初めて会った犬にしてはいけないNG行為4選

初めて会った犬にしてはいけないNG行為4選

愛犬家のみなさんにとっては、この世のわんこは全て可愛いもの!ですが、初対面のわんこにしてしまうと、嫌われてしまったり、最悪は事故に発展してしまう行為もあるのをご存知ですか?

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.勝手に触る

黄色いリボン

可愛いわんこを目の前にすると、ついつい触りたくなってしまうのが愛犬家の性。ですが、初めて会ったわんこを飼い主さんの許可なく勝手に触るのは絶対にNGです。

全てのわんこが他人に触られるのに慣れているわけではなく、中には、他人に触られることが苦手な子もいるからです。また、触られること自体には抵抗がなくても、身体の特定の部位を触られると極端な反応を示すという子もいます。

わんこに触りたいと思ったら、まずは、「触ってもいいですか?」「触られると嫌な場所はありますか?」と飼い主さんに声をかけ、許可を得てから触るようにしましょう。

知っておきたい「黄色いリボン」

また、近年では、「イエロードッグプロジェクト」も進められています。これは、他人に触られるのが苦手だったり、病気の治療中でそっとしておいてほしいわんこ等の目印として、リードや首輪に黄色いリボンをつけようというプロジェクトです。

もし、黄色いリボンをつけているわんこを見かけたら、むやみに声をかけたり触ったりせず、そっと見守ってあげましょう。

2.じっと目を見つめる

見つめる犬

大きくてつぶらなわんこの瞳は、とっても魅力的。その瞳に見入られると、ついついじーっと見つめ返してしまうなんてことはありませんか?ですが、初対面のわんこの目をじっと見つめる行為、実は大変危険なこと。こちらは愛情を込めて見つめているつもりでも、わんこにはそうは伝わっていないのです。

自然界では、相手の目をじっと見つめるということは、相手を攻撃対象や狩猟の捕獲対象としてロックオンし、敵意を向ける行為に当たります。

そのため、じっと視線を向けられると、相手は警戒し、戦闘態勢に入ってしまう恐れがあります。そのまま近づいて手を伸ばしたりすると、最悪は、咬傷事故等にも発展しかねません。

3.頭を上から撫でようとする

撫でられている犬

「わんことの触れ合い」イコール「頭を撫でる」と認識している人がいまだに多いのは現実です。しかし、この「頭を撫でる」という行為、実はわんこにとってあまり受け入れやすいものではありません。

私たち人間でも、突然、頭の上に手をぬっと伸ばされたら、びくっと肩をすくめてしまうのではないでしょうか。それと同様に、わんこも突然頭の上に手を差し出されると、「もしかして殴られる!?」と緊張し、警戒してしまいます。それが初対面の知らない相手であれば、尚更です。

初対面のわんこと出会い、飼い主さんに触って良い許可がとれたら、まずは自分の手をグーにしてわんこの鼻先に下から差し出し、手の甲の匂いを嗅いでもらうのが紳士的な流儀です。ひとしきり匂いを嗅いでもらって、慣れてくれたようであれば、頭や身体を撫でてあげましょう。

4.勝手におやつをあげる

おやつを差出されている犬

愛犬のお散歩中など、わんこ用のおやつを持った状態で初めてのわんこに出会った場合、お近づきの印におやつをあげたくなってしまうかもしれません。ですが、飼い主さんの許可を得ることなく、勝手におやつをあげるのはやっぱりNG行為です。

ダイエット中でカロリー制限をしている場合や、病気の治療中で特定の療法食を食べている場合もあれば、アレルギーがあるわんこもいます。勝手におやつをあげてしまうと、わんこの健康を害してしまう恐れがあるのです。わんこ当人はおやつに喜ぶかもしれませんが、喜んでもらえればそれで良いというわけではないですよね。

まとめ

笑顔で撫でられている犬

いかがでしたでしょうか?いろいろなわんこと仲良くなるため、また、他の飼い主さんから信頼を得るためにも、ここに挙げたことは最低限のマナーです。わんこのことを思いやった行動で、「犬友」を増やせたら楽しいですよね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。