アトピカの使用感について 【アトピー症状に有効】

【獣医師監修】アトピカの使用感について 【アトピー症状に有効】

お気に入りに追加

皆さんは、ご自身の愛犬のアトピー症状に悩んだことはありますか?犬のアトピーを治すためには「アトピカ」が有効です。今回は、その「アトピカ」を私の経験談から記事にまとめていきます。

6358view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

なぜアトピカを選んだのか

薬

「アトピカ」とは、犬のアトピー性皮膚炎、自己免疫疾患に有効な薬です。
数あるアトピー薬の中で、なぜ私がにアトピカを選んだかというと、非ステロイド剤でフック作用の負担が少なく、愛犬のアトピーを治す時の身体へのダメージを減らすことができるためです。

私の愛犬は、ある時、動物病院でアトピー性皮膚炎だと診断を受けました。
発祥した当時は犬の皮膚病のことなど全く知る由もなく、とても軽く考えていました。そして、私はそのとき愛犬の異常に気づいてあげることができませんでした。

あれは、愛犬がアトピー性皮膚炎を発症してから少ししてからのことでした…。
ある日突然、テーブルの脚やドア、ケージの角などに仕切りに身体を擦り付けるようになりました。
初めは何をしているのか理解できず、新しい遊びでも身に付けたのだろうか?と、軽い気持ちで放置していました。ですが、それは私の思い違いだったのです。

いつものように愛犬がすり寄って来たときのことでした。
身体を撫でてあげようと手を伸ばしたときです。
愛犬の背中に何か皮のようなものがついている…。

不思議に思い、愛犬の毛の下に手をいれてみると、皮膚がカサカサに乾いてしまっていました。
違和感を感じて毛をかき分けてみると、愛犬の背中はカサカサに乾き、皮膚が少し剥けて赤みがかってしまっていました。

その時にようやくピンときました。
机の脚やドアに身体を擦り付けていたのは、遊びなんかではなく、身体が痒くて我慢できなかったのだと。

私は急いで愛犬を連れて、病院に走りすぐに診察してもらいました。
待ち時間には、『どうしてもっと早くに気付いてあげられなかったのだろう』と不安と後悔の気持ちでいっぱいでした。
診察が終わり、獣医さんが処方箋と一緒に薬を差し出してきました。
その時処方して頂いた薬、それが「アトピカ」でした。

アトピカの他にも薬を見せて頂いたのですが、使用した他の方からのクチコミもあり、アトピカを選びました。

これが私がアトピカを使用し始めた経緯です。

「アトピカ」の使用感について

毛布にくるまるピンシャー

薬の説明書きによると、アトピカは、使用開始から約一ヶ月程度で効果が現れ始めてくるようです。(実際に私の愛犬も、同様の期間で効果が出始めました。)

この薬の効果的な使い方はというと、まずは使用開始から一ヶ月間は、毎日一回この薬を使用します。
因みに、犬のアトピーの場合、顔や耳、お腹や脚の付け根などに症状がでやすいようです。

薬を与えるタイミングは、昼頃が丁度いいと病院で勧められたので、昼に与えていたのですが、この薬は餌と一緒に与えてはいけないとの説明を受けました。

なぜ餌と一緒に与えてはならないかというと、餌と一緒に与えてしまうと薬の効果にばらつきが出て効きにくくなってしまうためだそうです。

そして、アトピカの使用感なのですが、簡潔に言うと使いはじめてよかったと思っています。

薬がなければ二日程度で皮膚に赤みがさし、カサカサになってしまう状態だったのですが、飲ませ始めてからは大分改善されて、とても助かりました。

薬の使用後には、日に日に愛犬の皮膚が良くなっていくのが目に見えてわかりました。
アトピーを発症して痒がっていた頃と比べても、痒みを気にせず生き生きと遊び回れるようにまで回復しました。

薬の服用後半の頃には、徐々に薬の量を減らしても皮膚に赤みがさし、テーブルの脚などに身体を擦り付けることもなくなっていきました。
皮膚のかさつきも次第に気にならなくなり、元の健康的な皮膚に近付いたときはとても安心しました。

これは個人的な考えなのですが、薬の服用と共に、愛犬の身体を清潔に保つことも必要だと思いました。
部屋の掃除をしてホコリなどを無くすことで、敏感になった皮膚を保護することができます。

個体差はあるとは思いますが、少なくとも悪化させないためにも多少の工夫は必要だと思われます。

まとめ

立っているピンシャー

最後に、アトピカについてのまとめをします。
これはアトピカに限らず、すべての薬において言えることなのですが、副作用のない薬というものはまずないといってもよいでしょう。
薬を服用するということは、同時に副作用の心配をしなくてはならないということでもあります。

アトピカを使用する際に心配されるのは、消化器症状です。

使用しはじめの1、2週間の間にアトピカが犬の腸を刺激してしまい、食欲不振や下痢や嘔吐などにつながってしまうこともあります。

ですが、副作用の心配ばかりをしていては治療は施せません。

副作用の恐れも頭の片隅におき、薬を使用することが大切なのです。

アトピカとは、難治性のアトピー性皮膚炎の症状を緩和し、免疫を抑制してくれる薬です。
犬の身体への負担を極力減らせる薬で、犬の健康面にもしっかり配慮された薬品となっていると思います。

アトピカには大きさの違う、10㎎,25㎎,50㎎,100㎎の4種類があります。
アトピカは皮膚の炎症によく効きますが、反対に体質にあわなければ悪化を招くこともあります。
使用の際には、薬剤師、または獣医の説明をよく受けてから使用することをおすすめします。

薬をあまりにも飲みたがらない場合は、市販の犬用ゼリーやドックフードに混ぜてみるといった方法があるので、試してみるとよいでしょう。

そして、アトピーとは室内の乾燥からも起こりやすいと聞きました。
そのため、一度アトピーを発症してしまった場合は加湿器等で室内を潤してあげるのも効果的だそうです。

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 38moto

    幸いにして愛犬は今までアトピーになったことがないのですが、アトピー性皮膚炎の原因は、皮膚機能の低下、アレルゲン、犬種の遺伝、などいつ発症するかわからないと知り、急いで愛犬の皮膚を確認しました。

    アトピカは免疫抑制作用があることから、アトピー性皮膚炎以外の自己免疫疾患にも効果があります。人間用でも存在する薬ですがアトピカは犬猫用に作られているので安心です。効果も高い評価があります。
    免疫抑制剤のため、投与している間はワクチン接種が受けられませんので、副作用の他に感染症にも注意しておかなくてはなりません。自己免疫機能を低下させるので、投薬治療が落ち着くまではあまり出歩かせない方が賢明です。

    アトピカは値段も高いお薬なので、長期治療になると経済的にも厳しくなってしまいます。効き目が出るまで時間がかかるので、様子を見るだけでも一か月は投与しなくてはなりません。
    アトピカにはジェネリックも存在するので、獣医さんと相談の上、使用するのも良いかと思います。
  • 投稿者

    40代 女性 キウイ

    愛犬がたまにアトピー症状が出ます。これまでステロイド剤で短期で収まるため、服薬での治療をしたことがありませんので、アトピカについて興味がありました。季節性のアトピーには向かないとありますので、うちの愛犬のケースには適さないのかもしれませんが。
    動物病院の獣医さんの指示を鵜呑みにして一度犬に辛い思いをさせてしまったことがあるので、自分でも改めて調べたりする必要性を痛感したことがあります。犬は言葉がしゃべれませんし、自身の体調を細かに説明してくれませんので、病気治療で投薬する場合は、副作用についてや、服薬中の禁忌事項などきちんと把握して与えることが飼い主の責任です。
    またアトピカにはジェネリック医薬品もあるようです。でも私自身が人間用の医薬品で、ジェネリックを選択して具合が悪くなってしまったことがあるのですが、犬の場合はどうなのでしょう、心配です。
  • 投稿者

    30代 女性 ひまわり

    うちの犬も軽いアトピー性の皮膚炎持ちなので、肌のケアには気を使っています。一通り読みましたがアトピカ、良さそうですね。特に非ステロイド剤な点が体の負担が気になるチワワにはピッタリかもしれません。先ずは獣医さんに相談してみたいと思います。
  • 投稿者

    女性 じょじょ

    犬にもアトピー性皮膚炎があるんですね。うちの犬は皮膚に炎症を起こしたことはありますが、アトピー性皮膚炎があることは考えたこともありませんでした。私自身がアトピー持ちなので、犬がそうなのか、と思うとつらさを察します。特に飼い主さんの心労はすごいでしょうね。アトピーは体調にも左右されますので、なにより健康体でいることが最善な気がします。季節の変わり目など、出やすい季節というのもきっとあるでしょうから早めに症状に気が付いてあげられるといいですね。私は軽いアトピーなので、ステロイド軟膏を使っています。やはり即効性があるし、ステロイドしか効かないんですよね。人間の場合のアトピーも研究が進んで治療もずいぶん変わってきているようですので、動物医学が早く追いついて来てほしいと思います。アトピーは程度によりますが、永遠に続きそうで地味につらいんです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。