犬にスイカあげても大丈夫!食べることで有害物質を体外へ排出!

72828view

犬にスイカあげても大丈夫!食べることで有害物質を体外へ排出!

犬に絶対に与えてはいけない食べ物って結構ありますよね。代表的なものは、野菜でいえば「タマネギ」などのネギ類、果物でいえば「ぶどう」や「グレープフルーツ」。では、犬にスイカを与えるのってどうなんでしょう?

犬にとってスイカは「害」はない!むしろ少量なら積極的にとっても良い

すいか

我が家では、基本的にたまねぎなど「絶対にダメ」なもの以外は、与えてもOKとしています。なぜなら食事は「完全手作り食」なので、基本的に人間が食べる素材がほとんどです。

もちろん、味付けはなしです。糖分もよくありませんが、特に塩分は犬に取らせすぎると様々な病気の原因になりますので、そこは気をつけています。
また、それ以外にも「犬にとって」消化の悪いものや、体内で毒に変わるものなどは与えないよう気をつけています。

我が家の家族は、みんな果物が大好きなので、毎日必ず何かしらの果物を食べます。夏は毎日のようにスイカを食べますが、スイカを切り始めると同時に熱い視線を感じます!そして、私たちが食べ終わるまで、その熱視線は続きます。

砂糖を使った甘いものは絶対にもらえないワンコたちにとって、甘くてジューシーなスイカは格別なデザート! あげると皮まで食べる勢いです。

スイカを前に待て状態

スイカの成分

リコピン

活性酸素を抑え、ガン予防や老化予防に効果的です。リコピンと言えばトマトというイメージを持っている方も多いかと思いますが、実は赤玉スイカにはなんとトマトの1.5倍のリコピンが含まれています。

カリウム

ミネラルの1種で、疲労回復効果や不要な塩分の排出作用があります。
また、夏バテにも効果があります。

シトルリン

近年になってスイカから発見されたアミノ酸の1種。 利尿作用や、血管を拡げ血液の流れをスムーズにする効果があります。

つまりシトルリンを接種することで、血管がをしなやかに健康に保つことができます。

シスペイン

体内に取り込んだビタミンCの酸化防止効果があります。

イノシトール

動脈硬化や肝臓に脂肪がつかないようにする働きがあります。

マンノシターゼ

糖質分解酵素、つまりダイエットに最適な成分です。

などなど、スイカには沢山のビタミンやミネラルが含まれています。

スイカは90%が水分で、あとは栄養なんてないかと思っていましたが、どうして、どうして、とても体にいい食べ物なのですね。

犬がスイカを食べるとこんな効き目が!

水分補給

古来よりスイカというのは夏の代表的な果物。夏はどうしても食欲は落ちるし、近年では熱中症が大きな問題になっていますよね。

スイカに食塩を振りかけて食べると、スポーツドリンクと同じ効果があるとか。

ワンコにとっても熱中症は大きな問題です。特に犬はあまり水を飲む動物ではない上に、汗をかきません。

ちょっと食欲の落ちたワンコも甘いスイカは喜んで食べてくれるはずです。

肝臓にいい?

体内の有害物質を血液から濾過したり、体外へ排出する働きをしているのが肝臓です。

スイカに含まれるグルタチオンという成分が肝臓の働きを強くする作用があることが分かってきました。

肝臓が弱ってくると代謝も落ちますし、老廃物も溜って体がだるくなったり疲れやすくなります。

腎臓にいい?

腎機能を高める作用があり、むくみ改善や動脈硬化防止になります。

*これはあくまでも人間にとっての記述から抜粋したものですので、犬にとって同様の効果を期待するものではありません。

*また、病気の場合は、獣医師に相談したうえ、飼い主の判断で与えてください。

犬にスイカを与えるときの注意

スイカは他の果物に比べれば糖分は控えめで、しかも90%が水分です。それでも果物に含まれる果糖は太る原因です。人間であっても摂りすぎは要注意です。

糖質表

与える量

常に気にしていることは、これが10倍の量になったらどのくらいか?ということです。我が家のワンコは6kg強と4kg強。人間の体重の約1/10です。

人間の感覚で見るとほんのちょっぴりしかないように思えますが、体重が1/10なのです。しかもこれはあくまでもおやつ。自分が食べる1/10の量でも多いのではないかと思います。どんなものも与えすぎはNGです。

与える部分

犬に甘いものはよくないので、糖分の少ない皮に近い部分を与えています。

皮に近い部分を1㎝ほど残し、その部分をそのまま齧らせたり、5㎜角くらいにカットして与えたりしています。

皮まで食べる2匹

ところが、今回いろいろ調べているうちに、果肉部より皮に近い部分のほうが「シトルリン」が多く含まれている、ということが分かりました。

スイカに含まれるシトルリン分析

*日本食品分析センターによる分析結果

私たちより、2ワンの方が血管は健康なのかも・・・?

犬とスイカについてのまとめ

犬のための手作り食講習会を受けた際、印象に残ったことがあります。

「ドッグフードだけだと、それだけ(そこに入っている栄養)しか摂取できないが、手作り食やトッピングなどで様々な食材を与えることは、いまだ解明されていない未知の栄養も摂取することができる。」

人間の食べ物の中にも、近年になって初めて再発見され、「こんな栄養があった!」とか「こんなパワーを秘めていた」ということがよくありますよね。

スイカの栄養素の「シトルリン」も1930年に初めて日本のスイカから発見されたアミノ酸なのだそうです。「シトルリン」というのもスイカの学名から名づけられたということです。

かたくなにドッグフード以外はダメ!と決めつけずに、「犬にとって毒」と言われているものでなければ、ちょっぴりご褒美に与えてあげてもいいのではないでしょうか?

今年の夏も猛暑&酷暑の気配です。人間もワンコも、暑い夏をスイカで乗り切りましょう!!

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛犬の為にもなる情報をみんなで書き込んで、犬と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

  • 40代 女性 こみゃこ

    偶然、今日はスイカを買うか悩んで買いませんでした。買えば良かった。
    我が家では、スイカは共有しています。飼主の面倒くさがりで、時々カットスイカを買ってあげていますが、皮に近い部分がいいのですね。皮付き少量、探してみます。
  • 30代 女性 TIKI

    記事を読んで、スイカのリコピンという成分が豊富なのに驚きました。
    今までリコピンというとトマトのような濃いものに含まれている印象があったので、水分の多いスイカにも含まれているのが意外ですが良いと思いました。夏の水分補給に我が家でも愛犬にあげてみたいと思いました。
  • 40代 女性 RIRIKA

    我が家のワンチャンもスイカ大好きで、かなりテンションあがります。
    記事の中で書かれていたように、リコピンでガン予防や老化防止、カリウムで疲労回復と不要な塩分を体外へ排除できるなんて、素晴らしい食材ですね。旬の今、積極的に与えます。
  • 30代 女性 おはな

    夏が近づくとスイカを見かけたり、スイカの香りがしたり、スイカ好きの私にはたまりません!飼い主に似て、うちのわんこもスイカ大好きです。今のシュナちゃんも、小さい頃に飼っていたラブラドールも大好きでした。食べる量や勢いは、もちろんラブちゃんに軍配があがります 笑!
    私はもともと腎臓が強くなく、そのこともありスイカをよく食べていたのですがわんこにも同じように健康によければいいなと思っていました。こちらの記事でスイカの栄養素や作用など、細かく知れてとても勉強になりました。糖分が意外と低かったのも驚きでしたが、適量を守ることは犬も人間も大切ですね。水分が多いお野菜や果物は、わんこも喜んで食べやすいかと思います。うちもこちらの記事を参考に愛犬と暑い夏を乗り切りたいと思います!
  • 女性 おのの

    夏になるとどうしても食べたくなるスイカですが、わんちゃんにとっては水分が多いためお腹を冷やすのでは?と与えるのを戸惑いながらも少量ですが与えていました。
    そしてこんなに体にいい食べ物だということも初めて知りました。
    わんちゃんのためにはもちろん、人間にとっても良い事ずくめなんですね。
    しかも皮に近い方ところがより良いというのも嬉しいです。
    人間にとって美味しく感じられないところをあげるのは少し抵抗がありつつも、水分の少ない所を選んで与えてましたが、これからは抵抗を感じることなくあげられます。
    血管を拡げるシトルリンが高いとは驚きで、わんちゃんに関する雑学がまたひとつ。
    わんちゃん仲間にも教えてあげたいと思います。
    夏の楽しみが増えますね。
  • 女性 ここにゃん

    我が家で飼っていた愛犬も スイカが大好きでした。 何の疑い?もなく与えていたのですが、結果的に「むしろ積極的に、、」ということのようで よかったみたいですね。 今でも家族でスイカを食べる時、誰からともなく「シャリシャリってホンットにおいしそうに食べてたね!」と懐かしんでいます。
    「へぇ~!?」と思わず声がでるほどのスイカの秘められた?豊富な栄養成分、、意外でした。 思い返せば、リコピンの老化予防・カリウムの不要な塩分の排出・シトルリンの血液の流れをスムーズに、、などの栄養成分に助けられて、愛犬は長生き(享年18才)できてたのかも、、なんて思ってしまいました。(もちろん スイカだけを食べていたわけではありませんが ^_^;)
    血液の流れをスムーズにする働きのあるシトルリンは、皮に近い白い部分?に より多く 含まれている?? この部を漬け物にしたモノを見かけたことがあるのですが、いまいち「??」な気持ちが先行し手がでませんでした。 近年になって発見されたという栄養成分を昔の人は体にとって必要な栄養成分として本能的に?わかっていたのですね。
    人間にとっても いろいろな健康効果が期待できる「スイカ」。 縁があって ワンちゃんを迎えることがあったら「積極的に」一緒に食べたいと思います!
この記事をシェアする

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。
「過度と捉えられる批判的な書き込み」「誹謗中傷にあたる過度な書き込み」「荒らし行為」「宣伝行為」「その他悪質と捉えられる全ての行為」
※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。