愛犬にお水を与える時にミネラルウォーターを飲ませていませんか?

69685view

愛犬にお水を与える時にミネラルウォーターを飲ませていませんか?

愛犬にお水を与える時に、どんなお水を飲ませていますか。水道水、ミネラルウォーター、浄水器を通したお水など、いろいろなお水の種類があります。動物が生きていく上でかかせない水分、その成分と量についてちょっとだけ考えてみませんか。

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

犬にミネラルウォーターを飲ませていいの?

愛犬の健康を考えて、犬が口にするものに人間と同じように気を配る飼い主が増えてきた昨今、その中で「犬にミネラルウォーターを飲ませるのはよくない」という話をよく耳にするようになりました。

よくないと言われる理由を調べてみると、直接的に健康に影響が有るわけでは無く、与えすぎるとミネラルウォーターに含まれる成分が蓄積されるという事が分かりました。

ご存じの方も多いでしょうが、「ミネラルウォーター」には「カルシウム」や「マグネシウム」が多く含まれています。これらを摂取し続けると、ミネラルの過剰摂取に陥り、結果的に、尿結石(膀胱結石)や尿結症を起こしてしまう恐れがあるからのようです。

しかし、一概にミネラルウォーターと言ってもいろいろな種類があり、その成分も異なります。例えば硬度の高いミネラルウォーターは、カルシウムやマグネシウムの含有率が高いため、与えない方が望ましいのですが、ミネラルの量が少ない「軟水」であれば、ミネラルウォーターであっても与えても大丈夫な部類だと言えるかもしれません。

安全な水を飲ませるために

まず、身近な水が、どのような水なのかを知ることが大切です。

ドリンクホルダー

水道水

水道水は、一定時間置いても衛生が保たれるように塩素を使ってコントロールしています。

その塩素が心配という方もいらっしゃるかもしれませんが、日本で使われている塩素の量は、今現在では安全面では問題ないといわれている量で、管理も行き届いています。

東京都の水道局では、水道水で金魚を飼っていて、高水準の水質管理をし、常に安全を確認しているそうです。

硬度も100mg/l以下です。水道水は、頻繁に飲み水を取り替えてあげられないような、お留守番の時間が長い犬に与えるには向いているのではないでしょうか。

どうしても、心配な方は、浄水器を通して飲ませるのもいいかもしれません。

ミネラルウォーター

コントレックス

一般に硬度は水に溶けているカルシウムとマグネシウムの量から計算されていて、含有量によって硬度をおおよそ3種類に分類します。

  • 軟水0~60ml未満
  • 中硬水60~120ml以下
  • 硬水120ml以上

そして、お店に並んでいるミネラルウォーターの殆どの商品には、硬度とph度、含有ミネラルの種類と含有量が表示されています。

先にも述べたように、ミネラルを取り過ぎると尿結石になるおそれがあります。その時に注意しなければならないのは、水分からの摂取だけではなく、毎日食べさせているものの全ての食材からの摂取量を念頭に置く必要があります。

つまり、カルシウムやマグネシウムはフードもおやつにも含まれているということです。取り過ぎをさけるためにも、出来るだけ含有率の高い、硬水はさけ、軟水にすることが望ましいでしょう。

こまめに飲み水の管理ができるのであれば、水道水よりも軟水のミネラルウォーターの方がよいといえるかもしれません。

奥大山の天然水

まとめ

犬の身体の60~80%が水分で出来ていると言われています。そして、その身体の健康を保つためには、適量の水を摂取することが大切です。

愛犬が1日にどれくらいの水の量を飲んでいるか知っていますか。その水分量が、1日に必要な水分量といわれている量なのかどうか、満たしているのか、不足しているのか、愛犬の適量を知ることで健康維持と管理をすることができます。

よく言われる計算式には次のようなものがあげられます。

  • 犬の体重×50~60ml
  • 犬の体重×0.75×135ml

算出量には、少し幅があるようですが、大体の目安にはなるでしょう。

私が飼っている愛犬の場合、7キロですので、それで計算してみた場合、おおよそ350ml~708mlが適量となります。最低でも350mlは、飲ませた方がよく、おおよそ700mlを超える水を飲んでいるようであれば、多飲とみなし、なんらかの疾病がかくれているかもしれません。

水を飲む犬

多少、個性もあり、食べさせるフードの種類(ドライなのか、ウエットなのか、セミウエットなのか、手作りなのか)によっても飲む量は変化しますし、生活環境、気温の変化、運動量、もともとの個々の個性(水をよく飲むのか飲まないのか)によっても左右されるので、きっちりとした分量を明記できませんが、普段の飲量などは、出来る範囲で把握しておくと、のちのち役立ちます。

そういった、水分摂取量も踏まえたうえで、愛犬に与える水をできるだけ良い状態で、身体に良いものを与えてあげることができれば、健康維持につながるのではないでしょうか。

いままで何気なく与えていたお水も、こうやって考えると、ちょっと見方が変わってくるかもしれません。そして、お店で売られているミネラルウォーターを飲ませる時は、是非、品質表示をチェックしてみてください。犬だけでなく自分が飲む時にも参考になりますし、おもしろい発見もあるかもしれません。

愛犬のためにとあれこれ考えて悩んでいると、だんだん頭がこんがらがってきちゃいませんか、何事も楽しんでみてください。

平松育子先生

記事の監修
  • 獣医師
  • 平松育子先生
  • (ふくふく動物病院 院長)

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 40代 女性 こみゃこ

    我が家では、基本は水道水です。非常用に犬用ミネラルウォーターを常備しています。ミネラルウォータが期限切れ近くなると、ミネラルウォーターを飲ませています。
    それに、散歩中に飲み水が切れかけたり、忘れてしまった場合に、もちろん軟水のミネラルウォーターを自販機で買って飲ませています。
  • 40代 女性 RIRIKA

    ミネラルウォーターをあげるのは、水道水より良いことかと思ってました??でも軟水のミネラルウォーターだったら良いのですね。でも普通の水道水の方が微量の塩素のおかげで長持ちするとありました。お得な水道水がいいですね。
    1日に必要な水分量の計算式があり、うちの子の場合も計算してみました。今まで知らなかったので参考になります。
  • 30代 女性 チョコママ

    愛犬に硬水を与えることはほとんどありませんが、外出先で選択肢がない時はペットボトル入りのミネラルウォーター(軟水)も与えます。それ以外は、数分煮沸して冷ますか、汲みおいて残留塩素を揮発させた水道水を与えています。
    幸いにも富士山の伏流水が湧き出る地域にいるので、源泉は名水100選のひとつです。水分の摂取は人間のみならず、犬にとっても重要ですね。運動後や夏の暑い時期はもちろん、エアコンディショナーで乾燥しがちな室内や、外気が乾燥している寒い時期も注意が必要だと考えます。
    愛犬の飲料を増やしたい時には、水にちょっとだけ無調整の豆乳や無糖のヨーグルトを小さじ1杯程度入れて香り付けをして飲みやすくしています。また、飲料が極端に少なかったり、逆にがぶ飲みして、病気の兆候がないかも観察する目安にしています。
  • 40代 女性 匿名

    水道水を汲みおきして一晩経ったものを与えてます。それが良いのか何も変わらないのかはわかりませんが…。
    飼い始めはミネラルウォターなど、体に良さそうな水を与えたほうが良いのかと思いましたが、大震災が起きた時、ミネラルウォターが手に入らなくなり、それしか飲めなくなってしまったら大変だ!
    と思い、水道水にしました。
    臭いに敏感なワンコが、どんな水でも飲めるようにしておいてあげなきゃなぁと思いました。
  • 女性 ろん

    日本人は水に恵まれていたため、飲料水の知識が他国に比べ低いんだとか。
    普段浄水器を通した水か市販の軟水を与えています。わんこごはんが手作りのため浄水のほうがおいしいかな?となんとなく使っているのですが、筆者さんの仰る通りお水がこまめに替えられない場合は水道水原水をセットするのが良いと思います。塩素が入っているとはいえ、雑菌の繁殖しにくいお水だと思うので。一番怖いのは冷蔵庫から出したてのお水。日が経っていたり冷えていたりすると、わんこにとってはお腹を壊す原因になりかねないと思います。
    うちの子はお水飲みよ~とアプローチしないと全然飲んでくれません。人間と同じく体のめぐりに関係してくると思うので、適量分自分で飲んでくれると助かるのですが。
  • 30代 女性 はなぽん

    愛犬にとってお水とフードはかかせないものですので、正しい知識が必要ですね。犬の体の60~80%が水分でできているとこちらの記事で初めて知りました。のどを潤すためにも体温を下げるためにも常時与えるものだからこそ、気をつけなければと改めて感じました。
    うちのわんこはミニチュアシュナウザーなのですが、犬種として遺伝的に尿路結石ができやすいそうです。わんこの病気は症状がわかりにくいものも多く、そのため早めの発見が難しくなることもあります。が、尿路結石などは一度なってしまうと再発の可能性がとても高い病気なので、日常から可能な限り予防をしてあげたいと思います。
    本当に様々な情報があり、時には迷うこともありますが愛犬との生活を安全に楽しいものにするために我が家もがんばっていきたいと思います。
  • 50代以上 女性 ポッポ

    先日ヒカルランド主催のBunBun210と言うお水のセミナーに行って来ましたが、その中の参加者の方が13歳の小型犬を飼っているのですが目ヤニが出て仕方がなかったのですが、BunBun210をふりかけると嘘のように綺麗な目になってきて、それからワンチャンから毎朝そのお水のを顔に噴霧してくれとせがまれているとの事。それからそのBunBun210をお水にワンプッシュすると余り飲まなかったお水を飲んでくれるようになったと話していましたので、私も試したところ私のパル(12歳のダックスです)も日に日に元気になりました。本当にいいお水に出会えました。
  • 30代 女性 ポンちゃん

    ミネラルウォーターは、よろしくないということは、我が家の犬を飼った当初から知ってました!
    でも軟水なら大丈夫ということですので、災害等で水が出ないときのために犬用の軟水を常備しておこうかなと思います。
この記事をシェアする
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。