ロングリードについて。トレーニングで愛犬に「おいで」を教えよう!

ロングリードについて。トレーニングで愛犬に「おいで」を教えよう!

お気に入りに追加

みなさんは「ロングリード」という犬用品を知っていますか?リードと一口に言っても、その種類は様々です。この記事では、犬のリードの中でも長さのある「ロングリード」についてお話させていただきます。そして、ロングリードを使った「おいで」を教えておくと、ドッグランなどで遠くから愛犬を呼び戻す時にとても便利ですので、愛犬に覚えさせても損はありません♪

10608view

ロングリードとは?

リード

「ロングリード」という犬商品を知っていますか?まずリードとは、犬の散歩時に首輪やチョークにつける、紐の事を指します。このリードがある事によって、散歩中の脱走を予防したり、自由にはしゃぐ愛犬を引っ張って行動を抑えてあげたり、他人にも迷惑をかけないようにするなどの効果がありますね。

そんなリードの中でも「ロング」な長さを誇るのが「ロングリード」と呼ばれるものです。また、ロングリードの中でも長さは様々で、それぞれの長さのリードをいろいろな用途で使用することが出来ます。中には何十メートルにもなるリードもあったりします。

ロングリードで「おいで」をおぼえさせよう!

広々とした公園で思い切り犬を遊ばせることができる「ドッグラン」。愛犬家のみなさんにとても人気がある施設ですよね。
かわいい愛犬がイキイキとした顔をして走り回る姿を見るのは、飼い主にとって何よりの喜びです。

「早速私の愛犬も・・・・」そうお考えのあなた!実はドッグランに連れて行く前に、ぜひ教えておきたい事があります。

それは、「おいで」です。
この「おいで」を覚えさせておけば、離れた場所からでもしっかり呼び戻しができ、犬同士のトラブルも回避できます。

ロングリードを使った犬のトレーニング方法

まず「おいで」を教えるためには犬と飼い主が距離を取る必要がありますが、公園なども含め、自宅以外の場所では基本的にノーリードにすることはできません。そんな時に役立つのは訓練用のロングリードです。

これは10mから25mと長さを選べますが、遊ばせることが目的ではなく、「おいで」を教えるためなので、10mのタイプが適しています。

実際、私もその長さのロングリードで練習をしました。あまり長いと犬に合図を送れないし、長さがある分だけ重さが出てくるので、犬が勢いよく走れなくなります。

ロングリードを使うのは「おいで」の意味を理解してからでOKです。最初は普段の散歩で使っているリードを使ってトレーニングを始めます。

おいでを教えるトレーニング ステップ1

最初はリードを持ったまま犬と対面し、「お座り」「マテ」を命じます。
飼い主は一歩下がり、「おいで」と命じます。もし反応しなければ、リードでショックを与えます。

このショックというのは犬の訓練用語ですが、簡単に言えば合図です。
誰かと一緒にいる時、相手がよそ見していることがありますよね。そんな時、「ねぇ、こっちを見て」と、相手の腕や肩をポンポンと叩いて注意を引く、そんな使い方です。
だから犬にリードを使ってショックをかけると言っても、思い切り引っ張る必要はありません。 注意を引くことができればいいのです。

さて、話しを元に戻しますが、一歩下がって「おいで」と言い、近寄ってきたら「そうだ」と励ましながらまた一歩下がります。
するとまた犬は近寄ってきます。これを何度か繰り返すごとに、「おいで」というのは呼ばれたら近寄ることだと理解します。

言葉と行為がリンクできたら次のステップです。

おいでを教えるトレーニング ステップ2

今度はオフリード(リードはつけているけど手から離す状態)にして少し距離を取ります。(写真のような状態)

オフリードにして距離を取る

これがクリアーできたら、さらに距離を取り、距離を取った分だけ犬にわかりやすい指示を出します。(写真のように思い切り両腕を広げる)

両腕を広げる

とにかく「おいで」のコマンドに従ったことだけを褒めてください。褒めた分だけ犬はワクワクしながら勢いよく走り寄ってきます。(写真のように)

愛犬を呼んで褒める

この勢いとワクワクする心が大切なのです。「おいで」呼ばれて仕方がないからしぶしぶ近寄るのと、飼い主の元に行けばいいことがあると思ってワクワクしながら行くのとでは天と地ほどの違いがあります。

前者の場合は、途中に興味を引くものがあれば、呼ばれたことを忘れてそちらに興味を持ち、道草を食います。
でも、ワクワクして飼い主の元にすっ飛んでいくほどの勢いがあれば、他の物は目に入らず、一目散に走り寄ってきます。
それができて初めて呼び戻しができるワンコになれます。

おいでを教えるトレーニング ステップ3

最終ステップがロングリードを使ってのトレーニングです。

もし10mのロングリードを使うなら、10m離れます。10mの距離となると、はっきりとした声で「おいで」とコマンドをかけないと犬には伝わりません。要領は以上と同じですが、もし反応が遅い場合はチョンチョンとロングリードでショックを与えます。

来るのが遅くても叱るのは逆効果です。
それをすると「せっかく来たのに叱られた」と解釈します。「そうだ、上手、凄い」などの励ますような言葉をかけて、犬のモチベーションをアップさせるのがコツです。

呼んだら来たことだけを褒めれば、犬はもっと褒めてもらいたくて飼い主の元に走ってきます。それを繰り返せば、犬との絆はどんどん深まります。
リードがなくても、見えないリードで心はしっかりと繋がります。
そうすればドッグランだけではなく、どこに行っても安心です。

ぜひ参考になさってください。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 TIKI

    最近は公園や多くの場所で犬を放して遊ぶのを禁止していますね。
    この記事のように、日頃からロングリードでの呼び戻しを習慣化していれば、リードにつながっていても行動範囲は広がるし、事故も防げますね。
    我が家も広い公園ではロングリードを活用して、ストレスなく運動させています。
  • 投稿者

    20代 女性 いおり

    段階を経て細かくわかりやすく書いてたのでわかりやすい記事の内容でした。
    なかなか難しいおいでのトレーニングですが、これなら上手に出来そうだと思います。やはり飼い主側の気持ちも大切なんだと改めて勉強になりました。
  • 投稿者

    40代 女性 のんのん

    どんなしつけもそうですが、なかなか覚えてくれなくてもイライラせずに、その子のペースをに合わせてじっくりと取り組む事が必須です。
    こちらがしっかりと構えていればちゃんとワンちゃんは応えてくれます。例えたくさんの時間がかかっても。
  • 投稿者

    30代 女性 きなこ

    ドッグランなどで、おいでと言っても遊びに夢中でこっちの事なんか全然見てないけど、ロングリードを付けて1対1で教えるのは集中もできてすごくいいと思います。

    最初は、周りの誘惑のない静かな場所で始めるのが覚えやすいかもですね。「オイデ」は柴犬を飼ってる身としては、けっこうハードルが高いコマンドだと感じます。しつけ教室で「マテ」「フセ」「オスワリ」などと共に教えたのですが、「オイデ」だけは来る時と来ない時が…他の柴犬の飼い主さんも同じ様な悩みを抱えてるみたいです^^;
  • 投稿者

    30代 女性 ミニー

    最近は、良くドッグランに行き様々な犬と触れ合います。犬が興奮した時には、コントロールするにもおいでは本当に大切です。おいでは、出来ますが、距離が短いので、リードを使用してチャレンジしてみたいです。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    愛犬はボール遊びが好きなので、投げるのを待っていて、その時に特に使っています。
    ロングリードは愛犬が自由に広く走れるのがいいところですが、リードが細くて固めの為、人間の肌に擦れると熱傷したり、肌を切るので周りの方がいる時は、要注意です。
  • 投稿者

    女性 れっど

    以前、ドッグパークへ愛犬を連れて行った際、ドッグパークの隅っこの方でこれを付けてトレーニングしていた人を見かけました!何か特別な感じがしたので、ずっと気になっていたのですが、記事を読んで納得です。「おいで」のトレーニングには長いリードが必要だと思うので、とても使いやすそうですね!このリードの存在を知っていれば、家の愛犬にも最初からこれでトレーニングを行えば良かったです。また、記事の写真や説明がとても明確で分かりやすいのもポイントが高いです!ビデオなども載っていたら、もっと分かりやすかったかもしれません。「お座り」や「待て」などの基本トレーニングや、お散歩の時の引っ張り防止にもこのロングリードが活躍しそうですね。
  • 投稿者

    40代 女性 momo

    最近では、広い公園でも放送で「犬はかならずリードに繋げて、放さないようにして下さい。」など注意の呼びかけをしている場所が多いですよね。我が家のゴールデンレトリバーも、お気に入りの広い森林公園に行く際は、必ずロングリードを持参して遊ばせるようにしています。ただ、ロングリードにも注意点がいくつかあります。これは実体験ですが、ロングリードをつけてボール投げをしていて、主人が思いのほか遠くにボールを投げてしまって、それを勢いよく我が家の愛犬が取りにいったのですが、リードの長さ以上に走ってしまい、持っていた私が飛ばされてしまいました。いくら長いリードでも、許容範囲を考えなければいけないと思いました。また、長いという事は、他の犬や人に近寄ってもすぐには引き寄せられないという事もきちんと把握して、周りを事前に確認してから使用したいと思います。
    momoの投稿画像
  • 投稿者

    30代 女性 38moto

    リードに慣れていない犬や子犬は注意が必要です。ロングリードはフレキシリードと違って伸縮自在ではないので、主に長いままを使うことになりますが、いきなり走りだされてしまうとリードを引いて制することができないので、飛び出しや人への飛びかかりに目を光らせていなくてはなりません。それと狭いところで使用すると、椅子の足などにぐるぐる絡まって犬が身動きとれず大変なことになったりします。
    「おいで」のトレーニングの前に「待て」をパーフェクトに覚えてから、広いところで効果的に使用するといいですね。初めて使うならロングリードではなく短めのリードやフレキシリードから入るといいかと思います。短めリードでも十分効果ありました!
    ロングリードは使用する用途が限られるものであって、通常の散歩に使用するとやはり他の方の危険に繋がってしまいます。訓練時のロングリードと散歩用リードを上手く使い分けて、愛犬のストレスにならないようにしたいですね。
  • 投稿者

    女性 ポメ

    私もロングリードを使って「おいで」を覚えさせました。なんとなくの始まりだったのですが、10mのロングリードを使い公園で記事と同じように進めていきました。お座りとまてはほぼ出来る状態でしたのでだんだんと距離を離しながら、うちは「おいで」で来たときにはじめはお菓子をあげてご褒美にしていました。だんだんとお菓子がなくても言葉を覚えてくれました。おいで と声がけをして愛犬が走ってくる姿って本当にかわいいですよね。初めて私が教えたコマンドだったこともあり感動でした。ロングリードはその他でも、公園で走り回らせるときやワンちゃん友達と遊ぶときなどとても役立っています。公園はノーリード禁止ですが、中には大丈夫とノーリードの飼い主さんもいらっしゃいますよね。私は過去に1度、よく行く公園でノーリードの小型犬が知らない人のところに行ってしまい吠えて制御が利かない状態になったところを目撃しました。飼い主さんが気づくのが遅かったのもさらに問題なのですが・・。吠えられた人は犬が苦手だったようでとても険悪なムードになりました。(当然ですが・・)犬が嫌いな人もいらっしゃいますし、トラブルの可能性を回避するのが飼い主の務めだと思います。ロングリードがあるといろいろと便利で楽しいですよ。
  • 投稿者

    30代 女性 さくら

    ロングリード使っていました
    最初は大型の犬が使うものなのか、慣れた方が使うもので使いこなすには少し難しいものではないかと思い普通のリードを使用していました
    しかし、呼び戻しをしつけるのに使っていると聞き小型犬用を1歳になった頃購入して使っていました
    そのころ河原に行くことが多くその度思いっきり走らせてあげられるので愛犬にとってもうれしかったと思います。
    普通のリードと違い細いので、首に絡みついてしまわないかちょっといらぬ心配をしてしまったりもしましたが、
    勝手に伸び縮みしてくれるので安全なんですよね、ただ通常の散歩では長くなりすぎると他のわんこをびっくりさせてしまうので普通のリードと使い分けをすることをお勧めします。
  • 投稿者

    女性 コロ

    ロングリードは使える場所が限られるリードですね。
    以前ロングリードで間違った使い方をしている飼い主さんを見かけてから苦手意識が出てしまいました。リードを付けているから安全ではないんです。犬の行動を制することができなければ、人がいるところでロングリードを使っては駄目だと思います。
    個人的には「ロングリードがあればしつけができる」ではないと思っています。使う飼い主さん次第だと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 はるか

    ロングリードはこういうしつけにも使えるんですね。我が家にもロングリードありますが、あんまり使っていません。愛犬は『おいで』と言えばきちんとやって来てくれますが、やはりたくさんの人がいる中では何が起こるか分からないし、一度ロングリードで走っていたら足が引っ掛かりそうになったことがありやめてしまいました。たまに見かけますが、歩道は危険なので絶対にやめるべきです。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    使う場所を考えなくてはならないリードですね。長いままで自由に走らせることができるというのはとても魅力ですが、長すぎるとノーリードと同じです。
    人のいないところ、車の来ないところを選んで使ってほしいです。
  • 投稿者

    女性 匿名

    大変参考になる記事ではありますが、こういう表現は公園など公共の場でのロングリードの使用を好ましいものと受け取られるかと思います
    犬の苦手な人にとっては訓練用ロングリードはノーリードと大差ありません
    また突然の災害時など、無言でも犬をコントロールしなくてはならない場合、ロングリードでは役に立ちません
    訓練用ロングリードはあくまでも訓練に向いた特定の場に限って使用すべきではないのでしょうか?

    またフレックスタイプのリードは、非常に高速で引き込まれるため、私自身、何度か他の方のリードに触れて火傷を負いました
    お散歩には危険な道具だと思っています
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

ロングリードを使って愛犬のトレーニングを成功させた飼い主さんに質問です!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。