犬に大根を食べさせて大丈夫!生の大根おろしや葉っぱもOKです

犬に大根を食べさせて大丈夫!生の大根おろしや葉っぱもOKです

犬に大根を食べさせても大丈夫なのでしょうか?大根は犬の健康維持にも役立つビタミン、ミネラル、酵素も豊富に含んでいます。ここでは、量の目安、期待できる健康効果、適した与え方 などをご紹介します。

お気に入り登録

犬に大根を与えても大丈夫です

大丈夫

大根には犬の体に有害な成分も含まれていないので、与え方を工夫すれば食べても問題ありません。犬に適した与え方をすることにより、大根ならではの有効な栄養素を摂取することもでき、犬の健康維持に役立つでしょう。

犬に大根をあげるというと驚く人もいますが、量や与え方を気をつければ、大根の白い根の部分だけではなく、葉っぱも愛犬の健康管理に良い食材です。

特に根の白い部分は、低カロリーで水分も多い淡白な野菜ですが、食物繊維を多く含むという点で、犬の健康にも良い食材と言えます。食物繊維以外には、ミネラルや酵素などを含みます。

大根に期待できる効果

血液サラサラ

「イソチオシアネート」で血液サラサラに

大根には血液をサラサラにする成分とも言われている「イソチオシアネート」が含まれています。この成分には多くの種類と様々な効果があるようですが、現在の研究で発がんを抑える力があるとも言われています。

イソチオシアネートは、大根をすりおろした時に作られる成分で、加熱によって壊れたり、おろしてから時間が経つと揮発(きはつ)してなくなってしまいます。この成分を効果的に摂取するためには、おろした大根を生ですぐに食べる必要があります。

便秘解消!腸内環境を整える

大根は食物繊維も豊富なので、便秘気味の時には便の排出をスムーズにするのに役立つかもしれません。また、食物繊維の摂取は善玉菌を増やし、腸内環境を整える働きがあります。

しかし、大根の食物繊維には不溶性の食物繊維が多いので、与えすぎたり体質によっては逆に便の排出がスムーズにいかなくなってしまうこともあるかもしれません。愛犬の適量をみつけてあげましょう。

消化吸収をサポート

大根の白い根の部分には、でんぶんを分解する「ジアスターゼ」、タンパク質を分解する「プロテアーゼ」、脂肪を分解する「リパーゼ」などの酵素が含まれ、消化を助けます。

酵素は熱に弱いので、ナマの状態で食べることで生かすことができます。犬の手作りごはんで、お米などのでんぷんを多く含む食材やお肉などのタンパク質、お肉や乳製品などの脂肪分と併せて食べると良いでしょう。

目や皮膚の健康を保つ

大根は、根の部分は淡色野菜で、葉の部分は緑黄色野菜になります。濃い緑色の葉っぱは、根の部分よりさらに栄養が豊富です。

大根の葉には、カリウム、カルシウム、リン、そしてベータカロテンなどが多く含まれます。カルシウムは、犬の骨や歯の組成に欠かせません。

また、ベータカロテンは、犬の体内でビタミンAに変わり、視覚を正常に保つためにも必要で、皮膚や粘膜を健康に保つのにも役立ちます。

利尿作用でデトックス効果

カリウムは利尿作用があるので、犬の体にたまった老廃物を排出させることにもなります。

水をあまり飲まない子への水分補給に!

最近の栄養学では、水は第六の栄養素と呼ばれるくらい重要視されています。水分を多く含んでいれば、おいしく食べながら体にたっぷりの水分も同時に供給してくれます。犬に水分補給をして欲しいとき、大根を与えると良いかもしれません。

大根の食べさせ方

大根の食べさせ方

ここでは、犬の体に大根の栄養素を効率的に吸収させる、与え方のポイントをまとめてみました。それぞれに含まれる栄養の特性から、より効率的に吸収するための調理法が異なることを覚えておきましょう。

「葉」は加熱して与える

大根の葉や茎の部分は消化を良くするために、茹でるか煮るなどして加熱した状態で犬に与えるのが良いでしょう。

特におすすめの加熱法は「油炒め」です。油で炒めることで、葉に含まれるベータカロテンの吸収が高まり、効率的にベータカロテンを摂取できます。

近年スーパーの野菜売り場でよく目にする「大根菜」も、大根の葉と同じように犬に与えることが出来ます。大根菜とは、大根が大きく成長してしまう前に間引きしたとても小さな大根で、葉が柔らかいのが特徴です。

白い部分は「生」がオススメ

大根の白い部分は、「生」でも「加熱」でも与えることができます。ですが、根の部分には熱に弱い消化酵素が含まれているので、大根に含まれる酵素の働きを期待するなら、犬に「生」で与えるのがオススメです。

「大根おろし」にして与えると消化しやすく、消化酵素もイソチオシアネートも摂取することが出来ます。ただし、大根特有のピリリとした辛みがあるため犬によっては食べてくれないかもしれません。

加熱しても大根に含まれる食物繊維やミネラルなどの栄養素は摂取することが出来ます。コトコト煮込んだ大根のスープなど、しっかり冷まして犬に与えても大丈夫です。

大根の白い部分は低カロリーなので、ダイエット中の愛犬にも役立てることが出来ます。おやつとして与える時は、過剰摂取に注意しつつ、柔らかく煮て喉に詰まらない、小さなサイズの物を与えましょう。

辛みを避けて「葉に近い部分」を使う

根は「しっぽ」のほうに近い部分ほど辛みが強いため、食べやすさを考えるのであれば葉に近い部分を使用すると良いでしょう。ただし、全体的に辛味の強い大根もあるので、まずは飼い主さんが味見して確かめてみるのも良いでしょう。

消化を考えて「細かく刻む」

葉は細かく刻み、根は大根おろしにするとより消化しやすいでしょう。根は皮に近い部分、または皮そのものに栄養素が豊富です。ですので、皮ごとすりおろすことで、消化が良く栄養のある食材となるでしょう。茹でた葉はフードプロセッサーなどでペースト状にするのもよいでしょう。

与える際の注意点

注意点

甲状腺機能に問題のある犬の場合

甲状腺機能に問題がある(または過去にあった)愛犬には、大根を与えないようにしましょう。

大根はキャベツやカリフラワーなどと同様、アブラナ科の野菜になります。アブラナ科の野菜には、ゴイトロゲンという成分が含まれており、これがヨウ素の吸収を阻害します。

そのため、ヨウ素を含む甲状腺ホルモンを補う治療を必要とする「甲状腺機能低下症」の犬では、アブラナ科の野菜を摂取することはお勧めできません。

結石ができたことのある犬の場合

尿結石を患っている(または過去に患ったことがある)愛犬には、大根を与えないようにしましょう。

大根には、結石の成分になるシュウ酸やカルシウムなどが含まれています。尿結石は尿道に詰まってしまうと、命を落としかねない危険な病気です。

大根を茹でることでシュウ酸を減らすことは出来ますが、他の食材との食べ合わせで、気づかないうちにシュウ酸を多く犬に与えてしまう可能性もあります。

犬の尿結石は遺伝的な体質が関連していることもありますし、再発を防ぐために摂取することはお勧めできません。

与えすぎに注意!

大根は犬にとって、ネギや玉ねぎのように中毒を起すような食材ではありませんが、やはり過剰摂取には注意が必要です。食物繊維が豊富な大根は、あまり多く犬に与えてしまうと、消化不良を起こし下痢や嘔吐の原因になってしまうこともあるかもしれません。

アレルギーについて

現状、大根を食べた犬にアレルギー症状が起こったという報告はありませんが、アレルギーではなくても体質に合わないこともあります。もし、愛犬に下痢や嘔吐など、体調の変化が見られた際には、動物病院で診察を受けるようにしてください。

食べさせても良い分量

輪切り"

殺菌作用もあると言われているイソチオシアネートは、犬によって胃腸を刺激してしまうことがあるようです。なので、与える際は調子が悪くなるようなことがないかよく観察しながら、少量づつ与えてみましょう。

【 1日に与えても良い分量 】
 ・小型犬(約5kg)の場合:
   約32gまで(輪切りで「1/4枚」ほど)
 ・中型犬(約15kg)の場合:
   約85gまで(輪切りで「1/2枚」ほど)
 ・大型犬(約30kg)の場合:
   約140gまで(輪切りで「1枚」ほど)
 ※輪切り=直径10cm・厚さ2cmの大根

上記のような量が犬に与える大根の適量という情報もあります。分量は犬の体重だけではなく、好みや体質によっても様々ですので、調理法を変えながら、その犬ごとの適量を見つけてあげましょう。

犬によって好き嫌いもありますので、最初は大根おろし小さじ1杯程度を、ドッグフードや手作りごはんに加えるなどから始めると良いと思います。そして、便や体調の様子を見守りながら量を調節していきましょう。

まとめ

大根は、ミネラルや酵素が豊富に含まれていますが、与える時に気をつけたいのが分量や部位別の調理法です。

私も大根をあげる量を間違えたという失敗談があります。我が家の小型犬は、キャベツの芯や白菜、そして大根などの歯ざわりの良い野菜が大好きです。一度、3cmほどに拍子切りしたものを5~6本は与えたところ、お腹を壊してしまいました。

大根は淡白な野菜なので、つい多く与えても問題ないような気がしてしまいます。ですが、大根に含まれる様々な成分が、どのように作用するのか、また特に小型犬の場合はほんの少しのつもりでも与え過ぎになってしまうこと、犬によって体質は様々であること、など理解することが大切です。

皆さんも、くれぐれも与える量には気をつけてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。