犬のハーネスの正しい付け方や活用法!おすすめの商品まで

犬のハーネスの正しい付け方や活用法!おすすめの商品まで

📕犬のお散歩に必要なグッズ「ハーネス」。このハーネスを使うことが犬と飼い主にとって、どんな点が良くて、どんな点が悪いのか検証してみました。基本的なハーネスの付け方や、ハーネスとリードとあわせて使う方法、ハーネスと首輪との違い、ハーネスの種類などを紹介していきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録

ハーネス

犬のお散歩時に欠かせない、リードや首輪。最近では、「ハーネス」タイプの物を使う飼い主さんもよく見ます。

では、実際に「首輪とハーネスってどこが違うの?」と、お思いの読者の方も多いはず。もちろん、そのメリットや特徴があって選ばれています。

それでは、今回はそんな「犬のハーネス」について、犬の首輪との違いやその特徴を比べてみたいと思います。

犬のハーネスと首輪のメリット・デメリットについて

犬の首輪

メリット

首輪は、”いけないこと”や”しつけ”、”飼い主の指示”を伝えやすいものです。

犬にとって首は、”急所”また”母犬が子犬をしつけをするときにつかう場所”でもあります。

なので、首輪は素早く犬に意思を伝えることができます。

デメリット

首への衝撃が強すぎて、ひどい時は脊髄損傷などを起こしてしまったり、首輪が閉まりっぱなしなって、呼吸困難になったりと、負担がかかりやすくなってしまいます。

犬のハーネス

犬のハーネス

メリット

犬は首に何かをつけることを嫌がったりしますが、こちらは胴周りに着せるタイプなので、嫌がる事がなくなります。

また、呼吸にも負荷がかかりません。

危険を回避する時に、急にハーネスを引っ張ったとしても、首輪と違って衝撃が分散されるため、体に大きな負担をかけることがありません。

取り付け時も首を絞めたりしないので、首輪より安全性が高いといえるでしょう。

デメリット

犬も動きやすくなっているので、散歩などでグイグイ引っ張ってしまう犬に対しては、向いてはいないです。

犬のハーネスとリードの大切さについて

犬

お散歩をさせる時の大切なルールとして、どんなにおとなしくて安全な犬であっても、必ずハーネスとリードはつけましょう。

ハーネスは、犬を縛り付けるという意味合いではなく、犬や周りの人間にも安全であるという意味が込められています。

なので、犬がハーネスをしているからかわいそうという事は、全くありません。

犬のハーネスをつかっての散歩について

犬

お散歩の時によく目にするのが、”ぐいぐいリードを引っ張っている先頭を早歩きしている犬”です。できれば、飼い主より先に犬が前を歩く行為はやめるようにしつけしていきましょう。

飼い主と並んで歩けるとよりよいでしょう。

その、しつけをする時に、やってはいけないことは、”犬のリードをひっぱったりすること”です。

犬のリードを引っ張ると、犬に負担がかかるということもありますが、それ以前に、ハーネスをしているときは、犬にとってはハーネスで抑えられて、動きが阻止されてしまう、したがって、ハーネスがない時は、自由に身動きができてやりたい放題”なんて、犬が勘違いをしてしまいます。

なので、できるだけ、犬も飼い主も引っ張り合いをしないで済むようにしましょう。

すぐに、お外でのしつけは、難しいので、自宅内でハーネスをつけた状態で、しつけをしていきましょう。

焦らずに、ゆっくりと進めていきましょうね!

犬のハーネスを使ったしつけの仕方について

犬

リーダーウォーク

犬を飼い主が一緒にならんで、飼い主が止まれば犬も止まるという歩き方をいいます。

ますは、犬にハーネスをつけて、リードを短くもち、飼い主のすぐ横に犬に来させて、飼い主のペースで歩いたり、止まったり、横に曲がったりしてみます。

この時、もちろんすぐにはうまくいきません。

なので、まずは、歩くことだけをやって、飼い主が止まり、犬が止まったら、”とまれ”などと声掛けをして、止まらせる。

これが、これが出来るようになたら、ご褒美などあげるとよいでしょう。

同じように、曲がるときも、飼い主のペースで同じように回ったりしたら、よくほめるか、ご褒美などで教えてあげていくとよいでしょう。

外で、練習は犬自体、いろんな景色や環境で気が散って出来ないので、自宅内でハーネスをつけて、ゆっくりじっくり行ってくださいね!

我が家がハーネスを使う理由について

我が家は、3匹の多頭飼いです。チワワ・ダックスフンド・ヨークシャーテリアです。3匹共、ハーネスを使っています。

ダックスフンド

ダックス

ご存じの通り、椎間板ヘルニアになりやすい犬種ですよね!なので、首輪を使って、脊髄をいためるといけないので、成犬になってからは、ハーネスを愛用しています。

ヨークシャーテリア

ヨーキー

気管虚脱の持病があるので、呼吸器がつぶれて散歩中に呼吸困難になるといけないので、ハーネスを使うようになりました。

我が家のヨークシャーテリアは、超小型なので、首輪を使って何らかの力が加わって首の骨折などをしてしまうといけないので、ハーネスにしました。

おすすめハーネスと口コミ

おすすめハーネス1.イージーウォークハーネス

イージーウォークハーネス ミディアム アップル
2,888円(税込)

商品情報
・犬の本能を考えて開発されたハーネス
・夜間に反射する反射板付き
・サイズはPSサイズからXLサイズまで

投稿者:黒柴マロ さん
評価:★★★★☆

ハーネスは一般的に「犬が首輪だと苦しそう」という理由で使用している人が多く、そのために引っ張り癖が直らない犬が増えています。
普通のハーネスは犬が前に歩くことを想定して作られていますが、このハーネスは前の部分がループ状になっていて、引っ張り過ぎるとハーネスについたハーフチョークが締まって踏み出す歩幅を小さくし、犬自身の反射を利用して引っ張らないように作られています。
そのため、引っ張り癖のある犬にも効果的です。

投稿者:しろん さん
評価:★★★★☆

これは、画期的なハーネスといえます。
もし、新たに犬を飼うことになったら、ぜひとも挑戦していただきたいハーネスであるともいえます。
デザインは至ってシンプルで、おしゃれな印象です。
もし、このハーネスをつけて、颯爽と散歩できたら、とても格好いいですね。
このハーネスを使いこなすには、練習が必要かもしれません。
普通のハーネスで、ひっぱって散歩しているようなわんちゃんには、息苦しくなってしまうような構造になっています。
そうすることで、引っ張りを防ぎ、犬にも人間と歩調を合わせたお散歩の仕方を知ってもらうためのハーネスともいえるのです。

おすすめハーネス2.スーパー胴輪&リード

ポンポリース スーパー胴輪&リード アップルドット【2号】【ピンク】
3,780円(税込)

商品情報
・可愛いドット柄
・防臭&抗菌で臭いの発生を防ぐ
・反射シート付きで夜間にも適している

投稿者:はるひ さん
評価:★★★★★

頭からすぽっとかぶせるだけで!とにかくつけやすいです。
他のハーネスではつける際に嫌がったり暴れたり上手く装着出来なかったのですが、この商品はとても楽に装着できるのと金具がしっかりしているのでちょっとやそっとじゃ外れません。
ハーネス初心者さんから、これまで他のハーネスが上手く使えなかった子にも大変おすすめです。
サイズも豊富なので、うちの子サイズを探せるのも良いです。
色柄も季節ごとに新作柄が出るのも買い替えや予備用にチェックしてしまいます。

投稿者:LuLu さん
評価:★★★★★

胸から肩まわりをゆったり包むつくりで、背中についたリングを通るヒモが犬の動きに合わせて自在に動き、引っ張った時の圧が胸で分散されるなど、犬の首や胸に負担がかからないよう考慮されている。
咳き込みやすい子や気管虚脱の心配がある子などにおすすめ。着脱も簡単。
胸を包む部分はクッション性があり、夏はメッシュ、冬は温かみのある素材など季節を意識したデザインのバリエーションも豊富。
お揃いのリードとセットになっている。定期的に新作が発表されるので、揃えるのも楽しい。

おすすめハーネス3.スーパーフィット胴輪

ポンポリース 中大型犬用スーパーフィット胴輪 ダブルメッシュアウトドア 7号 オレンジ
2,795円(税込)

商品情報
・抗菌&防臭
・安全強度検査と堅牢度(生地の色落ち)検査済み
・衝撃を面で吸収するため体にやさしい

投稿者:豆助 さん
評価:★★★★★

エアメッシュで軽く、かぶって装着するもので、留め具も簡単タイプです。
防菌・防臭機能もついていて、繊維上に付着した細菌の繁殖を抑制し、優れた抗菌効果を発揮します。嫌な臭いの発生も防ぐ機能付きです。
かぶって装着し、胸を大きくカバーして、首・背中での2点で胴回りを留め、その2点を縦につないだ形になっています。
そして、その縦のラインの背中にはDかんがスライドする機能が付いていて、ベルトがめくれ上がらず、前後の急な動きにも安定しています。
また、小型犬であれば、女性でも片手で鞄を持つように抱え上げることができるので便利です。もちろん、安全強度検査と生地の色落ち検査も行われています。
また、胸元などに反射光機能がついているものもあります。
引っ張りが強く、首の毛がすれてしまったり、喉を痛めてしまう子などにオススメします。

おすすめハーネス4.バディーベルト

BB バディベルト ハーネス 4号 natural ナチュラル
7,383円(税込)

商品情報
・選べる豊富なサイズ&カラー展開
・気管を圧迫しない設計
・素材は柔らかな本革を使用
・洋服の上からもでも装着可能

投稿者:ぷらなりあ さん
評価:★★★★★

まず何よりも、気管を圧迫しない造りになっているので、小型犬に多い気管虚脱の子にはもちろん、普段からケホケホッとなりやすい子には特にオススメです。
また首をぐっと引っ張るものではないので、ヘルニアなどの予防にもオススメです。
造りもしっかりしていて、使い初めは固いのですが、使い続けてると本革の柔らかさがでてきて手になじむようになります。
また、サイズ・カラーともに多く出ているので、好みにあったものを選べます。

投稿者:しろん さん
評価:★★★★☆

お洒落なイメージのするハーネスです。
最低限のシンプルな作りでありながら、わんちゃんの体のことを大切に考えられたハーネスなのです。
最大の特長は、わんちゃんの気管にやさしい設計であるという点です。
ハーネスを広げた時、まるでメガネのような独特の形をしているのですが、この形こそがポイントなのです。
わんちゃんの体に沿うように取り付け、首の後ろで、ベルトのように留めるだけという、装着方法も簡単なハーネスですが、軽くて本革で作られているので、見た目にも高級感があります。
特に肌が弱いわんちゃんには、肌に触れる部分に取り付けるライナーもありますのでおすすめです。

おすすめハーネス5.RADYハーネス

ラディカ ボーダー RADYハーネス&リード S グレー
2,570円(税込)

商品情報
SMLのサイズ展開
・愛犬の体型に合う立体構造
・背部のバックルはサイズ調整可能
・反射ワッペン付き

投稿者:しろん さん
評価:★★★★★

これまで、ハーネスというと、固い素材で出来ていたり、あまり可愛いデザインがなかったり、取り付け方が面倒なタイプも多かったのですが、このRADYハーネスは、まるでお洋服の延長のような気軽な感覚でつけることができるので、とても便利です。
旅行などの最中は、ハーネス自体をいちいち取り外すことが難しい場合も多いのですが、ハーネスをつけたままでは、窮屈だろうなと思うこともありました。
でも、このハーネスは、厚手の洋服のように、やわらかい素材で作られているので、旅行中でも安心できますし、デザインも可愛いのでおすすめです。

おすすめハーネス6.RADYフィットハーネス

RADYフィットハーネス
再入荷予定はありません。

投稿者:なべひと さん
評価:★★★★☆

お手軽な値段でオシャレなハーネスです。
色んな柄があるので選ぶのも楽しい!おそろいのリードと合わせるとさらにオシャレです。
リボンがついていてハーネスを付けると蝶ネクタイをしているようでかわいいです。
長毛犬の場合リボンが毛に埋もれてしまいますが、Tシャツなどの上からハーネスを付けるとリボンが目立ちます。
ずっと愛用していますが見る度に「かわいい~!」と思います。
布製ですがステッチで補強してあり小型犬では十分な強度です。軽いので犬の負担も少ないと思います。
バックルとDカンの二つでとめるので万が一バックルが外れてもリードは外れません。安全です。
バックルでパチンととめるだけなので暴れる愛犬でも簡単に装着できて助かっています。

おすすめハーネス7.ASHUウェアハーネス

ASHU ウェアハーネス・リードセット M・ブラック
5,774円(税込)

商品情報
・ハーネスと首輪のセット
・ロングセラー商品
・老犬でも気管が苦しくならない設計
・豊富なサイズ展開(SS~XL)

投稿者:しろん さん
評価:★★★★☆

このハーネスは、特に高齢犬にもおすすめのハーネスといえます。
メッシュ素材で出来ているので、通気性もよいですし、引っ張り癖のある犬や高齢犬でも、息が苦しくなりにくい設計になっているので安心です。
お洋服を着せるように、簡単に着用することができますし、ハーネスは、無理に引っ張ると、スポッと抜けてしまうこともあります。
ですが、このハーネスは、マジックテープがついていて、そのワンちゃんのサイズによって微調整することができるので、万が一の時にも、抜けてしまう心配もありません。
また、手洗いも可能なので、清潔に使うことができます。

おすすめハーネス8.ドギーマン ウェアハーネス

ドギーマン ウェアハーネス SS ハート
2,041円(税込)

商品情報
・愛犬の身体にやわらかくフィット
・衝撃吸収の伸縮材を採用
・ベルトは光を反射する仕様

投稿者:Hana39 さん
評価:★★★☆☆

内側がメッシュになっており、素材が柔らかいので愛犬の肌にとても優しいです。
ハーネスの紐が丸出しになっているタイプだと、散歩のときに犬の脇に紐がこすれて肌を傷めてしまうことがあります。
その点こちらはどんなにたくさん動くわんちゃんでも安心して付けられます。
また、ベストタイプなので足をいれるだけで簡単に装着でき、お散歩が嬉しくてお散歩準備をしているからじっとしていることが難しい我が家の愛犬でもすぐに装着できて助かっています。

おすすめハーネス9.フリースラインドハーネス

【中型犬用】フリースラインドハーネス ハイビスオレンジ【光反射】4号
6,000円(税込)
【超小型~小型犬用】 Amazon 楽天
【大型犬用】 Amazon 楽天

商品情報
・世界中で愛されてるメーカー
・フリースのパッドが擦れや痛みを防止
・サイズ展開が豊富(サイズ0~6)
・気管が弱い犬にもおすすめ

投稿者:KORO さん
評価:★★★★★

フリースラインドハーネスは、優しい肌触りのフリース素材のハーネスです。首周りが擦れず、気管が弱いワンコにもおすすめです。また、洗う事が出来るのでとても便利です。
フリース素材のハーネスは、輪を首に通すタイプなので、足を通すのが苦手なワンコにもおすすめです。着脱が簡単でワンコが嫌がり難いです。
デザインも豊富なので、毎年新しいハーネスを選んであげるのが楽しみです。
我が家のワンコは、11kgの柴犬オスですが、3号サイズが丁度合っています。サイズ選びの、参考になればと思います。

最後に

犬にとっては、”首”は、とっても大切な場所になるので、ハーネスをつけることがいいと思います。

ハーネスでも、胸元をがっちりと包み込むタイプがおすすめです。

紐タイプのもありますが、紐自体が固くて、紐があたっている場所が赤くなったりしてしまうといけないので、包み込むタイプがいいと思います。

ハーネスは、犬と人間との信頼関係であると思いますので、お散歩の時は、必ずハーネスを付けていってくださいね!思わぬ事故もありえますので!

ハーネスをつけて、楽しいお散歩にお出かけしてください!

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 Chappy

    うちの愛犬は、お散歩中に引っ張り癖があったので、首輪で、少し引っ張って教えることをしてきました。
    それからだんだんと引っ張らなくなり、私の隣を歩いてくれるようになったので、ハーネスに切り替えたいなぁと思っていました。
    やはり年齢もだんだん重ねてきた愛犬の首の負担を考えると、ハーネスのほうが合っているだろうなぁとも思います。
    今はオシャレなハーネスもたくさんあるようなので、ゆっくり選びたいと思います♪
  • 投稿者

    30代 女性 きなこ

    愛犬が子犬の頃は元気もよく体も柔らかいのでハーネスだと抜けてしまうと思って首輪にしていました。
    でもぐいぐい引っぱった時に首輪だとゼーゼー言って可哀想な感じに…
    そこで活躍したのがイージーウォークハーネスです。
    前に行こうとすると前の部分が締まって動けなくなるので引っぱりが強かったのがマシになりました。
    首に負担もかからないし、引っぱりがなくなる2歳頃まで愛用していましたね。

    次に購入したのは、ビヨルキスのハーネスです。
    こちらはハーネス全体にクッション素材が使われているので脇が擦れたり毛が切れたりする事もなく体に優しいです。
    7歳になった今でも愛用していて手放せません^^
  • 投稿者

    20代 女性 すず

    わたしは我が家のわんちゃんには、首輪とリードなのでハーネスは使ったことがないのですがこの記事を読んでみて正しい知識と正しい使用方法を知れたのでとても勉強になりましたし、ハーネスのメリットもわかったので今度購入して使ってみたいと思いました。
  • 投稿者

    女性 カカオ

    最近はハーネスの種類も増えてかわいいものも多いですね。もう他界しましたがラブラドールを飼っているときにハーネスを利用していました。といっても。首輪→チェーン→首輪→ハーネスの順で、高齢になってからの利用でした。初めて飼う大型犬で、しつけの訓練もお願いをしていて元気いっぱいのときはチェーンでのお散歩でした。ラブは力も強く、しつけの一環での利用でしたが年齢を重ね落ち着いてきたらもうチェーンの必要はありませんでした。ハーネスは高齢犬のお散歩にはとても最適で体全体でつながることができるので首への負担もなく、歩くサポートもできます。首輪があることで飼われているという意識が出ると聞いたことがあり、鑑札をつけておく必要もありましたので首輪はずっとつけていました。が、引っ張る心配がなかったりしつけがすんでいるワンコや首への負担が気になる小型犬、首が細いワンコにはお散歩のハーネス利用はとても有効だと思います。
  • 投稿者

    50代以上 女性 さくら

    普段から首輪をするとき閉まらないように少し緩めに付けていました、それがある時すぽっと抜けてしまいワンコもびっくりしたのかその場で固まってしまい走りだすことはなかったのですがひやりとしたことがありました。
    それ以来少し強めに首輪をつけているのですが、首に負担がかかってないか、苦しくないか心配でした。
    頸椎を炒める危険性があると知ってびっくりしています。
    近頃ハーネス型のリードを付けているワンちゃんを見かけるようになり気になっていました。これならワンちゃんの体も安定してお散歩も楽しめそうですね。
    いろんな柄もあって我が家の愛犬に合ったものを見つけられそうです。
    躾けもリードを引っ張る行為は亡くなったのでハーネスに変えるにはいい時期かもしれません。
  • 投稿者

    女性 mocmoc

    うちではハーネス派です。以前は首輪でしたが、ある時高速道路のパーキングにあったドッグランに連れて行こうとしたところ、愛犬の首が首輪からすっぽり抜けて全力ダッシュで脱走されてしまったことがあり、それから怖くてハーネスになりました。
    幸いにして車の少ない時間帯だったことや、愛犬の食い意地が犬一倍あったので、食べ物につられて戻ってきてくれたことで事なきを得ました。

    首輪はそういった抜ける心配が高いので、暴れやすい子や若い犬には向かないと思います。特に長毛だと被毛の分、首輪のサイズを少し緩くすると思います。そのせいで抜けやすくもなってしまいます。ハーネスはそういった意味では、犬自ら抜こうとしてもなかなか抜けないので安心があります。
    高齢になるにつれ動きもゆっくりになっていくので、首輪でも大丈夫ですが、気管が弱くなってくる子もいるので、負担をかけてしまうリスクを考えたらハーネスの方が良いかと思います。皮膚への負担を軽減するためにクッション素材がおすすめですね。
    前足の付け根部分に毛玉ができやすいので、お散歩後のブラッシングは必須です。
  • 投稿者

    女性 パググー

    ハーネスは犬を飼う上で最初に用意してあげたいものですね。犬を飼ったら毎日お散歩の時などに使うので、なるべく犬の体に合った心地良いものを選んであげたいものです。一番最初に買ったうちの愛犬のハーネスは、ヒモのようなタイプのものでした。ただ、これは結構食い込んだようで、脇の下が痛そうに見えたので途中でもう少し布の面積が大きいタイプのものに買い替えたのです。結果、とても心地よさそうに見えました!ただ、このように布の面積が大きいハーネスの場合はひとつ問題があり、長く使っていると、犬の毛がものすごくくっついてしまうことです。うちの場合はパグなので、ものすごく毛がくっついてしまい、1年くらい経ったら新しいものを買ってあげるようにしています。
  • 投稿者

    20代 女性 yummy

    コンフォートフレックスのハーネスがおすすめです。
    ハーネスの装着がとても楽で、名前の通りクッション性もばつぐん、軽くて愛犬の負担も少ないと思います。
    コンフォートフレックスのハーネスは、両足を履かせないといけないような作りではなく、首に輪をかけたら、胴部分はくるっとベルトをまわしてカチャッと装着できる作りなので、犬の脚をわざわざはめなくても、つけることが出来ます。これがとても便利です。T型ハーネスというらしいのですが、この形がとても便利で私はこれを使ってからはずっと愛用しています。素材も軽く、クッション性のあるつくりになっているので、小型犬にもおすすめです。
    サイズは小型犬用のxxsサイズからXLサイズの大型犬用までありましたよ。
  • 投稿者

    女性 ありさ

    犬用のハーネスですが、結構バカにできません!我が家では何度か失敗しています。一番最初に買ったハーネスは試着せずに「可愛い!」という理由で購入したものですが、結果愛犬のサイズが合っていませんでした。今思い出すだけでもゾッとしてしまうのですが、お散歩中にスルッとそのまま抜けてしまい、愛犬が脱走したのです・・・。これには本当に参りました!脱走した愛犬は何事もなく無事だったのですが、この件があってからはきちんと試着してからハーネスを購入しようと心に決めました。現在使っているハーネスはもちろん試着をし、ピッタリと体に合っているので、愛犬も心地よさそうです。通気性の良いメッシュのもので、胸から肩まわりをゆったり包んでいる作りです。毎日使うものなので、ハーネスは安心できるものが一番ですね。
  • 投稿者

    女性 mnm

    うちの愛犬(ミニピン、ポメラニアン)も現在ハーネスです。
    以前しつけ用の首輪を使っていたのですが、やはりゼーゼー苦しそうなのと首が細いので心配になり、横について歩いてくれるようになったのでハーネスに変えました。
    ハーネスに変えてからは特に心配事もなく過ごしています。
    紹介されているハーネスも良さそうで気になるので少しでも愛犬に負担が無いようにこれからも色々試してみたいと思いました(^^)
  • 投稿者

    女性 しょこら

    我が家のわんこは一匹は首輪メインで、もう一匹は気管虚脱がある為首輪を着けれない為ハーネスリードを着用しています。
    首輪とハーネスでは、負荷がかかる重点部分が違う為、お散歩トレーニングでは首輪の方がやり易いと教わったことがあります。
    引っ張りグセのないわんちゃんで言えば、首輪でもハーネスリードでもどちらでも使いやすい方を使えば良いと思います。
    この記事ではハーネスリードが良いと書かれていますが、犬種によってはハーネスリードが抜けてしまったり(首輪でもありますがハーネスが抜けやすい犬種もいますら)する事故もあるので、どちらが良いかと言うのはありません。
    安全面を考えると、首輪とハーネスリードのダブル使いは万が一を考えた際脱走の防止にもなりますし、知り合いの保護活動をしている方は譲渡する際の条件に〝お散歩の際は、首輪とハーネスリードのダブル使いをする〟ことを条件に入れています。
    うっかりリードを離してしまった、首輪が外れたなどの事故を減らす為にはダブル使いは安全度があがります。

    我が家のわんこは、ソフトタイプのハーネスリードを着用しています。
    トトパルさんの物で、サイズも豊富にあるのとペットグッズを、扱うお店でよく見かける為試着して選べるのが良かったです。
    腕を通し、背中部分でマジックテープで止めた後、サイドリリースをカチャっとはめ込み、両側にリードの金具部分を通す穴が付いてるので二箇所通し使うタイプなので、まず抜ける事はありません。
    念のため毎回着用後はリードを、引っ張り異常はないか、壊れていないか、きちんと着けれているかを確認しています。

    首輪もハーネスリードも一定期間使用後は傷んだりする場合もあるので、定期的に買い換えると良いと聞きますが、皆さんはどのくらいのタイミングで買い換えてるのか気になります。
    毎日と同じリードなのか、使い分けて使っているのかでも違ってきますが、どうなんだろう。
    我が家では3種類あり、日により気分などで使い分けています。交換する時期も、リードがへたった気がしたり、汚れが目立つようになった頃に良いのが見つかれば、そろそろ変えようかなと買い換える程度です。
    ハーネスリードも首輪のリードもメリット、デメリットはあるので、使い方さえ合っているならば好きな方を使えば良いし、安全のためにはダブルリードをするのがさらに良いと思いました!
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。