犬に大根を食べさせても大丈夫!皮や葉にも栄養満点

40205view

犬に大根を食べさせても大丈夫!皮や葉にも栄養満点

大根は、ワンコの体の調子を整え健康維持に役立つビタミン、ミネラル、そして貴重な酵素も豊富。濃い緑の葉っぱと、白い根の部分それぞれに栄養特性があり、それらを十分に生かす与え方も異なります。今回は犬に大根を与えることについて紹介します。

大根

犬に大根はOK

ワンコは雑食と言いつつも、肉食向きな体のつくりなので、野菜はあまりうまく消化できません。大根も同様。

でも、あげ方を工夫すれば、大根ならではの有効な栄養素を摂取することもでき、健康維持に役立ちます。

犬に大根をあげるというと驚く人もいますが、量やあげ方を気をつければ、大根の白い根の部分だけでなく葉っぱも、愛犬の健康管理に良い食材です。

特に根の白い部分は、低カロリーで水分も多い淡白な野菜ですが、ミネラルや酵素など微量栄養素が摂取できるという点で、ワンコにも貴重な食材と言えます。

大根をあげても良い理由いろいろ

刻んだ大根

ワンコの体の浄化を助ける大根

大根の皮をむいた白い部分の90%は水分

最近の栄養学では水は第六の栄養素と呼ばれるくらい重要視されています。水分を多く含んでいれば、おいしく食べながら体にたっぷりの水分も同時に供給してくれます。

カリウムが豊富

利尿作用を促進し、それによって体にたまった老廃物を排出させます。ドッグフードは良質なものでも、どうしても添加物が含まれます。定期的に大根を与えることで体内のリセットにつながりそう。

イソチオシアナート=血液サラサラ成分

大根には血液をサラサラにする成分があり、ドロドロ血液によって作られやすい血栓の予防になります。利尿作用と共に体内の老廃物の排出に役立ちます。

様々な酵素

白い根の部分にはでんぶんを分解する「ジアスターゼ」、タンパク質を分解する「プロテアーゼ」、脂肪を分解する「リパーゼ」が含まれ、消化を助ける働きがあります。これらは熱に弱いので、ナマの状態で生かされます。手作り食で、お肉などのタンパク質に合わせると良いでしょう。

葉に含まれる栄養素

濃い緑色の葉っぱには、根の部分よりさらに多いカリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、そしてベータカロテンが豊富に含まれます。カルシウムは言うまでもなく骨や歯の組成に欠かせません。
また、ベータカロテンは体内でビタミンAに変わり、視覚や粘膜を健康に保ち、成長や代謝を助け、免疫力の維持・向上に役立ちます。

食物繊維が豊富

便秘気味の時など、便の排出をスムーズにします。

あげる方法

大根をあげるときのポイントをまとめてみました。

葉は加熱して、根は生で

葉に含まれるベータカロテンは油によって吸収が高まるので、油炒めなどにすると良し。根の部分は熱に弱い酵素が含まれているので、酵素の働きを期待するなら生で与えるのがお勧め。

それぞれに含まれる栄養の特性から、より効率的に吸収するための調理法が異なることを覚えておきましょう。

根は葉に近い部分を使用

根はしっぽのほうに近い部分ほど辛みが強いため、葉に近い部分を使用のこと。ただし、全体的に辛味の強い大根もあるので、まずは飼い主さんが味見して確かめましょう。

消化の負担にならないよう細かく

葉は細かく刻み、根は大根おろしに。皮はそのままだと固いですが、皮に近い部分は栄養素が豊富なので皮ごとおろすことで消化の負担を軽減できます。油炒めした葉はフードプロセッサーなどでペースト状にするのもよいでしょう。

気をつけなければいけないこと

あげすぎないこと

大根に含まれる辛み成分は胃腸を刺激するので、あげすぎるとお腹をこわしてしまいます。ワンちゃん個々によって適量は様々です。また、犬によって好き嫌いもあるでしょう。犬の体の大きさにもよりますが、生の大根おろしをあげる場合、最初は小さじ1杯程度をフードや手作り食に加えるなどして、便や体調の様子を見守りましょう。

甲状腺機能に問題のあるワンちゃんには要注意

大根はキャベツやカリフラワーなどと同様、アブラナ科ですが、アブラナ科の野菜に含まれるゴイトロゲンという成分がヨウ素の吸収を阻害するため、ヨウソを必要とする甲状腺ホルモンの分泌に影響して甲状腺に負担をかけることになります。甲状腺機能に問題があるワンちゃんの場合は、獣医さんと相談のうえ、与える与えないの判断をしてください。

まとめ

子犬

大根はワンコの体を正常に保つために必要なミネラルや酵素が豊富に含まれていますが、与える時に気をつけたいのが部位別の調理法や量。

量についてはちょっとばかしイタイ経験があります。

我が家の小型犬は、キャベツの芯や白菜、そして大根など歯ざわりの良い野菜が大好き。キッチンで大根を「サクッ!」と切る音を聞きつけるや、どこにいても急ぎ足でやってきます。

それはそれはサクサクと耳に心地よい音を立てながら夢中で食べ、無くなるとすぐに「ちょうだい」とやってくるので、ついついホイホイとあげ過ぎてしまい・・・。

結果、翌日から下痢(TT)。

原因は明らかだったので、特に病院には行かず、ワンコ家庭の常備薬、ビ○フェル○ンで様子をみたのですが、通常のしっかりした便に戻るまで、ゆうに5日はかかりました。

これまでも大根をあげることはあったのですが、お腹をこわしたことはなかったので、この時は明らかに「あげ過ぎ」だったわけです。

トータルでどれくらいだったか、よく覚えていませんが、3センチほどに拍子切りしたものを5、6本はあげたように思います。

今回、このテーマ記事を書くにあたり、改めてワンコと大根について調べてみて、「あげ過ぎ」でお腹をこわす程度ならまだしも、甲状腺機能にも悪影響があると知り、「無知はこわい!」とつくづく反省しました。

大根は淡白な野菜なので、ついあげても問題がないような気がしていましたが、やはり人間とは異なる体のつくりを持つワンコ。きちんと食材に含まれる様々な成分が、とワンコの体にどのように作用するのか理解することが大切と改めて実感しました。

皆さんも、くれぐれもあげる量には気をつけてくださいね!

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 30代 女性 もこじ

    うちでは下痢をしたあと1日絶食させ、絶食後に大根をあげます。
    とは言っても大根だけではないんですが、湯がいたささみをほぐし、すりおろした大根を少しいれるようにしてます。体が小さい子なので、本当にちょっとだけですが、大根をいれるようにしてから、健康な便がスルっと出るようになりました。
    でも葉も良いとは知りませんでした!健康に良いなら犬の為にも是非食べさせたいですね。
  • 30代 女性 ととりこさまんさ

    生のまま切ったりおろしたものを出来上がったご飯に混ぜると、適度に温度を下げてくれるので重宝しています。葉や茎もカルシウムが豊富だし。
    与え過ぎには注意ですが、比較的日持ちするので、冷蔵庫に常備しています。
  • 40代 女性 viki

    犬に大根を食べさせても大丈夫ということがはっきりわかり、この記事を読んでホッとしました。うちのわんこにも夕飯で大根を料理している最中に「ちょうだーい!」と言っているかのように近くによってきます。
    犬に大根ていいのかな?と半信半疑にワンコに大根を与えると、歯ごたえが良いらしくシャクシャクと音をたてて美味しそうに食べています。そんな調子でいつも大根を使う日はワンコがよって来ては与えていました。この記事を読んで大根は大丈夫と安心しました。と同時に与えすぎもワンコの体にはよくないということがわかりました。ワンコに与える大根の調理法も書いてあり、早速調理してあげたいです。
この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。