子犬をお迎えする日、家までの移動で気をつける5つのこと

子犬をお迎えする日、家までの移動で気をつける5つのこと

お気に入りに追加

家族の一員として、子犬を迎える時、ブリーダーさんやペットショップからどうやって移動するのがベストなのでしょう?いろいろな交通手段ごとに注意するべきことをそれぞれ3つづつ、ピックアップしてみました!

19484view

子犬の移動は、二回目のワクチン接種以降が望ましい

ワクチンを打つ子犬

今回、移動する子犬は、生後50日を過ぎて、1回目のワクチン接種を済ませ、さらに
10日後に2回目のワクチン接種が済んだ、生後3カ月程度の子犬を想定しています。
それ以前は、母犬から受け継いだ免疫が子犬の体の中に残っているとはいえ、生後二カ月くらいでその免疫の効果も切れる可能性があります。
どんな輸送手段であれ、外気と全く触れずに移動することは不可能なので、どこで犬が
かかる伝染病に感染するかわかりません。
早く可愛い子犬と一緒に暮らしたいと言う気持ちはわかりますが、子犬の健康のことを考えるのであれば、子犬を移動し、お家に迎え入れるのは子犬が生後3カ月以降が望ましいと言えます。

では、これから子犬が暮らすお家まで子犬を移動する際には、どんな事に気をつければ良いのでしょうか?

車で移動する時の注意点

車に乗る子犬

抱っこでの移動はNG。車内では、クレート、キャリーなどに入れましょう。

母犬や、生まれてからずっと一緒に育ってきた兄弟犬と別れて、初めて見る「人」と
いっしょにいるだけで、子犬にはとても大きなストレスになります。
知らない人の知らないニオイにずっと抱かれたままで、ずっと緊張しっぱなし…。
それでは、子犬の心身にかなり大きな負担がかかります。
危害を加えられることは無いと、子犬自身が理解できるよう、安全で安心出来る場所に入れてあげる方が、子犬の不安や緊張を少しは和らげてあげることが出来るはずです。
また、成長しても車で移動する時は、キャリーやクレートに入れる方が安全ですので、
「車に乗ったらクレートか、キャリーに入る」、という習慣を身につけさせるためにも、お迎えの日から、子犬をクレートか、キャリーに入れて移動しましょう。

ペットシーツ、トイレットペーパー、いらないタオルなどの用意を万全に

極度に緊張した場合でなくても、移動中にウンチやオシッコをするかも知れません。
ペットシーツヤトイレットペーパー、汚れを拭くためのタオルなど多めに用意しておきましょう。

超安全運転で運転すること

早く帰りたいからと言って、急ハンドル、急ブレーキは、車体が揺れます。
振動や車の揺れを子犬がなるべく感じないように、いつも以上に安全運転を心掛けましょう。

電車で移動する時の注意点

バックでおとなしくする犬

子犬、成犬に関わらず、動物を電車に乗せて運ぶ時は手荷物扱いになります。その運賃は、利用する電車会社によって有料の路線もありますし、無料の路線もあります。また、重さ、キャリー、クレートの大きさによっても、電車会社によって規定が違いますので、必ず前もって確認しておきましょう。

飛行機で移動する時の注意点

飛行機に搭乗前の犬

飛行機での輸送は、公共交通機関で、もっとも規定が細かく、手続きが複雑です。飛行機会社によって、クレートの大きさ、重さ、運賃もさまざまです。また、ブルドッグやパグなどの鼻先が短い犬種は、体温調整機能が低いため、飛行機会社によっては、乗せてくれないこともあります。空調が効くとは言え、貨物室のようなところにクレートごと置かれて、どの交通機関よりも「荷物」としての輸送になります。何より、新しい飼い主さんとも数時間は離れ離れで一人きりになってしまいます。子犬にとって、生まれて初めての長期移動が飛行機…と言うのは、かなり難易度の高い移動手段と言わざるを得ません。

交通機関を利用する際には、乗り物酔いに備える

寝ている犬

初めて車や電車に乗る子犬。乗り物酔いをするか、しないかは乗せてみないと分かりません。けれど、なにも備えもせずに乗って、車に酔ってしまったら、それ以降ずっと乗り物酔いをするようになってしまうかも知れません。実際に犬は、一度、車に乗って嫌な思いをすると、車に乗ると気分が悪くなって、乗り物酔いの癖がついてしまうこともあるそうです。乗り物酔いに備えるには、どんな方法があるのでしょうか?

食事は、車に乗る2時間前までに済ませること

満腹だったり、逆に空腹すぎると酔いやすいと言われています。いつも食べている量の半分くらいの量を、出発前の2時間前には食べ終わっているようにして欲しい、と譲渡先に伝えておきましょう。

可能であれば、酔い止めの薬を飲ませておく

生後3カ月過ぎでも、獣医さんとの相談次第で、酔い止めの薬を処方して飲ませておけば、より安心です。

移動する直前まで寝かせない

移動中に寝てしまえば、ストレスもなく、乗り物酔いになることもありません。移動するまで、しっかり遊んで、移動中クレートの中でぐっすり眠っている…という状況が子犬にとってはベストです。

徒歩で移動する時の注意点

クレートに入る犬

小型犬、中型犬の子犬なら、キャリーやクレートに入れて移動が望ましいです。
また、徒歩ならペットカートを使っての移動も可能ですね。けれど、大型犬の子犬となると、生後3カ月でも10キロを超える重さになるので、キャリーやクレートに入れて運ぶことは難しいので、首輪やリードを装着させて歩いて連れてくるしかありません。
その際、その日、初めて首輪やリード、ハーネスなどを身につけるような状況だと怖がって子犬が歩いてくれない、と言うことも充分考えられます。お迎えの日までに、リード、首輪、ハーネスを装着した状態でも自然に歩けるように慣らしておいて貰えるよう、譲渡元にお願いしておきましょう。

公共交通機関を利用する際の注意点

電車に乗る犬

排せつのタイミングを把握しておく

子犬は、月齢+1時間は、トイレが我慢できると言われています。生後3カ月程度なら、約4時間程度はトイレの我慢が出来る限界、と言うことですね。けれど、ある程度、子犬がトイレをするタイミングを把握しておけば、移動中、クレートやキャリーの中で粗相されることがなく、清潔さを保ったまま、移動することが出来ます。子犬のトイレのタイミングは、おおよそ、以下のとおりです。

  • ①起きた時
  • ②興奮した時
  • ③ご飯を食べた後

移動する際に気をつけるのは、ずっと眠っていた子犬が、何かの拍子でクレートの中で
目を覚ました時です。車移動なら、そのタイミングで一旦休憩をとり、首輪やハーネス、リードをつけた状態でクレートから出し、トイレをさせてあげても良いですね。

寄り道せずに、我が家まで直行がベスト!

伏せている犬

生まれて初めての移動ですし、また、新しい環境に何の問題もなく馴染めるかどうかの大事な一日です。どんな交通手段であれ、寄り道せず、早く子犬が緊張を解き、ゆったりと過ごせる場所に連れてくるのが最優先です。休憩は必要ですが、寄り道はせずに、お家まで直行しましょう。

お家に到着したら、静かな環境で子犬を休ませる。

眠る犬

「ニューオーナーシンドローム」と言う言葉をご存知でしょうか?
「ニューオーナーシンドローム」と言うのは、生まれ育った環境から離れて、知らない人、知らない場所での暮らしに子犬がストレスを感じて、体調を崩してしまうことを指します。子犬を迎え入れる日をずっと待っていたご家族は、おそらく熱烈に子犬を歓迎し、抱き上げてたくさん可愛がろうとするでしょう。
特に小さなお子さんのいるご家庭では、親が注意しないと、ずっと子犬に触っていたり、遊んだりしますので、子犬が疲れ切ってしまいます。
まだ、小さい子犬がストレスから体調を崩し、下痢やおう吐が長引くと、死んでしまうことすらあります。移動して来た日だけではなく、少なくても一週間は、人間の都合でケージやクレートの中にいる子犬を引っ張り出して遊んだりせず、ゆったりと静かに、子犬を見守りましょう。

意外と知られていない?宅配業者による生体輸送サービスについて

ダンボールに入る犬

クロネコヤマトでは、ペットの輸送サービスを行っています。
直行便や、飛行機などを併用する場合などさまざまに対応して貰えるようなので、
子犬の移送の1つのケースとして、考えてみてもいいかもしれません。

生後3カ月で新幹線+在来線+タクシーで5時間の移動を経験しためいぷる

ソファに座っているめいぷる

我が家のめいぷるは、6月9日に生まれ、8月24日に我が家にやって来ました。
私の家から、めいぷるの生家まで、在来線、新幹線、在来線…と乗り継いで、5時間ほど。帰りのラッシュ時間に巻きこまれないよう、お昼前にめいぷるの生家に到着し、
13時過ぎには、現地を出発しました。
移動は、めいぷるのために購入したキャリーバックにめいぷるを入れて、まずは手荷物切符を購入してから、在来線に乗り込みました。
当時、3キロのめいぷるを担いで、出来るだけ階段を使わずに、エレベーターを使って
在来線から新幹線に乗り換えます。
新幹線は、もっとも京都まで早く帰れる「のぞみ」、座席は指定で、車両の一番前の席を取りました。
他の席より若干スペースが広く、足元にめいぷるが入ったキャリーを置くことが出来ました。京都から私が住んでいる家まで、電車の本数は少なくても、確実に座って帰れる路線を選び、乗り継ぎの時間も余裕を持ちつつ、きっちり調べて行きました。
最寄りの駅からはタクシーで。当のめいぷるは、電車の中でも一切鳴かず、ずっと熟睡してくれました。

キャリーの中のめいぷる

その日の切符や、めいぷるをその日まで育てて下さったオーナーさんから頂いたおもちゃ、めいぷるのママのニオイのついたタオルなど、いまだに大切に持っています。

まとめ

女性と犬

車、飛行機、電車、徒歩で移動するケースについて、気をつけることをまとめてみました。
①乗り物酔い対策(食事は移動する2時間前には半分程度の量で済ませるなど)
②移動する前に排せつは済ませておく
③費用、重さ、大きさなどについての規定について詳しく調べておく
④寄り道せず、まっすぐ連れて帰る
⑤到着後は、ゆっくり子犬を休ませる

長い年月一緒に暮らす新しい家族が到着する、記念すべき大切な一日となりますように…。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 もこち

    初めて愛犬をブリーダーさん宅から自宅まで連れて来た時、家族でとても緊張しま
    した。子犬にとって何もかもが初めての経験なので、パニックになるのではないか
    とドキドキでしたが、車の中で案外冷静にしていたので安心しました。直帰して、
    新しい環境に慣れさせてあげることが良いかもしれませんね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。