雑種犬が病気に強くて賢いと言われる理由

【獣医師監修】雑種犬が病気に強くて賢いと言われる理由

お気に入りに追加

雑種が純血種のワンコよりも健康で長生きしてくれるという実証や理由、そして一部の偏見の目で雑種を見下す人に教えてあげなくてはいけない事などを紹介させていただきます。

42844view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

雑種犬は病気に強く、賢い子が多いってほんと?

大きな雑種犬

非常に長生きした上司の愛犬

私の勤めている会社の上司は、事あるごとに愛犬の話をしてくれました。
その子は雑種の子で、初めて話を聞いた当時で既に13歳を越えていたシニアワンコ。大きさとしては大型犬レベルの子で、産まれてから3ヶ月ほど経過した頃に上司の娘さんが通っている小学校の同級生の家からもらってきたのだそうです。

そしてそのワンコは、娘さんが小学校を卒業〜社会人と成長していく所を暖かく見守りつつも、本人(犬?)はシニア期に入ってもなお現役バリバリで、パワフルさと食欲も衰え知らず。
上司曰く、「家族の中で一番の元気者」で、何と毎日の散歩は1回で2時間を越えていたそうなんです!
そして比較的小型のワンコよりも短命と言われている大型犬だったにもかかわらず、その子は17歳まで長生きしてくれたのです。

雑種犬の健康の秘訣は?

このように私の上司の愛犬の例も含めて雑種のワンコは純血種の子と比べて病気になりにくく、健康で長生きする子が圧倒的に多いのですが、それは一体なぜなのでしょうか?

国や地域の気候に合わせながら進化してきた

日本の気候イメージ

例えばサモエドやシベリアン・ハスキーは寒い国が原産の犬種が夏の暑さに弱かったり、チワワのような南国出身でシングルコート(諸説あり)の犬種が冬の寒さに弱かったりというように、純血種の子は原産国の気候に合わせて交配されているので、四季があって寒暖差の激しい日本で飼育すると、細かい気温の管理をしてあげないと熱中症や風邪というように体を壊してしまいがちです。

それに比べて雑種のワンコですと、その土地の気候に対して対応できるように独自に変化を遂げているので、余程の異常気象が続かない限りは体調を崩すような事は少ないのです。

遺伝性の病気になりにくい

我が家の愛犬のプシュケ(ミニチュアダックス)が“進行性網膜委縮症”というダックス等に多いとされる遺伝性の目の病気で失明しているのが良い例なのですが、このように純血種の場合だと犬種それぞれが遺伝してしまう病気にかかってしまうリスクがあると言われています。

だからといって雑種だからどんな病気にもかからないというわけではありませんが、人間の手によって都合の良い交配を繰り返している純血種のワンコに比べれば、雑種の方がずっと遺伝的に起こりやすい病気にはなりにくいのです。

雑種の方が賢いのは本当?

では次に良く耳にする『雑種のワンコの方が純血種の子より頭が良い』という説は本当なのでしょうか?

境遇が賢くさせた?

檻にいる犬

これについては悲しい事ではありますが、雑種のワンコは捨てられたり保健所から保護されたりとした不幸な体験をしてきた子が純血種の子より多いのが関係しているのではないかと言われているんです。

そして、このような体験をした事によって周りの空気を敏感に感じとり「悪い事をしたら捨てられてしまう」と必死に飼い主さんの言う事を聞こうとするのかもしれません。

この見解については不明確な部分も多いので正確ではありません。
なので純血種の方が賢いとか雑種だから賢いというのは特に関係はありません。

A dog is a dog is a dog

見つめ合う犬

以前こんな嫌な話を耳にしました。
様々なワンコを多頭飼いされている方がいて、その中に雑種の子もいますが、もちろんその方は全てのワンコを我が子のように平等に愛情を注いで育てていました。

そんなある日、多頭飼いで一気に散歩ができないので2回に分けて散歩していたのですが、雑種の子を歩かせている時に向かいから歩いてきた女性が、あからさまに見下した目で見ながら「それ、雑種?」と言って立ち去ったそうで、その方は大変傷付きました。

そして後日、今度は純血種のワンコを散歩させていた際に再び例の女性に出くわしてしまったのですが、何と連れていたワンコを笑顔でみながら「あらあら○○(犬種)よね?可愛いわねぇ」と頭を撫でてきたそうなんです!

このように、血統でしか価値観を判断しないワンコをアクセサリー感覚でしか見れない『ニワカ愛犬家』は少なからずどこにでもいますが、その方にこそ知ってもらいたいのが
『A dog is a dog is a dog』
日本語で言うと「血統がなんであれ、みんな同じ犬だ」という言葉です。

私的な解釈になりますが、更に具体的に言うと
「血統にこだわりやありがたみを持つのは人間だけで、ワンコはみな平等に生きている。」となりますね。

この記事を読まれているほとんどの方は血統にとらわれない本当の愛犬家だとは思いますが、もし身近にこのような方がいたなら、“A dog is a dog is a dog”を教えてあげて下さい。

まとめ

雑種は純血種のワンコよりも地域の気候に対応できるように変化を遂げ、また純血種特有の遺伝性疾患にもなりにくい為に他のワンコよりも身体が丈夫で長生きをしてくれます。

ただ雑種だからと捨てられたり、また一部のニワカ愛犬家からの偏見で嫌な思いをされてしまう飼い主さんもいるのも事実です。
だからそのような方には“A dog is a dog is a dog”という言葉を是非教えてあげましょう。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    10代 女性 のんのん

    それぞれの環境に適応しようと、暑さや寒さなどの気候変化に耐えられるようになったり、教えらる訳でも無いのにそういう事を身に付けられる遺伝子の強さに驚きました。確かに、犬以外でも雑種は強い、丈夫だと言われる意味がわかりました。
  • 投稿者

    20代 女性 小夏

    私も雑種のわんちゃんは病気に強くて長生きするなど聞いたことがあります! 私自身は雑種を飼ったことがありませんが友人のわんちゃんは雑種で寿命的には平均だったと思います。
    ただ病気になってというよりも寿命で亡くなったと聞きました。 最後まで大きな病気することなく元気でした。
    私が思うに雑種が病気に強いというのも何と何の犬種なのか、掛け合わせによって変わってくるのではないでしょうか? 人間でも血のつながりが近い人よりも血のつながりが遠い方が免疫が強いなど言われているように確かに雑種の掛け合わせによっては病気に強い子が生まれることもあすと思います。
  • 投稿者

    30代 女性 c.moon

    A dog is a dog is a dog、とてもいい言葉ですね!確かに、純血種より混血種のほうが病気や疾病に強いということは私もあり得ると思います。ですが賢さ、ひいては可愛さはどうでしょう...そこは人間のエゴや、あくまでも人間中心の物差しで測った上での価値観でしかないような気はします。どの子にも必ず良いところがあり、また同時にクセもある。それが人間にとって都合の良いものか悪いものか、そこで測っているだけのものではないでしょうか。まさに『A dog is a dog is a dog』この言葉を忘れてはいけないなあと思います。
  • 投稿者

    50代以上 女性 cat emilio

    A dog is a dog is a dog、とてもいい言葉ですね!確かに、純血種より混血種のほうが病気や疾病に強いということは私もあり得ると思います。
    ですが賢さ、ひいては可愛さはどうでしょう...そこは人間のエゴや、あくまでも人間中心の物差しで測った上での価値観でしかないような気はします。どの子にも必ず良いところがあり、また同時にクセもある。

    それが人間にとって都合の良いものか悪いものか、そこで測っているだけのものではないでしょうか。まさに『A dog is a dog is a dog』この言葉を忘れてはいけないなあと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 すず

    雑種のわんちゃんは病気に強いや賢いなどよく言われますよね?なぜなのか気になった方もいるかと思います。雑種のわんちゃんはもともとは、野良犬で食べることにしても生きていくにしても自分で全てを行わなければなりませんでした。

    そのため生き抜いていく為の知恵や、色々なことに対して強くなるのでそれを受け継がれてきた今の雑種と呼ばれるわんちゃんは病気に強いや、生きていく為の知恵がついていたことなどで賢いと言われたことに繋がったのだと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 りかこ

    最近、雑種のわんちゃんならではの良さが広がりはじめてますよね。(ハーフ犬、ミックス犬なんて名前もついているほど)私は個性があるわんちゃんが大好きなので、あらたに飼うなら雑種でも純血種でもどちらでもいいのですが、病気面や特徴を考えると、少し気になってきているところです 笑

    もちろん、迎えるその子を幸せにする気持ちが第一ですが!
  • 投稿者

    女性 福柴犬

    家の犬は柴犬ですが、初めて犬を一目惚れで家族に向かい入れました!そこで前から犬は大好きでしたが、犬、特に柴犬について沢山の本やネットで勉強しました。
    そして、殺処分の現実になんど涙流したかわかりません。
    その中で私に出来ることを沢山考えました。家族に向かい入れたこの子の成長を一生をずーと見届ける、守るということが今の現状として私に出来ること、と考えています。
    雑種、私は種類とかもあまり知らなかったのですが勉強していくうちに雑種の子に出会うのが楽しくなってきました!だって耳、目、唇、体格、本当にかわいいところを先祖からもらってきてるなぁーと愛しくなりますよね、飼い主さんとここの耳はパパ似かな、それともおばあちゃん似かな(笑)と探りながら、その子の子孫まで愛おしいなんて本当に雑種の魅力なのではないかなぁーとおもいました!
  • 投稿者

    女性 ひなママ

    私は2頭の保護犬を飼っています。確かに体は丈夫だと思います。
    年老いてくれば変わるでしょうが、予防以外で殆ど治療費を伴う病気にはなっていません。
    保険に入っていますが、使う機会がないくらいです。

    これから8才、7才になるのですこしずつ変化するとは思います。

    賢い、と言うか、場の空気を読んでいるなーと思うことがあります。
    臆病さもあったりしますが、保護されるまでは野犬として過ごしていた時期もあるので、仕方ないと思います。

    雑種に対する偏見を感じることも良くあります。
    でも、そうでない方もいるので、もっと雑種に理解のある人が増えればいいなと思っています。


  • 投稿者

    30代 女性 T

    人間なんかみんな雑種なのにね。
    血統のよさそうな王族や貴族だって子宝に恵まれなくて遠縁の子を養子にしたり、妾の子が継いだりと、つまりは雑種です。
    雑種の犬を馬鹿にする人間は、逆に血統書付きの犬から馬鹿にされてるかも。
    雑種の人間が犬を血統で価値判断するなんて滑稽です。
    だから躾に失敗するんですかね。
  • 投稿者

    40代 女性 ルンルン

    物心ついた時から犬が家にいました。
    1番最初に飼ったのは、アメリカンコッカーでした。父と相性が悪くてしょっちゅうケンカしていました(笑)
    ある日、学校から家に帰ると、白黒のブチの雑種がいました。母曰く「目が合っちゃったのよ〜」そこから、我が家の「目が合った犬」が増え始めました。
    血統書付きもいれば雑種もいました。
    多頭飼いでしたので、群化しており、必ずリーダーがいました。そして、そのリーダーは2代ともアフガンハウンドやボルゾイのような大型犬ではなく中型の雑種でした。とにかく、利口です。人間をとてもよく見ています。そして、勇敢です。
    今は動物を飼う環境にないのですが、もう少しで飼える環境になるので、そしたら、雑種を引き取ろうと決めています。
  • 投稿者

    30代 女性 匿名

    我が家も雑種と柴犬がいますよ♪確かに雑種は元気でこの14年間大病を患った事が一度もありません。

    14歳の今でもご飯もモリモリ食べるし、散歩大好きで恐ろしいほど、現役です♪環境によって鍛えられたのかもしれません。
  • 投稿者

    女性 ムツコ

    表面しかみていないというか、血統をみて態度を変える方には私も憤りを覚えます。雑種犬の生命力、声をたからかにほめあいましょう。私の感覚でいえばMIX犬も雑種犬も純血種も同じです。出会って、時間を過ごしていただければわかると思いますが、みんな普通の1頭のワンコです。それぞれの性格があります。むしろ、血統や犬種がどうこうよりもワンコそれぞれの性格のほうが大切だと思います。その性格を育てていくのは飼い主です。雑種犬が保護される機会が多いのはなぜでしょうか。望まない交配が自分の犬におきたとき、その赤ちゃんを捨ててしまうのでしょうか。悲しいことだと思います。こちらの記事にあるように、雑種であるからこその体の強みはあると思いますし、望まずして精神的に強くなった子もいるかもしれません。『A dog is a dog is a dog』人も人間もこちらの言葉がすべてだと思います。
  • 投稿者

    女性 colo

    雑種とミックス犬の違いは、雑種は正当ではない血統が何種類も混ざっている犬種、ミックス犬は血統×血統だけの犬種だと思っています。

    ミックス犬は、犬種の持つ遺伝する病気を受け継ぎやすいとあります。ですが、違う犬種の血が入ることで遺伝しないこともあると思います。
    同じ理由で雑種もその犬種の持つ病気を受け継がない可能性があると思います。

    以前に雑種を6頭ほど飼っていました。同時ではなく親子だったり時期がずれていたりします。どの子も大きめだったので屋外飼育でしたが、確かに病気に強かったです。調子が悪くて病院にかかったことは1~2度ほどしかありません。
    目や耳の以上もなく歯も丈夫だったので硬いフードも余裕でしたし、屋外だったので運動もでき足腰も丈夫でした。外にいたせいか、人や周りのものをよく見聞きしていたので番犬としても優秀でした。
    最後に看取った子はとても優しい性格だったので、本当に大好きでした。
    新しく飼った子犬のことも母犬のように面倒を見てくれて、隣に座ればぺたりと肩を並べて同じ方向を見てくれる。雑種でも関係ないですね。相性が合えばどんな犬だって同じ気持ちでいてくれると思います。
  • 投稿者

    女性 恵美子

    一番最初に飼っていた犬が雑種と言われる犬でした。以前は「雑種犬」というと、あまり良い印象がありませんでしたが、現在は「ミックス犬」と呼ばれて、人気が出てきましたよね。私も過去に雑種は強い!ということを聞いたことがありましたが、実際にどういう風に強いのか、何が強いのかということは知りませんでした。「A dog is a dog is a dog」とは良い言葉ですね。純血種のほうが賢いとか雑種だから賢いというのは特に関係は無いと思います。自分が気に入った犬で、それがたまたま雑種だったという方もたくさんいると思います。また、パートナーとして一緒に生活していく限り、バックグラウンドは関係ないですよね。変な偏見が減るといいなと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 ポンタん

    うちも、いろんな犬種を飼ってきました。
    中には、血統のついた子もいましたが
    どの子もみんな可愛くて、飼い主が大好きで、家族が出掛けても待つんですよね。
    今は、生後1ヶ月ぐらいで拾った野犬の雑種を飼っていますが
    この子もまた可愛いです。
    頭がよく、粗相をしたことは1度もないし
    予防接種以外で病院に行ったこともありません。

    どんな犬でも、飼い主からの愛情があれば
    犬はちゃんと解ってるし、報いようとします。
    そこに、犬種は関係ないですよね。
  • 投稿者

    20代 女性 匿名

    私も今年の六月から四代目にして初めての雑種の女の子を家族に迎えています。
    この子は他県の保健所に居て、HPに載っていた四匹の中の最後の一匹でした。
    足に怪我を負っていて、それで今まで引き取り手がなかったのかなと思いながら、それでも写真を見た瞬間、涙とともに運命だと思ったので、実物を一目見た瞬間に家族に迎え入れました。

    今では怪我を負っていた足も完治し、ヨチヨチ歩きが家の中を走り回りジャンプする始末です(笑)

    今まで我が家は純血の犬しかいませんでした。なので最初は凄く不安でした。この子をちゃんと今までの子達みたいに愛してあげられるのかと。
    ですがそんな不安は思い過ごしでした。

    とてもこの子も愛おしいです。そして私の恩人でもあるんです。
    6月にフレンチブルドッグの愛犬が天使となり、絶望と彩度を失った世界で泥の中を歩いてるような感覚だった私の家族になってくれ、その世界から救ってくれたのです。

    だから今は目一杯愛して感謝して一緒に生きています。
    もうすぐ二回目のワクチンができるので、終わって暑さが和らいだらお散歩に連れて行こうと思います。今からとても楽しみです。

    あと私は思うのです。雑種だろうと純血だろうと、そんな人間が作り上げた区別なんてどうだっていい。
    大切なのはその子の内面。愛する気持ちです。

    上辺だけしか見れない可哀想な人たちは、本当に自分の家族を愛して感謝しているんですかね?
    無償の愛を捧げてくれるこの愛おしい存在を本当の意味で家族としているんですかね?

    私はずっと犬達を愛し続けます。この世界でこの子達に出会えた奇跡に感謝し続けます。
    天使になった先代犬達もずっとずっと愛し続けます。
    どんな犬であれその子は世界にただ一匹だけの存在なんですから。
  • 投稿者

    女性 コロ

    純血種も雑種も飼っていたことがあります。何が違うか、何も違いません。どちらも可愛いことには変わりありません。
    雑種犬でも穏やかで優しくて賢い犬でした。最後までうちで看取れたことは本当に良かったと思っています。旅立って10年以上経ちますが、よく懐く犬だったので今でもふと寂しい時がありますね。
    確かに病気には強かったです。寒さにも暑さにも強かったです。精神的にも強い子が多かったですね。
  • 投稿者

    30代 男性 カブレラ

    祖母の実家に日本犬の雑種がいましたが確かに長生きだった覚えがあります。記憶が確かなら、17歳以上は生きていたと思います。私が子供のころ、今から20年以上前になるので、当然今みたいに室内犬では無く外で離し飼い。田舎という事もあって、田んぼ元気に遊んでいたのを覚えています。それでも、大した病気もせず帰省する時には何年も元気な姿で遊んで貰っていました。年に1回会えるか分からない頻度だったにも関わらず、子供の私にも愛想よく、決して警戒する事はありませんでした。もしかしたらとても頭の良い犬だったのかもしれませんね。
  • 投稿者

    女性 馬

    今は雑種と言わずにミックス犬というんですよね。雑、って言葉は確かにちょっと良くない空気感ですしね。ミックスは丈夫だと言いますが、みんながみんな、ってわけではないと思います。ただ純血種特有の遺伝病のリスクは少ないのかな。それでも遺伝しないわけではないですしね。
  • 投稿者

    女性 肉まん

    雑種犬だからといって必ず身体が強いかというと、そうではないと思います。やはり個体差がありますので、遺伝的な疾患は雑種犬にももちろんあります。しかし純血種が遺伝的な疾患が出やすいというのは事実ですので相対的にいえば雑種の方が強いといえるかもしれません。我が家の雑種犬は、生まれつき血小板を作れない病気を抱えていて大変です。
  • 投稿者

    女性 雑種の賢さはデータで出てます

    「雑種」という呼び方もそうですがメディアによる印象操作(例:フジテレビの某バラエティ番組、一般家庭犬の雑種と訓練された純血種の行動を比較し雑種を笑い者にするという酷い偏向内容)、特に昭和世代の純血種至上主義、ブランド好きの日本人の性格などもあいまって純血種>雑種と考える人は少なくないようです。

    それでも寿命に関しては雑種>純血種というのが調査でも出てますし雑種の方が健康的である、というのは一般的に認知されてるかと思います。
    そして知能に関しても雑種の賢さを裏付ける実験結果が出ていました。

    http://cssf.usc.edu/History/2013/Projects/S1296.pdf

    私は犬も猫も人間の手の加わらない、生き物本来の魅力に溢れた雑種が好きです。
    上記のデータのように雑種に対する偏見や誤解を払拭する研究がもっと盛んに行われてほしいです。
    あとは呼び方も良いとこどりという意味で"ハイブリッド犬"に変更するとか(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

雑種犬の魅力や飼う上でのアドバイスを教えてください(^O^)

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。