愛犬がヒートになった!ヒート中の過ごし方や注意点!

愛犬がヒートになった!ヒート中の過ごし方や注意点!

お気に入りに追加

雌のワンちゃんがヒート(生理)になると、周りの雄のワンちゃんを攻撃的にしてしまうなど、望まない妊娠だけでなく、様々なトラブルが起こる可能性があります。

28958view

犬のヒート(生理)について

犬の発情期って?

女の子っぽい服装の柴犬

よく、発情期などという言葉を聞きますが、基本的には雌のワンちゃんのヒート中の事をいい、雄のワンちゃんには発情期はありません。
ヒート中のワンちゃんは出血が起こるだけではなく、独特の匂いがして、その匂いが何とも他のワンちゃんには魅力的なのです。
でも実は魅力的だからといって、性交をしたくなるだけでなく、攻撃されやすくもなってしまいます。
ちなみに、このヒートの匂いは半径2kmにまで拡がるといわれています。

人間の生理との違い

人間の女性は生理前に性交すると妊娠しやすいといわれていますが、これは排卵日が生理前にくるからです。
しかし、犬の生理は人間と違い、ヒート(生理)中とヒート後に妊娠しやすくなっています。

筆者の愛犬は罹りつけの獣医師に、あまり幼い状態で手術をすると犬の身体に負担がかかるということで、6ヶ月になったら避妊手術をする予定でしたが、しかし、5ヶ月に入るとヒートが始まってしまいました。
身体の小さい犬はヒートが早くなる可能性があるそうですね。

結局ヒート後出血が止まり、1ヶ月経ったので手術を受けると、獣医師にまだ子宮が腫れていて妊娠する可能性がある状態であったと言われ、とても驚きました。
出血が止まって1ヶ月経っても、まだ妊娠する可能性があるようです。

犬のヒートがもたらした危険なエピソード

マナーパンツを履いた柴犬

筆者の場合

筆者は愛犬が攻撃に遭わないように、他のワンちゃんがお散歩する時間を避けていました。
しかし、リードが外れた犬に追いかけられるという事が2回もあり、愛犬を抱いて必死で坂を駆け上がった恐怖を今も覚えています。

その他のエピソード

ヒート中の雌のワンちゃんを追いかける為に、窓ガラスを突き破ったり、リードを引きちぎってしまう雄のワンちゃんがいるようです。
ヒート中の匂いが雄のワンちゃんを乱暴な気持ちにしてしまうようで、雄同士の喧嘩もあるそうです。
筆者のように散歩の時間をずらしても、後ろから雄犬に襲われ、傷だらけになってしまった雌のワンちゃんもいます。

愛犬のヒート中の過ごし方・注意点

他の犬に接触させない工夫

  • 散歩の時間や場所をずらす

他のワンちゃんに攻撃されると、傷ついた側も傷つけた側も良いことはありません。

  • ドッグランには行かない

ドッグランには絶対に行ってはいけません。自分だけでなく、愛犬、他の方に迷惑になります。

愛犬の体調に注意

  • 鉄分不足に注意

少量でも出血していますので、鉄分不足や栄養不足に注意しましょう。散歩も控えめで良いかもしれません。因みに出血の量は身体の大きさによって違い、大きいワンちゃんは出血量が多いです。

  • 愛犬の精神状態に注意

精神的にも落ち着かなくなったり、逆に大人しくなったりします。普段とは違う行動があっても、温かい気持ちで見守ってあげましょう。

  • マナーパンツの検討

室内飼いの場合、マナーパンツがなければ床や家具は汚れます。愛犬は一生懸命膣を舐めていて出血が気になって仕方がないようでした。
筆者はマナーパンツを愛犬に履いてもらいました。マナーパンツは尻尾の部分に穴が開いています。尻尾が大きかったので、穴をハサミで大きく切りました。

マナーパンツ切る前

マナーパンツを切った後

少しきつめに履いた方が脱げにくいようです。

最後に

窓を眺める柴犬

避妊手術は愛犬に痛い思いをさせるし、抵抗がある方も多いと思います。
愛犬の子供を見てみたい気持ちもありました。
しかし、筆者は他のワンちゃんと楽しそうに遊んでいる愛犬を見ると、避妊手術をして良かったと思います。

避妊手術後は婦人科系の病気を防げるメリットがありますが、太りやすくなりますので、そこは注意しましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    不妊去勢は義務化したほうが良いと思います
  • 投稿者

    40代 男性 匿名

    雌犬の不妊手術は乳ガンなどの予防に効果的だと言われていて、特に初潮前の処置が乳ガンのリスクを80%もの高確率で予防できるとのデータもあるようです。
    また、一度でも生理を迎えてしまうと、この予防率は半分以下に激減してしまうようです。
    もちろん、手術に耐えられる体力が必要なことはあるでしょうが、上記のような説明を主治医の先生から頂いたのか、少し気になりました。
    また、我が家は多頭飼いで、雌は不妊済みですが、周りの飼主さん達は、ヒート中の仔には散歩させて欲しくない。家は絶対に散歩させないと言うご意見が100%でした。
    時間帯もそれぞれですし、犬の居ないコースなんて、実際にあるのでしょうか?
    なにせ、半径2kmに影響があると言われているのですから。
    厳しいことを申し上げて大変恐縮なのですが、近年は、ペットOKのホテルや観光施設が増えている一方で、利用者の悪いマナーや不注意が禍いして、再び禁止に戻ってしまった例もたくさんあります。
    私も、他人のことをとやかく言えるような立派な飼主などでは決してありませんが、皆んなで努力して気を付けあって行けば、もっとペットに理解ある環境を作っていけるものと、日々自省、反省しております。
    長くなりましたが、ヒート中のお散歩は周りで困っていらっしゃる飼主さんが多いようです。
  • 投稿者

    50代以上 女性 チーコ

    我が家には 雄2匹 雌も2匹います 避妊 去勢を義務化には 反対です 子供が欲しい飼い主もいます 確かに雌が避妊すれば 子宮の病気等 防げる可能性は高いです 我が家は 雄1匹は去勢しました 雌の1匹は体がかなり小さい為 避妊手術する事次第 体力的な問題があって 出来ません ですから義務化と言う事は 問題になると思います 飼い主が 紙おむつを 嵌めさせて 気を付ける事が 大切です そして雄にも おしっこオムツを 嵌めさせて 気を付けています
    まだ パピーなので 子供を作る事は出来ないので
  • 投稿者

    50代以上 男性 匿名

    メスの柴犬と生活しています。避妊手術は凄く悩み今でも悩んでいます。結局、出来ないまま、2歳になりました。
    ヒート時は私も相棒も楽ではありませんが苦ではありません。ヒート中は朝早くと夜の食事時で他の犬と会いにくい時間を選んでます。
    柴犬は天然記念物ですし、飼い主として責任をもってこれからも同居して行く所存です。
  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    現在11才の雄の甲斐犬を屋外で飼っています。4才位のとき、人懐こい可愛い雌犬(野良犬)が毎日庭に遊びに来るようになり、2匹は愛を交わしました。回りにも何匹かの雄犬がついて回っていました。雌犬は近所の空地で5匹の仔犬を産みました。5匹の仔犬のうち2匹に甲斐犬の絶対的特徴が出ていたので、うちのこが父親犬であることは間違いありませんでした。このまま野良犬になってしまったらどうしようととても心配しましたが、幸い親切なかたちに皆貰われて行きました。しかし万が一にも、今後不幸な仔犬が産まれることがあってはならないと考え、その後すぐに去勢手術を受けました。
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    私は多頭飼いをしています。雄犬だけを去勢してましたが、雌犬の避妊手術はしていませんでした。雌犬が生理後に様子がおかしくなり、子宮蓄膿症で子宮全摘出となりました。この事から雌犬もしなければ命に関わると、避妊手術は必要だと思い直しました。あと安易な交配は、反対です。必ずしも、健康体で産まれてくるとは限りません。障害を持って生まれてきた子犬の生涯を看取れますか?知り合いにあげた子犬が水頭症だったら!?しっかりと責任がとれるのでしょうか!?この犬の子犬が欲しいからと安易な自己繁殖はやめて欲しいです。
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。