トイプードル専門ブリーダーの失敗しない探し方 5つのポイント

トイプードル専門ブリーダーの失敗しない探し方 5つのポイント

トイプードルを飼いたいと思っとき、最近ではトイプードルのブリーダーから直接譲ってもらう方法が一般的になってきました。人気犬種であるトイプードルは、全国にもたくさんのトイプードルブリーダーが存在するため、中には悪質なブリーダーと出会ってしまうこともあるでしょう。ここでは、ブリーダーから直接子犬を譲ってもらいたいと考える人に向けて、失敗しないトイプードルブリーダーの探し方のポイントをご紹介します。

はてな
Pocket

優良なトイプードルブリーダーとは

トイプードルを抱きかかえているブリーダー

優良なトイプードルブリーダーとは、何よりもまずトイプードルという犬種を愛しており、トイプードルの犬質向上と彼らの幸せな暮らしを願っています。

そのため、優良ブリーダーはトイプードルが元気で健康な状態を保つために必要な広い犬舎やドッグランなどの飼育環境を整え、病気やケガなどの対処法はもちろん、交配方法や時期、血統についてなど、犬のブリーディングにおける、あらゆることに対しての知識が豊富です。

また、優良なブリーダーほど子犬を譲る家族を慎重に判断し選びます。ブリーダーは、何年もかけて血統を守りながらブリーディングを重ね、自分の理想とするトイプードルを生み出そうと、私たちには見えない努力と時間をかけています。

犬といえど我が子同然の想いがあるため、これまでと同じように可愛がり、幸せに育ててくれると判断できる家族が見つからなければ手放すことはしません。1人暮らしや共働きなどで、ほとんど人が家にいない家庭、また高齢者だけの夫婦にも子犬を譲ることを渋るでしょう。

優良ブリーダーたちは、子犬を販売し売上げを立てることが目的ではないため、子犬の購入を希望する側がブリーダーを選ぶのではなく、ブリーダーが子犬を譲る相手を決める傾向にあります。

トイプードル専門ブリーダー探しで失敗しない5つのポイント

5頭のトイプードル

犬を販売するためには「動物取扱業」の資格取得が必要ですが、ブリーダーという職業には特に試験や資格は必要ありません。よって、トイプードルブリーダーの中には、トイプードルを2匹つがいで購入したら偶然子犬が生まれたため、ブリーダーを名乗り子犬の販売を行うといった人もいます。

つまり、トイプードルブリーダーの中にはアマチュアに近いブリーダーも数多く存在するため、優良なトイプードルブリーダーを探すことは簡単ではありません。しかし、以下のポイントに注目しながらブリーダー探しを行ってみると、悪質なブリーダーと出会うことを避けられるかもしれません。

ポイント① トイプードルのドッグショーで受賞歴があるブリーダー

首にリボンを付けているトイプードル

トイプードルをはじめとする犬には「犬種スタンダード」と呼ばれる、犬のあるべき姿を示す基準が定められています。

ブリーダーの役割には、種の保存が目的のひとつであり、生み出すトイプードルは体型や毛質が犬種スタンダードに沿うように考慮してブリーディングをしなくてはなりません。

ドッグショーでは、そんな犬種スタンダードにどれだけ近づいているのかも審査に含まれているため、賞歴のあるブリーダーはトイプードルのスタンダードについて深く理解していると考えられます。

また、そもそもドッグショーへ出陳するためには血統書などを発行する、犬籍団体へトイプードルの犬籍登録が行われていることが条件となります。

犬籍登録が行われていることは、血統が証明されていることにもつながるため、ドッグショーへの参加有無はアマチュアブリーダーとプロブリーダーを選別する材料になるでしょう。

ポイント② トイプードルの遺伝的疾患について理解し、検査も入念に行っている

トイプードルの子供たち

トイプードルは、PRA(進行性網膜萎縮症)などの遺伝病を発症する確率が高いと言われています。

そのため優良なトイプードルブリーダーは、これら遺伝的疾患について深く理解しており、先天性の病気をもった子犬が生まれてくるリスクを減らすことに努力を惜しみません。

中にはオスの精子採取し、異常がないかを確認した後に人工交配を行うブリーダーもいるほどです。また、子犬が生まれた後も遺伝子に問題がないか検査を依頼し、異常があった子犬は他人に譲ったり、交配をさせたりすることは行いません。

トイプードルの遺伝的疾患対策について、どのような取り組みを行っているかもブリーダーのプロ意識がみえるところと言えるでしょう。

ポイント③ トイプードルを専門にブリーディングを行っている

トイプードルと様々な犬種の子どもたち

優良なトイプードルブリーダーは、トイプードルという犬種をこよなく愛しています。

したがって、自分の理想とする元気で健康なトイプードルの作出に情熱をささげるため、ブリーディング対象を頻繁に変更したり、犬種を広げたりすることはあまりしません。

トイプードルのほか、チワワやポメラニアン、フレンチブルドッグなどの流行の犬種ばかりを扱っているようであれば、商業目的のブリーダーであることが考えられます。

ポイント④ ブリーダーと子犬を譲りうける側は対等な立場であり、お客様ファーストではない

トイプードルにしつけをしているブリーダー

優良なトイプードルブリーダーは、子犬のオーナーになることを希望する私たちを見極めようと必死になります。これは私たちがブリーダーを見極めようと必死になることと同じです。

ブリーダー側も、この家族に我が子同然のように可愛がってきた子犬を譲ってよいのか、トイプードルに対する態度や接し方、そしてブリーダーの自身に対する振る舞いなどをチェックしています。

もし、「ペットショップのように、仲介者がいないのだから、きっと安く子犬を買えるだろう」などと思って値切り交渉をしてしまうと、とたんに機嫌が悪くなることもあるでしょう。

優良なトイプードルブリーダーであるほど、子犬を販売することが最優先ではりません。ですので、お客様ファーストでなくブリーダーと子犬を譲る家族は対等な立場を求められます。

ポイント⑤ 犬舎が広く、トイプードルが走り回れるドッグランを設けている

ドッグランを走り回っているトイプードル

ほとんどの優良ブリーダーは、トイプードルが走りまわれるほどのドッグランを設けています。トイプードルは小型犬なため、犬舎さえあればドッグランはなくても事足りてしまいます。

しかし、元気で健康なトイプードルを生み出すには、トイプードルがストレスをためずのびのび暮らせる環境が必要です。本格的にブリーダー業に専念する際、多くの場合は広い土地がある地域へ引っ越しをするなどして設備環境を整えています。

悪質なトイプードルブリーダーの特徴

元気のないトイプードル

悪質なトイプードルブリーダーとは、ブリーダーとして当たり前なことができていないブリーダーを指します。残念ながら動物取扱いの規制取締りがあまり厳しくない日本では、パピーミルとよばれる悪質なブリーダーも存在しています。悪質ブリーダーを見極める際は、下記のポイントを確認してみましょう。

明らかに狭い犬舎で何頭もトイプードルを飼育している

トイプードルは小型犬であるため、ドッグランを持たずに室内だけの飼育で繁殖を行うブリーダーもいます。しかし、マンションのワンルームのような部屋に、20頭以上のトイプードルを飼育している場合は、悪質なトイプードルブリーダーである可能性が高いでしょう。

犬舎の掃除が行き届いておらず、消毒なども行っていない

優良なトイプードルブリーダーは1日に最低でも1回、多ければ朝・昼・晩というサイクルで犬舎の清掃、消毒を行い、トイプードルが感染症などを引き起こさないよう徹底しています。

ある程度の臭いはしてしまうのは仕方ありませんが、糞や尿がいつまでも片付けられておらず放置されているなどないか、犬舎訪問した際は確認してみましょう。

見学に予約不要で、とにかく子犬を売ろうとしてくる

ほとんどペットショップのようなブリーダーの場合、犬舎見学に予約の必要がなく、いつでもウェルカムなこともあります。しかし、優良なトイプードルブリーダーは病原菌を持ち込まれることを嫌がるため、不用意に来客があることを極端に嫌います。また、見学前はどこへも立ち寄らず、まっすぐ自分の犬舎に来るようになどの注意があるでしょう。

また、悪質なトイプードルブリーダーの場合、見学した日に連れて帰るように購入を勧めるような接客や、販売することを優先して値下げを持ち掛けてくることも珍しくありません。明らかに押し売ろうとしている場合は、悪質ブリーダーの可能性を疑ってみましょう。

まとめ

トイプードルに餌を与えているブリーダー

トイプードル専門ブリーダー探しで失敗しないポイントまとめ

  • 飼育するトイプードルをドッグショーに出陳しており、賞歴がある
  • トイプードルの遺伝的疾患について理解しており、検査なども入念に行っている
  • トイプードルを専門にブリーディングを行っている
  • ブリーダーと子犬を譲りうける側は対等な立場であり、お客様ファーストではない
  • 犬舎が広く、トイプードルが走り回れるドッグランを設けている

悪質なトイプードルブリーダーの特徴まとめ

  • 明らかに狭い犬舎で何頭もトイプードルを飼育している
  • 犬舎の掃除が行き届いておらず、消毒なども行っていない
  • 見学に予約不要で、とにかく子犬を売ろうとしてくる

トイプードルブリーダーは他の犬種と比べて数多く存在するため、その中から優良なブリーダーを選別することは簡単なことではありません。

これから優良なトイプードルブリーダーを探すという際は、上記ポイントを参考にするだけでなく、時間がゆるす限り多くのブリーダーと会ってみるとよいでしょう。

とは言え、時間に限りがある以上、手当たり次第にトイプードルのブリーダーさんの犬舎を巡るのは得策では無いですし、そもそもどこにトイプードルのブリーダーさんがいるのか?をまずは探す必要があります。

以前であれば、知り合いのツテや動物病院やトリミングサロンで紹介してもらう等で情報を探していたと思いますが、現在はインターネットでも情報収集することが可能です。まずはインターネットで目星をつけてからブリーダーさん巡りをするのが良いでしょう。(インターネット上には悪質なブリーダーさんが情報を配信しているケースも考えられますので、十分注意が必要です)

インターネット上でブリーダーさんの情報を探す際におすすめなのが、「ブリーダーワン」という、沢山のブリーダーさんの最新情報がまとめられたサイトです。

ブリーダーワンは獣医師監修の下、一定の基準をクリアしたブリーダーさんのみを掲載していますので、安心してわんちゃんを探すことができます。また、紹介しているブリーダーさんごとに、実際にわんちゃんを譲り受けた飼い主さんからの口コミも掲載されていますので、すごく参考になるかと思います。

いかがでしょうか。同じトイプードルブリーダーであっても、考え方や情熱は人それぞれ違うものがあり、自分にあったブリーダーから子犬を譲りうけることで、その後のトイプードルライフをより幸せなものに変えてくれます。

ブリーダーも人間です。蓄え情報だけに左右されるのではなく、最後は人間性や雰囲気といったところも考慮しながら、納得のいくトイプードルブリーダーと出会えるとよいですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 ここあ

    トイプードルのブリーダー探しは大変そうですよね。いま流行の犬種だけあって悪質なブリーダーもたくさんいそうです。とにかくブリーダーさんに会ってみる、親犬を見てみるこれは大切だと思います。親犬の健康状態が悪かったり、怯える様子だったりするなら良いブリーダーさんとは言えないですね。本当にトイプードルが好きなら可愛がって仕事をしていると思いますよ。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。