子犬の社会化における正しいトレーニング方法とは

子犬の社会化における正しいトレーニング方法とは

お気に入りに追加

犬の社会化とはどのようなものなのでしょう。これから犬を迎え入れようという時、特に子犬のしつけについて調べると「犬の社会化」という言葉を多く目にします。今回は、犬が人間と生活を共にして行くために大切であると言われる社会化とは何か、社会化の重要性とトレーニング方法についてまとめてみました。

19017view

犬の社会化とは

柴犬の子いぬ達

犬の社会化とは、犬が人間社会で暮らして行くために必要な対応能力を身につけることを指します。犬には「社会化期」と呼ばれる社会化を身につける時期があり、この時期に社会への対応力を身につけないまま成長してしまうと、後に問題行動を引き起こす可能性が高くなります。

犬の社会化トレーニングでは、人間との暮らしで接することになるさまざまな音や物、飼い主や飼い主以外の人、他の犬や生き物など、さまざまなものに慣れるようにします。社会化が身についていれば、犬は新しいものを抵抗なく受け入れることができ、生涯にわたり人間と円満に暮らしていくことができるのです。

犬の社会化期

犬が社会化を身に付ける時期を「社会化期」と言いますが、一般的な子犬の場合生後3週齢~12週齢がその期間にあたります。社会化期の子犬は好奇心旺盛で、興味のあることを積極的に学ぼうとします。この時期に家族以外の人や犬と触れ合ったり、色々な体験をしたりして社会に慣れることがとても重要です。子犬を迎え入れるのは生後2ヶ月を過ぎた頃が多いため、家についたらすぐに社会化のトレーニングをはじめるとよいでしょう。

犬は生後4ヶ月(生後13週齢以降)をすぎてしまうと警戒心や恐怖心を覚えるようになり、吠えたり、隠れたりという行動を見せるようになります。この時期は「第二の社会化期」と言われているため、引き続き社会化のトレーニングを続けましょう。

生後7ヶ月をすぎる頃からは思春期がはじまると言われ、思いがけない行動をしたり、今までできていたことができなくなったりといった様子が見られます。この時期には、犬の様子をしっかり観察しながら、適切なトレーニングを取り入れるようにします。

子犬の社会化の重要性

二匹の柴犬

社会化の失敗

社会化期のうちにさまざまな経験をしていないと、警戒心や自我が強い犬になってしまうことがあります。社会化期には通常、母犬や兄弟犬と暮らし、犬同士の関わりの中で社会性を身につけていきます。人間と一緒に暮らす場合でも、社会化期にさまざまな経験をしなければ、社会化を身につけることができません。人間との生活に慣れるためにどのような経験をさせるのか、社会化の目的をしっかり認識して犬と接することが大切になるでしょう。

社会化不足による問題

社会化が不足すると警戒心や恐怖心が強くなるため、吠える、攻撃する、逃げるなどの問題行動を引き起こすことが多くなります。また、社会に慣れるという経験が少ないまま育つと、自我も強くなり、新しいものを受け入れらず、苦手なものが増える傾向にあるようです。社会化の不足は他のしつけにも大きく影響する問題なので、適切な時期にしっかり対処することが重要です。

社会化不足の治し方

社会化が不足したまま成長した犬をしつけなおすのは、とても時間がかかる作業で、飼い主さんの根気が必要となります。まずは社会化を一から教えるつもりで周りの環境に慣らしていきましょう。犬の様子をしっかり観察し、何を見て吠えているのか、何に対して威嚇しているのかを知ることが大切です。また、社会化が不足しているからという理由で飼い主が犬に過保護に接してしまったり、怖がったりすると、犬はそれを敏感に感じ取ります。飼い主は犬に対して毅然とした態度で接し、犬が反応せずに我慢するなど、できるようになったら褒めてゆっくり慣らしていきましょう。

子犬の頃の社会化トレーニング

チワワの子犬

音に慣れるトレーニング

社会化のトレーニングとしてまず大切なのは、人間と暮らす環境に慣れさせることです。ドライヤーや掃除機の音など、自然界にない音を犬は恐怖に感じてしまうため、少しずつ生活音に慣れるようにします。ここで大切なのは、初めて聞く音に対しても「怖くないから大丈夫」ということを伝えていくことです。小さな音から慣れるようにするなどの工夫をし、時間をかけて教えていきましょう。

人や犬、物に慣れるトレーニング

社会化期には飼い主や家族だけでなく、他の犬や人と接する機会を積極的に作ってあげましょう。散歩のできない時期は抱っこ散歩で外出し、人や車の多い場所や、お店などが並んでいるにぎやかな場所を歩くようにします。散歩ができるようになれば、ドッグランなど犬が集まる場所に連れて行き、たくさんの犬と交流できるようにするとよいトレーニングになるでしょう。

噛まない、吠えないためのトレーニング

社会化の時期に噛む力をコントロールできるようにしつけておきましょう。通常、犬は社会化期に兄弟犬とじゃれたり喧嘩をすることで、「強く噛むと痛い」ということを学びます。しかし、兄弟から離れて暮らす子犬は噛む力加減を学ぶことができずに育ってしまうので、社会化期に飼い主がトレーニングすることが大切です。噛む力はおもちゃで遊びながら教えることができます。おもちゃで遊ぶ中で、飼い主さんの手などを甘がみをしたら「痛い」と叫んで遊びをやめ、しばらくしたら遊びを再開します。これを繰り返すことで人を噛んではいけないことを教えていきます。

具体的なトレーニング方法について知りたい場合は、動物病院で開催されているパピークラスなどに参加して、他の犬と交流しながらしつけを学ぶもの良いでしょう。

成犬になってからの社会化トレーニング

成犬をトレーニングする人

成犬になってからの社会化トレーニングは、しつけなおすのに時間がかかるため、大変根気のいる作業になりますが、じっくり向き合えば不可能ではありません。犬の問題行動の原因を理解し、根気強くトレーニングしながら克服していきましょう。難しいと感じた場合は、信頼できるプロのトレーナーに相談してみるのもよいでしょう。

まとめ

走る子犬達

犬には「社会化期」と呼ばれる時期があり、この時期に人間との生活や環境、他の犬に慣れるなど色々な経験をして、しっかり社会化を身に付けておくことが大切です。子犬から飼う場合はもちろん、成犬を迎え入れる際にも、日々の暮らしの中でさまざまな経験を積み重ねながら、社会性を身につけるようにサポートしていきましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 抹茶ロール

    我が家の犬は現在1歳になりました!とても元気で可愛いです。犬を初めて飼うので、問題が出てくる度に毎度試行錯誤したり、本やインターネットで調べたり、時には犬を飼っている友人に聞いたりして今まで乗り越えてきました。この「社会化期」というのはとても重要だと思います。特に犬を飼うのが初めての私たちのような場合は、犬を迎え入れる前によく理解しておくと良いですね。我が家の愛犬も初めて外へ連れて出た時はビックリした様子でブルブル震えていました。しばらく経ったら、見るもの全てが新鮮で面白い!といった様子で楽しそうに歩き出し、なんだかこちらもホッコリした気持ちになったことをまだ覚えています。愛犬に社会性を身につけさせておくと、飼い主さんも気持ち的に楽になると思います。あまりにも人見知りが激しくて、ドッグパークにも連れていってあげられなくなってしまったと嘆いている飼い主さんもいました。何事も訓練や慣れが大事ですね
  • 投稿者

    40代 女性 こたママ

    もう何年も前の話ですが、パピーパーティに参加したことがあり、インストラクターの方から「社会化するには今から大急ぎでやらなくちゃいけない!今からでは遅すぎるくらいだから頑張ってたくさんやってあげて!」と言われたのを覚えています。その時4か月すぎくらいだったので「この月齢で遅いの??」とびっくりした記憶があります。でもそれから色々としつけの本を読んだりしていたら、本当に4か月が臨界期という感じなんですよね。インストラクターの方は、これから100人の人と会わせるつもりで頑張って!と言われましたので、散歩はなるべく人通りが多い駅前などを通ったりして、色々な人や物を見せるようにしました。それが功を奏したのかわかりませんが、人が好きで臆することのない子になったので、あの時教えてもらえてよかったと本当に思っています。
  • 投稿者

    40代 女性 ネーブル

    この記事を読んで、私が初めて子犬をお迎えした頃の事を思い出しました。
    生後3ヶ月でお迎えし、ワクチン等が終わり散歩に行けるようになったのは生後4ヶ月近くの頃です。
    幸い、外を怖がるという様子はなく、散歩に行くのは好むタイプでしたが
    何せ飼い主がビギナー。どうやって、愛犬と散歩をすればいいのかすらもよくわからない中
    心配だったのは、他者や他犬とのコミュニケーションでした。
    例えば、飼い主の手の甘噛みは駄目なことは学習していても
    「人間の手」を甘噛みしては駄目という認知には至っていない点とか
    他のワンちゃんを噛んだり噛まれたりということが起こったらどうしようと、不安ばかりが先に立っていました。
    社会化が必要なのは頭ではわかっていても、事故を起こすぐらいなら、そこそこのレベルでいいのではないだろうかか?街に馴染んで大人しく歩くだけで十分ではないか?しかし、飼い主はそう思っていても、愛犬の方はどうにもお友達が欲しかったり、出会う人が好きな様子であることは、無視できずにおり、一体どうしたらいいのだろうと悩む日々が続きました。

    きっかけになったのは、生後半年頃のこと。
    老犬を連れたおじいさんが「この子は何をしても怒らないから、ワンちゃん、好きに絡ましたり」と声をかけてくれたこと、「そこの公園に同じ年頃の同じ犬種の子がいるから遊びにおいで」と通りすがりに声をかけてくれたおばさんがいたこと。この2つをキッカケに、愛犬よりも飼い主の方が勇気を出して、コミュニケーションを取ろうと奮起した結果、たったの数日で友達のワンちゃんができ、プロレスごっこに励んだり、その傍ら、先輩犬には挨拶の仕方等もキッチリ教わっていたようです。
    また、飼い主さん達に触れ合うのが楽しかったのか、出会った人には「こんにちは」と目をみつめて愛想するという技も身につけました。不思議なことに、あれほど心配した、人の手を甘噛みすることもなかったのです。
    外での楽しみが出来てからは、「早く散歩に連れて行け!」とウルサクはなりましたが(笑)、見た目だけでなく、内面がぐっと成長しました。

    社会化というと人間社会に合わせた躾を施す要素が強いように感じますが、それは違います。ワンちゃんが人間社会という枠組の中で、楽しく(なるべくストレスなく)幸せに過ごすためにしてあげるのが目的です。
    ワンちゃんの可能性を信じてあげること、飼い主さんが勇気を出すことが第一歩。
    私の場合は、先輩飼い主さんがキッカケとなりましたが、時にはプロの手を借りるのもいいかもしれません。生後4ヶ月が臨界期というのは、ちょっと厳し過ぎるかと思いますが、「うまくいかない期間」を長引かせたまま成犬になってしまう前に、キッカケをつかむ方がいいようには思います。
  • 投稿者

    30代 女性 ラッキー

    犬の社会化は子犬の時が肝心ですよね。うちのこの場合はパピーパーティーに参加して、同じぐらいのわんちゃん達と遊ばせて社会化しました。お陰様で社会化はすんなり終わってその後のしつけも大分楽になったと思います。もし近くにしつけ教室や動物病院があるなら聞いてみるといいかもしれませんね。月1回ぐらいで開催している所が多いそうですよ。
  • 投稿者

    40代 女性 はるか

    愛犬が子犬の頃はまず抱っこして外に慣れさせてから散歩をはじめたので、散歩自体はスムーズにいきました。ただ犬の社会化は飼い主さんの勇気も必要だと思います。わたしはどうしても不安症で愛犬が怪我したらどうしようとか噛み付いたらどうしようとか色々考えてしまって中々、犬同士のコミュニケーションを取れませんでした。今思えばもう少し勇気を出してればな〜と後悔してます。
  • 投稿者

    30代 女性 ここあ

    色んな教えがあるとは思いますが、無理をさせないようにはした方がいいですよね。あんまり飼い主がハリキリ過ぎるとトラウマになってしまうことになったりするので…。その子の性格にも合わせた関わり方をしてあげたらいいと思いますね。うちも4ヶ月くらいだったかな?外に散歩へ出したのは。あんまり周りも犬を飼っている人が居なかったですけど、大人しくて吠えない良い犬って言われてますよ。しつけもしっかりできてると思います。無理して色んなところへ行かなくても大丈夫ですよ!自分の出来る範囲で愛犬のためになることを考えてあげるだけで十分だと思います(^^)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。