犬のオリモノに異常あり?原因や考えられる病気について

【獣医師監修】犬のオリモノに異常あり?原因や考えられる病気について

犬の膣から白濁とした粘液が出てきたりしていませんか?その量や臭いに異常があれば、それは間違いなく子宮内・膣内のトラブルが犬の体の中で発生している証拠です。ここでは、犬のオリモノの異常について、説明していきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

そもそもオリモノって何?

ハートを抱える犬

オリモノとは一体何でしょうか?
オリモノとは、子宮や膣からの分泌物や、膣壁から古い細胞などがはがれて混ざり合った物の事を指します。 色は無色透明。又は、若干白く濁っていたりもします。

そして、少し粘り気もあります。生理の際は少し臭う事もありますが、通常は無臭である事が知られています。それでは、犬のオリモノの異常というのはどういう物なのでしょうか。

犬の一般的なオリモノの異常

犬のオリモノが垂れ流しになっている事例が多く見られています。しかし、これはまだ犬の生理現象なだけであるかもしれません。

しかし、オリモノを良く観察してください。もしも以下の事項に当てはまっているようでしたら、病気の可能性があります。

  • ねばねばしている
  • 異常なほど臭う

これらのオリモノの異常は膣内や子宮内の異常を示しているサインです。それでは、どのような病気が考えられるのでしょうか。

考えられる病気

膣炎

膣炎は避妊手術をしていないメスの犬が罹る病気です。膣の中で細菌感染を起こし、炎症をおこしてしまう病気の事を指します。

主な症状

膣の中からオリモノが出てきます。臭いがきつく、粘性も膿のようにねばねばしています。また、血液が混ざっていたりもします。おしっこが出てくるのと同時に確認される事が多いので、ペットシートをよく観察してみてください。

また、犬にとっても膣内から異物が出るのをあまり心地よく思っていないらしく、異常に舐めるようになってきます。

通常であるならば、その行動によってオリモノが舐めとられ、飼い主には分からない程度ですが、炎症が進行している場合、上記のような状態のオリモノを確認する事ができます。

また、その臭いにつられるのか、オスの犬が近寄ってくるのも特徴の一つです。炎症が軽い物であれば、自然治癒する可能性もありますが、酷ければ病院で治療をしてもらう必要があります。

原因

細菌やウィルスの感染が最も一般的ですが、異物の混入や交尾や出産などによっても生じる事が確認されています。細菌感染は不衛生な環境下にいる事によって、直接的に感染する事もありますが、交尾によって細菌をもらってきたりする二次的感染も起こります。

また、排尿や排便する際に感染する事もあります。特に発情期には膣の中に細菌が入りやすいと言われています。この病気が慢性化すると、犬が赤ちゃんを産めなくなる可能性が出てきますので、しっかりと治療をしてあげるようにしてください。

治療

細菌やウィルスによる感染が原因として考えられる場合、抗生物質などの投与と一緒に膣内洗浄も行われます。すぐに病院に行けば、決して難しい病気ではないので、異常や症状を発見でき次第、すぐに病院に連れて行きましょう。

予防

オリモノの異常に限っての事ではありませんが、主な生殖器系の病気は避妊手術によって予防する事ができます。

特にメスの犬は生殖器系の病気に罹るリスクがオスの犬に比べて比較的高いと言われています。子宮がんや子宮蓄膿症、乳腺腫瘍、乳がんなどはメスの犬だけに見られる病気です。

また、避妊をするメリットは病気感染のリスクを抑えられるだけでなく、生理や発情期などによる犬のストレスを緩和できます。費用は20,000円~30,000円ですので、ぜひ、ご一考してみてください。(費用は地域病院によって異なります)

まとめ

診察中の犬

膣や子宮などといった生殖器はとてもデリケートな部分です。細菌が繁殖するにはもってこいの環境です。

もしも、将来、犬に子どもを産ませたいと考えているのであれば、生殖器系の病気にはしっかりと注意していく事が重要です。

また、子どもを生ませることを考えていないのであれば、上記の通り、避妊手術を強くおすすめしたいと思います。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 トマト

    昔むかし実家で飼っていたポメラニアンの女の子は避妊手術しておらず、子宮蓄膿症になり緊急手術しました。その頃はまだ今のように豊富に知識も無くて動物病院もあちこちになくそうと具合が悪くなってからやっと探し当てた病院に緊急で連れて行ったので、助けられるかどうかわからいとまで言われてしまい、小さかった私はずっと泣きっぱなしだった記憶があります。なんとか一命は取り留めたのですが、後遺症のように他の病気も見つかり、今思うとクッシング症候群だったと記憶していますが、今のように薬もなくあまり長くは生きられませんでいた。記事のように生理の時やおりものの異常に気が付く知識があれば、そう思うとやりきれなくなくなります。今は私たちの知識も獣医師の技術も薬も進んでいるので、少しでもいつもと違う症状がある時はすぐ罹りつけの動物病院に行ってます。多少の事なら予防接種のついでなどにここぞとばかり聞きまくっていますよ。わんこは言葉を発しないぶんよく観察をして気を付けてあげたいですよね
  • 投稿者

    10代 女性 みぃ

    シェルティのメス犬を飼っているのですが、今日お尻がかゆそうで、あと赤みのあるドロっとしたものが出ました。調べてみたのですがこれは膣炎でしょうか?
  • 投稿者

    女性 もふころ

    子宮蓄膿症でも同じ症状が見られました。殆ど膿のようなものが多量に出てくるので、愛犬自身も気になって常に舐めてしまっている状態でした。
    早めに病院に行きましたが、手遅れで子宮摘出手術になりました。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。