犬の真菌について~症状から処置、治療法まで~

49238view

犬の真菌について~症状から処置、治療法まで~

あなたの愛犬がもし、真菌に感染してしまったらどうしますか?今回は犬の真菌について、症状や処置の仕方、またどのような治療法があるのかお伝えしたいと思います。

監修:獣医師 平松育子

(ふくふく動物病院)

犬の真菌について

真菌で痒そうな犬

あなたの愛犬がもし、真菌に感染してしてしまったらどのような症状が出るのでしょうか?人間にも感染してしまうのでしょうか?まずは真菌について学んでいきましょう。

「真菌」はカビに似た形態をもった胞子状の菌です。その真菌が「皮膚真菌症」を引き起こす原因となります。顔や耳、目の周り、口、脇の下など、皮膚の柔らかいところに症状がよく現れます。

激しい痒みは生じませんが、ひどくなると、全身に広がりますし、脱毛が見られるようになります。皮膚のバリアが弱くなると細菌の2次感染を起こす場合があり、その場合は強い痒みになってしまうことがあります。

犬の真菌の中には人間にも感染するものもありますので、気を付けなければなりません。人間が感染すると、水虫や、たむしなどの皮膚病を発症してしまいます。

一度発症してしまうと完治に時間がかかるといわれています。皮膚の垢や被毛のたんぱく質を栄養源にドンドン真菌は増殖していきますので、とにかく清潔第一でよく、拭いてあげたり、洗ってあげることです。

なぜ真菌(皮膚真菌症)になってしまうの?

皮膚真菌症になってしまう原因は一体何でしょう?犬の脱毛の原因になる真菌は皮膚に常在している真菌です。

抵抗力が下がってしまった時に皮内に感染を起こし脱毛の原因になります。また真菌に感染しているわんちゃんと接触した場合も発症してしまうリスクは上がります。

どのようなわんちゃんに発症しやすいの?

基本的に健康な成犬の発症は少ないといわれております。抵抗力の低い子犬や老犬は気を付けなければなりません。

免疫不全のわんちゃんや、全身性の疾患を持つわんちゃんも抵抗力が低いので気を付ける必要があります。毛の生え変わる時期も要注意と言われています。

愛犬が真菌に感染したときの処置と治療法は?

もし、何らかの理由であなたの愛犬が真菌に感染してしまったら、すぐに動物病院に行って診察をしてもらい、治療を開始してもらってください。早期発見と早期治療開始が大切です。

基本的に真菌の感染が認められると、感染範囲が広がらないように毛を刈って抗真菌薬や抗生物質などの薬を飲んだり、薬を塗布したりしながら病原菌をなくしていきます。

また真菌から体を守り、体の清潔を保つために、しっかりと動物用の薬用シャンプーなどを使って皮膚の清潔を保っていきます。治療も個体によっては違いますが、最低でもしっかりと完治していくには1か月はかかるでしょう。

とにかく、日々愛犬の体を観察し、飼育環境や体の清潔を保つことが大事です。

他の症状や病名で犬の病気を調べる

犬の真菌の他にも、気になる犬の病気や、普段見ない行動をとっていて心配なときに病気を調べることができる辞典がありますので、ぜひ活用してみてくださいね。↓

真菌に感染した犬

犬の真菌まとめ

真菌はカビの一種で、人間にも感染してしまう種類もありますので、早期発見と早期治療がとても大事です。早期発見をするには、やはり、日々愛犬の体の様子を観察する必要があります。

もし、なんらかの原因で感染してしまった場合は、すみやかに動物病院で診察をしていただき、しっかりと完治させることが大切です。

とくに免疫力の低い子犬や老犬は真菌に感染しやすいので飼育環境の清潔を気を付けてあげたり、皮膚の清潔をきちんと保ってあげることも感染させない重要なポイントとなります。

抜け落ちてしまった被毛やフケ、垢などは、すでに真菌が付着しているのでお部屋の中を綺麗にお掃除してしっかり取り除いてあげましょう。特にわんちゃんがいつも使っているベッドやタオルなどの寝具は清潔に気を使ってあげてください。

記事の監修

  • 獣医師
  • 平松育子
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 50代以上 男性 ten

    うちの犬は何度かマラセチア真菌の増殖による皮膚炎や内耳炎にかかっています。どれも梅雨時や夏場なので、体力が衰えているときだからかもしれません。
    動物病院へ行くと、皮膚を削って検査されるのですが、決まってマラセチア真菌と言われます。抗生物質と軟膏を処方されるのですが、皮膚も耳の炎症もかゆいから犬が舐めたり引っ掻いたりしてしまってなかなか治りが悪いです。特にうちの犬は垂れ耳なので、耳の中に湿気がこもったりすると良くないんだそうで、湿気る季節にはいつも以上に気を付けて耳のケアを忘れないようにしています。このマラセチア真菌というのは、犬の皮膚には普通にいる常在菌らしいのですが湿気などで増殖すると厄介なんだそうです。
  • 40代 女性 こたママ

    昔飼っていた犬が老犬になって、半分寝たきり状態になった時に外飼いの犬だったからか真菌が繁殖して皮膚炎を発症したことがありました。あっという間に毛が抜けて、皮膚もかきむしってしまったせいか血が出たりボロボロになってしまったりしてすごく見た目がかわいそうな状態になってしまいました。その時は薬浴などもできない状態だったので、清潔を保ちながら抗菌剤かなにかを処方されていた気がします。学生だったのではっきりと覚えていないのですが、しばらくしたら皮膚の状態も落ち着いて短い毛がチョロチョロと生えてきていつの間にか元に戻っていたと思います。でも一回感染?繁殖?すると、そのまま菌が残って、体調を崩した時とかにまた発症すると言われていたのでこわいですね。
  • 女性 白川

    うちの犬にも円形に近い形で脱毛があったことがあります。その時は足の付根辺りだったので脇というのでしょうか。脱毛した部分全体がぼんやり赤くなり、ところどころポツポツと発疹も見られました。皮膚炎だろうと獣医さんに診てもらったところ、真菌感染ではないかという診断でした。幸いにして軽い状態だったので、抗菌薬(飲み薬)だけで済みました。
    犬自体すこぶる元気で体調を崩したわけでもなんでもありませんでした。真菌にかかる心当たりが全くなく、もう一頭は特に何の問題もなかったので原因不明で発症することがあるんだろうかと思っていたのですが、真菌は感染している犬のフケやかさぶたでも二次感染することがあるのですね。思えば予防接種に行った際、近くに皮膚炎症状の犬がいたので、その子がもしかしたら真菌だったのかもしれません。順番で待っていた時、その犬がいた場所に伏せでマテさせておいたので、その時、脇にフケか何かが触り感染してしまったのではないかと思います。
    真菌は感染力が非常に強いので、犬の集まる場所では感染しないよう、させないよう双方注意した方がいいと思います。一番は動物病院でしょうか。うちの犬も感染しやすい病気を持っている時は気を付けたいと思います。
  • 女性 もふころ

    ご飯の後など、口元やひげ、耳の辺りが汚れやすいので、なるべく蒸しタオルで綺麗に拭くようにしているのですが、たまに忘れてしまいます。
    こういう油断がきっと良くないので、しっかり健康管理しようと思います。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。