犬にポップコーンを与えたい方におすすめの商品

犬にポップコーンを与えたい方におすすめの商品

犬のオヤツにポップコーン!?『そんなものを食べさせたら愛犬が病気になるのでは?』と気になりますが、与えても大丈夫です。食べさせ方さえ間違えなければ、犬の体にとても良いのです。それでは検証していきましょう。

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

ノンオイル・味付けなしなら問題なし

ポップコーン

『犬のオヤツにポップコーンだなんて』『バターや油、甘く味付けしてあるものなど大事な愛犬に食べさせられる訳がない』

と思っていませんか?

確かにバターなどがタップリ入っていたり、甘いポップコーンをたべさせたら犬は病気になります。しかし、『油を使わず味付けなし』のポップコーンなら全く問題ありません。しかも犬の体に良く、食べてくれるのであれば与えた方が良いと思います。

ポップコーンの原料はトウモロコシですが、ポップコーンに使用されるトウモロコシは、『爆裂種』でポップ種とも呼ばれています。ポップコーンは、とてもヘルシーで栄養価の高い食べ物なのです。

ポップコーンは栄養の宝庫

ポップコーンと犬

ポップコーンには『抗酸化物質』であるポリフェノールが、1人分平均で約300mgも含まれています。

ポリフェノールは、体を酸化とストレスから守ってくれると言われ、アンチエイジング効果が期待できます。この事は、米国ペンシルベニア州のスクラントン大学で行われた研究で報告されています。

また、食物繊維も豊富なのでお腹の調子を整えるだけでなく、ダイエット効果も期待できると言われています。

さらに、血糖値やコレステロールの正常化にも役立ち、心臓病のリスク軽減や高血圧,動脈硬化などの生活習慣病の予防への効果も期待されています。

ビタミンA,E,B1,B2,B6の5種類の他にナトリウム,カリウム,カルシウム,マグネシウム,リン,鉄,亜鉛,銅などの栄養素が含まれています。更にナイアシン,葉酸,パントテン酸,タンパク質,脂質など合計18種類の栄養素がバランスよく含まれています。

このことから、ポップコーンは栄養の宝庫と言えるのです。

ノンオイルのポップコーンはヘルシー&ビューティーフード

飼い主と犬とポップコーン

ノンオイルのポップコーンは50gで188kcalと、低カロリーです。ポテトチップスが50gで280kcalなので、92kcalも少ないのです。

ただし、ポップコーンの50gは結構な量になりますので、犬に与えるには多すぎる量になります。与える際は量を調整しましょう。

ノンオイルのポップコーンはヘルシー&ビューティーフードなので、ダイエット中のワンちゃんにも最適です。

ちなみに、とうもろこし自体は様々な形でペットフードやサプリメントに使われています。近年のバイオ燃料の原料として多く使われ価格高騰したため、どのフードメーカーもとうもろこし離れが進んでいるとはいえ、まだまだ主原料であることは否定できません。

それはとうもろこしは栄養価が高く、代わりとなる低価格の原料に切り替えられないと言う、フードメーカーのジレンマでもあるのです。

ただし、ポップコーンは低価格購入する事が出来ますし、栄養の宝庫で犬の体にも良いのなら食べさせなない手はないでしょう。購入する場合は『遺伝子組み換え品』ではなく、有機栽培された爆裂種コーンから作られた未調理品がおすすめです。

自分で作れば経済的

スーパーで買ったポップコーン

ペット用のポップコーンは、通常ペットショップや大きな動物病院などで売っています。値段は30~50gで300~400円と若干お高めです。

私の場合、スーパーで遺伝子組み換え品ではない未調理の物を買っています。100gで100~150円で売っていますので、とても経済的です。

ラーメン用などの深めドンブリに、焦げ防止として少量の水かお湯を入れて、20~30gのコーンを入れます。この量でドンブリに一杯のポップコーンが作れます。

ドンブリに耐熱用の蓋をかぶせて、電子レンジで加熱させ、ポップコーンの弾ける音が止めば出来上がりです。目安は、700Wの場合、4~5分程度です。

人間が食べる場合は塩と胡椒、一味唐辛子を振りかければビールのおつまみにもなります。

まとめ

この記事を書くにあたり、愛犬がお世話になっている動物病院の院長に、ポップコーンが犬の体に良いか聞きました。あくまでも学術的見地からお話してくれました。

「それぞれの獣医師の考え方にもよりますが、学術的に言うとペットの体に悪くはないが良いかどうかは分かりません」とのことです。

また、「実際に当院でもペットのノンオイルポップコーンは売っています」「個人的には犬や猫の体に良いのではないかと思っています」という見解でした。

ペットの体に悪くないノンオイルで作れば、肥満の心配もありません。

残念ながら私の愛犬はポップコーンを食べません。食べないどころか、見向きもしてくれないので与えることが出来ず残念ですが、代わりに私は自分用に作ってせっせと食べています。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 女性 かふぇおれ

    わんちゃん用のおやつにポップコーンが売られていますよね!ポップコーンにフレーバーの味付けをされたものなど出てるのを見かけたことがあります。
    人用のものは塩やバターの味付けがされているのであげるのは良くないですが、ノンオイルのポップコーン自体はわんちゃんが食べても良いおやつなんですよね。
    無添加や安心安全をと思うならば、自分でノンオイルで遺伝子組み換えされていないもので作ってあげると原材料も把握できるし良いと思います。
    栄養素など見ると栄養の宝石箱と呼ばれるのもなるほどな〜と思いました。

    ただ、ここからは少し否定的な意見になりますが、とうもろこしは消化が悪くアレルギーの原因になる事もあります。
    大量に接種すると消化器官に負担をかけてしまいますし、犬は穀物を消化するのに適していないため、ドッグフードを選ぶ際はとうもろこしの含まれていないものを選んだ方が良いと見聞きしていたので、ポップコーンを与えるのが良いか悪いかは難しく、おすすめできるのか微妙なんじゃないかなぁと思いました。
    アレルギーや食べてお腹を壊してしまうわんちゃんでなければオヤツに少量食べても全く問題はないですが、良い面や良くない面もある事を知った上で考えると良いと思います。
  • 投稿者

    女性 エアマックス

    犬にポップコーンを与えても良いのか…フワフワしている部位は問題ないのかもしれませんが、硬い部分がありますよね。あれはとても消化に悪いです。
    なので、消化器官の強いワンちゃんなら平気でしょうし、逆に胃腸の弱い子なら避けた方が良い様な気がします。
    下痢や嘔吐でせっかくの栄養素の吸収すら出来なければ、与えても全く意味がありませんよね。
    犬の胃腸はとても強い酸がありある程度のものなら消化できるとも聞きます。
    我が家の愛犬はチワワでしかも消化器官が少し弱めなので、ポップコーンは与える事はないですが、犬用の「おっとっと」が売っていた時はつい購入してしまいましたね。
    ですが、好みではなかった様で全然喜ばす…。
    犬の身体に良くて、嬉しく食べてもらえるオヤツが理想的ですね。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    ポップコーンの殻の部分が消化に悪いので、あえて食べさせなくても…というのが私の持論です。中には硬いままのコーンがあったりしますし、殻のところが喉につかえることもあり、少々リスクも感じますね。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。