やらないほうがいい!愛犬との間違った5つの遊び方

やらないほうがいい!愛犬との間違った5つの遊び方【ドッグトレーナー監修】

愛犬と一緒に遊ぶ時間は、愛犬と飼い主さんのお互いにとって楽しいひとときとなりますね。また、かけがえのない大切な時間でもあるでしょう。ではあなたは、愛犬と間違った遊び方をしていませんか?ひょっとすると、あなたの愛犬との遊び方がトラブルを招いてしまうかもしれません。要チェックです!

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

埼玉を中心に、しつけ方教室/問題行動のリハビリ/ドッグダンスレッスンまで行う。ドギーホームルームでは、愛犬のトレーニングのみにとどまらず、飼い主様のフォローに力を入れる事でQOLを向上させます。また、JCHA公認のハイドロセラピスト・フィットネストレーナーでもある為、愛犬の健康増進にも力を入れています。【埼玉・東京・横浜でオーナーレッスン随時開催】
《公式HP》ドギーホームルーム

愛犬と間違った遊び方をしていませんか?

運動不足やストレスの解消のためにお散歩は犬にとってとても大切な日課ですが、犬には遊ぶことも大切であり、犬は遊ぶことによって

  • 心身の健康を維持することができる
  • 脳に良い刺激を与えることができる
  • 飼い主との信頼関係が深まる

などといったメリットを得ることができます。ですから、お散歩とは別に愛犬と遊ぶ時間も積極的に設けたいものです。ですが、愛犬と遊ぶときには注意点があり、間違った遊び方をしてしまうとトラブルを招いてしまうかもしれません。

そこで今回は、愛犬との間違った遊び方についてご紹介していきたいと思います。是非この機会に、愛犬と間違った遊び方をしていないかチェックしてみて下さい。

では、愛犬との間違った遊び方を5つご紹介していきます。

①滑りやすい床で遊ぶ

フローリングに座っている犬

愛犬と遊ぶとき、ツルツルと滑りやすいフローリングで遊んでいませんか?犬は、フローリングではスパイク代わりの爪が立てられず、踏ん張ることができません。

これが犬の足腰に負担をかけることになり、膝蓋骨脱臼や関節炎やヘルニアなどを発症するリスクを高めてしまいます。また、滑って転倒して、捻挫や骨折をする危険もあります。

フローリングにはカーペットを敷くなど、滑り止め対策を行ってから愛犬と遊びましょう。

②遊ぶ時間の始めと終わりを決めるのが犬

時計と犬

愛犬がおもちゃを飼い主さんのところへ持ってきて遊びが始まり、愛犬が飽きたら遊びが終わるという遊び方をしていませんか?このような遊び方は犬に主導権を与えてしまうことになり、問題行動につながる可能性があります。

遊ぶ時間の始まりと終わりを決めるのは飼い主さん、おもちゃの管理をするのも飼い主さんにしましょう。どのおもちゃで遊ぶのかも飼い主さんが決め、遊び終わったら出しっ放しにせずに片づけます。

因みに、愛犬が飽きる前に遊びを切り上げるようにすると、次回遊ぶときの期待感が高まります。

③無理やりおもちゃを取り上げる

おもちゃを抱えている犬

愛犬との遊びを中断したりおしまいにするときに、愛犬から無理やりおもちゃを取り上げていませんか?これは、愛犬がおもちゃへの執着が強くなる原因になります。

おもちゃへの執着が強くなると、誰かがおもちゃに触ろうとしたり、近づいたりしたときに噛みつくようになる可能性があります。

遊びを中断したりおしまいにするときは、飼い主さんが愛犬から無理やりおもちゃを取り上げるのではなく、飼い主さんの「チョウダイ」の指示で愛犬のほうからおもちゃを返せるように教えていきましょう。

④犬を興奮させすぎてしまう

布を引っ張る犬

犬それぞれ好きな遊びは違うかとは思いますが、引っ張りっこ遊びなど狩猟本能をくすぐられる遊びに夢中になる犬が多いのではないでしょうか。

ですが、こうした遊びは犬が興奮しすぎてしまう傾向にあります。興奮しすぎてしまうと、いつもは飼い主さんの言うことを聞く犬でもコントロールがきかなくなってしまったり、思わぬケガにつながることも考えられます。

ですから、愛犬と遊ぶときは興奮させすぎないように

  • 唸る
  • 口にくわえたおもちゃを離さそうとしない
  • おもちゃを激しく振り回す

など愛犬が興奮している兆候を見せたら遊びを中断し、「チョウダイ」の指示でおもちゃを口から出させてクールダウンさせましょう。そして、愛犬が落ち着いたら遊びを再開します。

また、愛犬が興奮しやすい遊びをするときは、5分遊んだら5分休憩し、また5分遊ぶという具合にクールダウンする時間を挟むのも良いでしょう。

⑤犬の性格を考えずにドッグランに行く

ドッグラン

犬は基本的に動き回るのが好きですので、ときには広いスペースで愛犬を思いっきり遊ばせてあげたいと思いますね。

そうなると、ドッグランが最適な遊び場所に思えますが、臆病な性格の愛犬をドッグランへ連れて行っても他犬や他人に怯えてしまい、遊ぶどころではないかもしれません。

また、愛犬が攻撃的な性格である場合は、他犬や他人に噛みつくなどのトラブルを起こしてしまう心配があります。

ドッグランで愛犬を思いっきり遊ばせてあげたいと思ったときはまず、そこが愛犬にとって本当に楽しく遊べる場所なのか、愛犬の性格を踏まえて考えてあげましょう。

まとめ

おもちゃを咥えている犬

いかがでしたか?ご紹介した中には、ついやってしまいがちな遊び方もあったのではないでしょうか。

愛犬と一緒に遊ぶ時間はとても楽しく、遊ぶことによって愛犬にメリットをもたらすこともできます。ですが、間違った遊び方をしてしまうと逆効果になりかねませんし、ケガにつながることもあるので注意が必要です。

ご紹介したような遊び方をしないように気をつけて、愛犬と共に楽しい時間を過ごしながら信頼関係を深めていきたいですね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    犬と暮らし始めた頃、散歩に連れて出ても歩かないし、他のワンちゃんには興味を示さないので、ドッグランで思いっきり走らせてあげようと電車に乗って連れて行きました。
    ドッグランに着くなりクンクン匂いを嗅ぎ回り、遊ぶどころか女の子なのにマーキングをして回るだけなので、お気に入りのボールを投げて遊ぼうとしましたが、すぐによそのワンちゃんにボールを取られてしまい、何度投げてもウチの子が持って来ることはありませんでした。
    結局全く走ることも遊ぶこともなく、お互い気疲れでクタクタになって帰りました。
    『犬の性格を考えずにドッグランに行く』
    まさに飼い主の自己満足だったと反省してます。
  • 投稿者

    女性 匿名

    うちのパピヨン1才半は遊びたがり屋で、好きなオモチャはくわえた瞬間から興奮します。振り回しもブンブンすごいです。
    なので、遊びの間におすわりをさせてます。不思議なもので、おすわりした途端にピタッと興奮が治ります。そして、マテも出来ます。
    なのにマテを解除するヨシの言葉を言うと、目を輝かせてオモチャに飛びつき大興奮です。
    性格もあるので、興奮はある程度させながらおすわりマテを上手く取り入れて楽しく遊んであげたいと思います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。