犬にチョコレートを与えたら本当にダメなの?

12199view

犬にチョコレートを与えたら本当にダメなの?

なぜ犬にチョコレートを与えてはいけないの?犬がチョコレートを食べてはいけない原因となる成分は何?どのぐらい食べたら危険なの? そんな犬とチョコレートの関係について詳しく説明していきます。

犬にチョコレートを与えたら本当にだめなの?

チョコレート

犬は甘い食べ物を好む動物です。なので、チョコレートも与えれば喜んで食べるでしょう。しかし、犬にチョコレートは与えてはいけない食べ物として広く知られています。では、なぜ与えてはいけないのでしょうか?

その理由としては、犬がチョコレートを食べると、チョコレートに含まれる成分により、チョコレート中毒と呼ばれる中毒症状を起こすことがあります。

犬がチョコレートを食べたときに現れる症状

  • 嘔吐
  • 神経障害
  • 興奮
  • 神経衰弱
  • 口渇
  • 活動過剰
  • 運動失調
  • 下痢
  • 利尿
  • 過温症
  • 突然死

初期症状には、嘔吐、神経障害、興奮、神経衰弱、口渇(口中や喉が渇き、水分を欲しがる状態。)などの症状が現れ、急性例では、活動過剰、運動失調、下痢、利尿など、そして重症例では、けいれん、過温症、突然死などが報告されています。

軽い症状で済むか重篤な症状が現れるのかは、多くは食べたチョコレートの量、種類、犬の大きさ(体重)によって左右されます。

犬がなぜチョコレートがダメなのかを知ることが大事

では、なぜそのような症状が現れるのでしょうか?

実は、チョコレートの主成分であるカカオには、テオブロミンというアルカロイドの一種である成分が含まれています。このテオブロミンが中枢神経や心臓へ作用するのです。

チョコレートに含まれるテオブロミンの量は、人間にとって害がある程の量ではありませんが、犬ではこのテオブロミンの代謝が遅いため、時に重篤な中毒症状を起こしてしまいます。

犬がチョコレートで中毒症状が現れる量

元気がない犬

  • 小型犬(5kg程度)=板チョコレート(ミルクチョコレート)約2枚分(120g)
  • 小型犬(5kg程度)=板チョコレート(ダークチョコレート)約2/3枚分(40g)

体重1kgあたり100〜150mgのテオブロミンが含まれていると中毒症状があらわれ、体重1kgあたり250mg以上のテオブロミンを含むと死に至るといわれていますが、その量に満たないテオブロミン量でも死んでしまった例もあります。

では、一般的なチョコレートにはどの程度テオブロミンが含まれていて、どのぐらいの量を食べると中毒症状が現れるのでしょうか?

テオブロミンはチョコレートの主成分であるカカオに含まれており、そのカカオの含有量が多いチョコレートだと少量であっても中毒症状が現れます。

カカオの含有量が少ないミルクチョコレートなどでは、板チョコ1枚(約60g)で132~180mgのテオブロミンを含みますので、5kg程度の小型犬ですと約2枚分で中毒症状が現れると考えられます。

反対に、カカオの含有量が多いダークチョコレートなどでは、板チョコ1枚(約60g)で360〜660mgのテオブロミンを含みますので、5kg程度の小型犬ですと2/3枚で中毒症状が現れると考えられます。

また、日本で販売されている高カカオチョコレートでは、カカオを30〜40%含む普通のチョコレートに比べてテオブロミンが4倍以上含まれているものもあるので、そのようなチョコレートでは、特に注意が必要です。

ミルクチョコレート一片で死んでしまうという事はほぼありませんが、個体差というものもあり、同じ体重の犬でも症状が強くあらわれる犬とそうでない犬とがいるため、たとえ少量だとしても犬の様子を注意深く観察する必要があります。

まとめ

犬

最近では、「チョコレートは犬にあげてはいけないもの」として広く認知されるようになってきました。なので、チョコレートを犬に与える人はほとんどいないかと思われます。

ですが、室内犬が増え人と近い場所で生活をすることにより、「知らぬうちに犬がチョコレートを食べてしまった!」という事例が多いようです。

また、チョコレートの包み紙も一緒に食べてしまい、それらが腸内で詰まってしまうこともあります。

ちなみに、チョコレート中毒に対しては解毒剤はありませんので、対症療法しかありません。

数時間以内であれば催吐処置や胃洗浄などが有効となります。その後は残ったチョコレートの中毒成分を吸着させるために、吸着剤を投与し、様子を見ることになります。

自宅で薄めたオキシドールや食塩水を使って吐かせる方法もありますがリスクも伴うため、もし犬がチョコレートを食べてしまったら、動物病院を受診しましょう。

▼犬が食べてはいけないものについてもっと知りたい方はこちら
犬が食べてはいけないもの一覧

記事を読んで、他の飼い主さんの役に立つ情報を書き込もう!

キャンペーンのお知らせ!

>
人気の高級ドッグフード「カナガン」を100円でお試し!特別モニターキャンペーン開催中!