犬に噛まれやすい人の特徴4つ!やめさせる対策まで

犬に噛まれやすい人の特徴4つ!やめさせる対策まで

なぜか犬に噛まれやすい人っていますよね?実はこういう人ってちゃんとした原因があって犬に噛まれやすかったりするそうですよ。今回は噛まれやすい人の特徴とその対策についてお伝えしていきます。

はてな
Pocket
お気に入り登録

1.いきなり接近する人は犬が怖がりやすい

近づいてきた人の手に怯えるチワワ

初対面の犬に対して、いきなりフレンドリーすぎる対応をしたり、急に至近距離まで距離を詰めたりする人は、犬に噛まれやすいので要注意となります。このような触れ合い方をする人は、大体の場合犬が大好きなことが多いのですが、犬との触れ合い方が分からなくて自然とフレンドリーすぎる行動をしてしまい、結果的に犬に嫌われたり警戒されてしまったりすることがよくあります。

あなたは見ず知らずの人に、いきなり30cmほどの距離まで詰められたら警戒してとっさに身構えてしまいますよね?犬も同じで、初対面の人にいきなり近づかれると怖くなって警戒してしまうのです。

対策

心当たりがある人は初対面の犬と触れ合う場合、まずは1mほど離れた場所から犬に挨拶をしたり話しかけたりして、少しずつ自分の存在に慣れてもらうようにしましょう。そして犬が自分から寄ってきてくれたり、あなたのにおいを嗅ごうとしたりしたら、あなたを少し受け入れてくれた合図となりますので、ゆっくり触れ合うようにすると良いと思いますよ。

2.犬が怖がることをする人は警戒されやすい

拡声器を犬に向けて大声を出す男性

無意識に犬が怖がりやすいことをしている人も噛まれやすいといえます。例えば、大声を出しながら話している。動きが大振りで威圧感を与えている。いきなり動いて犬にビックリさせることがよくある。そういった言動に心当たりがある人は、犬から怖がられやすく警戒されやすい人となります。その結果、ある一定の距離まで犬に近づくと、犬が自己防衛の手段として噛みつくことが度々あるそうです。

対策

犬に噛まれないようにするためには、怖がりやすい言動を改善することが大切となります。大きい声を出して犬と触れ合っているのでしたら、声のボリュームを下げる。大げさに手足を動かして犬に警戒心を与えている場合は、必要以上に体を動かさないように気をつける。

「……あっ!そうだ!」といったようにいきなり声を出したり、犬の近くで急に動いたりすることが多いと感じるのでしたら、犬がビックリしないように1m以上距離を置く。もしくはゆっくり話したり動いたりするように意識して改善する。

といった対策を行うようにすると、犬の警戒心を和らげることができるので噛まれにくくなるといえるでしょう。

3.怖がって走り回る人は追いかけられやすい

犬を怖がって逃げようとする子供

犬に噛まれるときのシチュエーションのなかには、『逃げたときに噛まれる』というものが昔から知られていたりします。これは、元々狩りをしながら生きてきた犬の本能が大きく関係しているようで、逃げているもの(人)を見ると、”獲物”としてついつい追いかけてしまうそうです。

そして獲物を仕留めるときの行動として、逃げているものを噛んでしまうのだそうです。犬のことが怖い人は、犬を見ると思わず走って逃げることが多く、その逃げる姿につられて犬が本能的に追いかけて噛む、といったことが少なからずあるみたいですね。

対策

逃げることで犬に噛まれてしまうことが多い人は、単純に怖くても走らないようにする、といったことが対策法となります。また、犬は自分のことを怖がっている人を見るとその感情に気づく場合が多いといえます。

そして相手が自分を怖がっていると感じると、攻撃的な行動をすることが少なからずあるので、噛まれないようするためにはたとえ犬が苦手で逃げ出したくなったとしても堂々と振る舞うことが大切といえるでしょう。

犬に噛まれる原因を知るとすぐに改善することができますから、心当たりがある人は自分が噛まれやすい理由を把握して対策してみましょう。きっとすぐに効果が発揮できると思いますよ。

4.挙動不審な人は噛まれやすい

人の手を噛む犬

犬に噛まれやすい人は、挙動不審な行動や犬が混乱しやすいような行動をすることが多いそうです。特に犬のことが怖い人や犬との触れ合い方をちゃんと知らない人に当てはまりやすい特徴といえます。

例えば、犬のことが苦手な人は犬と出会ったとき緊張したりオロオロしたりして、変な行動を起こしやすいですよね。また、犬との触れ合いに慣れていない人は、犬を触るとき様子を見るように手を出したり引っ込めたりして触ろうとすることが多いですよね。こういった行動は犬に警戒心を与えてしまいますし、恐怖心や不安も与えてしまうことになってしまいます。

その結果、犬は「僕に触らないで!」といった気持ちを込めてガブっと噛みついてしまうことがよくあるそうです。

対策

触れ合うときは犬に不安や警戒心を与えないように振る舞うことを心がけましょう。もし触れ合うとき少しでも怖いと感じた場合は、トラブルにならないように触るのを止めて話しかけてあげるだけにすることをおススメします。そして何度か顔合わせをして、お互いの存在に慣れたらそのときに触れ合うようにすればいいと思いますよ。

まとめ

握手する人と犬

犬に噛まれやすい人は、無意識のうちに犬に警戒心や不安を与えていることが多いといえます。ですので噛まれないように対策するには、その原因となっている行動を改善することが重要となってきます。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。