『優しくて温厚な犬種』4選

『優しくて温厚な犬種』4選

この記事では「『優しくて温厚な犬種』4選」をテーマに、優しくて温厚なワンちゃんたちを紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

優しくて温厚な犬種1:フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグ

まず、紹介するのが丸いフォルムに可愛らしい姿のフレンチブルドッグです。フレブルという愛称で親しまれています。フレブルの性格は基本的にはとても静かで穏やかです。知らない人が近づいても寄って行くことが多々あるため人間のことが大好きな温厚な犬種であるといえます。

また、他のワンちゃんや人の影響を受けやすいことから根気強いしつけが必要な場合もあります。ほとんどのフレブルは吠え癖がつきにくいですが、ワンちゃんの性格や環境によっては鳴き声で悩まされることもあります。そういった際もしつけが必要になります。

フレブルと暮らす際の注意点ですが、短頭種であるためマズルがとても短いことから短頭種気道症候群やその原因となる肥満などに十分な注意が必要です。また、今回はフレブルを紹介しましたが、同じ短頭種であるブルドックやパグも優しくて温厚な犬種です。

優しくて温厚な犬種2:パピヨン

パピヨン

パピヨンも優しくて温厚な犬種です。パピヨンは人懐っこいで飼い主さんなどの親しくなった人と遊ぶことを好みます。

また、賢いため注意することにより簡単にしつけをすることが出来ますが、その反面しつけをしないことにより無駄吠えをしたり問題行動をすることもあるため、パピヨンと暮らすことになったらメリハリのある接し方をした方が良いと思います。

優しくて温厚な犬種3:ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザーも遊ぶことが大好きな優しい犬種です。

しかし、温厚な性格とはいえ頑固な一面もあります。問題行動として、無駄吠えや噛み癖をよくするため、その時は注意をしなければいけませんが注意の仕方によっては理不尽であると感じ、その後なかなか寄り付かなくなることもあります。そのため、一般的に上級者向けのワンちゃんといわれています。

ただ、ダラダラとではなくメリハリのある接し方をし、常に愛情を注いで暮らすことを心がけていたらその他の犬種と変わらずに仲良く暮らせるかと思います。

優しくて温厚な犬種4:レトリバー

ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバーのレトリバーといわれる大型犬も優しくて温厚な犬種です。

大きいからといって攻撃性があるわけでもなく、優しく従順なため飼いやすく小さなお子様がいるご家庭でも一緒に暮らせます。ただし、体も大きくいたずら好きな性格である場合も多いためしっかりとしたしつけをする必要がありますが、力も強いためしつけをする際はよく注意する必要があります。

穏やかで一緒に暮らしやすいワンちゃんですが、飼い主さんに力の自信があまりないようでしたらしつけや管理を怠らないようにしなければいけません。

まとめ

パグ

今回は一般例として優しくて温厚な犬種を紹介しましたが、これ以外にも性格や環境によって優しいワンちゃんはたくさんいます。また、家族の一員として愛情を注いで一緒に暮らすことによりどのようなワンちゃんでも優しい性格の犬になると思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。