多頭飼いには向いていない3つの犬の性格

多頭飼いには向いていない3つの犬の性格

小型犬を飼育する方が増えていることもあり、多頭飼育をしている人を見ることも増えました。反面、多頭飼育の崩壊により行き場をなくす犬が増えている悲しい事実もあります。多頭飼育をする場合は事前にしっかりとした検討が必要です。

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬を多頭飼いをするということ

3匹の犬

小型犬のブームも相まって多頭飼育をしている人も増えているそうです。しかし、その一方で多頭飼育の崩壊により、行き場をなくす犬も増えています。飼い主さんも自分や愛犬のことを想って始めた多頭飼育。それが不幸を招かないためにも、多頭飼いをする際には事前によく考えておく必要があります。

  • 頭数分の費用が必要であること
  • 頭数分の時間が必要であること
  • 頭数分の飼育スペースが必要であること
  • 犬同士の相性が大事であること

多頭飼育をする場合、飼い主さんは自身の「経済」「住環境」「時間」の3つの余裕が必要です。1頭飼育するにあたって小型犬であれば13万円、大型犬であれば20万円の費用が1年間に必要だといわれています。頭数が増えるということは、その費用も頭数分必要になります。また、犬のお世話には「散歩」「遊び」「ご飯」「トイレ」といった最低限の時間を使います。飼育スペースも犬の数が増える分、広いスペースを確保しなければなりません。多頭飼育をする場合は、少なくともこれらの要件を十分に満たす必要があるのです。

また、最も忘れてはならないのは「犬同士の相性」です。犬にも相性があります。多頭飼育をしたものの「犬同士の性格が合わなかったから飼育できない」なんて理由で犬を手放す人も後を絶ちません。

今回は多頭飼いには向いていない3つの犬の性格をご紹介します。愛犬の性格をよく知って、飼い主さんの都合で安易に頭数を増やすことだけはしないようにしましょう。

多頭飼いには向いていない3つの犬の性格

喧嘩する犬

どんな性格の犬でも、頭数が増えると多少のストレスはかかります。その中でも特に以下の性格の犬は注意が必要です。

①興奮性、攻撃性の高い性格

吠える犬

興奮しやすく、攻撃性が高い犬は新たに迎え入れた犬に対しても攻撃的になる恐れがあります。いつまでも落ち着かずに常にストレスがかかってしまう可能性があるため、注意が必要です。

②大人しく、気が弱い性格

困り顔の子犬

興奮性、攻撃性の強い犬と正反対の大人しく、気が弱い性格の犬も注意が必要です。新たに迎え入れた犬に攻撃をされてしまい、逃げ場がない環境で大きなストレスにさらされる可能性があります。穏やかに静かに暮らしたい犬にとっては、頭数が増えることは好ましくないでしょう。

③一人っ子気質

囲まれる犬

飼い主に対する所有欲が強い「一人っ子気質」の犬も注意が必要です。大好きな飼い主さんがいれば満足だと思っている場合、新たに迎え入れた犬にやきもちを焼き、敵とみなしてしまうかもしれません。ストレスで攻撃的になる可能性もあるため、やきもち焼きの犬は特に注意をしましょう。なお、飼い主さんに対する依存傾向が強すぎる場合、新しい犬を迎えて遊び相手ができることで落ち着く可能性もあります。この性質の場合は見極めが特に難しいでしょう。

まとめ

距離のある犬

  • 興奮性、攻撃性の高い性格
  • 大人しく、気が弱い性格
  • 一人っ子気質

多頭飼いをする際には先住犬との相性が何よりも大切です。もちろん最終的には「住んでみないと分からない」ということもあります。しかし、思い付きで新しい家族を迎え入れるのではなく、先住犬の性格を見極めながら、慎重に検討を進めてくださいね。

なお、先住犬がシニア犬になれば、若い子犬や成犬を迎え入れると良いと言われることがあります。若い犬を迎えることで、シニア犬の良い刺激になるという理由です。これも一理あるようですが、実際にはどの犬にも当てはまることではありません。飼い主さんと静かに暮らしたい犬の場合、元気な犬が身近にいることが騒がしく、ストレスになる可能性もあります。そのため、大人しいシニア犬がいる家に犬を迎え入れる場合でも、やはり注意は必要です。

多頭飼いをすることで「犬の遊び相手ができる」「飼い主さんが留守中に寂しくない」といったメリットもあります。ご自身の生活環境のみならず、愛犬の性格をよく考えて「愛犬にとっての」より良い選択ができることを願っています。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 ことぶき&ハッピー

    ほぼ同時期に迎え入れた2頭飼いですし、それまで1頭飼いのみでしたので年齢差の多頭飼育経験はありません。
    雌雄別での迎え入れや去勢避妊してる先住犬での迎え入れでも違うのか知りたいですね。
  • 投稿者

    40代 女性 あんずママ

    うちの子は、雑種、豆柴、トイプードルと種類も違いますが
    代々1人っ子です。育て方がいけないのか、歴代ものすごく甘えん坊の一人っ子気質な為、多頭飼いに憧れてはいるものの、
    憧れの多頭飼いは諦めています。
    この記事を読んで、ビビりで一人っ子気質のヤキモチ妬きの うちの子には
    やはり、新しい兄弟を作ってあげるのは不向きだと思いました。
    新しい命を迎えてから後悔する前に判断する事も大切ですもんね!ありがとうございます?
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    我が家は種類分けすると、チワワ、トイプー、ミニチュアダックス、MIXの4種類のワン達の多頭飼いです。犬の種類によっては複数頭おります。我が家の場合なので、他所様とは違うのかもしれませんが、我が家のワン達は、3派閥に分かれています。同犬種で構成チワワチーム。チワワ以外の犬種の複合高齢チーム。派閥に属さない単独愛好家チーム?の3派閥です。比較的チワワはなぜか、老若問わず同犬種の方がより安心するのか、遊びもケンカも寝るのも一緒の事が多いです。ワン個々の性格もありますが、犬種がバラバラでも同じような月齢か、同犬種の方が仲良くなりやすいようです。ただ、私が20年間の多頭飼いで気をつけなければいけないと実感した事は、体重差と、噛む力の差です。
    チワワのような顎も噛む力も弱いチビ同士がケンカを仮にしても、死に直面するまでの大怪我にはなりませんが、ミニチュアダックスレベルになると噛む力はかなりあるので、大怪我に繋がる恐れがあります。
    ミニチュアダックスの性格も勿論左右しますが、基本的にはミニチュアダックスは飼い主には絶対服従しやすい明るい犬種であり、我慢強い気質のワンだと思いますが、我慢強い分、切れたら止まらない気質も持ち合わせています。ミニチュアダックスは1匹で溺愛してあげる方が良い犬種だと思います。独占欲が分かりやすく甘えん坊のダックスの雄と、チワワやヨーキーなど体の小さな犬との多頭飼いは不向きです。
    感情に素直なチワワと、我慢強いけど意思を変えないダックスとでは、ダックスの我慢が爆発すると、実体験で言えば、悲しい事ですが致死傷事件に発展してしまう事もありました。勿論ダックスも穏やかな仔は本当に穏やかですが。我が家の場合は、諸事情で義母の愛犬であるミニチュアダックスを成犬になってから保護する事になったので、仔犬から我が家に居た訳では無いのでレアケースかもしれませんが…。どんなに仲良く何年か暮らしていても、不測の事態は起きると言う事。うちは、保護して2年経ってからの致死傷事件でした。2年間それなりに各自のペースで仲良くやっていると思い込んでしまっていたのだと反省しています。保護したダックスも今はかなり高齢になり、歯も抜け目も白くなって性格も丸くなり、穏やかにのんびり暮らしておりますが、本当は、1匹だけで飼い主を独占できる環境の方が良かったんだろうに…とチビ犬達が去ってから、コッソリ甘えてくるダックスを撫でながら申し訳なく思う事もあります。最後に多頭飼いでのメリットもお伝えすると、我慢と順番を待つと言う事を覚えるのが早い。飼い主に病的な程には依存がなくなる。人と犬の距離感が理想的な関係を築きやすい。色々あると思いますが、それでも私は多頭飼いをやめる事は無いと思います。その為に私は働いていますし、生きる活力と幸せを犬達から貰っています。今いる子達を全員見送った後、最後のワンを飼う時、初めて単頭飼いになるのかな?と思っています。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。