人気犬種ではなく、希少犬種を飼われている人の気持ち

人気犬種ではなく、希少犬種を飼われている人の気持ち

お気に入りに追加

愛犬との散歩中に、希少犬を連れて歩く飼い主さんを時々見かけます。人気犬種を飼う人が多い中で、なぜレアな犬種を選ぶのでしょうか?そんな希少犬種を飼っている人の気持ちを考えてみます。

18411view

なぜ希少犬種を飼うのか?

日本で飼われている犬種は、JKC(ジャパン ケネル クラブ)登録犬種で138種類あるとされています。
JKCとは純粋犬種の血統の登録や管理をし、有能優良犬の普及、正しい畜犬の飼育指導を行い、動物愛護の精神を高揚することを目的に活動している国際的畜犬団体です。
登録頭数は国内最多の306,438頭であり、世界でも登録頭数が第2位を誇る国際的ケネルクラブでもあります。

JKCの説明はこのくらいにしまして本題に戻ります。
因みに平成15年の人気犬種ベスト5は次の通りです。

1 .トイプードル         79,912頭
2.チワワ             53,630頭  
3.ミニチュアダックスフンド    23,533頭
4 .ポメラニアン         15,596頭 
5 .柴犬             12,454頭 

トイプードル

次に、日本で登録されている希少犬種の一部を紹介します。

甲斐犬                140頭
ウェルシュ・テリア          112頭
スキッパーキ              58頭
北海道犬                38頭
紀州犬                 25頭 

紀州犬

これらの希少犬種とは散歩していても、まず会わないと思います。
この様なレア犬種を飼う理由とは一体何なのでしょうか?
それには共通したある理由があります。
それは、自分が飼っている犬を少しでも【目立たせたい】と言う意識が働いて、見た事もない様な犬を飼うのです。
これも一つの愛情ではないかと思います。

希少犬種を飼っている人達が喜ぶ言葉がある

希少犬種を飼っている人達が喜ぶ言葉が幾つかあります。
私も希少犬種と言われれているスキッパーキと生活していて、よく全国のスキッパーキが集まるオフ会に参加するのですが、飼い主さんの殆どが同じ様な事を言います。
散歩中『何と言う犬種ですか?』『珍しいですね!』『日本にあまりいないのではないですか?』『初めて見ました!』と、この様に話しかけられる事が何よりも嬉しいのです。

私の場合も正にこの通りです。
その言葉が励みになって毎日の散歩が楽しみになります。
犬はそんな事も知らずに一緒に散歩しているのですから、考えようによってはただの自己満足にしか過ぎないのかも知れませんね。
この記事をお読みになった人気犬種を飼われている方は、きっと笑っちゃうと思いますよ。
『えっ、そんな理由で!』と・・・

色々な動物に間違われる

あまり世間では馴染みのない犬種を連れて歩いていると色々な動物に間違われます。
私の場合ですが、黒猫,黒い狸,狐,小型の狼,猪などです。
その都度『スキッパーキと言う犬種ですよ』と説明するのがまた楽しいのです。

断尾しているスキッパーキを飼われている方もいらっしゃいますので、その方などは『これは動物ですか?』なんて言われる事もあるそうです。
確かに、尻尾が無く真っ黒でずんぐりした生き物を見たら、そう聞きたくなるのも分かります。
でもその飼い主さんは『けっこう楽しいですよ』と、おっしゃっていました(o^―^o)

尾の無いスキッパーキ

自分から言いたいが我慢している

希少犬種を飼われている方は、自分の愛犬のレア度を自慢したくて仕方がないのです。
まさか自分から言い出す訳には行きませんからね。
自分から言いたいが人に聞かれるまで我慢しています。
何でもそうだと思います。

例えば高級ブランド服を持っていたら自慢したくなりますよね。
聞いてくれるのを待つのではありませんか?
でも自分から言い出すと『何この人、自慢ばかりして最低な人』と思われてしまいますからね。
それと似た考えだと思います。
もし貴方が愛犬との散歩中に、希少犬種を連れた飼い主さんに会ったら、ぜひ『珍しいですね』『何と言う犬種ですか?』と尋ねてあげて下さい。
きっと喜んで説明してくれるはずです。

メジャー犬種にしたくない

ここからは私独自の考え方になりますが、自分の飼っている希少犬種を色々な方から珍しがられるのは嬉しいのですが、逆にメジャー犬種になって欲しくないという想いもあります。
それは、これまでも急に人気になった犬種がその後悲しいことになってしまったという事もありますし、そしてもしこの犬種がメジャーになってしまったら、もしかすると散歩をしていても人から何も聞いてくれなくなってしまうかもと思っているからなのです。
そうなると散歩の楽しみも半減してしまいそうだからです。

話かけてくださる方には申し訳ないのですが、とても嬉しい反面、犬種自体にはあまり興味を持っては欲しくないなという気持ちもあり…、何か複雑な心境になります。

まとめ

人気の犬種ではなく、あえて希少犬種を好む人は心の底から犬が好きなのだと思います。
そして、珍しがられる事が褒められていると感じ、それが最高の喜びとなっています。
この内容は希少犬スキッパーキの飼い主である私の観点から見ていますので、多少偏った記事になっているかも知れません。

私の愛犬

他の希少犬種を飼っていらっしゃる方のご意見もお聞きしてみたいですね。
たぶん同じ様な事を考えておられるのではないでしょうか。

最後に言わせてください。
一度家族に迎えたら、メジャー犬種,希少犬種、そんな事は関係ありません。
一番可愛いのは自分の愛犬です。
愛犬の命が尽きるまで、いや、尽きてからも変わらぬ愛情を注いで上げて下さいね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 匿名

    うちの子はハスキー犬です。希少犬種ではないけど地域では一頭だけです。たまにハスキーですか?と聞かれるので認知度は高いです。
    親戚ではサモエドを飼っていて、仔犬の時に一目惚れして買ったという事です。
    学校で勉強しているので、リード無しで散歩をしています。
    あの可愛さから皆さん寄って来るそうで、人混みが出来るとか。
    どの子も可愛さに変わりないですね。

  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    スタンダードワイヤーダックスと暮らしています。
    ダックスと何かのミックスで、見たことないくらいでっかい!と笑われます。
    母の私から見ても可愛い顔ではありません。
    ☆気立ては最高です!
    この犬種が欲しくて自ら探した訳ではありません。
    1歳になる頃に出会った「里子」みたいな子です。
    我が家にとって3匹目のワイヤーでで、4匹目の犬娘でした。(当初)
    ブランド品感覚もゼロ。
    人様から声掛けてもらう快感ゼロ。
    優越感ゼロ。
    この子はこの子。
    うちの子。
    快適な老後を過ごせる様に全力を尽くすのが私の役目です。
  • 投稿者

    50代以上 女性 ニコラかあさん

    希少犬種というほどではありませんが、初代・2代目と、ブルテリアを飼っています。
    私は、ブルテリアのぶさ可愛い顔とフレンドリーな性格が大好き❤です。
    そして、おとぼけ顔と元闘犬というルーツのアンバランスさにギャップ萌えしています。
    それに、闘犬と言えど、自分からは、決して仕掛けていかない「白い騎士」の精神は、我が子のそこここに、感じることができます。
    時々、「やぎですか?」とか、「ぶたですか?」って言われたり、「キャー、こわい~~」とか「毛がはげてるぅ」とか言われますが、それも、ご愛嬌だと思っています。
    その犬種に、惚れ込む事って、あると思います。
    ニコラかあさんの投稿画像
  • 投稿者

    50代以上 女性 ぷりんどんぶり

    犬種に惚れ込むって、本当にその通りです。我が家も20年以上ボクサーひとすじですね。特に希少犬ではないけど近所では居ませんし、係付けの病院でもボクサーは我が家だけみたいですね。兎に角、陽気で性格が良いです。手入れも短毛なのでシャンプーも楽です。顔が不細工だけど目がめちゃくちゃ可愛いから何でも許してしまいます
  • 投稿者

    女性 ふくふく

    紀州犬を飼っています。たまたま家に迎えた犬種が紀州犬でした。
    世間では怖いといった印象が強いですが、そんなことはありません。賢く従順で愛情深いです。いまではすっかり紀州犬にほれ込んでいます。
    日本犬でありながら、紀州犬の飼育頭数は激減しています。
    わたしは基本的に犬はどんな犬種、ミックスも魅力的だと思います。ただ、せっかく原産国の犬種でありながら、素晴らしさを知ってもらえないことは残念で仕方ありません。
    犬種、個体によって飼い主との相性もあります。また、飼い主の美意識も大きな選択肢のひとつです。飼育出来る環境など諸々の事情もあります。
    本題の主旨とはそれますが、絶滅といった言葉が頭に浮かび、紀州犬を後世に残したい!と強く思う今日この頃です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。