかどか、しっかりと考えたいものです。

犬社会の理解

おすわりする2匹の犬

事前に考えて準備しておかなければならないこと以外にも、2匹同時にお迎えする際には飼い主さんがより「犬社会の理解」をすることも必要です。

犬には「縦」の順位が存在します。群れで生きる際には、場面に応じたリーダーを決めることで群れを守っていきます。このリーダーを決めるという考えは家庭犬でも同じです。例えば先住犬がいて後から犬を迎えた場合、先住犬が犬の中でのリーダーとなることが多いです。

多頭飼育の場合は特に飼い主さんが絶対的なリーダーになることが最も重要ですが、犬同士にも順位付けは行われます。この順位付けが曖昧となってしまうと、犬同士の関係性もうまく成り立たなくなってしまいます。喧嘩が増え、お互いにストレスとなってしまうでしょう。

まずは飼い主さんが1頭ずつと信頼関係を作り、絶対的なリーダーとなったうえで、犬内での順位付けを行います。基本的には犬同士で順位付けを行うと考えられますが、いつまでも順位が決まらずに喧嘩ばかりしているようであれば、リーダーが統率してあげましょう。エサや散歩の順番に差をつけることで、それらが明確に決まっていくといわれています。もちろん仲良くストレスなく暮らしているようであれば、あえて人間が手を出して順位付けする必要はありません。

大事なのは飼い主さんが犬社会を理解し、飼い主さん自身がリーダーとなり「それぞれの犬」と信頼関係を作るということです。

まとめ

眠る2匹の犬

犬を2匹同時にお迎えするということは、2倍の覚悟や責任、費用、時間、労力、愛情、知識・・・さまざまな準備が必要です。その分、犬と暮らす喜びも2倍になることは間違いありません。飼ってみなければ相性はわかりませんが、事前によく考えて、準備して、一緒に暮らすみんなが幸せな状態となることを願いします。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 たま

    キャバリアの姉妹犬2ヶ月をを二頭同時にお迎えしてから7ヶ月です。最初は喧嘩のようなじゃれあいをし続けていて、二頭同時は良くなかったのかと心配しましたが、仲良く暮らしてくれています。どちらが立場が上かわからないのですが、お互いおもちゃをとったりとられたり、重なって寝たりと賑やかです。
    ただ、トイレや散歩のしつけが一頭ずつであれば楽だったと思います。最初の半年は思い通りにいかないことばかりで大変でした。最近やっと落ち着いて向き合えるようになってきました。最初の半年頑張れるのであれば、その後姉妹で仲良く暮らしてくれている幸せを感じることができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。