雪の日の犬のお散歩対策について

雪の日の犬のお散歩対策について

お気に入りに追加

雪の日の愛犬の散歩は、みなさんどうしてますか?暖冬という言葉をよく耳にしますが、それでも毎年積雪している地域も少なくないと思います。犬にとって雪の日は普段のお散歩よりも危険を伴うので、しっかり対策をしたいですね♪

19768view

雪の日は犬の散歩はどうしたら良いのか

雪の中の柴犬の写真

暖冬といわれる昨今、それでも日本の冬は各地で積雪が観測されているほどで、朝起きたらあたり一面銀世界なんてこともあるのではないでしょうか。

雪が降っている日や、積もっている日に外出するのは大変だと思いますが、これは人間だけでなく犬にもいえること。雪の日の散歩はどうしたら良いのでしょうか。

犬は寒さに強いのか

雪の中を走っている犬の写真

犬の肉球は分厚い脂肪層で出来ており、その上を硬いケラチンで覆われています。
この肉球のおかけげで、人間の足の裏と比べると多少の暑さや寒さにも耐えられる強さを持っています。
しかし、いくら強いといっても雪の上を長時間歩いたりすると少しずつ肉球も傷んできます。
肉球が痛むと表面がカサカサに乾燥し、フローリングの床などでは滑りやすくなったり、表面に亀裂が走ることがあります。

寒さに弱い犬もいる

童謡でも「犬は喜び庭かけまわる~♪」と歌われるように、大体の犬は寒さに強いのですが、中には寒さに弱い子もいます。
小型犬や毛の短い犬種、シングルコート、南国原産の犬は寒さに弱いといわれています。
シングルコートの代表としては、チワワ、ヨークシャテリア、プードル、パピヨン、ミニチュアピンシャーなどが挙げられます。

雪の日の散歩におすすめの犬用防寒対策

寒さに弱い犬でも散歩に行かせてあげたいですよね。そんな飼い主さんにオススメな防寒対策をご紹介します。

洋服を着させる

シングルコートの犬には暖かい洋服を着せて散歩に行くのも防寒対策のひとつです。
雪が多い日は、雪玉が足に着いてしまい、気温が低いととそのまま凍ってしまうので、足までスッポリ覆われるレインコートをオススメします。

レインドッグガード (スプリンググリーン)

レインドッグガード (スプリンググリーン, M)
11,880円(税込)

洋服は室内にいるときから着せていると毛玉を作る原因になるので、なるべく散歩中の時だけ着せてあげるようにしてください。

寒い外気に慣れさせる

暖かい室内にいる状態から、突然寒い外へ連れて行くと外気の冷たさで気管支を痛めてしまう可能性があります。
玄関の扉を少しだけ開けて、外の空気を家の中に入れることで、犬が寒さに慣れてから散歩に連れて行くことができます。

雪の日に犬の散歩で注意すること

雪の中の犬の写真

散歩のあとのケアを大切に!

雪の日だからこそ行ってほしい犬のケアをご紹介します。

犬の毛にくっついた雪玉の処理

雪の上を歩いたり走ったりすると、毛に雪が着きます。
毛の長い犬種の場合、奥のほうに入り込んでしまったり、たくさん着くので毛玉の原因となることもあります。
散歩のあとはドライヤーなどで雪を溶かし、しっかり乾かしてブラッシングをしてあげましょう。

霜焼けの予防

犬も人間と同じように、冷たい雪道の上を歩いたりすることでひび割れや霜焼けを起こすことがあります。
霜焼けになると足の裏が痛くなり、痛みを抑えるため自分で舐めてしまい、患部が炎症してしまう可能性があるので予め対策をしておきたいですね。
予防策としては、散歩のあと温かいお湯で足の裏をあたためて、乾かしたあとは保湿が出来るクリームを塗ってあげると良いでしょう。

クリームは犬が舐めても問題がないような、植物成分主体でアルコールが含まれていないものを選ぶことをオススメします。

シャンメシャン (Chien Mechant) 自然のケアクリーム 50g
シャンメシャン (Chien Mechant) 自然のケアクリーム 50g
2,840円(税込)

また、靴を履かせて散歩に出るという方法もあります。「靴まで履かせるの?」と思う方もいると思いますが、犬ソリの作業犬でも霜焼けなどから足を守る為に靴を履くこともあるそうです。

Petacc ペット用靴 犬用レインブーツ
Petacc ペット用靴 犬用レインブーツ 反射テープ シューズ 足首調節可 滑り止め 防水 雨靴 肉球保護 散歩 アウトドア 小型犬 中型犬 大型犬 前後4足各セット (4号 ブラック)
2,000円(税込)

自分自身の服装や歩き方に注意!

犬ばかりに気を取られても良くありません。飼い主である私たちが転倒しないように気を付ける必要があります。

重ね着は動きやすさを考える

寒いからといって厚手のものを何枚も重ね着すると、動きにくくなります。
目の細かいニットやセーター、発熱素材の肌着を重ねることで動きやすさも考えたいところです。
また、ズボンの下にもう一枚肌着などを着ておくとさらなる防寒になりますし、雪で濡れた時も直に肌を冷やさないのでオススメです。

上着はお尻を目安に

丈が長すぎるものだと足元が見えず危険ですし、短すぎても防寒効果が薄れてしまうので、お尻が隠れるくらいの丈がある上着を選ぶと良いでしょう。

滑りにくい靴を選ぶ

スニーカーは意外と滑りやすいのであまりオススメできません。
底がゴムの靴を選ぶようにしてください。
靴につけるアタッチメントがあるとさらに安心です。

歩幅は狭く

大股で歩くと片足で立っている状態が長く続くので、なるべく狭い歩幅で歩きましょう。

足の裏全体を地面につける

普段通りかかとからつけて歩く方法よりも、足の裏全体を地面につけることで接地面が広くなり滑りにくくなります。

まとめ

犬の足跡の写真

いかがでしたでしょうか。
雪国に住んでいる方は雪の道にも慣れているので対策もきちんとしていると思います。
しかし、普段雪に慣れていない場所に住んでいる方や犬は、突然の雪に戸惑うこともあるでしょう。
事前に対策方法を調べたり、対策グッズを揃えて寒い冬を乗り越えたいですね。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    女性 miya

    寒さにめっぽう弱い犬種でも積もった雪を見ると一度は触ってみたくなる子は多いと思います。うちの愛犬は元々寒い国原産の犬なので雪なんてへっちゃらさ!と言わんばかりに走り回りました。長毛だったので足や胴体の被毛に雪だるまをたくさん付けて戻ってきた時には、全身を寒さで震わせていました。冬に氷を持って走っているようなものですね。
    その場で取らずに急いでお風呂です。お湯で溶かすのが一番早いです。

    長毛犬はその毛に雪がかたまりやすいので、外に出す時はコートや靴下が必要になります。コートは出来れば素材はつるつるしたものがいいですね。
    あまり長い時間遊ばせてしまうと、うっかり寒さで動けなくなる子もいます。うちのシー・ズーはそれでした。雪だるまが重くなり動けなくなっていました。
    肉球も冷えすぎてしまうので時間を決めて屋内へ戻すようにしましょう。
    シニアに近くなってくると肉球の体温が戻りにくいです。冷えた時はよく温めてからマッサージをして血流を良くしてあげてください。
  • 投稿者

    女性 カカオ

    とても納得のいくためになる情報をありがとうございます。うちのわんこは、雨も雪もあいにく好きではないようで。。玄関を開けて雨が降っているだけで、その場から座って動かなくなります。飼い主としては雨の中散歩に行かなくてすむので楽ですが、お家のなかで人形あいてに遊び狂っています。私の地域は雪は積もっても1日~2日で消えていきますが、雪の日も、気乗りしなかったようで出てきてはくれませんでした。雪の中で遊ぶわんこを見てみたかったのですが、断念です。(飼い主は雪かきがんばったのに、、ワンコはおうちでお昼寝でした。)ですが、そのときこちらの記事ほどの対策は講じていませんでした。雪の日にかかわらず寒い日は外気に慣れさせてから散歩に行くことや、肉球のケアなど、冬がきたらぜひ参考にさせてもらいたいです。
  • 投稿者

    20代 女性 コナ

    私が飼っている犬は毛の長い長毛種のため、雨の日や雪の日は汚れるのが嫌で外には出さないようにしているのですが、3年ほど前、東京に大雪が降った日の夜に、家の前の道路が見事に雪化粧をされて車も人間もまったく通っておらずちょっとテンションが上がって愛犬と一緒にフカフカの新雪を楽しみました。
    愛犬はまだ若かったのもあって、はじめはいつもの風景が真っ白になってしまって静かな通りにビクビクしていたのですが、妙に楽しくなってしまった様子。
    一通り遊び倒したらびっくり、愛犬の毛の先にこぶし大の雪玉がぶらぶらぶらさがっていて、「雪玉」というのを知らなかったため驚きました。
    帰宅してからのアフターケアがとても大変だったのは想像通りです…。
  • 投稿者

    30代 女性 nico

    うちは雨でも雪でも基本的にお散歩に出るので参考にさせていただきます。さすがに雪の時などは長時間お散歩に行ったりしないので、普通にレインコートを着せるくらいだったのですが、足裏のケアはもう少し気にかけた方がいいかもしれませんね。もふもふのダブルコートなので寒さや塗れることについてはそんなに心配していませんでしたが、足先の毛は薄いし肉球はデリケートなのでブーツを用意した方がいいかな。それに雪だとすごくはしゃいで大喜びするので、いつか雪遊びに行ってみたいと思っていて、スキー場のドッグランとかスノートレッキングができるようなところにも連れていきたいなぁと考えてもいるのでここに書かれているように、準備とケアをしっかりすることを忘れないようにしようと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 かんな

    うちの子も数年前初めて見る雪におおはしゃぎしたのでたっぷり遊んだら、足の裏が真っ赤になってしまい反省しました。。。そこまで頭が回っておらず痛い思いをさせてしまいました。それからは雪遊びは短時間で、ガッツリ遊ぶ時は防水タイプのブーツを履かせてます。普段は靴なんて嫌がりますが、雪の時はテンション上がって靴の存在を忘れてくれてます^^
  • 投稿者

    女性 おそば

    インスタグラムで北国のわんちゃんの写真を見ていると、長毛種の子たちが毛の先に大きな雪玉をぶら下げています。知りませんでしたが、犬の毛にこんなに雪玉が作られちゃうんですね。これは帰った後の手入れが大変そう!でも雪の中でおおはしゃぎして楽しそうなわんちゃんたちを見ていると、飼い主さんがそれでも雪の中で遊ばせる気持ちも分かります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。