犬と一緒に飼うのはよくない動物4選

犬と一緒に飼うのはよくない動物4選

愛犬家のみなさんは、犬だけでなく、動物全般が大好きという人も少なくないかと思います。「他の動物も飼ってみたい・・・」という願望がある人には、少し注意があります。今回は、犬と一緒に飼うのはよくない動物をご紹介します。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.ウサギ

横を向いているウサギ

犬、猫に次いでポピュラーなペットといえば、ウサギではないでしょうか。それだけに「ウサギを飼いたい」という気持ちがある人も多いかもしれません。ウサギは比較的、犬や猫との相性も悪くないといわれますが、それでもやはり、犬と同居させる場合には注意が必要です。何しろ、野生で暮らしていた頃の犬の「主食」とも言っていい狩猟対象こそ、ウサギだったのですから。

実際に、ウサギ肉のフードやおやつなども多く市販されています。もともと狩猟犬だった犬種や、ウサギ肉の味を知っている犬の場合には、特に配慮すべきでしょう。

また、ウサギがストレスに弱い動物であるということも忘れてはいけません。一説では、ウサギの死因のトップはストレスとも言われています。犬の方が受け入れていたとしても、ウサギの方にストレスの兆候が見られた場合には飼育を見直す必要があります。

2.フェレット

寄り添う二匹のフェレット

ウサギと並んで人気な小動物が、フェレットです。フェレットも人懐こく、犬猫とも馴染みやすい動物ではありますが、油断は大敵です。フェレットはイタチ科に属する動物であり、イタチといえば、やはり犬の狩猟対象であったからです。特に洋犬のテリア種の中には、イタチ猟のために改良された犬種などもいますから、本能で襲ってしまわないよう、犬種の由来を考慮する必要は大きいといえるでしょう。

また、実はフェレット側に問題が潜んでいることもあります。フェレットはウサギと異なり、肉食で気が強く、個体によっては攻撃性が強いものがいます。そういった場合、逆にフェレットが犬に危害を加える可能性も捨てきれません。

3.鳥

木の枝にとまる三羽のインコ

犬と鳥の同居はかなり難しいと言われています。言わずもがな、鳥は犬の狩猟対象ですし、チキンが大好物という犬も少なくないでしょう。鳥籠から出さない前提であれば、犬の方はさほど興味を示さない場合も多いですが、部屋の中で鳥を放し飼いにする場合や、鳥籠が犬の手の届く位置にある場合には注意が必要です。

また、犬の方は危害を加えるつもりでなくても、じゃれているうちに鳥を噛み殺してしまうというリスクもあります。実際に、いつもは仲良しなのに、いつも大人しい犬なのに、不意のときに犬が鳥を食べてしまったという事故も発生しています。

4.ヘビ

木に巻きつくヘビ

爬虫類が大好きという人の中には、ヘビなどを家庭で飼育したいという憧れがある人もいますよね。一般的にヘビを飼育する場合には水槽内で飼育するので、犬と直接関わることは少ないかと思いますが、犬とヘビを近い距離で飼うのはあまりオススメしません。

犬にとってヘビは威嚇対象であったり、おもちゃとして認識してしまったりするので、同居の家族として認識してもらうのは至難の業です。ヘビにとっても、犬の存在はストレスの元となります。

まとめ

垂れ耳のウサギを見つめる犬

いかがでしたでしょうか?他の種の動物同士が仲良くしている姿はとても微笑ましく、憧れますが、全ての動物たちがそうした関係を築けるとは限りません。特に、愛犬の犬種の特性や、個体としての性格は十分に考慮すべきです。憧れだけで飼い始めて、どちらかの飼育ができなくなったり、悲しい事故を起こしたりしてしまわないよう、気軽な飼育は絶対にやめましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬や猫に限ったことではありません。買うのは簡単でも飼うのは難しいです。飼う=命を預かることですので軽い気持ちで飼うのは命を預かる覚悟がないと同じです。飼うのは構わないが覚悟もなしで飼わないで下さい。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。