犬が後ろ足を上げている理由とは?隠れている病気の可能性

【獣医師監修】犬が後ろ足を上げている理由とは?隠れている病気の可能性

犬が不自然に後足をあげていることはありませんか?マーキングならまだ良いのですが、怪我や病気が原因かもしれません。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

おしっこ以外で後ろ足をあげていたら注意!?

片足をあげておしっこしている犬

マーキングなら大丈夫

主にオスに見られる行為ですが、メスでもマーキングをする犬がいます。
後足を片方あげてオシッコをする行動で、電柱や壁などに向かってすることが多く、他の犬に自分の存在をアピールし、縄張りを主張するために行っていると考えられています。その際に、自分をより大きく見せるため、高い場所におしっこをかけようとしています。

後足に違和感や痛みを感じているかも

マーキングやおしっこ以外で犬が片足をあげたままの状態でいたら、犬が足に何らかの違和感や痛みを感じているかもしれません。
足に葉っぱが付いてしまっているだけ、ということもありますが、あまりに足をあげたままの状態が続いていたり、頻繁に足をあげる行為をする場合は次項の病気や怪我を疑ってみてください。

後ろ足をあげたまま、考えられる病気や怪我

後足の診察を受ける犬

骨折など怪我の可能性

片足をあげたままの状態が続くようだったら怪我をしているかもしれません。歩かせようとしても、片足をあげたまま動かなかったり、足を引きずったりしませんか?地面に足が触れると痛いから足を浮かせているのかも。
犬の歩き方が普段と比べて不自然だったら、まずは愛犬の脚に切り傷や虫刺されなどの異常はないか確認してみてください。
骨折や次に紹介するような病気はご自身での判断ではわからないものなので、動物病院を受診して調べてもらってください。

膝蓋骨脱臼の可能性

膝蓋骨脱臼は、いわゆる「膝のお皿」と呼ばれるところが正常の場所からずれてしまう病気です。膝がずれてしまった違和感や痛みから、足を上げた状態でいるかもしれません。
ひどいと痛みを感じることがもありますが、中には慣れっこで自分で脱臼を戻してしまう犬もいるといいます。

膝蓋骨脱臼は小型犬に多く、先天的なものと後天的なものがあります。
先天的なものは、子犬の頃から健康診断などで獣医さんに指摘されることが多いと思います。
飛び跳ねたり、高い場所から飛び降りるたり、フローリングの床などのすべりやすい場所での生活が膝に負担をかけやすいため、生まれつき膝蓋骨が脱臼しやすい犬の場合は、日頃から注意が必要です。

また後天的に膝蓋骨が脱臼してしまう理由は、何らかの衝撃を関節が受けたか、日頃から慢性的に受けている衝撃ストレスによることが多いです。
膝蓋骨脱臼は症状によって4段階にランク付けされますが、これが3以上だと慢性的に脱臼している状態です。
重症な場合は外科手術が必要となります。

椎間板ヘルニアの可能性

椎間板ヘルニアは、骨と骨の間に挟まっている椎間板がはみ出して、近くにある神経や脊髄を圧迫してしまう症状で、痛みを生じます。
椎間板は、頸から腰までのすべての背骨に挟まっていて、どの部位でも発生する可能性があります。
原因は、肥満や老化、運動による衝撃ストレスなどがあります。

腰椎付近のヘルニアの場合、後ろ足に麻痺が起こり、歩行障害が起こることもあります。その際に足をひきずるような状態をとることがあります。
椎間板ヘルニアになりやすいといわれているダックス・フントやコーギーなどの犬種は特に注意してください。

まとめ

ラグの上に立つ子犬

膝蓋骨脱臼は小型犬に多く、生まれつき膝のお皿が滑りやすい構造になってしまっている個体が多いそうです。脱臼は痛みがあると聞いたことのない声で叫び声をあげると聞きます。反面自分でポキポキと外したり戻したりを行うワンちゃんもいるんだとか。いずれにせよ、重症化した場合は、全身麻酔で関節がはまりやすいよう骨を削る手術が行われます。愛犬の体にも、外科手術なので家計にも痛みが走る事態です。
愛犬の生活空間にはカーペットなどを敷き、ソファやベッドには飛び乗ったり飛び降りたりしないようスロープや階段を配置するなど、日々の生活の中で愛犬の脚にかかる負担を最小限に留めるよう心がけましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 ちょびこ

    うちにもひざの関節にやや難のある子がいるので他人ごとではないですね。基本的に元気いっぱいの子なんですが、生まれつき膝蓋骨脱臼のなりやすいみたいで、パピーの頃から何度か外れているのでいつも気にしている部分ではあるんですよね。特別に手術とかが必要なレベルではないようなんですが、日常的なケアというか家の中の床を滑りにくくする工夫とか段差に気をつけることとかは意識するようにしています。今はまだ筋肉である程度カバーできているみたいですが、老犬になったら筋肉や体力を落ちるでしょうし余計に悪化している可能性もあります。足が弱ると散歩などにも行きにくくなって、気持ちも沈みやすくなって痴呆などを発症しやすいとも聞くので、やっぱり足って大事だよねと常に気をつけるようにしています。
  • 投稿者

    30代 女性 zzz

    膝蓋骨脱臼を心配しています。うちにやって来たまだ赤ちゃんだった頃から健康診断で亜脱臼だと言われ、手術が必要なレベルではありませんが、加齢とともに心配することが多くなりました。年を取ると、手術も体力が必要でしょうから。
    知り合いの犬は、股関節脱臼で大手術をしました。ふつうにいつものように室内でおもちゃを投げて取りに行く遊びをしていた際に、悲鳴をあげたのだそうです。もともと股関節がゆるいと指摘をされていた犬だったそうなのですが、診断した獣医師によると、長年の疲労ストレスが吹き出した感じだと説明されたそう。
    うちの犬も、膝にかかる日々のストレスが蓄積されていると思います。床にカーペットを敷いたり、ソファやベッドにスロープをつけるなど気を遣ってはいますが、やはりいつか大怪我を発症しないかと心配です。
  • 投稿者

    40代 女性 RYUCH

    トイプードルを飼っているんですが、その子がかなり小柄で足もものすごく華奢です。とにかく食べさせて大きくしようと思って育ててきたんですが、3キロにはギリギリ届かず、季節や運動量によっては2.5キロくらいのこともあります。パピーの頃から膝蓋骨脱臼があって、トイプードルによくあることなので仕方ないと思いつつ、華奢で筋肉もない分余計に支えられないというか外れやすいみたいで激しく動くとたまに外れてしまいます。いいのか悪いのか、くせになっていて簡単に戻るみたいなんですがいつまでもこんな状態ではまずいなと思っています。今はふとした瞬間に外れて、少しびっこを弾いたりしつつ動いているうちに数分で治っているという感じです。手術まではいかないように日頃からもう少し上手にケアをしてコントロールしなくてはいけないなと思っています。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名


    ミニチュアダックスフンドがいます。
    小さい頃から膝の関節が緩めと言われており、ヘルニアのリスクと合わせて関節の問題は他人事ではありません。
    床材はコルク、階段やベッドにはスロープをつけ、万が一、ジャンプで降りてしまった時の衝撃を吸収出来るように、ジョイントマットも敷いています。
    キャリーバッグのマットには、人間の介護用の床擦れ防止用スポンジをカットして敷いています。

    また、コンドロイチンとグルコサミンのサプリと共に、痛みを取ると言われている樹木から取れる硫黄成分、MSMのサプリも与えています。
    http://michinokufarm.jp/products/detail.php?product_id=61

    9才になり、後ろ脚を気にすることも増え、散歩に行かないという日もあるようになりました。
    無理をさせないように、辛そうな時は抱っこをしたり、様子を見て対応するようにしています。

    後ろ足を上げる症状として、もう1つ思い浮かぶことがあります。
    我が家は河川敷が近く、土手を歩くと緑もたくさんあります。
    土手にお散歩に行った帰り道、後ろ脚をつけない時がありました。関節が痛い時はびっこを引いたり歩かなくなるため、様子が違うようでした。
    帰ってからも脚をつけず落ち着かない様子で病院へ行ったところ、肉球に虫の針が刺さっていました。
    獣医さんいわく、土手を散歩しているワンちゃんはたまにあるそうです。虫を踏んでしまった際に針で刺されるそうです。
    針を取ってもらった後は、普通に歩けるようになりました。
    アスファルトよりは土や草の方が関節に良いだろうと、土手に連れていっていましたが、思わぬリスクもあるものだと勉強になりました。

    緑が多い場所でお散歩した後、脚をつけない、肉球をしきりに気にしている、飼い主に見せたがらないなどの症状があるときは、虫に刺されたということもあります。
    肉眼では見えない程の小さな針なので、獣医さんに取ってもらった方が良いかと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 てとめる

    足をあげているのは確かに痛いからだと思いますね。我が家の愛犬も足が悪く、あげながら歩くことがあります。もう老犬で全身麻酔をすることが出来ず、手術も行えません。本当にしたくても出来ないというのは悲しいです。記事にもあるように元々、なりやすいわんちゃんはいるので健康診断なんかもきちんとして、対策をとってあげてほしいです。足腰の問題は元々弱いわんちゃんでなくても起こりうることなので、今になってマットやカーペットをひいてあげるのは大切だと身にしみています。またソファーなどの段差にも気を付けて階段のようなものをつけてあげてと良いと思います。予防で防げることもあるので、わんちゃんが足腰を悪くする前にしてみてほしいです。
  • 投稿者

    20代 女性 ゆず

    知り合いのワンちゃんも不自然に足をあげるようになって病院で診てもらったらヘルニアだったそうです。その時は早めに発見できたのでそんなに酷くはならなかったみたいですが、飼い主さんが愛犬の異変にすぐ気がついて早めの対処ができて本当に良かったです。
    その飼い主さんによると片足をあげる以外にも、ちょっとの段差でも登らなくなったり、走るのを嫌がったり、食欲もなくなったりしたそうです。
    「あれ?普段となんか違うな」と少しでも感じたら迷わず病院へ行きたいですね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。