ボストンテリアのかかりやすい病気とは?症状や予防法について

【獣医師監修】ボストンテリアのかかりやすい病気とは?症状や予防法について

お気に入りに追加

ボストンテリアの病気や疾患を御存じですか。一般的にはボストンテリアは丈夫でタフという印象の強い犬です。しかし、ブルドッグ同様に短頭種と呼ばれる種類に入りますので、短頭種だからこそ気を付けるボストンテリアの病気や疾患を知っておきましょう。 そこで、かかりやすいボストンテリアの病気について御紹介します。

2747view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

ボストンテリアの病気は、目にまつわるものがある

目を細めるボストンテリア

ボストンテリアがかかりやすい病気は「チェリーアイ」という目の病気です。はっきりとした原因は分かっていませんが、これは誕生した時点で第三眼瞼を結んでいる部分が弱かったり、誕生後にできたキズなどが要因で発症するというケースがあり、結果第三眼瞼と呼ばれる部位が外部に向かって出ることで、赤みを帯びた状態で腫れあがるという特徴があります。

しかし、ボストンテリアの病気は生まれ持ったケースも多いので、家族や飼い主がふだんの生活の中で様子を見ていると、早く気が付くことができます。やけに瞬きや涙を流すことが多くなるといった異変が出始め、目をこすることが目立ってきますので、何か変だと感じたら動物病院に受診しましょう。本当に早い段階で発見できたときは、点眼薬で対応できることがありますが、それ以外の治療法となると手術を行うのが大半です。

生まれ持ったこの病気が発症した場合予防するのは難しいですが、キズができないように気を付けることは日常生活の中でできますので、ボストンテリアが転ぶなど何かにぶつかることがないように、家族で見守るのが一番です。

また、目の病気でかかりやすい病気がもう1つあります。それは「白内障」です。

白内障の特徴は、物を見るために必要なレンズの役目を持つ水晶体と呼ばれる部分が、白色を帯びてレンズに濁りが生じるため、光を届ける必要のある網膜に肝腎な光が入らず、結果的に視力にまで影響を及ぼす病気で、大半の犬種がかかりやすい疾患でもあります。

白内障も発症する要因が2つあります。1つは眼にキズを負うことや、糖尿病などの病気からくる2次的に発生するケースなどです。もう1つは遺伝性のものです。

白内障を予防するのは難しいですが、本当に早い段階で獣医に受診することで進行の抑制にはなるでしょう。生活の中でも、ボストンテリアが歩行中にどこかによくぶつかる、つまずくといった行動がないか様子を見ることが大切ですし、定期健診を必ず受けるようにしましょう。

ボストンテリアの病気でなりやすいのが膝蓋骨脱臼

走るボストンテリア

ボストンテリアの病気でさらに注意したいものの1つが、膝のおさらの部分がずれて外れる「膝蓋骨脱臼」です。

このボストンテリアがかかりやすい病気の膝蓋骨脱臼は、進行具合によって症状が変わります。まだ初期の段階では目立った痛みや症状はなく、生活環境を見直し たり、場合によってはサプリメントなどを与えます。

症状が進むと走る、歩くといった行動に異変が出てきます。お皿がはずれたままになり、片足を上げたままにするなどの跛行がみられたり、痛みで鳴いたりすることもあります。この段階になると手術も考慮していきます。

さらに痛みが激しくなってくると、歩くのはもちろん排泄にも介助が必要となる場合があり、行動そのものに支障が出てきます。この段階までくると手術以外の選択がなくなります。

このボストンテリアが発症しやすい病気は、まだ問題がない状態の時から足腰を大切にすることで予防に繋がります。家の中で歩きやすいようにカーペットのようなものを敷く、爪はしっかり切るなどから、ハードな内容は避けて適度な運動を行う、筋肉を落とさない、体重を増やさないように心掛けることも重要です。

ボストンテリアの病気で有名な遺伝性疾患

浜辺を歩くボストンテリア

また、ボストンテリアに多いのが「鼻腔狭窄」と呼ばれる病気です。これは鼻腔のサイズが小さいため、呼吸はもちろん体温管理にすら支障が出るものでボストンテリアをはじめ短頭種に比較的多い病気です。呼吸が辛そうだったり鼻水の出方が通常とは違って飛び出るような症状が見られます。

この鼻腔狭窄はボストンテリアの後天的な病気ではありませんので、予防の方法自体がないのです。あまりにも呼吸が辛そうならやはり獣医師に相談をして、場合によっては手術を受けて空気を上手に取り込めるようにします。

ボストンテリアの病気で多い呼吸器系疾患

タオルにくるまって寝るボストンテリア

ボストンテリアの発症しやすい病気に「軟口蓋過長症」と呼ばれる、呼吸器系の疾患があります。これは空気の通り道である気管をふさぐように軟口蓋垂がが長くなっていることで、呼吸に支障を与えます。日常生活の中で明らかに呼吸することが難しい場合は、手術で治療することになりますが、特に苦しそうでなければ、そのまま生活を送ることは可能です。

まとめ

おもちゃで遊ぶボストンテリア

とても元気で活発、遊ぶことが何よりも好きな甘えん坊のボストンテリアでも、意外とかかりやすい病気があります。先天性疾患の場合はこれといった予防法がありませんが、できるだけ早く発見してあげることで、進行の抑制をすることができます。

また、ボストンテリアは、ブルドッグなどと同様に「短頭種」であるため、呼吸器系の疾患には注意が必要ですし、食べることは好きですが食べるという行動が苦手であるため、じっくりと時間をかけて食べるように躾けてあげると、消化器系への負担も軽減できます。

一般的にボストンテリアの寿命は短くて13歳くらい、長くて15年くらいといわれていますが、中には16年以上の長生きなボストンテリアもいます。せっかく縁があって家族になったのですから、できるだけ長く傍にいてほしいものです。そのためには、かかりやすい病気を知っておくことで未然に防ぐなど、ふだんから様子を見守って早期発見できれば、進行を遅らせることができます。

運動面に関しても膝に負担をかけないように、食べ過ぎを抑えたりしながら体重の管理をするなど、きつめの運動よりも毎日散歩や公園でのボール遊びなど、工夫して運動をさせてあげましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 かえまり

    ボストンテリアとゆう犬種は短頭種で、比較的ひょうきんなかわいい犬です。
    太らさないために小さい頃から気を付けましょう‼躾をしっかりすれば飼いやすいと聞きました‼
    チェリーアイにもなりやすいですので気をつけてやらなければならないですね。
    呼吸器系の病気にも気を付けたいです。病気になってしまうと厄介なので防ぐことをかんがえなければなりません。
    被毛の注意点は特にはなさそうですね。
    あとは、膝蓋骨の病にもきをつけましょう。そのためには、あまり無茶に走らせない方がいいでしょう。
    あと、食べもののことが好きな反面食べるとゆう行為が苦手らしいので工夫して与えたいですね‼
    病にかかりだすと結構な数の病気になりやすいそうなので、体を丈夫にすることも考えて餌を見直してみるのもいいですね。
  • 投稿者

    女性 ちゃーりーぶらうん

    ボストンテリアちゃんのこの愛くるしいお顔がたまらなく大好きです。
    友人宅のボストンテリアちゃんは女の子ですが、顔を見ると「おやじ顔」なのでそのギャップがとっても可愛いくて癒やされます。いつも遊びに行くと、小さなイノシシのように(笑)全身で突進してきます。

    その子もチェリーアイにかかっており今現在も病院に通院しています。
    今のところ通院で良いようですがやはり症状が改善されないようだと手術と獣医さんに言われているそうです。
    あと、この子達のような犬種は皮膚疾患も多いようで、見た目はしっかりがっしりした体格ですが、実はとってもデリケートなワンコです。

    アレルギーの子も多いようなので、特に食べ物には気をつけないといけないですね。
    その為、シャンプーはこまめに、病院で推奨されている皮膚疾患用のシャンプーを使っているそうです。
    確かにボストンテリアやブルドックのような短頭種のワンコちゃん達は呼吸器系の疾患を気をつけないといけませんが、ウイルスなどの感染症も起こしやすいのでお部屋には空気清浄機など置いてあげたいですね。
    とにかく可愛らしい表情が特徴でインパクトのあるお顔が魅力の犬種です。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    今回、ボストンテリアに関する記事でしたが、近年フレンチブルドッグのブームがあり、とても似た感じではありますがボストンテリアはあまり見かけた事がないので興味を持ちました。
    かかりやすい病気として、短頭腫に多い「鼻腔狭窄」等は理解出来ましたが、意外と目に関する病気が多い事に驚きました。「チェリーアイ」という目の病気があるというのを初めて知りました。赤みを帯びて腫れあがってくる様子がチェリーのようなのでその名が付いたのでしょうか?
    まずは飼う際に家具の配置など、目を傷つけないような生活を心がける事が大事ですね。又、白内障も多いそうですので、眼科に力を入れているかかりつけ医を探しておくと良いと思いました。
  • 投稿者

    30代 女性 さくら

    昔は闘犬として開発された犬種でブルテリアの血をひいていたようです。まもなく闘犬が廃止されると愛玩用に改良されボストンテリアは「タキシードを着たアメリカ紳士」と評されるほどやさしく身ぎれいでスマートな犬になりました。現在ではアメリカを代表する犬の一つであり、ボストン大学のマスコットでもあります。活発で遊び好き、知らない人であってもそつのない態度で周囲を和ませてくれる性格です。ただし過剰すぎる運動は短頭種特有の呼吸困難に陥る恐れがあり、夏の暑さは非常に苦手なので散歩の時は十分な準備をして長くても一時間以内に済ませて下せてください。短毛ですので手入れはさほど難しくないのですが、夏場は特に毎日のブラッシングをしっかりして、風通しを良くしてあげてください。夏場は特に紫外線が強く白内障のリスクを伴うので直射日光を避ける工夫をするといいでしょう。
  • 投稿者

    20代 女性 ゆき

    うちの子もボストンテリアと同じ短頭種(フレブル)なので、目の病気には十分注意しています。特に逆くしゃみの兆候があるので、扇風機やエアコン等の風は弱めに設定して対策して上げています。逆くしゃみは短頭種に多くて、ボストンテリアも逆くしゃみになるそうなので、その他の病気と一緒に注意してあげて下さいね。
  • 投稿者

    30代 女性 てと

    ボストンテリアは色んな病気になりやすいのですね。ただボストンテリアだけが病気になりやすい訳ではないと思います。大型犬なら大型犬のなりやすい病気もありますし、どの犬にも色んなリスクはあります。飼わない方がいい!ということではなく、こういう病気になりやすいんだと頭に入れておいて予防、早期発見に役立てるのが良いんじゃないでしょうか?
  • 投稿者

    10代 女性 きらり

    ボストンテリアを飼ってみたいと思っているんですが、こんな病気に気を付けないといけないなんて考えていませんでした。なってからじゃ遅いですもんね。ちゃんと愛犬をケアして大切にしたいと思います。目が大きくてあたまが大きくてかわいい!って思っていたんですが、色んな苦労があるんですね〜(・.・;)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。