我が家のワンコが赤ちゃん返り?なぜ??

我が家のワンコが赤ちゃん返り?なぜ??

お気に入りに追加

我が家の12歳になるミニチュアダックスフンドが数年前、突然赤ちゃん返り(人間でいうと。。)してしまい家族であたふたびっくりしてしまったエピソードとその後の改善方法等を少しご紹介します。

6366view

我が家のワンコのご紹介

床に張り付き上向きで悩んでいる様子のワンコ

我が家には、12歳のミニチュアダックスフンドの男の子がいます。彼が生後2か月の頃、丁度新しいマンションへ転居した際に我が家にやってきました。とても小さくてかわいくてお部屋をキョロキョロ見回していたのを覚えています。 
そして、誰よりも長い時間我が家でお留守番をしてくれているので、一番の家の主は彼かもしれません。性格は正義感が強く気も強いのですが、甘えん坊なおじいさん犬です。
歳をとるにつれて、穏やかになってきた気がします。

突然の赤ちゃん返り

白の机に伏せているワンコ

我が家にはペットは彼だけで、さらには初めて我が家で飼ったワンコです。 
それだけに、家族中でかわいがりとても大切にしてきました。
それは、彼が5歳の時でした。その彼が突然、今までしなかったいたずらを始めたり、トイレの位置をわざと間違えたり、吠えたり、飛び掛かったりとまるでトレーニング前の小さいころに戻ってしまったかのようでした。

どんな風に赤ちゃん返りしたか

クッションの上に座っているワンコ

彼がどんないたずらや性格に変わってしまったのか並べてみたいと思います。

①トイレの場所をわざと間違えるようになった

赤ちゃんの時のトレーニングでトイレの場所はすぐにしっかり覚えてくれた彼。
場所を間違えてしまったりなんていうことはいままでありませんでした。
それが、突然、廊下や玄関等トイレではないところがびしょびしょになっているということが多発していました。しかも必ず、長時間のお留守番の時なんです。

②物をかみちぎって破壊して散乱させるようになった

ゴム製のおもちゃをかみちぎって床にバラバラに散乱させたり、自分のお散歩バッグからティッシュペーパーを取り出してそれも床やソファにバラバラと、、、とにかく目に入るものをかみちぎって破壊して汚していました。これも、必ず長時間のお留守番の時でした。

③急に吠えるようになった

それまでは特に吠えるワンコではなかったのですが、急に歯と歯茎をむき出しにして怒り吠えるようになってしまいました。番犬の役割を果たしてくれるのはいいのですが、、、我が家を訪れるお客様やいつもきてくれる宅配の担当の方など等、、誰にでも吠えるの大変苦労しました。しかし、こんなに吠えるようになったのはいたずらが始まって1-2か月してからだったと思います。

④人に飛び掛かるようになった

今まで、すこし吠えるということはありましたが(③程の勢いではありませんでしたが。。。) 特に我が家を訪れるお客様に急に飛び掛かったり、お散歩の途中ですれ違う人に飛び掛かってしまったり(噛んでしまうことはなかったのが幸いでした)とお散歩もままならない状況でした。

え?どうして?なぜ?と言いたくなるような状況が突然始まりました。
もちろん、トイレの件ですぐに動物病院の先生にも相談してみました。
が、ストレスが溜まっているのかもと。もっとお散歩や運動をさせてあげてくださいね。というアドバイスがあり、それまでよりも頻繁にお散歩や公園に連れて行くように心がけました。
ですが、あまり改善は見られませんでした。

突然の赤ちゃん返り 突然の理由発覚!!

どこかを見つめているワンコ

突然始まった彼の赤ちゃん返りともとれる行動達。
そして、突然にその理由がわかることになるのです!!

理由発覚!

彼の赤ちゃん返りが始まったころ、妹に赤ちゃんが生まれたのです。
我が家では初めての孫(両親にとって)&姪っ子(私にとって)だった為、家族中が赤ちゃんに夢中になっていたのです。赤ちゃんが生まれてからは、いままで彼が中心だった我が家が赤ちゃん中心へと変わっていました。
その環境の変化が彼を赤ちゃん返りさせていたのです。

いつも仲良くしているダックス仲間の方たちとの会話の中で気づきました。
みんなの目線が赤ちゃんに行ってしまってさみしいのね。と。
人間とおんなじでさみしかったんです。
さみしくてこっちを見てよと興味を引くためのいたずらだったのです。
その時は、ごめんね。怒ってごめんねと彼に謝りました。

そして、いたずらの数か月後から始まった、吠え・飛び掛かり。これも納得できました。
このころ、赤ちゃんは2か月を過ぎていたのですが、彼は他の人間から赤ちゃんを守るために今まで以上に吠えて警戒をしてくれていたのでした。お散歩もベビーカーに赤ちゃんを乗せて一緒に歩きます。
たまに、かわいいですね。と声をかけてくれる人がいらっしゃいます。彼には赤ちゃんを守ることが使命になっていたのでしょう。必ず、吠えます。威嚇しているときの吠え方でした。

それ以降、家族では彼のことも今まで以上にケアしながら生活を共にするように心がけました。するとぱたりといたずらは減り、しっかりおとなしくお留守番していてくれるようになりました。我が家では必ず、出かけるときは彼に”行ってきます。お留守番のお仕事よろしくね”と伝えています。

まとめ

とても穏やかな表情のワンコ

初めてワンコを飼ったとはいえ、飼い主として全然彼の気持ちや考えをしっかりくみ取れなかったことを家族中で反省しました。 彼らの行動一つ一つに意味があり、言葉が隠れているんだなと痛感しました。
そんな彼は今では成長し小学校から帰ってくる姪っ子と遊ぶことを楽しみに毎日過ごしています。相変わらず、姪っ子が怒られているときや泣いているときは、1番の味方になって側にいます。今はやたらと吠えたり飛び掛かることはなくなりました。が、、姪っ子を守るためならと一生懸命です。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 ちこママ

    我が家でも子供が生まれた時期はどうしてもかまってあげる時間が少なくなり、コミュニケーション不足のせいかあまり言うことを聞かなくなってしまった時期がありました。生活が落ち着くにつれて徐々に元に戻っていきましたが、これも赤ちゃん返りだったのでしょうね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。