高齢者がペットを飼う時、考えなくてはいけない事

17458view

高齢者がペットを飼う時、考えなくてはいけない事

少子高齢化が進む現在の日本社会において、独居のご老人や老夫婦のみの世帯でのペットの飼育は、高齢者に癒しを与えてくれる半面、様々な問題も起こっている様です。

高齢者がペットを飼う時

杖を持つ老人の手

少子高齢化社会の現在、単身やご夫婦でペットを飼っていらっしゃるご高齢の方も多くなりました。
お子さんと離れて暮らす高齢者や、ご家族を持たない単身の高齢者にとって、ペットは、生き甲斐となっている事も多いのではないでしょうか?

ですが、高齢者が新たにペットを飼うという事は、ペットの種類によっては、今後十年以上に渡り、自分以外の世話をするという労力も伴う話です。

「こんな事もあるかもしれないよね…。」と、誰でも想像しやすいお話しを、下に用意してみました。

例えば、60代後半のご高齢者が単身で仔犬を飼い始めた場合

犬を飼い始めた当初は、飼い主自身も至って健康で、犬の散歩も問題ありませんでした。
飼い主にとって孫同然の愛犬の為に、毎日身の回りの世話をしていましたが、飼い主は、やがて70代になり、足腰の衰えを感じ始めていました。
犬はまだ元気の良い盛りです。 

飼い主は、犬の散歩を「つらい」と思う事も増えてきましたが、愛犬に外で排泄する癖を付けさせていたため、多少の無理をしても犬の散歩は欠かせません。

それから数年経ったある日、犬の散歩に出かけようとしていたところ、庭先の僅かな段差につまずき、飼い主の高齢者は転倒してしまいました。

脚の付け根に酷い痛みを感じて起き上がれずにいると、幸いにも、家の前を通り掛かった人に助けられ、そのまま救急車で病院に搬送されました。

診断結果は、股関節の複雑骨折で、翌日手術を受け、2か月近く入院生活を送ることになりました。
その後は通院にて数か月にわたってリハビリを受けなければなりませんが、70代半ばを迎えていた単身の高齢者にとって、不自由な脚で通院することへの不安や、今後の事も考えて、住んでいた住居を引き払い、高齢者施設への入所を決意しました。
けれども、施設に犬は連れていけません…
既に老犬に近い年齢の愛犬を頼める身寄りや友人は無く、やむなく保護団体に愛犬を託す事にしました。

お話しはここまでです。

実はこれ、全くの作り話ではなく、実際にご近所で起こった出来事に、一部アレンジを加えただけの、限りなくノンフィクションに近いお話しです。

これに似たケースで、60匹もの犬を自宅で飼育していた高齢女性が交通事故でけがをして入院することになり、飼われていた犬達は動物愛護団体に保護されましたが、60匹という数の多さから、「早急に里親に名乗りを上げてくれる人を求めている」という情報が流れました。

こちらは、独りで60匹もの犬を飼育していた、非常に稀なケースでしたが、ケガや病気、体力的な問題で、ペットの世話が困難になる事があるという点では、高齢者がペットを飼う上で、現実的に起こり得る事例だと言えます。

今後、ますます高齢化社会の進む中で、高齢者のみの世帯でペットを飼うケースは増えていくと思われますが、10年先、長ければ20年先までペットの世話が出来るかどうか、ペットを飼い始める前に考えなくてはならない事なのかもしれません。

高齢でもペットは飼えるのか?

白髪女性の頭部

ペットに寂しさを紛らわされたり、ペットに癒しを求める状況は、動物好きなら誰でも理解できますし、例えば、離れて暮らす自分の親がそのような状況であれば、ペットを飼わせてあげたいとも思います。

世話が難しくなった時

例えば、犬なら10年~20年の寿命がありますが、80歳の高齢者に、仔犬の時から犬が死ぬまで世話をする事が可能でしょうか?70歳ではどうでしょうか?60歳なら?

この様に、高齢者ご自身または、身内の方などが、犬の平均寿命と人間の健康寿命を照らし合わせて考えてみる必要がありそうです。

また、何らかの理由によりペットの世話が困難になった時、ペットを誰に頼むのかという事も考えておかなければならないでしょう。

高齢者はペットを飼うべきではないのか?

それでは、ご高齢者の方は、ペットを飼う事を諦めなければならないのでしょうか?

いいえ。そんな事はありません。
むしろ、ペットを生き甲斐とする事や、精神的健康の為にも、動物好きなご高齢者から、ペットと共に暮らす喜びを取り上げるべきではないと思います。
ですが、ここでもやはり申し上げなくてはならない事は、ご自身で世話が難しくなった時、ペットをどうするのか決めておかなければ、それはただの「無責任な飼い主」になってしまいます。

離れていてもご家族のサポートが受けられるのか、身近にペットを託せる人がいるのか、それらの問題を解決していれば、高齢の方でも、ペットを飼い始める事は出来るでしょう。

高齢者にお勧めできないペット

もし、ご高齢者の飼い主さんが、ペットの世話が困難になった時に、サポートしてくれる人がいらっしゃるとしても、主に日常的に世話をするご高齢者ご自身に扱いきれないペットは、そもそも飼うべきではないでしょう。

例えば、力の強い大型犬や、小型犬であっても、多くの運動量を必要とする犬種もそのひとつです。
高齢者の安全面や、犬の健康面からも、このような犬種は避けるべきでしょう。
また、性格的に他人やよその犬に警戒心をむき出しにするタイプの犬は、ご高齢者をご近所付き合いし難い状況に陥りやすくする事もありますので、出来れば、社交的で誰からも可愛がられるタイプの犬などを選ばれると良いでしょう。

ペット飼育をサポートするサービス

犬を膝に乗せ、うつむく老女

ペットを飼われる高齢者世帯の増加に伴い、関東圏などを中心に、ご高齢者等のペットの飼育をサポートをするサービスも生まれているようです。

ペットの飼育が難しくなったら…。

「愛犬のお散歩屋さん」

東京都武蔵野市に本部を置く、「愛犬のお散歩屋さん」は、全国約70のフランチャイズチェーンを展開する、有料の会員制サービス。
高齢者の飼育する犬の散歩や、猫の餌やり、糞の始末などのサービスを行う。

「高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク」

東京都足立区の獣医師らによるNPO法人「高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク」は、現在、東京、神奈川等の関東を中心に、活動している。
高齢者の飼育する、犬の散歩、日常の世話、健康チェック等を行う。
現在は、無料でサービスを行っているが、今後、会費制にし、活動範囲を関西にも広げていきたい考え。

この様に、高齢者のペット飼育を支援するサービスは、今後、徐々に増えていくものと思われますが、現時点で、皆さんのお住いの地域で、このようなサービスが提供されているか、一度お調べになってみる事をお勧め致します。

まとめ

ますます高齢化社会の進むことが懸念される現在の日本では、高齢者のみの世帯でペットを飼うという状況も増えていくでしょう。

笑顔の高齢男性と犬

国の環境省によると、「ペットを飼う前に、自身の年齢と、動物の寿命を考えるように。」としていますが、既に飼われているペットの飼育が高齢者のみでは困難になってきたら、「お散歩代行」や、「ペットの飼育支援」等のサービスを上手に利用することで、高齢者とペットの生活がより良いものになるのではないでしょうか?

可能であれば、高齢を理由に、ペットと共に暮らす喜びを奪われることのない世の中にしていきたいものですね。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 ミニー

    飼い主が、高齢者の場合は現実問題面倒をみる事は難しいと思います。一緒に入れば癒されますが、犬も年々老いていき、飼い主様も老いていきどちらが先に介護を受けるようになるか分からないです。口で言うのは、簡単ですが、現実問題高齢者がペットを飼うのはいかがなものかと思います。
  • 30代 女性 芽衣子

    最近、ニュースで高齢者のペットの飼い方についての特集見ました。ニュースに取り上げられるという事は、それだけ世間からも注目されている事なんだ思います。私のおじいちゃんもペットの愛犬が生きがいでした。毎日、軽トラに乗せて3、4回くらい河川敷に散歩に連れて行っていました。私は、その姿を見るのが好きでした。この記事を読んで、やむ終えなく保護団体に引き取りをお願いした飼い主さんも、苦渋の決断だったと思います。高齢者の生きがいや愛犬たちの幸せのためにも、ペット飼育をサポートするサービスが増えていって欲しいと思いました。
  • 40代 女性 TIKI

    犬好きなお年寄りなどが新たに家族として犬を迎えたい・・・こういったケースは多くあるかと思いますが、万が一病気や衰えによって散歩が行けなくなったり世話が難しくなったらどうでしょう。家族に頼めればいいですが、誰も当てがない場合は本当に困りますよね。自分が数年先(犬の寿命を考えて)どういった状況になるかを良く考えて責任を持って判断してほしいと思いました。
  • 30代 女性 きなこ

    保健所に収容されるペットは野良よりも、高齢者が世話をしきれなくなって保健所に持ち込むケースが一番多いと聞きます。それほど、高齢者とペットの問題は深刻だと感じます。ペットショップなどでは飼う側の家庭事情など知る事もなく販売してしまっているので、より拍車をかける事にも。高齢者にペットを渡す側の責任として、今後世話ができなくなった場合の案内等も一緒にするべきだと思います。そういう意味では、家庭環境などを把握した上で譲渡される保護施設のペットたちの方が将来的には幸せかもしれません。高齢者の代わりにペットの世話をする代行サービスは最近増えてきていますが、高齢者の中にはパソコンなど操作ができない方も多くそういうサービスがある事自体知らない方がほとんどです。ペットの寿命も10年以上が当たり前の時代になってきました。ペットの寿命を自分の年齢と照らし合わせ、入院した時など代わりに世話をしてくれる人はいるのか、ペットが寝たきりになった場合の事や高額な医療費を払えるか、飼う前にしっかりと考え、できないのであれば「飼わない」という選択も必要だと思います。
  • 40代 女性 ととりこさまんさ

    年齢に限らず、単身(独身)家庭にはペットを売らない・譲渡しないというショップやブリーダー、保護団体が少なからずいるのは、記事にあるケースが枚挙にいまがないからでしょう。実施、小柄なおばあちゃまがレトリバーを若いGレトリバーをお散歩させているシーンに出くわすと「大丈夫?」と感じてしまうのも本音だったりしますし、、、家族がいる・若い世帯でも、同様の問題(遺棄・養育放棄等)は起こっていますから、高齢者だからペットを飼うのはNGとは言いがたいように思いますが、愛犬を最期まで看取れるか?という現実問題を、最悪の場合も想定して、年齢に関わらず一人一人が真剣に考えることが大切ですよね。
  • 女性 mocmoc

    一人暮らしをしていた祖母が「毎日何も楽しいことがない」と言い始め、愛犬を連れて行ったところ、動物には癒しの効果があるのか、久しぶりにとても楽しそうに過ごす祖母の姿を見ることができました。
    大人しめの小型犬なら祖母にも世話ができるし、毎日の生活にハリが出るのではないかと思い勧めていたのですが、やはり気になるところは自身と犬の寿命でした。どちらかに何かあった時すぐに対応することができません。

    小型犬の寿命は年々伸びる傾向にあります。今までは10年生きたら立派だと言われていたけれど、今では15年、20年と長生きしてくれます。
    そうなった時、70代後半の祖母ではとても世話が続けられなかったと思います。

    里親募集のサイトでは条件として高齢者には譲渡できない、とするものも増えてきました。それに一人暮らしをしている人には、若い人でもお断りするという記述も目にしました。
    犬を迎え入れるということは、その時から命を預かるわけですから、責任を取れる万全の環境でないとならないんだと思いました。

    現在通っている動物病院には高齢のおばあちゃんが同じく高齢のわんちゃんを連れて通院しています。いつも獣医さんに「私が先か、この子が先か、悲しいけれどできればこの子が先だとありがたいわね。その後に私が追うようだわ」と話されているのを耳にします。とても厳しいことを言っているようですが、このおばあちゃんはとても責任感があるのだと感動しました。もし逆だった場合、このわんちゃんはどうなってしまうんだろうと考えた時にとても苦しく思いました。
    今でも元気に通院されていますが、獣医さんがとても人情深い方なので、もしもの時は動物病院で一時預かりをしてくれるようになっているそうです。
  • 30代 女性 ひまわり

    自分が高齢になった時に犬との暮らしを止めるか、と聞かれたら正直困ってしまうかもしれません。今犬と一緒に暮らしているからあまり考えることも有りませんでしたが、もし高齢になって一人になったら、出来ればうちのこがそばに居て欲しいと思ってしまいました。(もちろん、寿命的にもそんなことはあり得ないのですが)もし高齢になった時のに犬を飼うと決めたら、先ずは犬が幸せになれるような形を考えたいと思います。
  • 女性 Poi

    犬が好きな人は、自分がいつまで犬を飼えるかということを一度は考えたことがあると
    思います。私も「一体何歳まで一緒に暮らしていけるかなあ」と考えたことがありますが、ある程度の高齢で犬を飼う場合は、将来のことまで考えておかないと、犬も可哀そうだと思います。ただ、自分は何歳まで生きるかなんて予想できないので難しい問題ではあると思います。切ない問題ですね・・・。
  • 40代 女性 てと

    わたしもいつまでなら犬を飼っていてもいいのかななんて考えることがありますね。保護施設なんかでもやはり高齢者には犬を譲ってくれない、または高齢者が何かあった時に後継者となる人がいることなど色んなルールがありますよね。高齢者で一人暮らしだと動物は心の大きな支えになると思いますが、命ある動物を飼うにはとても大変なんだろうと思います。今はペットホームステイなんていうものもある様なのでこういう事業を利用するのも良いかもしれないですね。
  • 50代以上 女性 匿名

    飼い主が高齢者と言えども、60代と80代では、身体の動き方等が、まるで違い、ひとくくりに高齢者と考えて譲渡を断る所が多い様に思いますけど、
    そこは、もう少し、寛容に考えて、譲渡条件を広げても良いと思います。
  • 40代 女性 ハニーママ

    ペットと共に入院できるホームが増えて欲しいです。自分には子供が居ないので、正直犬が生き甲斐です。もし歳を重ねても、できたら犬と共に生活したいし、そうできる為に今から元気に歳を重ねて行かれるよう、努力しています。歳のことだけ言えば確かに飼い主としての権利を主張するのは軽薄な考えかもしれませんが、若い人でも不慮の事故や病気、突然の転勤など、考えるべきこともあります。要は年齢とかではなく、その人の責任感の問題ではないでしょうか?若い、年寄りであるに関わらず、残した犬を幸せにしてあげられる財力や、その犬が残された後、人から大切にされる犬としての躾がされているのか?など、取り組むべきことは全世代である意味同じことだと思います。
    とにかく外国のように、自宅で生活するような体制で老後を送れるケアホームをもっと増やし、独居老人として悲しい最後を遂げずに済むような、先進国としての対応が国の政策としてなされていくことを熱望します。税金はどんどん上がっていくのに、国民の老後の保証は下がって、ただお荷物のような扱いを受ける世の中。それでは悲し過ぎます。若い世代も明日は我が身なのです!
  • 女性 A

    高齢者でペットを飼う!というのはう~んという感じで、なかなか難しい問題です
    ね。子犬の頃から飼うという場合は、飼い主さんにも犬にもかなりの負担になると
    思います。ご家族が周りにいる環境であればきっと違いますね。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。