TikTokでトレンドの『犬チャレンジ』に動物行動学者が警告!

TikTokでトレンドの『犬チャレンジ』に動物行動学者が警告!

TikTokで流行している「犬を食べるフリ」をする動画に動物行動学の専門家が警告を発しています。イギリスでの話題ですが日本語媒体でも同じようなことはたくさん起こっていますので、いっしょに考えてみてください。

お気に入り登録

イギリスでトレンドになった「犬を食べるフリ」の動画とは

スマホで撮影されている犬

SNSに動画や画像をアップすると誰でも数万人の注目を集められることがあります。特にかわいい動物が絡んでいると、その傾向は強くなります。

そんな現象を反映するトレンドの1つとしてイギリスで流行しているのが、TikTokにアップされた愛犬の耳や前足を食べるフリをする動画です。Eat your dog challengeと名付けられた一連の動画は、バリボリと何かを食べている音に合わせて犬の耳や前足を掴んで噛むフリをするというものです。

チャレンジに参加した動画の中には数百万の「いいね」や再生数をカウントしているものもあります。このようなトレンドに対して臨床動物行動学者が「非常に心配している」と警告を発しました。

動画に登場する犬たちのストレスサイン

クジラ目になっているダックスフンド

視聴者が「おもしろい」「かわいい」と笑っている犬の反応の中には、明らかなストレスを示しているものがたくさんあります。

「クジラ目」と呼ばれる目を大きく見開いて白目がのぞいている状態は可愛いどころか、犬が不快であることを表現しています。他にも後ろに引いた耳、体の筋肉の硬直など様々なストレスサインが確認できます。

犬にストレスを与えた状態で耳や前足に自分の顔を近づけることは、いつ噛まれても不思議ではない行動です。「うちの犬はおとなしいし絶対に噛まないから大丈夫」という人もいるかもしれません。

その場合、犬のストレスは攻撃という形ではなく飼い主への不信から来る不安障害へと発展する可能性があると、この行動学者は指摘しています。

動画を見て真似をする人が増えると、潜在的に犬の咬傷事故が増える原因となります。何より犬が「不快だから止めて」というサインを出しているのを無視して笑っていることで、犬と飼い主の信頼関係は崩壊します。

日本のSNSでも同様のことがたくさん起こっている

あくびをしている犬

上記で紹介したのはイギリスでの事例ですが、これは世界中で見られる現象で日本もまた例外ではありません。

様々なSNSの媒体で、ペットの動物にイタズラを仕掛けて混乱したり驚いたりする様子を面白がっているものは沢山あります。不自然な抱き方をされて怖がっている動物に「かわいい」というコメントが付いているのも珍しいことではありません。

「犬のストレスサインは沢山あり過ぎるし難しくて覚えられない」と思う方は、単純に「自分だったらイタズラやドッキリを仕掛けられて驚いているところを笑われたらどう思うだろう?」と考えてみてください。

犬と人間は違うと言う人もいるかもしれません。けれど「人間がされて嫌なことは犬にもしない」という大原則を守っていれば、とりあえず大きな問題に発展することは避けられます。

TikTokのトレンドに警告を出した動物行動学者の言葉は、全ての飼い主が知っておくべきです。

「ペットはおもちゃでも再生数を稼ぐための小道具でもありません。人間の娯楽のために搾取されたり屈辱を受けたりするべきではありません。人間にとっての”イタズラ”はペットに苦痛と混乱を引き起こし、深刻な行動上の問題を引き起こす可能性があります。」

まとめ

ボールで遊ぶダックスとチワワ

動画SNSでトレンドになっている犬へのイタズラに対して、イギリスの臨床行動学者が「深刻な問題につながる可能性が高い」として警告を発したという話題をご紹介しました。

SNSにペットの姿をアップすることが悪いのではありません。犬や猫が自然な姿でくつろいだり楽しんだりしている様子は多くの人の心を和ませます。

「うちの子の可愛い姿をたくさんの人に見てもらいたい」と思うのは自然なことですが、大切なうちの子が幸せであることは大前提です。

また自分では動画や画像をアップしないという方も、動物にイタズラをして笑っているような投稿に「いいね」や再生をしないことも大切です。

《参考URL》
https://www.tyla.com/life/life-news-pretend-to-eat-your-dog-tiktok-challenge-djtjames-blue-cross-rspca-20210422

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬はなんのために生まれたのか。なんのために生きているのか。俺は人のために尽くすことが犬の生き甲斐だと感じます。道具だろうとペットだろうと仕事仲間だろうと。どんな形であれ人に尽くせればそれで犬の価値が示させるならそれで犬は幸福だろうと思う。しかしこの記事の扱い方は理解しがたい。道具の様に扱っているが犬がそれで幸福を感じてるとは思えない。自己満足で終わり犬を苦しめてるだけ。そんな扱いは犬が望む尽くし方じゃない。俺は家庭犬として相棒として犬として扱っている。訓練だってするし本能的行動だって散歩だって世話だってやってる。道具呼ばわりしてるけど俺は誰より犬を好いて理解しようと努力してきて今もしている。俺は犬を自分の道具の様に扱う人は許せない!
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。