犬と飼い主さんの『遊ぶ時間』はどれくらいが適切?

犬と飼い主さんの『遊ぶ時間』はどれくらいが適切?

あなたは、散歩以外の時間に愛犬と遊ぶ時間を作っていますか?「子犬の時ならわかるけど、うちの犬はもう成犬だし、遊ぶ時間なんて必要なの?」と思うかも知れません。ですが、私たちが考えている以上に、愛犬は飼い主さんと遊ぶのが大好きです。そして、飼い主さんと愛犬の絆を深めるためにも愛犬と遊ぶことは非常に重要です。では、もし愛犬と毎日遊ぶとしたら、どのくらいの時間、どのくらいの運動量が適切なのでしょうか?

はてな
Pocket
お気に入り登録

犬と飼い主さんが遊ぶ時間はどのくらいが適切?

飼い主とハイタッチするコリーの子犬

「量よりも質」

「飼い主さんと遊ぶ時間はどのくらいが適切か?」と言うと、「絶対にこれだけ必要」という具体的な数字は出せません。例えば、「犬にとって必要な運動量」となると、犬種や体格、年齢によってある程度の目安はあります。けれども、「犬にとって必要な運動量」と「飼い主さんと遊ぶ時間」は別に考えなければいけません。

多頭飼いであるなら、5分程度でも構わないので、一頭ずつ飼い主さんを独占して遊ぶ時間を作ってあげるだけでも満足するでしょう。大事なのは、飼い主さんが愛犬と向き合って、愛犬のことだけに集中して遊ぶことです。スマホを見ながら心ここにあらずで長時間遊ばせるよりも、飼い主さんが愛犬だけに集中して遊ぶ方が愛犬は喜びます。つまり、「量より質」ということが大切です。

犬と遊ぶときに守るべきルール

芝生で遊んでいる三匹の犬

飼い主さんのタイミングで遊ぶ

飼い主さんから始め、飼い主さんのタイミングで終わります。もし、愛犬の方から「遊んで」とおねだりされたら、まず、「おすわり」「まて」など「ご褒美をもらえること」を指示します。そうすると、「飼い主さんと遊んでもらうことはご褒美だ」と理解するようになり、しつこくねだってくるよりも、お利口に待てるようになります。

飼い主さんも一緒に楽しむ

犬と遊ぶときは、飼い主さんも日々の雑事を忘れて、思い切り楽しみましょう。飼い主さんが笑顔でいることが、愛犬にとっては何よりも心が躍ることなのです。

まとめ

フリスビーで遊ぶ犬と女性

犬の知能は、人間でいうと3~4歳の子供と同じくらいだと言われています。実際は、言葉の理解度や猟犬、警察犬、盲導犬などの使役犬だともっと知能が高いと考えられますが、そんな知能の高い犬でも、大好きな人と遊ぶときは本当に子供のように無邪気に遊びます。

愛犬にとって、たった数分でも飼い主さんを独占して、飼い主さんと笑顔を分け合って遊ぶ時間は食事や散歩同様、とても幸せな時間です。家事やお仕事などで時間が取れなくても、ほんの少しだけ、愛犬とご自分のために「愛犬と遊ぶ時間」を作ってみてはいかがでしょうか?

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。