犬にきゅうりは食べさせても大丈夫?与え方に注意が必要

52550view

犬にきゅうりは食べさせても大丈夫?与え方に注意が必要

犬がきゅうりを食べるのは大丈夫なのでしょうか?きゅうりは犬にとって危険なものではなく、悪いものでもありません。水分を多く含み、場合によってはとても犬に適したフードになることもあります。しかし、食べ方には少し注意が必要です。愛犬の健康を害さないために知っておきたい、きゅうりの与え方についてご紹介します。

犬はきゅうりを食べても大丈夫です!

結論から言うと、犬はきゅうりを食べてもOKです。しかし、どの食べ物にも言えることなのですが、きゅうりも同じで与え方や与えすぎには注意が必要なのです。では、何に注意が必要なのでしょうか?まずは、きゅうりの成分から分析して、犬にきゅうりを食べさせることが何故大丈夫なのかを見てみましょう。

キュウリ

犬にとってきゅうりの成分は無害です

きゅうりは、およそ95%が水分でできています。そのなかで特質した栄養素はビタミンC、カリウム、βカロテンなどです。
では、これらの栄養素は犬にとって危険なのでしょうか?犬の身体に害を及ぼすかどうか検証してみましょう。

きゅうりに含まれる水分

水分は、犬に限らず動物にとってなくてはならないものです。あえて言うまでもありませんが、水分は犬が接種しても問題ありません。

ビタミンC

健康な犬の場合、ビタミンCは体内で生成されます。なのでとくに口から摂取する必要はありませんが、摂取することが害にもなりません。例外として老犬などは体内でのビタミンCの生成量が減っているので、食事から接種した方がいい場合もあります。よって、問題ありません。

カリウム

過剰に摂取したナトリウムを排泄するときに活躍したり、血圧を下げる効果も期待できます。また、利尿作用もあるため、むくみなどを軽減してくれます。カリウムが犬に与える影響は、人間に与えるそれと同じです。よって、問題ありません。

βカロテン

βカロテンは、体内に入るとビタミンAに変化します。ビタミンAは視力、皮膚、粘膜などを健康に保つ働きがあり、犬に害になるものではありません。

以上の観点から、きゅうりは犬にあげても問題はないと考えられます。

ただし、人間にも好き嫌いがあったり、食べることによって気分を害するなど、好みは犬それぞれです。きゅうりは犬の害にならないし危険ではないからといって、すべての犬にきゅうりはいい食べ物だ、と言い切ることもできません。
きゅうりが好きなわんちゃん、嫌いなわんちゃん、今はきゅうりの気分じゃないなど、そういったときには無理にきゅうりを愛犬にあげないようにしましょうね。

大切なのは、愛犬が喜んできゅうりを食べたがるかどうかです。愛犬がそれほどきゅうりに興味を示さないようなら、あえて与える必要もない野菜ということを頭に入れておきましょう。

犬にきゅうりを食べさせるときの注意

きゅうりを与える際の注意点

きゅうりは犬にとって害にはなりませんが、1日何g以上摂取する必要があるという重要な食べ物、というわけでもありません。

なので、あまりきゅうりを食べたがらない愛犬に、ムリに与える必要はないのですが、愛犬は飼い主さんが食べているものには、強い関心を示してくるものです。とくに夏の季節、きゅうりは旬を迎えて、食卓に上る機会も増えるかもしれません。

そこで、愛犬にきゅうりをあげるときに飼い主さんに気をつけて欲しい点をまとめてみました。

適切な大きさに切ってあげる

犬は食べ物をよく噛まずに丸呑みしてしまう傾向があります。とくに老犬は、噛む力や飲み込む力が落ちてくるので、食べ物をあげるときには、その硬さ、大きさに注意が必要です。

また、健康状態によっては大きなものがのみ込み切れず、ノドにつまってしまうコもいます。

きゅうりはご存知の通り、ちゃんと噛み砕かずに飲み込むと、案外硬い食べ物です。誤嚥などの防止のためにも、適切な大きさに切ってからあげましょう。

きゅうりの食べさせ過ぎに注意!

健康なわんちゃんは食欲旺盛です。愛犬が欲しがるままに、ごはんやおやつをあげつづければ、糖尿病になったり、それが原因の合併所を引き起こしたり、健康を害してしまいます。また、健康面だけでなく、しつけの面でも、犬の要求を受け入れすぎるのはよくありません。きゅうりのほとんどが水分だとしても、量を決めて、与え過ぎないように注意しましょう。

小型犬なら、きゅうり2~3cmくらいを小口に切ってから与えるのが丁度いいかと思います。大型犬の場合は体重にもよりますが、1本以上は与えないほうがいいでしょう。

犬は、食べた量ではなく、飼い主さんからもらえたことに喜びを感じる純粋な動物です。もしたくさん欲しがるようなら、1回にあげる大きさを小さくして回数を増やしてあげると、満足してくれるはずです。

きゅうりに味はぜったいにつけないこと!

人間はきゅうりをたべるとき、塩や味噌、マヨネーズやドレッシングなどをつけることもありますが、犬に与えるきゅうりには、ぜったい味をつけないでください。
もし、ドレッシングがかかってしまっているなら水で洗い流すか、もしくは、そういうきゅうりはあげないようにしましょう。

犬にとって、きゅうりが食べられるときもあれば、食べられないときもある、というのはしつけの一環です。かわいそうだからといって、味のついたきゅうりを与えるほうが、愛犬の害になってしまうので気をつけてあげましょう。

異変を感じたら、すぐにストップ!

犬は、はじめて口に入れた食べ物を、いったん吐き出すことがあります。それを再び口に入れて食べることもあれば、そのまま食べないこともありますが、食べなかった場合は、ムリにあげるのはやめましょう。たんぱく質などと違って、きゅうりは犬がぜったい摂取しなければいけない食べ物ではありません。嫌がるようなら、あげる必要はありません。

また、食べたあとに嘔吐したり、下痢をしたり、あきらかにきゅうりを食べたことによって体調に異変が現れた場合も、それ以降はあげないようにしましょう。そして、すぐにかかりつけの獣医師に相談してください。

犬にきゅうりを食べさせることのまとめ

ご飯を食べる犬

愛犬が目をまんまるにさせて、食べ物を欲しがる表情には、強気の姿勢を通しきれない飼い主さんも多いのではありませんか?

なかには、人間が食べるものを犬には与えないほうが望ましいと考える人もいるでしょうが、しつけとスキンシップのボーダーラインは、甘いほうが犬にとっても飼い主さんにとっても、幸せであることは多くあります。

でも、ひとつだけ忘れてはいけないのは、犬の健康を守ってあげられるのは飼い主さんしかいないということです。人間が塩分の摂りすぎに注意をしたり、食べ過ぎないように気をつけたりするように、犬にもそういった健康管理は大切です。

飼い主さんの気持ちのなかに、愛犬に対する愛情があれば、きゅうりは食べさせても問題ない食べ物のひとつといえるでしょう。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!