愛犬がシニア期に突入する前に!飼い主が前もってできる3つのこと

53533view

愛犬がシニア期に突入する前に!飼い主が前もってできる3つのこと

いつかはくる愛犬の老化。人間よりも早いスピードで歳を取るので仕方のないことです。その老犬時代がくる前に飼い主ができることはあるのでしょうか?今回は前もってできる3つのことをご紹介します。

監修:獣医師 加藤桂子

(伊達の街動物病院)

階段や踏み台に慣らしておく

ソファーと犬

犬の寿命が伸びることはとても素晴らしいことですが、それに伴って足腰が弱くなっていきます。
若い時には簡単に登れていた階段が登れなくなったり、足腰への負担が大きくなったりします。
ヘルニアなどのリスクも高まってきます。怪我をしやすくなるのも心配ですよね。

そこで使えるのが様々な補助階段や踏み台です。
足腰が弱ってしまう前に少しでも階段や踏み台に慣らしておけば、後々使うことになったときにスムーズにいくかと思います。
また、今から階段や踏み台を使うとしても最初は上手く使えないかもしれませんが、トレーニングや補助をしてあげることでちゃんと使えるようになります。
犬のことを考えて、何が必要か考えてあげることが大切ですね。

補助階段

補助階段は大きな段差に対応できます。
例えば車の乗り降りなどどうでしょうか。ジャンプして乗り降りできていたものが、少し辛そうだったり躊躇したりしませんか?
そういった場合に使うのが補助階段です。名前の通り階段になっており、一段の高さが低く、負担が少なくなります。
ペットショップで購入できるものは軽めなので、犬が乗り降りするときに少し揺れてしまうかもしれません。適度な重さのものを選ぶのが良いでしょう。

踏み台

ベッドやソファーへ昇り降りするときに使い、足腰に負担をかけないようにします。落ちてしまって脱臼や骨折などの怪我することへの予防にもなるでしょう。
特にダックスなど足が短く胴が長い犬種は腰に負担がかかるので、踏み台を使ってあげたほうが良いかと思います。
踏み台は階段とは異なり、一段のみのものが多く、種類も豊富で収納できる折りたたみ式やスロープがついている木製の踏み台、布製のお洒落なものなどがあります。発泡スチロールで自作している方もいるようです。

室内でもトイレできるようにしておく

フレンチブル

外でトイレをするという犬も実は意外と多いです。散歩のついでにだったり、トイレをするために外に出たりと様々ですが、室内でもトイレをするようにトレーニングをしたほうが良いでしょう。
歳を取って足腰が弱ってくると散歩へ行くのに一苦労することもあります。天候が悪い日や体調が優れない日もでてくるかもしれません。
そういうときに室内でトイレをするようにトレーニングをしておけば、トイレを我慢せずに済みます。

トイレを我慢することは心身ともによくありません。粗相してしまい、ションボリとしてしまう子もいます。
元気なうちに室内でのトイレトレーニングをしておくのが良いですね。
トイレトレーニングは失敗することもありますが、根気強く、愛情を持って頑張りましょう!

飼い主自身が気持ちの余裕を持っておく

飼い主

老化が進むと飼い主の気持ちも徐々に暗くなっていくことがあります。今まで元気に走り回っていた愛犬がよろけるようになったりすると少なからずショックを受けるかと思います。
しかし老化は仕方のないことです。
どういった点に注意するのか、犬のためには何ができるのか、事前に知っておくことで対応できます。対応できることで心にも余裕が生まれるでしょう。

また老犬との生活は体力も必要です。
例えば愛犬が寝たきりになってしまって介護をする場合、持ち上げたりすることもあります。夜鳴きをして眠れないこともあるかもしれません。
飼い主の健康も愛犬にとっては重要なことです。心身ともに余裕を持っていたいですね。

まとめ

老犬

老犬との生活は大変です。飼い主も犬も、ともに気持ちや体力を使います。
病気や怪我、補助する道具などお金を使う場面も増えてくることでしょう。
しかし犬は大切な家族です。根気強く接してあげて下さい。

老犬のための情報サイトや本もたくさんあります。犬を介護した経験がある飼い主さんも増えています。
様々な情報を集め、自分自身無理をせず、愛情をもって老犬時代を迎えるようにしたいですね!

記事の監修

  • 獣医師
  • 加藤桂子
  • (伊達の街動物病院 獣医師)

日本獣医生命科学大学卒業。仙台市の動物病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 50代以上 女性 匿名

    普段でも、心臓が、ドキドキ鼓動が大きい子は、心臓病の可能性あり。早めに薬を飲ませば、かなり遅らせる事ができます。
  • 50代以上 男性 ライス

    初めて三ヶ月の仔犬から、一緒に過ごして早くも十年いろいろ苦労しながら、育てて来ました、物分かりの良いなくてはならない子になりました、この頃この子が歳をとったなあと、家内と話していると同じように自分達も歳をとっているのに、気がつきました、後何年この子が元気に過ごせるかわからないですが、この子のおかげで家族がどれほど癒やされたか、歳を重ねるほど以心伝心というか、物分かりの良い子になりました、後何年か先の事を考えると恐ろしくなりますが、今を大切に暮らしています、
  • 50代以上 男性 健さん

    前に飼っていた子は、口の中の癌で亡くなりました、犬種によって歯垢が溜まりやすい犬種であると後から知りました、気がついた時には麻酔してとらないといけないほど、ついていました先生の説明では直接の原因ではないと言ってくれましたが、そのため今の子には、歯磨きを欠かせないようにしてます、他にも食べ物にも気を付けて、某国の物だけは与えないようにしてます、少し高くても信頼できる物を与えてます、少しでも健康で長生きさせてやりたいです。
  • 女性 ダルメシアン

    もうすぐ13歳になるダルメシアンを飼っています。仔犬の頃からおもちゃも遊びも好きではなく、とにかくナデナデしてほしいばかりの犬でした。
    数年前から夜になると夜泣きを始めましたが、近づくと歯をむき出しにして唸って吠えてくるようになりました。色々な方法を取っても改善せず、病院で薬を処方してもらいましたが、それもいつしか慣れてきて効かない‥。全てに疲れて諦めていましたが、毎夜の散歩の時にひたすら褒めて褒めて褒めちぎって散歩をしていたら、夜泣きがなくなり、ガルゥ〜も無くなりました。
  • 30代 男性 匿名

    10月12日、18年間連れ添った白い柴犬が逝きました。老衰でした。

    いつ、どんな時、どんな事になっても、後悔してしまいます。これはどの飼い主さんも同じこと。最善の選択をしてきたつもりでも、逝くことは極楽浄土へ旅立つことと分かっていても、死んだ経験ができない私たちは、本当にしてあげたことが正しかったのだろうか?と不安になります。

    他人は、他人事ですから、なぐさめの言葉を軽々しく言うだけ。

    解決方法は、とにかく涙を流して、流し切ること。辛くても、自分の手で棺桶に入れて、自分の手で骨を収骨すること。収骨までが飼うことです。この覚悟が無い奴は飼うんじゃない。自分の死以外でペットを手放してはいけない。このくらいの覚悟をもって飼わなければ、飼い主を選べないペットは不幸です。

    この悲しみはある意味、飼い主の幸せでもあると思います。私は、嫁や子供たちよりも愛犬との生活が長かったから、なおさら感じます。

    病気でも、事故でも、早死にでも、飼い主と共に最後の時を迎えられた子たちが幸せであり、理想です。必ず後悔して泣く日はやってきます。今日の1日、一緒に過ごせる時を感謝しながら、スキンシップをとってあげてください。

    皆様の愛するモノと皆様が1日でも長く過ごせますように。
  • 女性 匿名

    >>5
    18年連れ添って老衰でも後悔はあるとの事に驚きました。
    手厚い看護、介護が出来なかったら後悔するとしか考えていませんでした。どこまでいってもやり残した事があるということですね。
    最期の瞬間に立ち会えたら幸せです。
  • 女性 匿名

    愛犬もシニア世代になり玄関には踏み台を用意しています。
    トイレを室内で出来るように1度だけトイレトレーニングをしてみましたが、24時間くらいたってから室内のあちこちにしてしまいました。ペットシーツを敷き詰めておけば良かったです。
    病気にはなりました。老年性白内障です。進行を遅らせる目薬をさしています。
    他にも歯、ひび割れた肉球、肘たこのケア。愛犬もストレスが溜まりそうですが、手をかけられる事が幸せでもあります。
    最期まで看取ることが出来ると幸せです。
  • 30代 男性 匿名

    心不全と診断され、約2年経過したフレンチブルドッグと暮らしてます。
    長生きしてくれ、と願いながら過ごしていましたが先月、飼い主である私の臓器に腫瘍が見つかりました。

    幸いにも私の場合は大丈夫そうですが、寿命の短い犬が先に逝くとは限らない事を、今更ながら実感。

    託せる人を確保しておく事も大事です。
  • 40代 女性 もんた

    洋服を着ることに慣らしておくと、
    オムツをすることをいやがりません。
    歳をとってから、慣れないことをさせるのは大変ですし、飼い主にも犬にもストレスです。
    元気なうちから慣らしてあげましょ。
  • 40代 女性 親バカ

    我が家には少してんかんのこがいます!毎週青魚をあげたら、てんかん発作がでなくなりました。また他のこも毛づやもよくなりました。いわしはみんちにたたき、さばは缶詰の塩なしをつかって、あとは野菜をみじん切りに!やはり体を変えるのは食事ととても思いました。人も動物も
  • 50代以上 女性 匿名

    昨年 20歳2ヶ月一緒に過ごした 柴系ミックスの女の仔を見送りました。
    初孫の誕生を見届けて安心したかの様な最期でした。歩けなくなって 1ヶ月、仕方なくおむつや、シートのお世話になりましたが、綺麗な姿で過ごせました。
    火葬器搭載車で自宅近くで火葬してもらい、真夜中まで かかりましたが、せかされることなく 一つ一つの骨の説明をしていただきながら、収骨でき 感謝しています。
    覚悟していたはずでしたが、涙の毎日を過ごしていましたが、九ヶ月経って ようやく余裕を持って 写真に語りかけられるようになりました。
    うちも 脚力の衰えを感じた頃に玄関の上り框にスロープをオーダーしてつけてもらい、最期まで重宝しました。
    短い犬生。楽しい1日だった、と満足して過ごしてもらえる様、たくさん 話しかけ、遊んであげて下さい。
    愛犬、そして飼い主のどちらのためにも。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。