『犬を飼うってステキです-か?』初めて犬を飼う前に読んでおきたい本

4739view

『犬を飼うってステキです-か?』初めて犬を飼う前に読んでおきたい本

東京都の動物愛護読本『犬を飼うってステキです-か?』を読んだことがありますか?これから犬を飼いたい人も、すでに飼っている方も一度読んでみてください。私はすでに飼っていますが読んで涙しました。

『犬を飼うってステキです-か?』を知ってますか?

みなさんは、東京都の動物愛護読本『犬を飼うってステキです-か?』をご存知ですか?
正直私も知らなかったです。(我が家には6歳の小型犬がいます。)
今はネットからPDFでも読めるので、ぜひ読んでみてください。

こちらからダウンロードできます。

URL:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/yomimono/dokuhon.html

「かわいい」だけで犬は飼えないという事実。

身に覚えがあることで、心が痛みました。

犬はhappyな顔が一番

実家では小学校の頃、まさにこの本の子供と同様、
「犬が飼いたい!」「絶対面倒みるから!」
「お母さんには迷惑かけないし、散歩も毎日ちゃんと行くから!」
と言って、近所で生まれた雑種犬の一番気の弱い子を譲ってもらい飼うことができました。

その犬は元気で走り回る犬だったことからランニングの「ラン」という名前をつけました。
最初、我が家にきたときは本当に嬉しくって毎日毎日遊び、散歩もちゃんといき、約束通り面倒をみました。

中学校に入って、部活が忙しく面倒が見れなくなる日々

中学校に入ると、スパルタなバレーボール部で、朝練と夕練、さらに土日は練習試合と部活三昧の日々。
さらに県大会で優勝するレベルの部だったので、部活が忙しく、そのうちランのことをおざなりに。
もうほとんど気にもとめなくなってしまいました。
もちろん母親が面倒はみていてくれたのですが。

昔は今のようにインターネットも普及していなく、また室内犬という文化より外犬という文化が主流だったような気がします。
ペットブームの前だったので、どこの家庭も知識が全然ないまま飼っていましたね。

我が家も、知識もなく飼っていたうちのひとつです。
(ひどい飼い主ですね、本当に)

想い出をあまり残してあげられませんでした。

高校生になり、かなり時間的にゆとりができた私は、やっとランのことを見るようになりました。
しかし、ランは元気はなく、毎日寝てばかり。
年齢の割にはかなり元気がなかったように思います。

そのときにやっと、あまり面倒を見なかったことを激しく後悔しました。
「ごめんね、いままで本当にごめんね。」
とギュッとしました。

いままでの時間を埋めるかのようにそれからは早めに帰ってランと遊ぶ。
たくさんの時間を費やしてきました。
お風呂でシャンプーをしてあげたり、お散歩をしたり。
トリミングという文化もあまりなかったので、カットをしたりも。
いろんな時間を凝縮してランに注ぎました。

今更遅いよ・・・

ランはそう思っていたのかもしれません。
それから数年後、天国に。
「ありがとう。」ではなく、最後に「ごめんね。」しか言えなかったあのときを思い出すと、いまでも胸が締め付けられます。

#犬を飼うってステキです-か?より#

「本当にごめんね。」

まとめ

我が家の2代目の犬

これから飼う人に対して、読んでほしいという本ですが、いままさに飼っている人にも読んでほしい。そう強く感じる本です。

あなたの理想通りな生活ができないと思ってほしいです。

なんでもそうですよね、手に入れるまではあらゆる想像をするものです。
それはもちろんいい想像なのです。
幸せな絵しか頭の中には描かれていないものなのです。
気持ちはわかります。

一歩進む前に一度一歩下がってみて?

この本はそう語りかけてくれます。これから飼う人は、本当に最後まで飼うことをやめずに、犬との生活を楽しめるか。ちょっと待ったで考えさせてくれます。
それは冷たいことではなく、犬にとっても良いことだと思いますよ。
私はすでに飼っていますが、この本をよんで
「そうそう!」「わかるわかる」「あるある!」とうなづきっぱなしでした。

うちの子もやんちゃでまったく賢くはありません。(笑)
がそこがまたかわいいのです。

マイナスがプラスに

犬の特権でしょうか。マイナスな部分がまたキュートで愛おしくなるものなのです。
完璧な人間なんていないように、犬もこちらがどんなに教えたり、ときにはスクールにいれたりしても完璧な犬なんていません。
犬のひとつひとつの行動にはすべてちゃんと意味があり、メッセージがあるのです。
そこもちゃんとお互い思いあえばきっと楽しい生活が送れます。

うちの犬は、とにかくこっちの感情を読むことに優れていて、私が悲しいと、元気がなく、私が嬉しいと尻尾をフリフリしたり。

精神的に一度だめだったときがあり、その頃の写真を見返すとうちの子も痩せてたりして・・・一心同体なんだな。と感じました。
(今は私も犬も健康体です。笑)

犬を飼うってステキです。あなたがステキな人なら、ね。

本当にそのとおりです。

あなた次第です。ただ本当にステキだし、日々充実しているのも愛犬のおかげだと今は胸を張って言えます。
こちらがたくさんの愛情を注ぐ以上に愛犬からたくさんの愛情をもらっています。

ステキですよ。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 ミニー

    犬を飼って、現実しつけや体調管理など自分が思っていた異常に大変です。時々、犬との生活に疲れてしまう事もあります。そんな時は、少し自分をリフレッシュしてまた、犬との生活に戻ると少し違います。大変だけど、楽しい事も沢山あります。
  • 30代 女性 asami

     私は以前プライベートも仕事もうまく行かず、毎日が辛くて泣く日々でした。1人暮らしだったので話す相手もいるわけでもなく、毎日1人で泣いていました。それを黙って見ていたのが家の犬です。小さい体ながらも、一生懸命手をなめたりして励ましてくれました。当時ストーカーに悩まされていて、夜中でも時間問わずになり続ける、ドアフォーンがなると怖くて布団から出られませんでした。そんな時、いつも心配そうに玄関と私の側を行ったり来たりして、ドアフォーンが鳴り止むと、ゆっくりと側に来て顔を舐めてくれました。まるで励ましてくれているかのように。この問題は、この後うちのワンコさんの活躍で収まったのですが、本当にうちの犬のおかげで救われました。
     だから、犬は私の心強い味方です。うちの子と出逢えて本当によかったです。
  • 40代 女性 さくら

    私の初めての犬は、父にボソッと犬がほしいと言ってしばらくしてやってきた雑種の犬でした。当時小学生の私には、ただ好きなだけで、何の知識もないままで犬との暮らしが始まっていたと思い出しました。それから、20年以上たって今の愛犬との暮らしを思うと、初めての犬に対して申し訳ない気持ちになります。犬を飼うと、犬を長く留守番させることもできないし、普通に買い物行くだけでも、「早く帰らなきゃ」と思います。犬中心の生活になりますが、そこがいいと思えるのです。
  • 40代 女性 MAKI

    記事にあるように、犬を飼うという事は「かわいい」という事だけではすみません。もし、トイレやしつけなどの面倒なことがないのなら「ぬいぐるみ」と同じになってしまいます。我が家も大型犬13歳を飼っていますが、老犬になってくると想像しない症状ややっかいなことばかり増えてきます。でも、この大変な時期はきっと愛犬に愛情として伝わり、最期を迎える時にやることは全てやって後悔はしないだろうと思っています。どうか、投げ出さずにワンコが死を迎えるまでちゃんと愛情を注いであげて下さい。それが自分に返ってきて幸せとなるはずです。
  • 40代 女性 feel tone

    子どもの頃は犬が怖くて苦手で、犬を飼う大人になるなんて想像した事すらなかったけれど・・愛犬と出会って7年。こんなに一所懸命にお互いに向き合える相手がいるのは、一言で言うなら「幸せ」でしかありません。衣食住を整えることもできない、なんせ、目やにひとつ自分で取れない子です。お留守番ができるとはいえ、旅行なんてもってのほか・・というよりも、仕事以外の外出なんてする気もなくなっちゃいますし(笑)手間がかかるのは事実かもしれないですが、手間をかけさせて頂けるのが有り難い、そんな存在です。
  • 40代 女性 momo

    一言で答えるとしたら、「犬を飼うのはステキな事です」。でも、多分そう心から思えるのは、愛するワンコを精一杯お世話して、犬にとっての一生を悔いなく見届けた時なのだろうと思います。近年ペットブームで、ネットでも好きな犬種を選んで購入出来る時代になりました。ワンコと一緒に食事が出来るカフェ等も増えて、オシャレな写真をSNSにアップしたり、良い面ばかりがクローズアップされますが・・・、その一方で、当たり前ですが犬は生き物です。想像もつかない病に突然襲われることもあります。「どうしたら良いのだろう?」と手の施しようのない皮膚炎などになってしまう事もあります。私も現在14歳の大型犬を飼っていますが、本当に悪夢のような「どうにかして治してあげたい」という治療の日々も経験しました。そのような真っ只中にいる時は、「ステキ」などという事は間違っても言えないのが正直な気持ちです。でも、やはり犬を亡くしてしまった友達の言葉で「何かしてあげられる幸せは、してあげられなくなって初めて気づく。」という実感のこもった言葉があり、大変な事も含めて愛するワンコとの暮らしはステキなのだと思うようになりました。これから犬をもし飼う方がいるのなら、「良い事も大変な事も同じ位あるけれど、それとは比べものにならないほどの宝物が自分の中に築けます」とお伝えしたいです。
  • 40代 女性 ぱん

    本当に犬は素敵です。
    わたしも仕事でいじめられてた時や悲しいことがあった時、いつも泣きながら犬に聞いてもらってました。
    わたしが犬の面倒を見るより、断然犬がわたしの面倒を見てた部分が多いと思います。
    みなさん同じことを思うのかもしれませんが、今思うともっともっと色々なことを一緒にしてあげればよかったと後悔ばかりです。

    しかし犬を飼うってとても責任がいることです。
    ひとつの命を面倒みるのですから、大変なのは当たり前なのですけどね。
    犬中心の生活になりがちですが、それを生活の一部として一緒に楽しむのがいいと思います。
    きっと犬は飼い主さんを笑わせてくれたり、心配したりしてくれて、一番の友達になれると思います。犬って素敵ですね!
  • 30代 女性 カブレラ

    「犬を飼うってステキです-か?」本当に考えさせられました。短い内容でしたが、犬を飼う事について全てが詰まっていると思います。犬を飼う前に読むのはもちろんですが、すでに犬を飼ってる人でも今の付き合い方が本当にわんちゃんにとって幸せなのか?考える良い機会になると思います。おすすめです。
  • 女性 Ludy

    本当に素敵な事ですね。毎日が楽しくて、楽しくて、一緒に居て幸せを感じます。
    すべてがワンコ中心の生活になりましたが、私達夫婦にまったく不満はありません。
    もう我が家のワンコも10歳になります。介護されるワンコにならないように、毎日の散歩、新しい刺激を与えてやることを一番に考えてます。幸いにまったく手のかからないワンコに育ってくれたので、これからは元気に健康な老犬生活をエンジョイしてもらえるように頑張ります。
  • 女性 たこ

    犬を飼ってない人に犬を飼うことを勧められるか、といったら正直な話あまりお勧めしません。やはり時間や気持ちの制約が増えるので、相当時間と愛情を持て余している方でないとお勧めできません。もちろん犬との生活は素晴らしいですが、やはり大変なことが多いです。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

わんちゃんホンポ掲示板(仮)

人気のトピック

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。