愛犬のウンチがゼリー状に!?その原因と対策について

【獣医師監修】愛犬のウンチがゼリー状に!?その原因と対策について

お気に入りに追加

見た目はすごく元気なのに愛犬のウンチにゼリー状のものが混ざっていた…なんていうことはありませんか?このゼリー状のウンチの正体、一体何なのでしょうか?

130031view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬のゼリー状のウンチってどんな状態?

これは「粘液便」とよばれるもので、大便に粘液が付着していたり、または便は出なくても粘液だけ排出されるような状態をいいます。
この粘液がゼリー状に見えるため、ゼリー状のウンチとして表現されることが多々あります。

さて、この粘液。正体は腸の粘液です。
食欲や元気に問題がなく、ごくたまに出るくらいであれば問題はありません。
ですがあまりにも症状が続くようであれば、動物病院で診察してもらうことをおすすめします。

スキンシップ中

粘液便の原因...分泌性大腸炎!?

粘液便の原因の代表として挙げられるのがこの「分泌性大腸炎」です。
ウンチの硬さに多少の変化は見られるものの、粘液以外の症状がはっきりと体に見られないことから、ついつい見逃したり治療を先延ばしにしがちな飼い主さんが多い病気でもあります。
ではこの分泌性大腸炎とはどのような病気なのでしょうか?

分泌性大腸炎と下痢

まず共通の症状として、下痢の症状が出る大腸と小腸における腸炎についてお話しましょう。
原因としては様々なものが挙げられますが、食べ物ではフードの急な切り替えや体質に合わない食事の摂取。
または細菌による感染、リンパ腫や腺腫などの腫瘍、消化・吸収の不良、その他に原因不明の慢性的かつ非感染的なものが挙げられます。

小腸性腸炎では脱水症状や体重減少など、目に見えやすい症状が出ることが特徴ですが、大腸性腸炎になるとこういった症状は見られず、一見健康そうなのが特徴になります。

さて、この大腸性腸炎の中に「分泌性大腸炎」というものがあります。
分泌性大腸炎は、小腸から流れてきた消化物により、大腸の粘膜が刺激されることで起こる炎症です。
そのそもそもの原因は、小腸の中で起こった消化不良により腸内の細菌バランスが崩れることによって起こるものです。
この大腸の粘膜が刺激された時に粘液が排出され、そればが便と一緒に排泄されて粘液便となるのです。

#ぐったり#

粘液便が出た時の対処法

粘液が混ざったウンチが排泄されても、便の硬さがある程度保たれている状態でしたら経過観察ということで大丈夫でしょう。
この段階でできる対処法として、食餌中の脂肪分を減らしてみることをおすすめします。

では、ウンチが柔らかめな時には...?

特に気をつけたいのは、体の水分量。
下痢気味の時には通常よりも多くの水分が便と一緒に排泄されてしまいますので、できるだけ水分を多く摂らせるようにしましょう。
ただし、下痢がひどくなる場合もありますので急激な水分摂取量の増加は控えましょう。

先述の小腸性腸炎との併発が考えられますので、柔らかめのウンチが出た時にはあまり無理をせず、鶏ガラのスープなどで水分を摂らせると同時にお腹を休ませます。
その後は白米と鶏肉など、脂肪を抑えできるだけ消化のしやすいものを数日続けて与えます。
それから徐々に通常の食餌に戻すとともに、これまで与えてきた食材やフード類の見直しもしてみると良いかもしれません。

尚、一説には腸内細菌のバランスととるために、少量のヨーグルトをおやつとして与えるのも良いといわれていますが、アレルギーを持っているワンちゃんや乳糖不耐性のワンちゃんもいるかと思いますので、与える際にはくれぐれも体調の変化に気をつけるようにしてくださいね。

それでも回復しない時は。。。

食餌の内容に心当たりがなく緩いウンチが続くような状態の時には、腸炎ではなく腸内寄生虫などの可能性も考えられます。
できるだけ早く動物病院へ行き、寄生虫の検査も兼ねて適切な診断と処置をしてもらうようにしましょう。

#獣医さん#

まとめ

ドライフードの中には油分が多く含まれているものがあり、その油分が原因で粘液便が出る可能性もあります。
その場合、1日に与える食餌の量は変えず、一回あたりの量を減らしてその分回数を増やして与えることで吸収を良くし、胃や腸に負担をかけない食餌方法に変えることで解決した、という例もあるようです。
この場合もそうですが、その他症状によっては食餌を抜くことで胃や腸を休ませるという方法もあるようですので、そういった対処の難しい仔犬や食欲の旺盛な子には良い手段かもしれません。

笑う犬

病気の中には、原因さえはっきりしてしまえばあとは日頃の習慣の見直しや工夫で治療できる病気もたくさんあります。
愛犬の健康を守るためにも、気になる症状がある場合にはモヤモヤしたままで終わらせず、その原因をしっかり突き止めて対処していきたいものです。

また、稀に人間用の整腸剤を与えることを勧める方がいますが、安易に与えるのはやめましょう。
下痢や粘液便の原因がわからないままなのは恐ろしいことですし、ましてや人間の飲む薬の中には、人間には問題がなくても犬が摂取してはいけない成分が含まれている場合があります。
また当たり前のことですが、犬と人間とでは体格差がありますので、摂取量もまったく違います。
手軽な薬だから、と安易に人間の薬を犬に与えて様子を見るなんてことは絶対にしてはいけません。
飼い主さんが素人判断するのではなく、必ず獣医さんのところで適切な治療と投薬をしてもらうようにしましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 KOMA

    ウンチはワンちゃんの体調管理を観察する目安になります。ワンちゃんがしっかりとした硬さのウンチが出て匂いが少ないウンチなら問題無いでしょう。粘膜が身体の外に出てしまうのも症少々驚きですが、問題は軽度か重度か見分ける事が大事だと思います。しばらく様子見で一向に治らないなら危険信号です。少しでも心配になったら迷わず動物病院に駆け込んだほうがいいでしょう。腸の病気は普段の生活では中々見つけづらいため、排出物はいつも目を通していつもとちがうなと思ったら警戒したほうが良いと思います。ドッグフードをいきなりガラッと変える人もいる為、ワンちゃんのお腹の中が対応しきれず体調を崩してしまう事もあります。そうならない為にご飯はワンちゃんの身体の事も考え、しっかり計画を立ててからあげるようにしましょう。
  • 投稿者

    女性 RUKA

    我が家ではワンちゃんの健康チェックとして毎日便の柔らかさや形を気にしています。
    便の柔らかで餌の量を変えたりして色々試してきました。
    便が柔らかいと餌の量が多い、便が硬くてポロポロしていたら餌の量が少ないと判断するそうです。
    フードを違うものに変える際にも1週間かけて変えてあげています。
    急に違うフードに変えてしまうと、食いつきが悪かったり体が慣れてないために、しっかりとした便が出なかったりすることがあります。
    ワンちゃんは自分の気持ちを上手に表現できないので、飼い主がワンちゃんの小さな変化に気づいてあげることが大事ですよね。
    これからも健康チェックとして便の様子をかかさず見ていきたいと思います。
  • 投稿者

    女性 ゆん

    とてもひどい水様性の下痢をしていたり、頻回に下痢をしていたりすると、ペット用のオムツを使用すると、床の掃除などの手間が省けて良いと思います。ただ、オムツによって汚れてしまったお尻回りは、不潔にならないように、温タオルで拭き取ってあげると良いですね。大腸性の下痢はしぶることが多いので、肛門付近が赤くなり、痛みを伴うことがあるので優しく拭きとりましょう。
    また、小腸からくる下痢か、大腸からくる下痢かを判断する材料として、便がゼリー状というのは、大腸性下痢の鑑別に非常に重要な情報になります。動物病院に行くときには、最近出た便を持参することをお勧めします。便検査によって、消化の程度や寄生虫の有無、細菌叢などを観察できるので、便検査だけで下痢の原因が診断できることもあるからです。
    治療でお薬を出されたら、しっかり飲みきることが大切です。1,2日だけでは下痢は治りません。下痢が長期的に続く場合は、血液検査や、レントゲン、エコー検査といった画像検査をしなければ見つからない病気かもしれません。普段から便の様子はしっかり見ておきたいですね。
  • 投稿者

    女性 白川

    便の状態は重要ですね。愛犬が4か月の子犬の頃に粘液便が出たことがあります。お腹の調子がいまいちなのかな?と思い様子を見ていたら頻繁にトイレに向かうので、一緒について行ったら粘液便を出し、その後キャンキャン鳴き始めました。それでもお腹がぐるぐるするのか何度か排泄を試みるのですが、痛みがくるようでキャンキャン。小さい体で痛みに耐える姿を見ているのに耐えられず、急いで獣医さんに連絡を取るもお休みの日で、次の日まで待とうかとも思いましたが、もう一件の動物病院があったのでそちらで対処してもらいました。
    脱水症状を起こしていたので皮下点滴をしてもらい、痛み止めの注射もしてもらいました。点滴を入れたので12時間は水もご飯も禁止でした。
    今回の場合は出してしまった方がいいそうで、下痢止めはありませんでした。原因は、目を離してしまった隙に食べてしまった生おからです。

    子犬のうちは適切な処置をすれば回復も早いですが、放置すると悪化するのも早いので、何か異常が見つかった場合は様子を見ずに動物病院へ行くことをおすすめします。
  • 投稿者

    女性 カカオ

    うんちは健康のバロメーターといいますが、毎日の排便の確認は大切ですよね。幸いうちのワンコはよく食べ、毎日快便状態です。が、飼い始めたころ、いいうんちと悪いうんちの違いがよくわかりませんでした。下痢やとてもゆるくなるとあれ?!と感じるかとおもうのですがその他での見分け方はなにでしょうか。硬さや色はわかりやすいと思いますが、私はその他に次のことは注意してみています。うんちの強すぎるにおい→消化不良などの疑い。(うんちはくさいものですが、フードを変えて匂いがきつくなったときに初めて意味がわかりました。)ウンチの量→多すぎても少なすぎても問題、といわれますがフードの量を変えていないのにウンチの量が増えたときはきちんと消化吸収されていない可能性あり。こちらの記事を読んで、改めて便の大切さがわかりました。ゼリー状のうんちにもこれから注意したいと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 こたろう

    ありますあります!粘膜上のものがうんちについていたことがあって、その時は「なんだろう?」と思ったくらいで気にせずご飯もあげてたんですが、それからどんどん下痢になってきちゃって、悪化させちゃいました。粘膜が出た時点で消化しやすいものとかスープとかにしとけばよかったんですよね。それからは気をつけるようにしてます。
  • 投稿者

    女性 ぽち

    一度ケチャップみたいな血便をして以来、愛犬のウンチがいい状態だとそれだけでありがたや~、という心境です。お散歩中にいい色のいい柔らかさのいい量のうんちをすると、大声で「いいうんちだね~」と褒めてしまうほど。うんちとおしっこは、本当に健康のバロメーターです。毎日ちゃんとチェックしないと、思いもよらない病気を見逃しているかもしれないと思うと怖いですもんんえ。
  • 投稿者

    女性 もふころ

    愛犬が腸に問題を抱えているので、便の状態は常にチェックするようにしています。季節の変わり目などは、少し緩めだったり、黒っぽい便になることもあるので、胃腸に負担をかけない食事にしたり、たまに野菜やスープを多めに手作り食を取り入れたりしています。
    うちではホットヨーグルトが効き目抜群です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。