あなたは愛犬と何分散歩してますか?適切な時間や効果的な方法、注意点など

あなたは愛犬と何分散歩してますか?適切な時間や効果的な方法、注意点など

お気に入りに追加

犬の適切な散歩時間って難しいですよね。散歩の意味や注意点、効果的な方法などを知ることで時間をある程度調節することができるようになるかと思います。

15268view

犬には散歩が必要

リードをくわえる犬

運動不足の解消・ストレス発散

散歩の目的と言われて、まず最初に思い浮かべるのは「運動不足の解消」でしょうか?もちろん大事な目的ですね。
でも目的は運動不足の解消だけではありません、「ストレスの発散」も兼ねているのです。
散歩をしなかった場合、運動不足の結果としてストレスを蓄積してしまいます。ストレスは無駄吠えや噛み癖、体を傷つける自傷行為などにつながります。庭で放し飼いにしたとしても、散歩ほどの運動量はないのでやはり散歩に連れて行ったほうがいいでしょう。

飼い主とのコミュニケーション

家でおもちゃで遊んでいてもコミュニケーションはとれますが、外は外でしか味わえないことがあります。
草のにおいを嗅いだり、他の犬に会ったり、そのときに飼い主さんのほうをチラッとみる犬もいますね。外からの刺激に対して飼い主さんと情報を共有しているかと思います。これは、散歩ならではのコミュニケーションの取り方ですね。
また、飼い主さんの気分転換にもなります。歩きながら話しかけてみたり、アイコンタクトをとってみたり、飼い主さんが楽しそうにしていると愛犬も楽しむことができます。

脳への良い刺激

散歩をすることで家の中ではできない様々な経験ができます。
知らないものや人、動物、景色、においなどに接することで好奇心が満たされ、脳に良い刺激が与えられます。
同じ生活を毎日繰り返していると脳が刺激を感じにくくなるため、散歩をすることで同じ生活の中にちょっとした刺激を与えることが大切なのです。
また、散歩は認知症の予防や進行を遅くする働きもあります。老犬であっても1日の中で少しだけでも外に出してあげると良いでしょう。歩けないようであれば外を見せてあげるだけでも良い気分転換になります。

社会性の構築

散歩をすることは社会勉強をすることでもあります。
あまり外に出ない犬は神経質になったり、臆病になったりします。飼い主さん以外の人間や動物に慣れていないため威嚇したりすることもあります。
様々な刺激のある外の環境に慣れることで、社会性を身につけ飼い主さん以外とのスムーズなコミュニケーションをとることができるのです。
また、好奇心も刺激され愛犬も生き生きとするでしょう。とくに子犬のときに外に慣れさせることが重要です。

適切な散歩時間とは?

散歩するダックス

大きさにはあまり関係がない

一般的に犬の適切な散歩時間は一回30分程度、1日に2回と言われています。
しかし犬によってその時間、回数は違います。大型犬でも30分でヘトヘトになる子もいれば、小型犬でも1時間ぐらい平気で歩く子もいます。また散歩の途中でボールを使って遊んだり、走り回ったりすると時間が短くても問題がない場合もあります。
「犬はこの時間だけ散歩すればいい」と言うわけでもないのです。
しかし、目安は欲しいですよね。大きさ別の適切な散歩時間の目安は以下の通りです。

  • 小型犬:1回20分、1日40分程度
  • 中型犬:1回30分、1日1時間程度
  • 大型犬:1回50分、1日1時間半程度

これだけで満足、というわけではないので犬の様子を見ながら時間を調節して下さい。

高齢犬の場合

歳をとって体が弱ってくるとこれまでのようには散歩をするのは難しくなります。あまり散歩に行きたがらなかったり、行ってもすぐに帰ろうとすることもあるのではないでしょうか。
散歩に行きたがらない原因としては、高齢による関節の痛みや内臓の疾患、好奇心の低下などがあげられます。無理に散歩させるのではなく、愛犬のペースに合わせて徐々に連れ出してあげましょう。
帰りたがったらそのままゆっくり帰宅しても構いません。愛犬の気持ちに寄り添って散歩をすることが大切です。

効果的な散歩方法

走るパグ

運動も取り入れる

散歩だけではなく、散歩をする際に運動を取り入れてみましょう。
公園などで伸縮リードやロングリードにしてボール遊びをしたり、一緒に走り回ったりするのが良いかもしれませんね。もちろん他人には迷惑がかからないようにして下さい。
運動した後はまた散歩で帰宅すると良いですね。

散歩の後に餌を与える

犬は野生の本能というものがあります。
野生では朝、目が覚めると狩りに行き、夜は狩りをした後に眠る、というリズムで生活しています。人間に飼われている犬はそういった生活をしていません。しかし本能としては忘れずにあります。
そういったことから散歩や運動をした後に餌を与えることで本能を満たしてやることができるのです。

散歩の注意点

引っ張るビーグル

デビューしたては無理はさせない

子犬の頃は好奇心旺盛で怖いもの知らずですが、少し神経質な犬だと大きな音や長時間の散歩で嫌な思いをすると、成犬になっても引きずることがあります。
デビューしたては無理をさせず、犬が楽しいと思えるような散歩にしてあげましょう。おやつを与えてみたり、疲れたら少し抱っこして外にならしてあげても良いかと思います。

暑い日は熱中症に注意

夏は暑い日が続きます。
犬は地面に近い場所を歩いているので体感温度はとても高く、注意が必要です。そのため、日中の散歩は控えたほうが良いでしょう。
散歩をする時間帯としては日が昇り切る前の朝方か、日が沈んで涼しくなった夕方か夜がベストです。
夕方であればアスファルトにはまだ熱が残っている可能性があるので、手で触って確認してみてください。
ベストな時間帯でも熱中症の対策はもちろん必要です。とくに気温が30度を超える日には要注意。いつでも水が飲めるようにペットボトルなどに水を入れて準備しておきましょう。

まとめ

おすわりする犬

犬の適切な散歩時間は一概には言えないので難しいかと思います。
大きさや年齢だけではなく、その犬の個性や体力を考えてあげることが大切ではないでしょうか。
効果的に散歩できる方法も取り入れて、楽しい散歩時間にしたいですね!

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    朝昼晩の3回散歩を楽しんでいます。
    愛犬の活き活きと歩く姿を見て私の気分も良くなります。
    匿名の投稿画像
  • 投稿者

    女性 ゴン吉

    寒くなってからは散歩に出かけていませんでした。愛犬が高齢であることと気管が弱いので、この乾燥と寒さで咳が止まらなくなってしまうからです。最近は抱っこして敷地内を少し歩く程度に留めています。
  • 投稿者

    40代 男性 モッピ

    前にテレビで警察犬を飼育してる方が話していて、散歩は飼い主が行きたい時だけ行けばいいって話していました!理由としては、ペットがワガママにならないのを防ぐというものでした!それを見てから、毎日行くのをやめて、週に一度散歩に変えましたが、そこまで、変わった様子もなくて、今ではどうしてあげるのがいいのかわからなくて!みなさんの意見聞かせてください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。