子犬に洋服を着せても大丈夫?いつから着せればいいの?

子犬に洋服を着せても大丈夫?いつから着せればいいの?

子犬に洋服を着せることは良いことなのでしょうか。子犬に洋服を着せることにメリットはあるのでしょうか。子犬に洋服を着せるメリットや注意点をご紹介しています。

はてな
Pocket
お気に入り登録

子犬に洋服を着せることは必要なのか?

赤い洋服を着た白い子犬

子犬は気温の変化によって体調を崩しやすいため、洋服を着せることによって調節してあげると良いとされています。
寒い冬は犬も体調を崩しやすいので、室内が寒い場合やお散歩のときなど、洋服を着せることで風邪などを引いてしまわないように対策してあげましょう。

子犬の時は体温調整のため

また、春や秋は朝晩と日中の気温差が激しいですよね。朝晩は肌寒く日中は暑い。
その激しい気温差によって子犬も成犬も体調を崩しやすくなります。
朝晩の寒い時間には洋服を着せることで対策してあげましょう。

家と外で着る洋服を使い分ける

お散歩などお外に行く際に洋服を着せる場合、お家に帰ってきたら別の洋服に着替えさせてあげることをおすすめします。
ウイルスや雑菌や害虫などが付着している可能性があるからです。
私は、お家用もお外用も毎日お洗濯をし、清潔を保つようにしています。

汚れ防止のために

服を着たチワワ

犬は人間のように毎日お風呂に入るわけではありません。
多くても2週間に1回、ほとんどの犬の場合が月に1回なのではないでしょうか。

頻繁にシャンプーできない

子犬は成犬よりも皮膚が弱いため、シャンプーのし過ぎによって皮膚トラブルを引き起こしてしまう可能性が高いです。
頻繁にシャンプーをしなくても済むように、汚れ防止のためにお散歩の際に洋服を着せると良いのではないでしょうか。

洋服はノミ・ダニの予防になる!?

洋服を着せているからといって、ノミがついてしまわない、ということはありません。
ノミは数メートルほどジャンプすることができるとされており、他の犬や猫とすれ違う際にもついてしまう可能性があります。

ノミ・ダニ予防は獣医さんへ

また、ダニも手足についてしまうことがありますし、洋服を着せているからといって完璧な予防にはなりません。
洋服を着せているからノミ・ダニがつくことはない、と考えている飼い主さんもいらっしゃるようなのですが、ノミ・ダニの予防は獣医師の診察を受けた上で予防薬を処方してもらいましょう。
洋服では予防することはできないという点にご注意ください。

暑さ対策になる!?

黄色いファッションのチワワ

水で濡らしてから着せることで犬の体温を下げる効果のある洋服があります。
クールシャツなどで検索すると商品を見つけることができると思います。
人間は汗をかくことで体温を下げることができますが、犬はほとんど汗をかかないため、身体に熱がこもりやすくなってしまいます。

クールダウン効果

そこで、水で濡らした洋服を着せることで、洋服の水分が蒸発する際に犬の身体の熱を放出させてくれる、そんな効果が得られるという特徴があります。
成犬であれば、水浴びをさせることで一気にクールダウンさせてあげることもできるのですが、子犬の場合はクールシャツなどで少しずつ体温を下げてあげる方が良いでしょう。

抜け毛が落ちないよう

車に乗るときやドッグカフェに行くとき、抜け毛が落ちてしまうことを気にされる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

子犬のうちはそれほど抜け毛が多いわけではないと思いますが、洋服を着せてあげることで抜け毛が落ちることを予防することができます。
ただ、洋服にはたくさんの抜け毛がついていると思いますので、洗濯機に入れる前に粘着テープなどで取り除いてからお洗濯するようにしましょう。

まとめ

服を着たポメラニアン

子犬にも成犬にも同じことが言えると思うのですが、衛生面や安全面を考えて愛犬に洋服を着せている、という飼い主さんもいらっしゃると思います。
オシャレのために洋服を着せているという飼い主さんもいらっしゃると思います。

犬に洋服を着せるということに関しては、愛犬家の中でも賛否両論でしょう。
犬に洋服を着せるのは虐待なのでは?という考えを持っている人もいらっしゃるようです。

「抜け毛が落ちるのが嫌だから」
「犬が汚れると部屋も汚れて嫌だから」
「オシャレさせたいから」

など、人間の都合のみで洋服を着せることは私もあまり賛成ではないのですが、愛犬の衛生面や安全面を考えて洋服を着せることにはとても賛成できます。

冬や寒暖の差が激しい季節には、子犬や老犬の寒さ対策や病気対策にとても有効的だと思いますし、嫌がるのを無理矢理に着せるのでなければ安全面や健康面を考慮した上でオシャレのために着せても良いのではないでしょうか。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 りん

    うちでも子犬を飼った時、ブリーダーさんからこのようなことを教えていただきました。私は個人的に犬に服なんて必要ないのでは??と犬を飼う前は思っていたので、こんな合理的な理由があったのかと驚きました。もちろんかわいくて着せている人もたくさんいると思いますが、外で見かける小型犬が服を着ていることにも納得ができました。特にうちの子はなかなか体重が増えなくて痩せていたので、冬は寒いからなるべく外に行く時は服で体温を守ってあげてと言われて、なるべくあたたかそうで動きやすいものを選んで着せていました。選んでいるとかわいいものがいっぱいあって、ただただかわいくて服を着せている人たちの気持ちもよーくわかるようになってしまいました(;^ω^)
  • 投稿者

    女性 Hanae

    犬と初めて暮らし始めた時、私は洋服を着せることをとても楽しみにしていました。現在はネットでも手軽に購入することができるし、何より種類がとても豊富ですよね。種類が豊富過ぎて、もうどれを購入したら良いのか迷ってしまいます!我が家でも愛犬の子犬時代に何かを着させるということについて、家族で話し合ったことがあります。子犬時代は洋服を噛んでしまったり、嫌がるのではないかと思ったからです。しかし、冬は寒くてプルプル震えていたのでコートを購入し、お散歩の時には着させていました。愛犬も暖かそうにしていましたよ!小型犬の場合、冬は特に何か着せるのには良い時期だと思います。寒い時はお散歩にも出たがらなくなります。また、サイズがきちんと合ったものを選ぶと良いです!
  • 投稿者

    40代 女性 東雲

    うちの犬は子犬の頃こそ洋服が活躍しました。元気いっぱいに走り回ってはあちこちでコロコロすりすりするのもので、白い被毛があっという間に泥だらけ。ときにはトイレやケージでも暴れるのでうんちまみれでした。
    そうか、洋服を着せるという手があった!と思い付いたときには我ながらやった!と喜びました。
    ウェットシートやシャンプーシートでのケアにも限界がありますし、シャンプーを頻繁にするのは大変。
    ただ、子供でも保育園ではパーカーが禁止されていることが多いように、子犬の場合もパーカーや装飾のついた洋服ではなく、できるだけシンプルなものがいいと思います。
    留守番中にどこかに引っかけたり、事故があったら怖いので。うちでは、シンプルな薄手のタンクトップが一番活躍しました。
  • 投稿者

    40代 女性 チャッピー

    なるほど!子犬に服を着せるのはそれだけの理由というかメリットがあるんですね!勉強になりました。少し違うかもしれませんが、子犬と同じく体温調節が苦手で寒さ暑さにデリケートで、頻繁に洗うのもむずかしいシニア犬にも同じことが言えるかもしれませんね!
  • 投稿者

    40代 女性 ワンコプロより

    記事に「水で濡らしてから着せることで犬の体温を下げる効果のある洋服があります。」これは、大きな誤解があります。水に濡れる事により、雑菌が繁殖して、皮膚病になる事が多いので、オススメしません‼
    是非、濡らさなくても涼しくなるクールのお洋服がありますので、そちらがオススメです。
  • 投稿者

    20代 女性 ゆき

    昔は「犬に服を着させるなんて、犬が可愛そう!」と言われていたかもしれませんが、今は変わってきていますよね。うちもそうでしたが、特に子犬の場合は体調を崩しやすいので寒い時期は服を着させていました。ただ、服を嫌がる子もいるのでストレスになる場合は着させない方がいいかもしれません。ちなみに、お洒落を楽しむ目的でも愛犬とのコミュニケーションになるので私は賛成です!
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    寒くて震えているようなら服を着せてあげるのは良いと思います。子犬やシニア犬は特に低体温症には注意しなくてはいけませんからね。
    クールシャツは試したことがあるのですが、被毛が多い犬種には向かないと思います。
  • 投稿者

    女性 ペコ

    子犬の時期こそ洋服が大活躍しました。やんちゃでどこでもゴロンと横になったりしてしまう子だったので、毎日シャンプーするわけにはいきませんから、洋服は子犬時期こそ大活躍しました。また子犬期は社会性を体得してもらうために、犬の幼稚園のようなしつけ教室に頻繁に預けていましたので、他の犬のニオイを持って帰ってこないためにも洋服必須でした。でも子犬期はフードのついた服はどこかに引っかけたり危ないので避けた方がいいと思います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。