麻薬探知犬について

麻薬探知犬について

お気に入りに追加

空港や港等に配置され、国内に拡大する麻薬類を水際で阻止する麻薬探知犬。そんな彼らの仕事の具体的な内容や、向いている犬種等を詳しく紹介させて頂きます。

16980view

麻薬探知犬とは

空港

空港で遭遇したハイテンションコンビ

今から2年ほど前の事です。私がとある国に海外旅行に行った際、行き先の空港の荷物受け取り場で、ベルトコンベアに乗って流れてくる自分の荷物を待っていました。そこに突然どこからともなく職員らしき人が「大きなワンコ」を連れて現れたのです。

「何が始まるんだろう?」と思っていたら、そのワンコは非常に楽しそうに尻尾を振りながら、その場にいる人やベルトコンベアの上に飛び乗って、荷物の匂いをクンクン嗅ぎ回って歩き始めたのです。
そして空港の職員さんも、そのワンコに対して「グット!グットボーイ!」とニコニコしながら頭を撫でながら、歩きまわっていました。そんな職員さんのテンションもあり、非常に高くて呆気にとられたままその一部始終を見守ったのです。

それから少しして、その時のワンコと職員さんが「麻薬探知犬」とそのハンドラーさんだと分かったんです。

この「麻薬探知犬」は、国際空港などの税関で集められる沢山の荷物の中から、覚せい剤や違法ドラッグといわれる麻薬の類いを、得意の鼻を活かして嗅ぎ分けて見つけ出して、麻薬類の密輸入を防止する役割をしているワンコの事を言います。

私がたまたま出会えたこのワンちゃん、実はとてもすごい犬だったんですね! そんな体験もあり、今回は世界中で活躍している「麻薬探知犬」についてまとめて行きたいと思います。

どんな犬種が向いているのか

海外ではビーグル犬

ビーグル犬

麻薬探知犬として活躍している主な犬種としては、海外ではビーグル犬が多く活動しているようです。
ビーグルが選ばれる理由として、犬種の中でも抜群な嗅覚を持っていて、高級食材であるトリュフ探しにも参加している程、優秀な鼻をしているからなんです。
ただその反面、大変に活発で遊び好きで、少々落ち着きのない一面もあるので、中には麻薬探知の際に、人によっては遊んでいるように見られるのだそうです。

日本ではレトリバーやシェパード

シェパード

一方で日本では、職業上いかなる場合でも真面目に仕事に取り組んでいる姿勢を見せるタイプが好まれるので、陽気なビーグル犬よりも生真面目で淡々と仕事をこなす、レトリバーやシェパードを採用する事が多いそうです。

特にこの犬種が選ばれる理由として、物怖じしないこと、むやみに攻撃的ではないこと、おもちゃなどに対し独占欲が強いこと、などがあるからとされています。

この2つの犬種といえば警察犬や盲導犬としても活躍していますが、賢いだけではなくて見るからに真面目に仕事をこなすタイプの子が選ばれるのが、なんとも日本らしいですよね?

麻薬探知犬のお仕事

水際で麻薬の密輸を食いとめる

麻薬イメージ

日本における麻薬探知犬の歴史は、昭和54年にアメリカから連れこられた2頭が成田空港に配置されたことから始まりました。
そして現在では全国の主要な空港や港、郵便局等にまでと配置が広がって、沢山の麻薬の摘発を手助けしています。

麻薬探知犬の一番の仕事は、水際で麻薬の密輸を食い止めて、国内への麻薬の拡大を防ぐ事なんです。

2種類に分かれて活躍する

先程にも挙げましだが、麻薬探知犬の主な仕事は麻薬の密輸を食いとめる事ですが、そこから「アグレッシブドッグ」と「パッシブドッグ」の2種類に分かれて活躍しています。

アグレッシブドッグとは?

アグレッシブドッグの役割は、空港などで流れてくる荷物から麻薬の匂いを感じると、即座に対象物に攻撃をかけ、相方であり探知犬を操縦する主人であるハンドラーさんに知らせる仕事をします。

事前にシッカリと旅客の荷物や貨物、郵便物に隠されている麻薬の匂いを探知できるようトレーニングされているんです。以前は麻薬の入った荷物を爪で引っ掻いて知らせていましたが、中身に爆発物も入っていた場合、衝撃を与えて事故にならないよう大人しくその場所で待機する訓練がメインとなってきました。それがのちのパッシブドッグになります。

ハンドラーとは?

麻薬探知犬の育成と訓練を行う麻薬探知犬訓練士のことです。国家公務員の資格を持つ東京税関職員です。犬を相手にすることから、忍耐力のある人、犬の体調か精神状態などの変化を感じ取ることのできる人、訓練は体力を必要とするため、基礎体力のある人、気持ちの切り替えをしっかりできる人、などが向いているとされています。

パッシブドッグとは?

対してパッシブドッグの役割は、荷物や貨物から麻薬の匂いを感じると攻撃するのではなく、その場に座り込んでハンドラーさんに知らせる仕事をします。
もちろんこちらも旅客の手荷物等に隠されている麻薬を発見するように厳しく訓練しています。

引退はどれくらい?

麻薬探知犬の任期は平均7年前後と言われてます。
そして探知犬を引退した後は、ずっと共にパートナーとして過ごしてきたハンドラーさんと暮らすことが多いようです。
引退後には主人と引き離されて、幼少期を過ごした家または専用の施設で穏やかな余生を送る盲導犬とは違い、ずっとパートナーと一緒に過ごせるのは探知犬としては嬉しいでしょうね!


麻薬探知犬は遊び好き?

走るシェパード

遊びながらトレーニングをする

なぜ探知犬が器用に麻薬を探し出せるかわかりますか?

実は、トレーニングの時に対象物の中から麻薬の匂いを見つけて知らせると、ハンドラーさんが大好きなオモチャなどで楽しく遊んでくれるからなんです。
それゆえに発見後にする遊びに飽きてしまうと、途端に探知する意欲はガクンと落ちてしまい仕事に支障が出でてしまう事もあるんです。

ハンドラーさんのアイデアも大切

だから探知犬の意欲を常に保つために、ハンドラーさん達は工夫をこらして遊びに付き合います。
そして遊びが楽しければ楽しいだけ、探知犬は遊びを楽しみにして麻薬を必死に探し、自然と集中力が高まるので、僅かな麻薬の匂いも見逃さない優秀な探知犬に成長するんです。

仕事をこなしながらも、探知犬の為に毎回新しい遊びを編み出すハンドラーさんは本当に立派ですよね!

まとめ

薬と犬

麻薬探知犬は、空港や港に配置されて各所から送られてくる膨大な荷物や貨物、更には郵便物に至るまでをトレーニングされた嗅覚で探し出して、国内に蔓延される麻薬の魔の手を水際で阻止する仕事をしています。

そして仕事のモチベーションを上げる為の遊びを楽しませるように、ご褒美代わりの遊びのアイデアを考えるハンドラーさんも一緒になって頑張り、優秀な探知犬として成長し、活躍していくんです!

もしかすると、優秀な麻薬探知犬ほど、遊び好きなのかもしれませんね!

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 mimi

    人間も仕事をする上で、モチベーションを上げる事はとても大切です。そして、犬も遊びと仕事のバランスを上手にやっているのだと思いました。だからこそ、仕事を立派にやり遂げるのですね。
  • 投稿者

    40代 女性 patata

    よくテレビ等で見かける麻薬探知犬、彼らを見ていてとても辛い訓練をしているんだろうな~なんて想像していましたが、ハンドラーさんのアイディア等で楽しみながら訓練をしているなんて、びっくりです。犬の好奇心を向上させながら訓練するなんて凄いです。レトリバーやシェパードだけじゃなく、MIX犬などの他の犬種の麻薬探知犬も増えたらいいのになんて思います。
  • 投稿者

    40代 女性 ちえ

    記事によると、麻薬探知犬はとても楽しそうに仕事をしているとのことでしたが、実際は神経を集中させてとても疲れる仕事だと思います。だからこそ、楽しくハンドラーさんがテンションを高めにしているのでしょうね。災害救助犬にしてもそうですが、人の手が行き届かない繊細な場面でこうしてワンコ達がほぼ7年という限界の過酷な仕事をしてくれることに感謝したいです。
  • 投稿者

    40代 女性 ろちゃん

    麻薬探知犬といえば、警察犬、盲導犬とならんで、犬のお仕事の有名どころですよね。でも、詳しいことはよくわかっていませんでした。私もちょくちょく空港は利用しますが、いまだにお仕事中の麻薬探知犬に出会ったことがありません。同じお仕事をするのでも、二つのタイプの探知犬がいるのですね。海外と日本とでは採用される犬種が違うことなどは、ちょっと笑ってしまいますね。いろいろ工夫をこらして遊ばせながら訓練される人にも、重要な任務に取り組む探知犬にも頭が下がります。
  • 投稿者

    20代 女性 ikku

    空港などての麻薬密売を阻止するために麻薬を見つける麻薬犬すごいですよね!わたしは実際はまだ見たことがないのですが、相当な訓練を経てこのように事件を未然に防ぐ仕事を立派にこなしてわんちゃんはエライと改めて思いました。日本ではラブラドールやシェパードが多いですが外国ではビーグルなどと向いているわんちゃんも違うのだとおもしろく感じました。ですが、このような仕事をしなくても済むような世界になってくれることが1番ですね。
  • 投稿者

    40代 女性 まろまま

    911のテロの後でもあった、十数年前のホノルル国際空港にて遭遇しました。
    ジャックラッセル・テリアのわんちゃんがシッポを振り振り、楽しそうにお仕事してましたよ。
    筋肉隆々の強面ハンドラー女性警官の方が厳しく回りを見渡す中、実に誇らしげに、かつ笑顔(ワンちゃん特有のあの笑顔ですよ)でお仕事されてました。
    (@^^@)/
  • 投稿者

    20代 男性 go

    以前オーストラリアのメルボルン空港で、税関チェックで並んでいたらビーグル犬2頭が行列脇をクンクンしながら仕事をしていました。またスーツケースなどの荷物が流れてくるベルトコンベアの上もチャッチャカ小走りに仕事していました。その時はビーグル犬が麻薬探知犬に向いているとは知らなかったので、ずいぶんかわいい犬を訓練したもんだなぁなんて思っていましたが。日本にいると、警察犬はシェパードというイメージがありませんか?こちらまで緊張しそうな大きな犬です。なので、メルボルン空港でのビーグル犬は、まるでゲームでもしているかのようにお仕事というよりむしろ楽しそうに見えました。剛健さや頼もしさは雰囲気からは感じられませんでしたが、空港の利用客に威圧感を与えなく、むしろ微笑ましく眺めてしまう光景でかえって良いのかも知れませんね。
  • 投稿者

    女性 ひつじ

    以前グアムに旅行で行った時、空港で麻薬探知犬を見ることがありました。お仕事している姿はとても勇敢でかっこよかったです。いつも思うのですが、麻薬探知犬はよく訓練されているので、どうやってこのように賢く、よく働く犬になるのかと不思議に思っていました。ハンドラーさんが楽しく根気強く教え込むようですが、ハンドラーさんのお仕事は素晴らしいですね。私が空港で見た麻薬探知犬はシェパードでしたが、記事を読んでみると意外にもビーグルが優れているようですね。ビーグルが抜群の嗅覚を持っているなんて驚きでした。トリュフ探しにも向いているのですね。友人がビーグルを飼っているのですが、あまり落ち着きの無い犬なので(笑)、麻薬探知犬のイメージではありませんでしたが、働く犬は素敵ですね!
  • 投稿者

    女性 colo

    麻薬探知犬はテレビのなかでしか見たことがなく、実際にはどのような状況で仕事をしているか気になります。やましいことがなくても、探知犬に自分の荷物を嗅がれてしまうとどきどきしますね。

    一般的に日本ではシェパードとラブラドールが多いですね。海外ではビーグルやスプリンガースパニエルも活躍しています。
    犬のなかでもビーグルの嗅覚は特に優れているので、麻薬探知の他に検疫探知の方でもお仕事をしています。

    麻薬探知犬というと、扱うものが危険なものなので健康被害があるのではないかと心配になってしまいますよね。実際麻薬探知犬の寿命は7~9年ほどで10年に満たない子も多くいます。これは、探知犬に使われる犬種が大型犬なので比較的短い寿命が多いためです。決して中毒などが原因ではありません。
    常に神経を研ぎ澄ませる仕事なので、愛玩犬に比べたら疲れるお仕事でもありますね。
    もちろん麻薬探知犬にも休日はあります。健康診断も行い体調管理はしっかりしているそうです。

    人間だけでは防ぎきれないことを犬が防いでくれるなんて、昔から犬にはたくさん助けられていますね。
  • 投稿者

    女性 あゆ

    オーストラリアへ旅行した際に、ビーグル犬が空港で大活躍しているのを見ました。日本ではビーグルといえばかわいいワンコですが、立派に税関で荷物をクンクン、お仕事をしている姿を見てビーグルのイメージが一変しました。
    それにしても犬の特異な能力で私たちの生活は守られていると思うと、それを見つけ出して利用している人間もすごいですよね。もちろん犬もすごいです。
  • 投稿者

    女性 栗

    麻薬探知犬、空港で遭遇したことがあります。何も後ろめたいことはないのに、なんだか緊張しちゃいました。やっぱりビーグル犬でしたよ。あ、ビーグルがいる!と犬好きなので喜んでいたらお仕事中でした。ビーグルのお仕事犬がいるなんて知らなかったので驚きました。てっきりああいうお仕事はシェパードとかがやるもんだと思っていたので。
  • 投稿者

    10代 男性 RK

    麻薬探知犬って凄いですね。色々とためになりました。
    宿題のアイデアになりました。色々と知れました。
    くどいですが色々とためになりました。
  • 投稿者

    10代 女性 イミンホ

    私も犬が大好きでドッグトレーナーについて勉強中なのでみんなの誇りになれるように頑張ります
この記事をシェアする
LINExわんちゃんホンポ(友達に追加する)
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

麻薬探知犬についての意見を聞かせてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。