犬の目が白い時は要注意!病気の可能性とその原因を探る

55058view

犬の目が白い時は要注意!病気の可能性とその原因を探る

普段はキレイな黒目をしているわんちゃん。しかし、とある病気で目が白くなってしまう事があるんです。この記事では、犬の目が白くなる場合の病気とその応急処置についてご説明させていただきます。

監修:獣医師 平松育子

(ふくふく動物病院)

犬の目が白くなる原因について

わんちゃんの黒目が白く濁る原因としては、外側の角膜が白く濁る場合と、内側の水晶体白く濁る場合の二つに分けられます。

目の構造

目が白いときに考えられる病気

外側(角膜)

1.角膜の異常

目の表面にある角膜は外来の刺激を受けやすく、炎症や傷や免疫介在性の病気などで白濁します。角膜には知覚神経がたくさん分布しているので、障害を受けると痛みの為にしょぼしょぼさせたり涙が増えたりします。

また、緑内障により眼圧が上がる事によっても白濁します。

内側(水晶体)

2.白内障

水晶体が何らかの原因で白濁した状態です。お年寄りの病気のイメージがあるかもしれませんが、子犬の内から発症する事もあります。

進行状況により初発・成熟・過熟期に分ける事ができ、外から見て白く濁ってるように感じるのは末熟期の後期くらいからになります。

成熟期になると光を感じる事はできますが視覚は失ってしまいます。白内障では痛みはありませんが、進行するとぶどう膜炎を起こす事があり、そうなると痛みを伴います。

3.核硬化症

水晶体の中心の《核》と言われる部分の透明度が落ちて光のあたり方によって白く濁って見える状態です。これは、老化現象の一つで進行しても視覚を失うことも痛みがでる事もありません。

その他

ぶどう膜炎

白目の充血も強く見られ、痛みの為にしょぼつきや涙の量も増加します。

応急処置や予防法について

目の中を良く観察する

目を良く観察して、どの部分が白く濁っているのか確認してみましょう。角膜の炎症やぶどう膜炎では痛みや炎症が強く、点眼薬や内服薬を使用しないとなかなか改善しない場合が多いのでなるべく早く動物病院に行く事をオススメします。

目やにがあれば取る

時々、目の表面に粘性の目やにが付着して白く見えることもありので、その場合は涙の成分の目薬や水道水などで洗い流し、コットンなどの柔らかいもので優しく拭き取って下さい。

眼周囲が湿った状態のままにすると皮膚炎などの原因になりますので、注意が必要です。

目の中をこすらないようにする

角膜炎とぶどう膜炎の場合では、ほとんど痛みを伴うので、やはり擦らせないようにする事が重要です。その為、まずエリザベスカラーやそれ同等の役割をはたせる物を首に装着してあげて下さい。

白内障が疑われる場合はすぐに病院へ

白内障は残念ながら手術以外では良くする事は出来ませんが、サプリメントなどで進行を遅らせる事は出来るので獣医さんと相談してみて下さい。

また、核硬化症に関しては病気ではないので治療も必要ありません。しかし、自己判断は危険なので病院に行くのがベストです。


毎日のケアは重要!

愛犬のココアの目は現在キレイな目をしています。ですが、時々目やにがでるので、コットンで目の周りを拭いてケアをしています。

目元を触ると嫌がり、コットンを噛んだり、顔を背けたりして苦戦しますが根気強く行っています。

目元をケアする様子

他の症状や病名で犬の病気を調べる

犬の目が白いときの他にも、気になる犬の病気や、普段見ない行動をとっていて心配なときに病気を調べることができる辞典がありますので、ぜひ活用してみてくださいね。↓

犬の目が白いときのまとめ

愛犬の目が白くなる場合について、病気と応急処置について簡単ではありますが、ご説明させ頂きました。

現在、愛犬のココアは目に異常は見られませんが、普段目やにが出た時は小まめにコットンでケアをしてキレイな状態を維持したいと思います。

他の飼い主様も目元のケアは犬が特に嫌がり苦戦するかと思いますが、病気になってからだとますます大変になってしまいます。普段から、コツコツケアしてみましょう。

また、ケアをしていて、痒がっていたり、痛そうにしていた場合は、すぐに病院に行く事をオススメ致します。夜間受診している病院もチェックしておくと良いと思います。

記事の監修

  • 獣医師
  • 平松育子
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 50代以上 女性 queen

    目の病気は進行性のものが多いので、異変に気が付いたらすぐに病院へ連れて行った方が良いです。
    大体愛犬の目の異変に気が付くのは、光に目が当たっている時だと思います。もし10才以上の犬を飼っている方でしたら、愛犬の目をいろいろな角度から確認をするようにした方がいいと思います。白内障は進行性で完治はない病気ですが、進行を遅らせることは出来る治療があると聞きますし。私が以前飼っていた犬は、あっという間に目が真っ白になって見えなくなってしまいました。
    また、若年性のものもあるようで。先日知り合いのワンちゃんが片目おかしいな、と言っていたのですが飼い主さんがなかなか病院へ連れて行けずに、診察を受けたころには白内障ではなく他の病気だったのですが、ほぼ失明していたそうです。犬がまだ若いからと甘く見ないで、異変に気が付いたら必ず病院へ行くことをおすすめします。
  • 30代 女性 まろんママ

    今年10歳になる愛犬の目が最近ちょっと気になっていたところなので、すごく興味深く読ませてもらいました。太陽光の下では特に気にならないし、いつもはそんなに変化ないかなって思うのですが、ふとした時に急に眼球が白っぽく見えるような気がするんですよね。大型犬に近いサイズなので「年齢的に白内障が来たかな?」なんて家族とも話していて、そのうち病院に行く機会があったら聞いてみようかなと思っていたところでした。でもこれを読むともっと他の理由が原因ということもあるんですね…。なんとなく心配になってきたのであまり様子見ばかりしていないで早めに相談してこようかなと思いました。素人判断で後で後悔することになっても嫌ですもんね。
  • 女性 匿名

    初期の白内障を見つけて9ヶ月たちましたが、進行は見られず元気に散歩を楽しんでいます。
    なんとなく白っぽいと思っていたところ、愛犬家の方から「白内障になってるね」との指摘があり、直ぐに病院に行きました。
    診断は初期の老年性白内障でした。
    治療方法は進行を遅らせる目薬をさすことくらいで、良くなる事は有りません。気休めですが、サプリ効果があるトリーツを食べさせいます。
    まだ8才。楽しい毎日を過ごしています。
  • 50代以上 女性 ふくちゃん

    サイトハウンドの愛犬が網膜剥離になりました。ショックです、両目が白くなり始めていたので白内障だろうとのことで老犬(13歳)だから仕方ないかと思っていました。あまり見えていないのもそのためだと思っていましたが、ある日左目が真っ赤になり慌てて眼の専門医にかかったら網膜剥離だと左目は諦めなければならないと言われました。血圧も高くそれからだろうかと、白内障も残っている右目は核硬化症だろうと。だったら左もそうだったかもしれないと思ったら、見えにくいのは白内障のせいではなかったかもしれない…悔やまれてなりません。眼の病気は気付きにくく進行も早いのかも。よくよく観察してあげないと、と。
  • 女性 ゴン吉

    3歳くらいの頃に目の表面に傷をつけてしまい、白内障の発症も早いかもしれないと言われ警戒していましたが、薄ら白くなり始めたのは10歳を超えてからでした。傷を負っていたことで元々視力が弱い方だったこともあり、少しくらい濁っても特に問題はないようです。
    今は老年性白内障の進行抑制効果のある目薬でだいぶ遅らせることができています。
  • 女性 Mae

    一番最初に飼っていた犬が8歳頃になった頃から、目が白く濁ってきて驚いてしまいました。獣医さんからは「老いていくと白内障になる率が高くなります」と言われ、なんだかとても悲しい気持ちになったことを思い出しました。愛犬が亡くなる頃には左目はほとんど見えていない状態だったと思います。目の病気は人間でも犬でもとても怖いですね。
  • 女性 ザック

    なんとなく太陽の下の明るい場所で、愛犬の目が白っぽいかもと気が付き病院へ行きました。やはり白内障が始まっていました。今は処方された目薬の他に、アスタキサンチンのサプリを飲んで、少しでも進行が遅くなるように願っています。年齢的なものもあるでしょうし仕方のないことなのですが、やはりちょっとショックでした。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。