老後に犬を迎えるメリットとデメリット!覚えておきたい注意点まで

老後に犬を迎えるメリットとデメリット!覚えておきたい注意点まで

お気に入りに追加

年を取っても犬を飼いたいという方は多いのではないでしょうか。でも飼うかどうかはよーく考えなくてはなりません。老後に犬を迎えるメリットとデメリットをご紹介します。

4077view

老後に犬を飼うメリット

笑顔の犬

1.運動不足の予防・解消

子供や仕事があったときには外に出て何かと動いていたとしても、老後になるとそういったことがなくなるため運動不足になりがちです。
健康被害を及ぼす原因のひとつにこの運動不足があります。
運動不足になると筋肉が衰え、食事のカロリーが消化されないことで肥満にもつながります。
そして、犬は散歩をしなければいけない生き物です。
つまり犬を飼うことで外に出るようになり、散歩をし、運動不足を予防・解消することができるのです。
ひとりでは外に出る気にもならないという方も、犬のためなら散歩はできるのではないでしょうか。
犬の散歩をすることで運動量が増えるので、飼い主さんの健康増進にもつながります。

2.精神的なバランスを保つ

犬を抱く老夫婦

子供が巣立ってしまったり、会社を退職したりすると人と会話をすることがなかなかなくなってしまいます。
夫婦であっても新しい話題がないとマンネリ化してしまい、あまり話さなくなることもあります。
多くの人は誰かと話すことでストレスを発散したり、精神的に安定したりします。
老後になるとこれが少なくなるので、精神的なバランスを崩してしまう方も少なくありません。
犬を飼うと犬との会話が必要となります。しつけをしたり、様子を見たりする中で声掛けは必須です。
また、犬とではなく人とも会話をするようになる可能性もあります。
夫婦間で犬の話や相談をしたり、外で犬を飼っている人や獣医さんとお話したり、外で会話をする機会が増えます。
また犬のためになにかすることで自分の役割を持つことができます。
実はこれが精神の安定には大きく作用するのです。
誰かのために役に立っている、責任がある、というものがなくなったり少なくなっている高齢者には必要なことです。
生活が活動的になり、憂鬱感や虚無感が良くなります。

3.リラックス効果

老人介護施設や病院などで取り入られているアニマルセラピーというものがあります。
犬やその他のペットと触れ合うことで、様々な症状の改善が見られます。
もちろん、そういったアニマルセラピーに参加している犬は訓練を受け、専門の方々と一緒に行っているのですが自分が飼っている犬でもリラックス効果を得ることはできます。
犬と触れ合うことで副交感神経系を優位にしてリラックスしたり、血圧の調整や怪我の再生速度の向上などの効果が得られます。
ストレスの軽減にも役に立ち、ストレスからくる様々な症状を緩和してくれます。

老後に犬を飼うデメリット

柴犬

1.犬の老後を考えなくてはいけない

最近の犬はとても寿命が長くなりました。
15〜17歳ぐらいまで生きる長生きな犬も増えました。
そこで問題になるのが犬の老後です。
飼い主さんがまだ若いうちは良いでしょう。介護もできますし、金銭的にもまだ余裕があるかもしれません。
しかし老後はどうでしょうか。
年を取ると体力が落ちるので介護ができるかわかりません、そして退職していれば収入もありません。年金などはあるかもしれませんが、余裕があるかどうかはわかりません。
あと10年余り元気でいられるか、犬の面倒をみれるのかという点を考えなくてはいけません。

2.エサ代や医療費がかかる

お金

毎日のエサ代や定期的に打つ注射やノミ・ダニ駆除・予防のお薬、フィラリアのお薬……犬の健康を維持するのは結構お金がかかります。
エサも安いペットフードよりもある程度安心してあげられる栄養価の高いものが必要です。
小型犬だから大丈夫だと思っても、いないときに比べてお金が出ていくことは確かです。
また年に一度の狂犬病や混合ワクチン、月一回のフィラリアやノミ・ダニ駆除・予防のお薬など、犬には保険がきかないため結構な出費になります。
そのお金を出すことができるのか、そういった面も考える必要があります。

3.毎日散歩につれていかなければいけない

メリットでも挙げた散歩についてですがメリットになると同時にデメリットにもなります。
飼い主さんの足腰がすでに弱っていたり、持病があったりすると毎日の散歩が負担になることがあるためです。
少々の雨であれば散歩に連れて行かなければなりません。
また散歩中に飼い主さんを引っ張って怪我をさせてしまう恐れもあります。
飼い主さんに散歩が負担にならないかどうかを確認してみましょう。

まとめ

125321382 落ち葉に埋もれる犬

犬はとても愛らしく、飼い主さんのパートナーになってくれる存在です。
ただ年を取った飼い主さんとの生活で、犬がいつまでの若くて元気であるわけではありません。
犬も年を取り病気をします。
また犬のために使うお金も増えますし、犬のために体力を使うことも多くなります。
年をとっている人が犬を飼う場合はそういったことをよく考えなければいけません。
しかしデメリット以上に得られるメリットもあります。
精神的な支えになり、楽しい時間を一緒に過ごすことができます。
メリットとデメリットを知って、よく考えて、犬を飼うかどうか決めて欲しいと思います。

この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。