ホワイトスイスシェパードの性格や特徴、大きさや寿命、飼い方やしつけなど

【獣医師監修】ホワイトスイスシェパードの性格や特徴、大きさや寿命、飼い方やしつけなど

お気に入りに追加

ホワイトスイスシェパードは、白くて美しい毛並みとどっしりとした安定感のある体格で魅力に溢れた犬種です。ですが、一般的にあまり知られていないのが現状です。この記事では、ホワイトスイスシェパードの性格から基本的な情報(体高や体重、寿命など)、飼い方やしつけ方についてお話していきます。「ホワイトスイスシェパードを飼いたい!」と考えている方の参考にしていただければ幸いです。

29285view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

ホワイトスイスシェパードの性格

座るホワイトスイスシェパード

  • 柔和で温厚
  • 陽気で素直
  • 忠実
  • 友好的
  • 繊細な面もある

ホワイトスイスシェパードはその大きな体格が物語るように、とても友好的で頭の回転が早く、訓練にもよく耐えついてくる性格です。そのため場面に応じて大人しくしたり、じっと耐え、落ち着きのある態度を取ります。一方で、陽気で素直な性格も持ち合わせています。

ホワイトスイスシェパードは飼い主さんのことが大好きで、その喜びを全身で表したり、大胆な行動を取ることも珍しくありません。また、「この飼い主!」と決めたら、ずっと忘れないようです。

このことから、ホワイトスイスシェパードはとても忠実な性格の犬と言えるでしょう。とはいえ、「繊細な面」もあるので飼い主の言動に敏感です。性格を理解したうえで、上手に付き合っていく必要があると言えるでしょう。

さらに、ホワイトスイスシェパードはジャーマンシェパードに比べ、攻撃性は低いと言われています。愛玩用として交配を進めた結果、このような柔和で温厚な性格になったようです。

飼い主さんのちょっとした態度で気持ちを察してくれて、愛嬌をふりまいてくれるのがホワイトスイスシェパードの性格です。たまにそれが外れることもありますが、そこはご愛嬌ではないでしょうか。

ホワイトスイスシェパードの特徴

ホワイトスイスシェパードの親子

大きさや体重

  • ホワイトスイスシェパードのオス
    • 体高:58~66cm
    • 体重:30~40kg
  • ホワイトスイスシェパードのメス
    • 体高:53~61cm
    • 体重:25~35kg

ホワイトスイスシェパードの体高は53~66cm、体重は25~40kg、と大型犬にふさわしいものになっています。また、シェパードの仲間なので、しっかりとした安定感のある体格をしています。

ホワイトスイスシェパードは犬種名に「ホワイト」とつくように、真っ白な美しい姿<をしています。その透き通るような白という繊細な色に、どっしりとした安定感という独特の美しさから虜になり、「もうホワイトスイスシェパードしか飼えない!」というホワイトスイスシェパードオーナーさんもいるほどです。

ホワイトスイスシェパードの寿命

凛々しいホワイトスイスシェパード

ホワイトスイスシェパードの寿命は10~12年とされています。一般的に大型犬の寿命は10年程度ですので、ほんの少しだけ長生きな犬種ということですね。

一方で小型犬は、「13年以上」も生きるといわれているため、ホワイトスイスシェパードの寿命は短く感じるかもしれません。しかし、ホワイトスイスシェパードの幸せは寿命の長さとは比例しません。

飼い主さんがホワイトスイスシェパードに対して、どのような愛情を与えたかによって幸せと感じる一生を送ってもらうことが出来ます。ですので、ホワイトスイスシェパードと共に生活しようと考えているかたは、たっぷりの愛情とたくさんの思い出をつくっていってくださいね。

ホワイトスイスシェパードの価格

ホワイトスイスシェパードの子犬

ホワイトスイスシェパードは30万~35万円という価格帯が比較的多いようです。多くの場合、ワクチンなど全てを摂取した後に受渡しとなりますので、ワクチン代などの代金も全て費用に入っています。

ホワイトスイスシェパードは他犬種と比較すると割と希少であり、それが原因でその価格にも影響を及ぼします。ホワイトスイスシェパードを繁殖しているブリーダーや取り扱っているペットショップが少ないため、やはり高価になっています。

ホワイトスイスシェパードのブリーダー

ホワイトスイスシェパードと雪

ホワイトスイスシェパードを繁殖しているブリーダーはとても少ないため、子犬を迎えたい場合は限られた犬舎から購入することになります。犬舎に寄って方針は様々ですが、衛生的、健康的、さらには性格などを考えながら育てているブリーダーもいます。

▼ホワイトスイスシェパードのブリーダーサイトをご紹介!

ホワイトスイスシェパードの飼い方

草むらとホワイトスイスシェパード

ホワイトスイスシェパードの飼い方で注意する点としては、運動をする時間を必ず取るということです。必ず外に出て、散歩などで遊ばてください。これが出来ない方は、ホワイトスイスシェパードを飼う事はやめたほうがいいかもしれません。

身体の大きいホワイトスイスシェパードは、室内だけでは運動にはなりません。犬にとっての運動というものは健康管理を行う上で外せない大事な要素です。

小型犬などの運動量があまり必要のない犬種とは違い、かけ離れた苦労をすることもありますので、ある程度の覚悟を持ってホワイトスイスシェパードを飼ってください。

しかし、一般的に運動が大変だといわれているホワイトスイスシェパードですが、しっかりお世話する気持ちがあれば特別辛いわけではありません。ホワイトスイスシェパードしかり、すべての犬は飼い主の対応次第で無償の愛を提供してくれるのです。

その愛らしい表情やしぐさを見るだけで疲れも吹き飛びます。大変だとは思いますが、責任と愛情を持ってしっかりと取り組むことによってホワイトスイスシェパードはあなたに厚い信頼を寄せることになるでしょう。

ホワイトスイスシェパードのしつけ

ホワイトスイスシェパードアップ

ホワイトスイスシェパードのしつけで大事なことは、それは『リーダーシップをとる』という事です。これはどの犬種にもいえることですが、頭の良いホワイトスイスシェパードは飼い主がリーダーではないと感じてしまうと途端に我儘になってしまいます。

犬が感じている「不安」や「恐れ」を感じ取り、それを支えてやれるような飼い主が理想です。人に噛みつかない、吠えない、などは飼い主がどれだけ愛情を注いでやれるかにもよります。

「人間は恐ろしいものではない」という考えをしっかり固定させてやらなければ、人間に害をなす恐ろしい獣になってしまいます。

ホワイトスイスシェパードの歴史

ホワイトスイスシェパードの伸び

ホワイトスイスシェパードは大型犬であり、ジャーマンシェパードの白い種類から派生した犬種です。

「一般社団法人 日本ホワイトスイスシェパード犬協会」というところで、「ホワイトスイスシェパードドッグ」と「アメリカンカナディアンホワイトスイスシェパード」の2つのタイプをホワイトスイスシェパードとしているようです。

とても大人しく、室内飼育かできる大型犬として紹介されているのをよく見ることがあります。ゴールデンレトリーバーやラブラドールレトリーバーよりも室内飼育に向いているという意見もあるほどです。

また、先住犬や他の生き物とも上手く付き合っていけるようなので、非常に友好的な犬種として知られています。

まとめ

駆けるホワイトスイスシェパード

ホワイトスイスシェパードの紹介はいかがでしたか?白く美しいフォルムが大地を駆ける姿はとても魅力的ですね。

残念な事に、飼い犬が人間を傷つける事件が増えていますので、ただ飼いたいという興味本位だけでなく、飼い主としてしっかりとした躾と対応が望まれます。特にホワイトスイスシェパードなどの大型犬は、飼い主以外の人が見るととても怖い存在です。そういった客観視もできるようにしましょう。

それができれば、あなたが未来で飼うホワイトスイスシェパードは、きっとしつけも行き届いていることでしょう!温厚で義理堅く、陽気で大人なホワイトスイスシェパードを家族として迎える候補にいれてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。