犬がピーナッツを食べたけど大丈夫?アレルギーの可能性も

犬がピーナッツを食べたけど大丈夫?アレルギーの可能性も

目を離している隙に愛犬がピーナッツ(落花生)を食べてしまった!犬はピーナッツを食べても大丈夫なの?中毒の有無やアレルギー症状、食べても大丈夫な量など、気になる情報をまとめました。これから犬にピーナッツを与えようと思っている方も、ぜひご覧ください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

犬はピーナッツを食べても大丈夫です

犬はピーナッツを食べても大丈夫です

ピーナッツ(落花生)の硬い殻を剥き、それを柔らかく細かくした状態でしたら、犬に与えても問題ありません。また、薄皮も剥かないといけないという話もききますが、そうすべきという理由は科学的には示されていません。

ただし、犬に対してピーナッツは中毒を起こす要素はないようですが、消化に悪いことから積極的に与えることはおすすめできません。

ピーナッツは「ナッツ」と呼ばれるので、犬に与えると危険なナッツ類と思われがちですが、実はマメ科のラッカセイ属に分類されます。つまりピーナッツは豆類です。

ちなみに、ナッツは「種実類」で木の実のことを指します。ピーナッツの形状や味、硬い殻に覆われていることから、木の実のナッツ類と同じに扱われていることが多いのです。

与えて良い分量

一般的に犬におやつを与える時は、一日に必要なカロリー量の10~20%以内が目安といわれていて、ピーナッツも量に気をつければ犬のおやつに与えることができるのかもしれません。

日本食品標準成分表によると、ピーナッツ(落花生)のカロリーが100gあたり約60kcalなので、小型犬(約5kg)の成犬の場合、約14g(14粒:84kcal)が一日の適量と考えてください。

細かく砕いたり柔らかく茹でて与えた方が良いことを考えると、おやつに与えるよりもフードのトッピングや手作りご飯の食材として使う方が向いているでしょう。

なお、必要なカロリー量は個体差がありますので、下記の記事も合わせてご参考ください。

関連記事
犬に必要なカロリー計算!餌の量の早見表(体重・年齢別)
犬に必要なカロリー計算!餌の量の早見表(体重・年齢別)

最近、犬のカロリーを気にしている飼い主さんが増えてきました。ポッチャリした犬はかわいいけれど、太りすぎは健康に良くないですし、足や腰にかかる負担が気になります。ですが、成長期の子犬は高カロリーの食事が必要ですし、避妊、去勢をした成犬、中高齢犬とでは必要なカロリーに差があります。今の犬に必要なカロリーはどれくらいなのか?どのように計算したらよいのか?気になりますね。今日は犬に必要で、最適なカロリーと、その計算についてお話ししたいと思います。

  • 暮らしの情報
  • 生活の知恵

食べさせる際の注意点

注意点

与え過ぎない

ピーナッツは、成分のおよそ50%ほどが脂質で、不溶性食物繊維も多く含まれていることから、食べ過ぎると消化不良や下痢、嘔吐を引き起こす可能性があります。

また、脂肪分の多いものを食べると、胃腸炎だけではなく急性膵炎を引き起こす恐れもあります。急性膵炎は早く治療を始められないと命取りにもなる病気です。

ピーナッツはマグネシウムを特に多く含みますので、大量に摂取するとストルバイト結石(リン酸アンモニウムマグネシウム結石)が作られやすくなってしまいます。

また、ピーナッツにはカリウムが多く含まれますが、腎機能が低下している犬ではカリウムの摂取量を控えなければいけないこともあります。

丸呑みに注意!

犬がピーナッツを丸ごとや殻つきのままで食べてしまうと、食道や腸で詰まってしまう可能性があるので、特に小型犬では丸ごと、または殻ごと食べてしまわないように注意してください。

アレルギーになる可能性あり

犬でもアレルギーの可能性があるそうです。食物アレルギーの症状には、皮膚症状(痒い、皮膚が赤いなど)と消化器症状(軟便や下痢、嘔吐など)があります。このような症状が見られた場合は、与えることをやめて動物病院で受診しましょう。

関連記事
目が赤い!?毛が抜けている!?犬のアレルギーについて
目が赤い!?毛が抜けている!?犬のアレルギーについて

なんだか最近、愛犬がいつも以上に痒がっていたり必要以上にゴロゴロスリスリしていたりしていませんか?もしかするとアレルギーの症状かもしれません。人間でも辛いアレルギー。犬はどんな物がアレルゲンになりどんな症状が出るのでしょうか。気軽に試せる改善法もご紹介します。

  • 病気
  • 症状

人間用に加工されたものは与えない

人間用に加工された、塩やピーナッツバター、砂糖がついているようなピーナッツは犬に与えないでください。犬には多すぎる量の塩分・油・糖分などが含まれていることが多く、肥満や他の病気へのリスクが高まるため注意が必要です。

関連記事
知らないと危ない!犬の食物アレルギー
知らないと危ない!犬の食物アレルギー

犬も食べ物からアレルギーになる??実はなるんですよ。犬の食物アレルギーがどのような症状なのかそしてどんなものがあるのか詳しくお話ししましょう。

  • 健康
  • ヘルスケア
毛糸 さん
女性 30代

以前、愛犬が落ちていたピーナッツを1粒食べてしまった事があり、喉に引っかかったようでしばらく「ヒーヒー」と吐き出そうとしていました。そして「カッ!」と吐き出した事があります。ピーナッツ1粒くらいなら体には害が無いと思いましたが、やはり与えるのであれば小さく砕いて与えてあげなければ、犬種によっては危ないなと思います。

もし、たくさん食べてしまったら

犬がピーナッツをそれなりの量食べてしまった後に何回も吐いたり下痢をしたり、元気がなくなったり、お尻を上にあげて胸は床につけるような「祈りの姿勢」などをしている場合には、すぐに動物病院に連れていきましょう。「祈りの姿勢」は腹痛のサインです。

どのくらい大量なのかにもよりますが、愛犬がピーナッツを多く食べてしまっても丸一日何も異常が見られないのであれば、激しい運動は避けてピーナッツが消化、排せつされるのを待つこともできます。その後の食事は、消化の良いものを用意してあげましょう。

ただし、油っこいものを食べるとお腹を壊すことが分かっている場合や、急性膵炎のリスクが高い犬(以前に急性膵炎になったことがある、慢性膵炎がある、糖尿病がある、肥満であるなど)がピーナッツを大量に食べてしまった時は、すぐに動物病院に連絡しましょう。

※無理に吐かせることは危険ですのでやめましょう。吐かせることで気管や食道に傷をつけてしまうかもしれません。

関連記事
犬がお祈りポーズをする意味とは?病気の可能性やプレイバウとの違い
犬がお祈りポーズをする意味とは?病気の可能性やプレイバウとの違い

犬のお祈りポーズ・・・ちょっと可愛らしく聞こえますが、実は犬が痛みを訴えている深刻なボディーランゲージなんです。もしもの時に見過ごすことがないように、犬のお祈りのポーズについて紹介します。

  • 飼い方・育て方
  • 行動・気持ち

ピーナッツの栄養成分

ピーナッツの栄養成分

ピーナッツには、ビタミン類(ビタミンE、ビタミン群)や、ミネラル(マグネシウム、カリウムなど)が含まれています。ビタミンの中ではピーナッツはビタミンEとナイアシン(ビタミンBの一つ)を多く含みます。

ビタミンEは、抗酸化作用を持ち、老化防止や様々なダメージからの体の回復をサポートしてくれます。ナイアシンは様々な物質の代謝や皮膚の健康維持に欠かせません。ミネラルの中では、ピーナッツはマグネシウムとカリウムを特に多く含み、他にもカルシウムやリンなども含みます。

また、ピーナッツの半分を占める脂肪には、オレイン酸やリノール酸といった不飽和脂肪酸がバランス良く多く含まれています。このような不飽和脂肪酸は人間では悪玉コレステロールを減らす働きがあると言われています。

さらにピーナッツは、不溶性の食物繊維を含むため、腸内環境を整えると言われています。

まとめ

ピーナッツは、ごく少量で喉や腸で詰まらないようにすれば与えても大丈夫な食べ物ですが、注意する点も多いことから、進んで与えるものではないでしょう。ピーナッツに含まれる栄養素は、他の食べ物でも摂取できます。

また、薬を飲ませるためのピーナッツバター味の犬用の商品もありますが、脂肪分の高いものを利用する際はかかりつけの獣医師さんに相談することをおすすめします。

飼い主はしっかりと知識をつけて、知らずのうちに愛犬を危険にさらしてしまわないように注意しておきましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。