おやつを上手く使ってトレーニング効果をUPさせよう!

6944view

おやつを上手く使ってトレーニング効果をUPさせよう!

トレーニングのご褒美として、おやつを使っている飼い主さんは多いと思います。でも上手く使いこなせていない方が実はたくさん居るのです!上手く使ってトレーニング効果をUPさせていきましょう♪

おやつがマンネリ化して飽きられていませんか?

『好きなおやつを使っているのに、なんだかトレーニングに集中してくれない。ご褒美としてのおやつがあまり効果がない?』
なんて感じていませんか?

実はこれには主に2つの原因が考えられるのです。

おやつがマンネリ化

1つめは「おやつがマンネリ化」していることがあります。
あなたがトレーニングに使っているおやつは、いつもおやつの時間に食べているものではありませんか?
トレーニング中、ずっと同じおやつを使っていませんか?
普段から使っているおやつだと、「今食べなくても後でもらえるからいいや」と感じてトレーニング中に食べなかったりすることがあります。
だって後でタダでもらえるんですもん!
また、トレーニング時間中にずっと同じおやつを使っていても、「もういいや」と飽きてしまうこともあります。

おやつのタイミングがマンネリ化

2つめはおやつを与える「タイミングがマンネリ化」していることです。
トレーニング中、いつも同じタイミングで褒めていませんか。
みなさんもミステリーの結末やクイズの答えがわかっていたら、つまらないですよね?
トレーニングも、褒められるタイミングが判っていると、段々とやる気がなくなってしまうもの。。
もしかしたらワンコも「はいはい、お座りしたらもらえるんでしょ」なんて思っているかもしれませんよ。

効果的なおやつ活用法

おやつを上手に使えば、トレーニング効果はUPします。
トレーニングでのおやつ活用法をご紹介しますので、みなさんもおやつマスターを目指しましょう♪

空腹時にトレーニング

お腹がいっぱいの時は、どんなに美味しいおやつでも食べたくありませんよね。
おやつはトレーニングの時だけに使用し、ご飯を食べたあとなどはおやつを使ったトレーニングは控えましょう。
朝ごはん後、午後におやつを使ったトレーニングをするようなタイミングでOK!
決まったおやつの時間はなくした方がベターです。

おやつをランク付け

数あるおやつの中で、愛犬の大好きおやつランキングを付けてみましょう!
何をあげると喜ぶのか、しっかり見極めてくださいね。
この時、ガムなどの長持ち系おやつは対象外です。

うちの子は、3位はクッキー、2位はお芋、1位は柔らかジャーキー(特にビーフ)かなぁ…
トレーニング時は、3位のものから使います。
飽きてからおやつを変えるのではなく、飽きる前に順位を上げていきます。

色々なおやつ

量に注意

意外と1回の量をあげすぎている方が多いです。
たくさん食べれば、マンネリ化するのも早くなりますよ。
細かく出来るものは、予め小さくしておきましょう。
犬は口に入ったことに満足します。
1回の量は愛犬の鼻の穴より小さいくらいで充分なんです。

おやつを細かくしたもの

あげるタイミングをランダムに

ちょっと上級テクニック♪
いつも同じタイミングでおやつを与えずに、ランダムに与えてみましょう。
『1回お座りしたら与える』→『2回連続でお座りしたら与える』→『1回で与える』のように、おやつがもらえるタイミングを予測されないようにします。
トレーニングはゲームです。
「飼い主は次はなにをしてくるんだろう?」と犬に思わせることが出来たら、犬はもっとトレーニングに夢中になってくれますよ。

まとめ

おやつを上手に使えば、トレーニングはとてもやりやすくなります。
出来ることから少し意識して使ってみてください。
愛犬がトレーニングに集中するようになったら、飼い主さんの勝ちですね♪

犬の写真

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。